人気ブログランキング |

カテゴリ:草や花と遊ぶ( 110 )

f0221050_09160234.jpeg

f0221050_09134747.jpeg

気温は今だ20度前後の肌寒い毎日。。
ただし。。日照時間が長くなって。。
ベランダのほうれん草もラディッシュも葱も。。
どんどん。どんどん。。すくすく育ち。。
サラダほうれん草などはもう徒長して花も咲き出し。。
慌てて摘んでは。。摘んでは食べて。。
また。。タネを蒔きました。。
こんな小さなベランダの鉢でも。。毎日の自給率5%ぐらいにはなるかなあ。。
と楽しみ。。にもして。

ヨーグルトの空き瓶や。使わなくなったグラスにいけた豌豆やローズマリー。
ミントにも続々と根が出てくるのを見ていると。。
春から夏にかけての育ちは。。他の時期よりはるかに早く。。
しっかりした根も出て来て。
植物も季節を知っているのか?と思えて。
その上に発根すると瓶の水が腐らない。。そんな不思議な現象に。。
植物は生きているのだなあと当たり前のことを当たり前に感心もして。。
心楽しく見ています。

冷凍の鮪を前日から解凍し。。薄切りにして
軽く粉を振ってソテーにした皿にも。。
紫蘇やラディッシュを彩りに添えました。


f0221050_09143703.jpeg








by fusk-en25 | 2019-05-21 09:25 | 草や花と遊ぶ | Comments(2)

花より団子?

f0221050_05574922.jpeg

f0221050_05580423.jpeg

f0221050_05581678.jpeg

かつて。。
我が家のベランダは「花」に溢れていた。。
今頃の時期ならば。。クレマチスやオダマキが満開だったし。
夏には朝顔やロベリアの鉢が所狭しと並んでいた。。
5年ほど前に建物全体の外壁工事を計画されて。。
ベランダからすべてのものを3ヶ月以上撤去することになり。。
大きな鉢は踊り場に置かせてもらったが。。小さな花の鉢類は泣く泣く処分をした。。
そのあとも春先の種を蒔く時期に。
日本に帰ったりして家を留守にすることが多く。
いつしか花の種を蒔く時期を失い。。今に至る。。

そして。。
近頃は「花より団子」のイメージで野菜を植えることが多くなった。
今回初めて植えたほうれん草がまたすくすく育ち。。
毎日ほどに間引いては食べて喜ぶ。。
最初は間引くために根ごと抜いて食べてしまっていたが。
ほうれん草の植わる間隔も随分開いてきた。
抜いてしまうのは。。ちょっと勿体無いような気もして。。
大きな葉だけ摘むことにした。
「どこまでケチケチやるのです。」とは思うものの。。
食べる時のなんとも嬉しいような豊かさを。。
ちょっとでも長く食べ続けたい。。と欲深いことも考えて。。

f0221050_05585738.jpg

f0221050_05591930.jpeg
f0221050_05593358.jpeg

f0221050_06012591.jpg
                (この4枚は夫の写した2005年ぐらいまでの写真です)








by fusk-en25 | 2019-05-09 06:20 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)


f0221050_06160871.jpeg

何日か前に「豆ご飯」を炊いて。。
1キロ単位で豆を買って。。全部は使い切れなかった。。
残りもすぐ使えるように剥いて。
ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れていた。。
豆自体が硬くならないように、キッチンペーパを湿らせて豆は包んでもいた。。

その豆を使うメニューを思いつかなかったこともあるが。。
実際には。。「すっかり忘れていた。」に近い。
茄子や玉ねぎ。ズッキーニなどの混沌とした箱の中に
袋に入ったまんま。何本か豆から芽が出始めている。。のを発見?して。。
すごいなあ。さすがに豆と言うか植物は本当に強い。
まだ芽の出てない豆はもちろん湯がいて食べた。

芽の出た豆はどうしよう?
ヨーグルトの容器に。小石を入れてキッチンペーパーを敷き。
そこにそーっと芽の出た豆を並べた。
3日ほども経ったころか。。水を時々変えていると根が出始める。。
根が出ると、芽の伸び方も少しづつ早くなる。
不思議なことに根が出ると容器の水は腐らない。
植物が生きているからなのか?

まさかこれだけの量で。。豆苗を食べる?までにはならないだろうが。。
なんともこんな風に伸びてくると「嬉しい」
せっせと水も変えて。。
ひょっとしたら食べられるかもしれない。。などと思いだし。。
「欲深いなあ。」と自分でも呆れてもいる。


by fusk-en25 | 2019-05-08 06:23 | 草や花と遊ぶ | Comments(2)

レンズ豆と玉ねぎと。。

f0221050_08044714.jpeg

f0221050_08050388.jpeg

f0221050_08082951.jpg

2ヶ月ぐらい前だったか。。
大型園芸店で「玉ねぎ」のタネ?を買った。。
私はこれをタネと呼んでいるが。。実際は小さな玉ねぎが網袋に詰められて。
この袋には250g入っていた。。
2週間ほど前の暖かい日に。。プランターにぎっしり詰めて植えた。。
こんなにぎっしりと詰めて植えると「玉ねぎ」にはならないのはわかっている。
実は。。
玉ねぎが欲しいから植えているのではない。。
この小さな玉ねぎから。。伸びて来る青々した細ねぎ風のものが欲しくて。。
毎年植える。

30数年前だったか。。息子が学校の理科?か何かの実験だったのだろう。。
5つほど植えた玉ねぎの小さな鉢を持って帰ってきた。。
すでにそれには細ねぎが生えていて。。蕎麦や饂飩の薬味にぴったりだった。。
それ以来毎年春先になるとこのタネ玉ねぎを買って植える。。
一度だけ野菜売り場の小玉ねぎを植えたこともあったが。
あまりうまく育たず半分以上腐ってしまった。
やっぱりタネでないとあかんのやなあ。。と悔しがったものだった。

この細ねぎを刻んで、ちょうど作ったばかりのレンズ豆のもやしと人参を刻んで湯がき
オリーブオイルとほんのちょっとの酢醤油で和える。
レンズ豆のもやしはこのピチッと芽が出たばかりの状態が一番美味しい。
レンズ豆そのものを湯がいて食べるよりもはるかに豆特有の粉っぽさがなくて味がいい。
卵の炒飯にも細ねぎを散らして。。レンズ豆の和え物をワンプレートにして。
プチトマトのサラダには間引いたほうれん草を添える。
この黒いプチトマトは頂き物だが。。「見た目よりはるかに美味しいから。」
と言われただけあって甘味も酸っぱさも完璧なトマトで。。

こんな風に。。
ベランダの細々したものを食べると。。
なんとなく豊かな。。幸せな気持ちになるのでした。。


f0221050_08090210.jpeg
f0221050_08084303.jpeg

by fusk-en25 | 2019-05-03 08:26 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)
f0221050_07155350.jpeg

毎日のように。。
ほうれん草の発育を見張る?
気温が16度前後と低くなって。。天気も悪い。。
それでも毎日眺めると。。
日増しに大きくなってくるのはわかる。。ポチッと本葉も出て来た。
こうなると嬉しい。

わさわさ茂っている場所から。。
間引きしたほうがいいかな?と。
何本かは引き抜き、残した苗の周囲にしっかり土もかぶせる。。

もちろん間引いたものは食べる。
昨日は息子が夕飯に来て。。揚げ物の添えに芋サラダを作りトッピングをした。
今日は。。
息子が冷蔵庫に大量に残っていた人参を処理するのに作ったと。。
「ブッフ・キャロットを分けたる」と持って来たのを温めて。
茹でたジャガイモも炒めて。ほうれん草は横に盛り付けた。
柔らかな緑の彩が映える。
まだほうれん草のアクの強さはないが。。
それでも爽やかな味はする。。

でもこんなに間引いて食べってしまってもいいのかしら?


f0221050_07161476.jpeg

f0221050_07163739.jpeg

f0221050_07192956.jpeg

f0221050_07255301.jpeg








by fusk-en25 | 2019-04-27 07:30 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)

間引きを楽しむ?

f0221050_08502436.jpeg

ほんの少し気温も下がり。。
あの暖かさが引き続き。。そのまま初夏にはならないのは。。わかっていても。。
なんだか恨めしい。。
空には雲もかなり出てきて。。同じなら一雨降らないか?と言う気さえする。。
でも。。日照時間はどんどん長くなってもいる。。

ベランダのほうれん草をつまんだ。。
はじめに出た双葉の丈こそすくすく伸びて。。葉が長くなってもまだ本葉は出ない。。
本格的に間引くのは。。まだまだ勿体無い気がして。。
ほんの少しだけ卵の炒飯の彩に摘むことにした。
キャベツと茸の野菜炒めも一皿に盛る。
わざと炒飯には緑野菜を入れずに。出来上がりにほうれん草を散らした。。
見た目はいい。
味は?
残念ながらほうれん草の味は全くしなくて。。緑っぽい野菜という味だった。。
こんなに小さい若葉だから仕方がない。。
それにしても「栴檀は双葉よりかんばしい。」と言われて。。
パセリや紫蘇、ミントのような香味野菜なら双葉でも香る。
ほうれん草の場合は違うのでしょうか?


f0221050_08504139.jpeg

f0221050_08505469.jpeg


f0221050_08510726.jpeg







by fusk-en25 | 2019-04-24 08:59 | 草や花と遊ぶ | Comments(0)

大根の花。

f0221050_07055295.jpeg


朝から晴れている。しかも暖かさも続いている。
キラキラした光に。。昨夜摘んだベランダの「大根の花」の影が壁に映る。
マルシェではこの小さな大根を「蕪」として売っているが。。
ひらひら開いた薄ピンクの花びらを見る限り。。やっぱり大根だと思う。。
冷蔵庫で芽が出た大根。。
捨てるのも惜しくて鉢に植えていたら。。何本か花芽もつけて。。
可憐な花だけに。。すっかり咲いてしまったのをいいことに。。摘んでいけた。

朝陽が当たると。。
影もひらひら。。
いけた花よりも影の方に風情がある。。

残りの花の蕾を見ると。。
何本かは黄色の花のように見える。。
去年みたいに。。菜の花もどきの漬物をつけようか?(https://kiramekuhi.exblog.jp/29773615/ )
花芽をちょっと長めに刈り取り。。
たった一口しかないと。。残念がりながら。。
春の香りに誘われることを夢見て。。
軽く塩をして。。昆布と一緒に袋に入れました。

f0221050_07060868.jpeg

f0221050_07062603.jpeg

f0221050_07064136.jpeg


午前7時。。居残りの月が。。淡い姿で浮かぶ。。
どんな時間に見ても「お月様」は美しい。

f0221050_07065497.jpeg











by fusk-en25 | 2019-04-23 07:12 | 草や花と遊ぶ | Comments(6)
f0221050_07465526.jpg

日中の最高気温が25度になった。。
暖かい。。
窓をいっぱい開けて。。柔らかな空気を吸い込む。。
空もキラキラして。。
つくづく。。いいなあ。。と思う。。

少し前に蒔いた。ほうれん草も双葉が出た。
日本から来たタネも。こちらで買ったビオのタネも。どちらも忘れず?に出て来た。。
双葉は本来タネの形に出ることが多いが。。
このほうれん草は双葉を折り曲げてタネの中に入っていたのか。。
ひらひらと細い形で出て来た。。
珍しいなあ。。と私が知らなかっただけなのだが。。じっくりと眺める。。

どんなタネも花が咲いたり実がついたりするよりも
芽が出る瞬間が一番嬉しい。。
真っ黒だった地面が。。パーっと一面に緑に変わる。。

素焼きのプランターも長く使っているから。。
もう落ちないぐらいのかなりの土汚れだが。。
それでもずっしりした感じが好きで。。
どうしてもプラスティックに変える気にはならない。。

間引いてサラダにできるぐらいに伸びるのは。。
いつ頃だろうと。。(欲深く。。)
せっせと水をやりました。


by fusk-en25 | 2019-04-20 07:51 | 草や花と遊ぶ | Comments(6)

貧相な花でも。。

f0221050_06493484.jpeg

f0221050_06491433.jpeg

「咲いた咲いた。。チューリップの花が。。」
歌のイメージには程遠い見るからに哀れな咲き方のチューリップだが。。

1月の半ばに息子が球根を5つ持ってきた。。
球根を植えるのには時期的にはもう遅すぎると文句は言うと。。
「そらそうやろうけど。。昨日10個もらって。。半分はうちの庭に埋めた残りや。。」
「ふーん。また現物支給されたの?」
「まあな。。」と笑う。
心理ケアをしている患者さんの中に。とある市の園芸部に勤めている人がいて。。
もう3年か4年付き合っていると言う。
去年だったか。。やたら色々な草花が息子の家に植わってた。
買ったの?と尋ねたら。。その園芸部の人が。。
お金がないときは診療代の代わりに草の苗や種を持ってこられるのだと。。
クスクス笑う。
「なんか持ってこないとあかんと思ってるみたいや。」
それでいいとは言わないらしいが。。いいことにしているとまた笑う。

その時期に植えてもダメかもしれないと思いながら。。
しかもチューリップ自体はそんなに好きな花でもない
おそらく自分で買ってまでは植えないと思う花だが。。
せっかくだからと。
去年のポリアンサスが芽吹いてきた横に埋めた。
そんなわけで。。時期外れに植えたチューリップは。。
結局5つのうちの2本しかは花は咲かなかった。。
それも同時でなく1週間ずれて一つづつ咲き、2本は葉っぱさえ出なかった。
でも。。
こんな貧相な花でも。。少し?は春のイメージにはなる。。











by fusk-en25 | 2019-04-18 06:59 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)
f0221050_06203178.jpg

f0221050_06205041.jpeg

f0221050_06210547.jpeg

「花冷え」というより。。冬の戻りのような寒さになった。
日中こそ10度ぐらいにはなるが。。夜更けは1度や2度でやたら寒い。。
その日中も。。
晴れてはいても冷たい風が否応無しに吹いてきて。。
体感温度なら10度もないような気がする。。

でも。落ち生えだけでは心もとなく。。紫蘇の種を水につけてしまった。。
発芽温度には少し低いが蒔くことにした。。
発芽さえしたら。。芽紫蘇で食べてもいい。。などと不謹慎?なことも考えに入れて。

ついでに。。気になっていた。アボガドや水栽培のミントも植え替えも。。
アボガドの小さな鉢から抜いてみると。。
鉢いっぱいに根が張っていて。。
「強いなあ。こんな少しの土でも頑張って根を伸ばすのや。」
とこんなものを見るといつも植物の逞しさに圧倒される思いになって。。

そのまたついでに。。
やっぱり気になっていたガマズミの虫の食った傷んだ葉を切り取って。
椅子に上って。。てっぺんを見たら。。
「ええっなんでこんなに小枝が溜まっているの?」
山鳩が巣をかける準備に運んできたようでした。。
しかもガマズミを平らに踏んづけて。。
同じやるなら。。虫の付いている葉っぱを刈り取ってくれたらいいのに。。
そんな風な。私の思い通りにはいかない。のがちょっと残念なこと。。でしたが。
意外とたくさんのきちんとサイズを合わせた小枝を取り外し。。
鉢の向きをいくらか変えて。。

植え替えたアボガド。。
なんとなくのびのび。。
葉っぱをひらひらさせているようでした。。
思い込みすぎ?



f0221050_06213109.jpeg

f0221050_06211784.jpeg








by fusk-en25 | 2019-04-12 06:34 | 草や花と遊ぶ | Comments(2)