煌めく光の中で


by fusk-en25

洗って干して考える。。

f0221050_528153.jpg
f0221050_5371922.jpg

f0221050_5373834.jpg

衣類の整理をしてるけれど。要らん服は何かに使えるか?
と息子から電話がかかってきた。
「どんな素材かにもよるけれど。どんな物?を捨てたいの?」
「ワイシャツとかズボンとか、Tシャツ。」
使えなければ私が捨ててあげると言うと
袋いっぱいに詰めて持ってきた。
ワイシャツ4枚、ポロシャツを含むTシャツ10枚、
ズボンが6本。ジャージのパンツが2本。セータが2枚。
全部男物のLサイズ。

まず洗濯をして何に使えるか考える。。
ワイシャツのポケットをはずし。
邪魔になる襟もとって。。。身頃の後ろ前を反対にして。。
袖をつめてエプロン風の部屋着にしようか。などなど。。
「断捨離」からは程遠いと苦笑はしながら。
新しい布地を買って縫うより ゴミまがいの物を加工すると
気分的に工夫した達成感に似た境地に浸れて。
この何ができるかを考えるのが一番楽しい。
[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-23 05:45 | 手仕事 | Comments(10)
f0221050_10545755.jpg

f0221050_1055361.jpg

雨も適度に降った、暖冬の今年。
草花は例年より早く咲き出して。
そろそろ水仙もあがってくる頃かと公園まで出かけた。
本格的な「春」の息吹こそ まだまだだが。
水仙にはぴったりの時期に当たった。
綺麗な水仙と見てる分には感じのいい花なのに。
写すとどうもサマにならない。
この花も「さては野に置け菫草」の類かと
自分の腕の悪さを棚に上げて思ったりもする。
葡萄の樹の下に咲いてそうなオオイヌのフグリも
まだいくらか花は小ぶりだが、その分よけいに可憐な咲き方をしていた。
プチュプチュと新芽の開く音が聞こえそうな楡の樹は
小さな葉っぱが開き出し。
これから6月までは日々、週、月にかけて様々な花が咲き木の芽が芽吹く。
それを思い浮かべるだけで、ワクワクして。
自分でもちょっと「木の芽立ち」かなと思わぬこともないが。
花や新芽を見ている私の顔はおそらくにやついていることと想像もしながら。。
春を待ちわびている。
f0221050_10574465.jpg

f0221050_1058670.jpg

f0221050_1058266.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-22 10:59 | 草や花と遊ぶ | Comments(6)

手に馴染む。。

f0221050_1020298.jpg

12月の末に修理に出していたカメラがやっと治ってきた。
使い出して3年ほどなのに手が慣れたのか
それまで使っていたコンパクトカメラでは
この1ヶ月あまりどうも写しにくくて仕方がなかった。
やれやれと思いながら。。
夫は新しいカメラを買うと
いつもフィルムを入れずに一日中触っていた。
3日ぐらいはそんな風にしてカメラを触りまくって
やっとフィルムを入れて写しだしても。
自分の手に馴染むまでは1年ぐらいかかると言っていた。
私もこのカメラがどうやら馴染んできたのかと
不思議な気もしながら可笑しがってもいる。
そのわりには「写った」と思えるような写真にならないのがちょっと恨めしい。
[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-21 10:24 | 写真 | Comments(6)

梅がほころびて。。

f0221050_9264434.jpg

f0221050_927303.jpg

f0221050_930153.jpg

暖冬で例年よりかなり早く梅が咲き出した。
こんなところに梅の木があったのかと
花が咲くと毎年思う。
去年の記憶を目当てにもう咲いているかと見に行ったら。
開き始めたところだった。
満開の花も華やかでいいが
こんな風にちらほら咲き出す花も趣があって。
どちらかと言えば、びっしり咲いたのより好きなぐらいだ。

花を見上げて写していると、通りすがりの人から
「咲き始めましたね」とちょっとはずんだような声がかかる。
こんな暖かな冬でも
春を待ちわびる気持ちは変わらないのだなあと思う。
[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-20 09:40 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)

多難?の週。。。

先週の土曜日 午前11時
お茶を沸かそうと蛇口をひねったら水が出ない。
どこかの家で工事をしているのかと
12時にまた開けてもまだ出ない。
土曜日の昼時に断水になる工事なんてありえない。
断水や緊急の告知はエレベータに張り紙がされるから。見に行った。
前日にはなかった断水の張り紙が「10時から5時まで。。」
おそらく突発的に事故が起こったのだろう。
時々こういうことは起こる。
お茶は買い置きのペットボトルの水を沸かして飲んだ。
4時過ぎに水が出たからそれで済んだと思っていたら
どうやら応急処置だったらしく。
今度は月曜日になって。火曜日の9時から5時まで断水の張り紙がされた。
前日 風呂の湯を流さずに水洗用に溜め置き。
水洗の蓋をあけて水を入れて流す、
なんと1回に4リットルから5リットルの水が要る。
意外と水洗の水は多いなあなんてぼやいて一日過ごした。

多難は他にもあって
先々週、2年ほど前に歯痛になった奥歯。
歯茎が腫れだし。痛みは軽かったけれどしつこい感触で
知人の歯医者に連絡して。
5日間抗生物質で腫れを抑えてから、診てもらいに行った。
いますぐでなくても できるだけ早く抜いたほうがいいと言われて
外科専門の歯医者に回され。明日の金曜日午前中に抜く。
「朝ごはん食べてきていいから」と気楽に歯医者は言うのだが。。
どうってことないつもりでも、なんとなく気分が滅入る。
歯を抜くのを好きな人はいないだろうが。
30半ばに奥歯を抜いた時はもっと平気だったのにと。
こんな時だけ「歳かな?」何て思う。
抜いたら当分柔らかいものを食べるようにと言われて。
今日の午後
林檎をたっぷり入れたマフィンを焼いた。
f0221050_7182283.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-19 07:20 | 思う | Comments(2)

陽の光に惹かれて。。

f0221050_10473640.jpg

陽の光があたるとなんでもない建物がドラマチック?に見える。
窓辺に半分枯れかかっている中に赤い花が咲いていると。
「なんと健気な」と思えて、ついつい写してしまう。
陽の光に誘われて。。
上ばっかり見て歩いていたら、いつの間にか帰る道がかなり遠回りになって。
どこを歩いていたのか。。。
そこら辺りを曲がれば あそこに出ると検討をつけていても、
道が放射状になっていたのか。
まったく想像しなかった変なところに出てしまう時もある。
パリは真ん中にセーヌ河流れているから、
少々間違っても河に行き着きさえすれば、
「ああここだったのか」と近頃なら少しは道もわかるようにはなったが。
昔はどえらい方向音痴で、しょっちゅう行き先を間違えていた。
その上 出来れば行き帰りは同じところを歩きたくないへそ曲がりだから。
私と待ち合わせをしてもどこから来るのか検討がつかないと
いつも夫には嫌がられた。
どうしてもわからない時はメトロの駅に入る。
そうすれば、メトロの線はどこかに繋がっているから
いつか家に帰ることもできる筈と。。。。
f0221050_10551026.jpg

f0221050_10555817.jpg

f0221050_10562177.jpg

f0221050_10564330.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-18 10:59 | 散策 | Comments(2)
f0221050_8322114.jpg

f0221050_833120.jpg

f0221050_8333480.jpg

わくわく。。。。そわそわ。。。
。。。しそうな素晴らしい晴れの日。
雲ひとつない青空。
気温はいくらか低めで風も冷たかったが。。
ここ何日かの雨続きでうんざりしていたところだから
もう嬉しくてたまらない。

去年の暮れに潰れたカメラの修理ができたと。
昨日メールが入っていたから。
素晴らしい天気に誘われて取りにでかけた。
一瞬 自転車で行こうかなとは思ったが。
気温の低さに躊躇して、メトロにはした。
店近くの駅に行くのには乗り換えが2度もある。
直線で行けるところまで行き、残りの20分ほどを
ぶらぶら歩くことにした。

3時過ぎの斜光線はすでに春の輝きで。
建物と建物の間にチラチラと屈折した光が色々な角度でうつる。
どうってことのないキャフェも光があたると
まるで違う建物のように見え、看板までが煌めいている。
バステューユ広場の天使の像に飛行機雲がかすめると。
それは綺麗な光景になった。
「晴れはなんと心地のいいことか。。。どんなに寒くても晴れがいい」

キャフェのテラスにいる人たちも
お天気になるとこんな楽しそうな顔をするのかと。
表情の豊かさにしばし見とれてしまった。
f0221050_8422919.jpg

f0221050_8444548.jpg

f0221050_8553977.jpg

f0221050_856524.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2016-02-17 09:13 | 散策 | Comments(4)