煌めく光の中で


by fusk-en25

花束を抱えて。。

f0221050_71513.jpg

気温がほんのわずか下がって。少し風が冷たくなってきた。
それでもまだ手袋がなくても歩いておれる。
年の始めには気温ももう少し下がるようだが。。。

今年最後のマルシェに行ったら。
新年を寿ぐイメージの「宿り木」を売っていた。
ちょっと早いかとは思ったが
涼しい場所に置けば保つだろうと一束贖い。
横に並んでいた小ぶりの薔薇のピンクの色合いに惹かれて。それも買う。
園芸種の花は飽き飽きしてるなんて思っていても
冬空にこんな色目のものを見るとなんとも和らいだ心地になるから不思議だ。
昨夜刈り込んで小さめになったサロンのベンジャミンの広くなった空間にと
鮮やかなミニシクラメンの鉢も買うことにした。
花束や正月に使うつもりの蕪や人参を抱えているとなんとなく
気分が明るくなってくる。

宿り木の水が上がれば。またいけなおすつもりで
涼しい洗面所に置いてみた。
f0221050_721258.jpg

f0221050_7212144.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-30 07:23 | 草や花と遊ぶ | Comments(6)

餅搗きの真似ごと。

f0221050_6425994.jpg

28日のお昼に餅搗きの真似事をした。
日本食料品店で真空パックの餅を買って来ようかとは思ったのだが
白蒸し用に買っていたもち米も残っていたし、
蒸籠で蒸してホームベーカリの機械を使ってこねて。
搗いたとは言い難いがそれらしいものはできた。

10数年前に友達の餅搗き機を借りて作ったこともある。
その時も餅搗き機では蒸しが足りない気がして
蒸籠であらかじめもち米を蒸してこねた。
3家族くらい集まって6kgか7kgの餅を搗いた時は壮観だった。
今回は計り忘れたけれど5、6合。
雑煮に使うだけだから充分だろう。

機械の容器のへりにひっついた餅も捨てるに忍びず。
ベランダの忍冬かづらの枝を切って餅花を作ってみた。
いつもは餅花に餅を使うのも勿体ながって
白玉粉で団子を作り餅花もどきを作るのだが。。。

子供の頃から餅花は好きだった。
売っているお飾りの餅花はまーるいふわふわとしたウェハースのようなものを
柳の枝に挟んでくっつけていたように思う。
今でもあんな物が有るのだろうか。

最後の写真は2002年に大量に搗いた餅。
これ以外に小さな鏡餅も何重ねかその頃は作った。
f0221050_648572.jpg

f0221050_6483011.jpg

f0221050_6491234.jpg

f0221050_6494678.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-29 07:00 | ままごと | Comments(6)

市庁舎の影も一期一会?

f0221050_8214399.jpg

f0221050_822938.jpg

今の時期になると
我が家のベランダから見えるビルに市庁舎の影が映る。
たった20分足らずの時間に通り過ぎて
影の位置も陽の角度でどんどん下の方に下がってくる。
映る時間も少しづつ変化していき わずか1ヶ月ぐらいで終わる。
それもばっちり晴れた日ならという条件もつく。
「一期一会」に近いよなあと
この影に気づいて写し始めた10数年前に夫とも話していて。
それならどんどん影が下がって
市庁舎の前の広場にくっきり映る影も写したいと
時期が来て影を見に行った夫が がっかりした顔で帰ってきた。
高い場所から見ないと きちんとした影は見れなかったのだ。
そういうことまでは気が付かなかったと
12階に住んでいる特典だねと二人して笑い転げた。
[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-28 08:30 | 写真 | Comments(0)

冬の夕陽。

f0221050_802417.jpg

f0221050_814072.jpg

f0221050_864992.jpg

f0221050_854867.jpg

f0221050_845633.jpg

冬至が過ぎて何日か ほんのわずかでも日が長くなってくるのだろう。
25日が終わって静かな土曜日。
気温も12月とは思えない暖かさで平年比の5度から6度は高い。
日本なら今頃は新年のために忙しいのかと思いながら
なんとなく一日何もせずのーんびり暮らす。
日没の位置もどんどん変わってきて 
これだけは冬らしい光景と言えるのか素晴らしい夕焼けだった。
[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-27 08:08 | 空を眺める | Comments(0)

「戦い」? 済んで。。

f0221050_956165.jpg

「戦い」なんて大げさな表現だが。25日が終わると
今年の行事もおしまいという気分になる。
新年を迎えるにあたっては、
いくらか丁寧に部屋に掃除機をかけ 窓ガラスを拭いて。
大晦日に普通の食べ物を重箱に詰めれば済む。

クリスマスの午餐としては変な?メニューと思えた「豚ちり」は好評だった。
息子夫婦と私以外の7人は誰も鍋物を食べたことがなかったから。
初めて食べる物珍しさが幸いしたと言えるだろう。
野菜を洗って切り、豚肉の薄切りは売ってないから肉の塊をあらかじめ冷凍して
スライス機でひくのだが、4kg近くの肉をひくのに有に2時間はかかっていた。
食べるのはあっという間だったが。。。

アペリティフに発泡性の白ワインでクリスマスを祝し。
プレゼント交換もしてワイワイ騒ぎ。。

最後のデザートに
クリスマスのおしるし気分に
これだけはフランス風に「薪型ケーキ」を焼いて持って行った。
ロールケーキの中身のクリームをチョコレートで色をつけ
コーティングもして、マジパンで作った蔦を這わせて赤すぐりの実をのせた。
それらしい形にはなったかと思う。
f0221050_956398.jpg

f0221050_9572510.jpg

f0221050_9591341.jpg

f0221050_9595132.jpg

f0221050_1011048.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-26 10:04 | 思う | Comments(8)
f0221050_8542876.jpg

クリスマスは25日のお昼に祝う。
今年は息子の家に嫁の家族が集まり
メニューを「豚ちり」にすると言う。
クリスマスとしては変な食卓の気もするが。
皆もう鶏や七面鳥の丸焼きには飽き飽きしてるらしい。
息子達がアジア系スーパに買出しに行った帰りに土鍋や取り皿を借りに来た。
テーブルセッティングの相談もして。
嫁は慣れているからどんな箸でも使えるが。子供も4人いることだし。
割り箸の方がすべらずうまく物がつかめると言うことになった
箸もむき出しより箸袋に入れたいと。。。。

数年前のクリスマスにエンボス加工が簡単にできるプレートを貰った。
それ以来カードを作ることまではしないが
新年の箸紙はこのエンボスを使って。
なんでもない紙が細工するだけで洒落て見えると自己満足もしながら毎年作る。
今日も11人分の箸袋を作っていて、まるで手内職だと可笑しかった。

手内職などという言葉はもう死語になっているかもしれないが
子供の頃は手内職をしている家が多かった。
近所に住んでいた親戚に子供が大勢いてしかも叔父が酒好きで
外で呑んできては給料を使い果たす。
仕方なく?叔母をはじめ家族全員が(叔父を除いて)
しょっちゅう色々な内職をしていた。
私はその内職を見るのが好きでいつも横にへばりついて見ていた。
小さなセロハンの袋をこしらえたり。紙にボタンを縫い付けたり。
ラジオの部品だったのか電線をハンダ鏝でくっつけたり。
できれば私もやらせて欲しいと思うのだが。
これは仕事だから子供にはできないとやらせてくれない。
時々余った小さなボタンを貰えると嬉しくて仕方がなかった。
f0221050_921299.jpg

f0221050_9205399.jpg

f0221050_9232648.jpg

f0221050_9173140.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-25 09:31 | 手仕事 | Comments(6)

Joyeux noël

f0221050_8492062.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2015-12-25 08:49 | 挨拶・お知らせ | Comments(2)