煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:ままごと( 319 )

大きなキャベツ。

f0221050_06153205.jpeg

10月としては考えられないような快晴の。。暖かな日が続いている。
それは嬉しいことだが。。
長年の「秋の長雨」はどこに行ったのかとふと思う。
地球の温暖化が進んでいるのだろうか?

マルシェで大きなキャベツを買った。
フランスのキャベツは本来ドイツよりのアルザス地方で食べられるザワークラフトに適したような
硬いまん丸なキャベツと煮込みに向くような縮み葉のようなものが普通で。
生で食べたりロールキャベツにするにはあまり適さず。美味しくもなかった。
ここ4、5年の間に野菜も幾分変わってきたのか。
日本風のいわゆるキャツらしいものもたまには出回る。
それでもキャベツ自体はかなり大きいから。
刻んで食べたり、コールスローにしても食べきれない。
その点豚肉と煮込むシードル煮込みはたっぷりとキャベツも使うし。
残っても煮返して何度も食べられる。
近頃はロールキャベツを作るよりシードル煮込みを作る回数が増えた。

キャベツをザクザク刻んで。小さな林檎も薄切りにザクザク刻み、
玉ねぎを薄切りにして。飴色になるまで炒める。
飴色になった玉ねぎに豚肉を絡めてさっと焼き色をつけて。
薄切りにした林檎とほんの少しの生姜の千切りに。たっぷりキャベツを加えて。
キャベツの半分ぐらいの高さまでシードルを入れる。
どんなシードルでもいいが、私は残りを飲むために辛口のシードルを使っている。
あとは味を見ながら塩胡椒をして、グツグツ30分ぐらい煮込む。
シードルの水分がなくなれば水を少し足す。
少々長く煮てもいいし、あっさりしたものが食べたければ30分ぐらいで充分に食べられる。
多めに作って、最初は生っぽいキャベツを食べて。
翌日はしっかり煮て飴色になったキャベツもまた美味しい。
もともと素朴な煮込みだから
時々。パプリカを混ぜたり、キャラウエイシードを入れたりして。
色々な味に変化させることもできる
付け合わせのじゃが芋はあえて中に入れずに、茹でてからこんがり炒めた。

f0221050_06160146.jpeg



f0221050_06154878.jpeg

f0221050_06161724.jpeg







[PR]
by fusk-en25 | 2018-10-13 06:25 | ままごと | Comments(2)
f0221050_06293310.jpg

f0221050_06294741.jpg

朝焼けだけでなく。。残照もまた美しい。
それも日没が終わった後の。。空がまだとっぷりとは暮れない時の。
浅葱色の空にごくごく淡いピンクの雲が。。
その上に飛行機雲が縦横に真っ白な軌跡を描く。。
薄暮と呼ばれるこの時間の美しさは捨てがたい。
そして薄暮の中に見え始める白い月が。
残照を映して、うっすらピンクに染まる。

近頃。凝っている食べ物がある。バナナのサンドイッチ。
完熟のバナナを薄切りにして焼きたてのパンに挟んでサンドイッチにする。
ある時は朝食に。
パンに生クリームを塗ってルッコラも挟む。
レーズンを入れて焼いた食パンの甘さがしっくりして。
意外とルッコラのほろ苦さがバナナに合う。

その翌日はお昼に食べた。。ほんの少しパンがかたくなりかけて。。
1枚は塩バターを。もう一枚はヨーグルトを塗って。
ホットサンドの機械で軽い目に焼く。
デザートに、パンに塗った残りのヨーグルトに
友が煮てくれたバニラ味の杏のジャムをかけて。。
バニラの香りが引き立つジャムを美味しく味わう。

その翌日も。。ホットサンドに。
生クリームを塗ってルッコラをたっぷり挟んで。
香ばしいパンとルッコラが調和して
これもまた美味しいサンドイッチでした。


f0221050_06300646.jpeg

f0221050_06321741.jpeg

f0221050_06305407.jpeg

f0221050_06313814.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-20 06:48 | ままごと | Comments(2)

青紫蘇を

f0221050_07383379.jpeg

残暑気味の暖かな日が続いている。
日中の最高気温は30度近く上がっていても。さすがに9月なかば。。
陽光は緩やかで日向に長くいない限りそうも暑くはない。
特に我が家は風のとおる涼しい家で。
外に出ると「こんなに暑かったの?」と思えるぐらいだ。

ヴェランダの青紫蘇も穂が出始めている。
葉もかなりごわごわしてきた。同じ種なのに鉢によって色が違う。
土の乾燥状態が違ったのか?PHが違うのか?どちらだろう。。
大きめの葉をいくらか摘んで醤油漬けにした。
葉をしっかり洗って塩をしてぎゅっともんでアクを絞る。
さっと水で洗ってキッチンペーパーで水気を取り。
そのまま醤油に漬けてもいいのだが。
後で使うことを考えると。少々面倒でも一枚一枚広げる。
醤油に漬け込んでからのくちゃくちゃの葉を広げるよりは
この方が手も汚れなくていいと思う。第一見た目?も綺麗な感じがする。
一枚一枚広げて大きさを大中小に分けて。
一番小さな葉は別の小さな保存瓶に漬け。
大きな葉はおにぎりや鶏のささみを包んでもいいし。
小さな葉は糠味噌の古漬けを刻んで混ぜて食べるとシソの香りが生きて美味しい。
青紫蘇の葉も塩漬けや冷凍にもしてみたが。
この醤油漬けが一番香りが残り、使いやすい気がする


f0221050_07385073.jpeg


f0221050_07554195.jpg


f0221050_07392757.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-18 07:42 | ままごと | Comments(0)
f0221050_07133602.jpeg

ここに住み始めた頃。
八百屋でこのほうれん草を見たときは。。
こんなもの食べられるかしら?と思ったものだった。
葉っぱは分厚い。茎も根もない。
それも屋台にどさっと盛り上げて1キロいくらで売っている。
近頃こそまだ少し若い葉が多くはなったが。昔はもっとゴツゴツした葉っぱばかりだった。
フランスの子供達は「えっほうれん草?だーい嫌い」と声を合わせて言うぐらいに。
嫌われている野菜の一つでもある。
給食に出てくるのなんてくちゃくちゃに煮込んで茶色になっていて。
味なんかないよ、不味いだけと子供達はまた言う。
レストランの付け合わせでもほとんど茶色に葉の色が変わるぐらいに炒めてあるし。
あまり使われているのも見かけないような気がする。

ところが。。このほうれん草を食べ出すと。
さっと茹でたりソテーにすると案外美味しい。
日本に帰って
綺麗に束ねてある茎も葉もあるほうれん草が。
かえってなんだかひ弱で。茹でても味がしないなあなんて思うから。
人間の慣れとは不思議なものだとまた思う。

息子と孫が夕飯にやって来て。
豚肉の梅味噌漬けというレシピを見つけて仕込んでいて
洗ってあるほうれん草はおしたしとソテーとどっちがいい?と尋ねると。
ソテーで食べると言うのでさっと炒めて。

前菜に、日本から持って来てくださったゴボウのきんぴらと
先週アジア人街で買ったレンコンもきんぴら風にして。
ご飯と漬物での夕飯でした。


f0221050_07135970.jpeg


f0221050_07141248.jpeg










[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-16 07:16 | ままごと | Comments(4)

何を食べようかな?

f0221050_07431483.jpeg

「何を食べようかな?」
一人の食事に時々悩む。。
冷蔵庫を開けて。。残り物をゴソゴソ並べて食べたり。。が多いが。。
夫は2度続けて同じものを食べるのを嫌がった。
唯一。それもいやいや。前日のカレーを昼に食べることはあったが。。
だから今の私のように。
残り物を並べると。さもまたサボっていると言うだろう。。
と思いながらも
前日炊いて冷たくした茄子にさっと湯がいた絹さやを付け合わせて。。
卵でも焼くかと厚焼き卵を焼き。
これも昨日の残りのご飯でおにぎりを作る。

夕飯は?
幾ら何でもまた同じものというわけにはいかない。
スパゲッティを茹でた。
バジルを刻んで。ツナ缶をのせ。。
このままでも良さそうだったが。。野菜をもう少し食べたかったから。
マッシュルームと玉ねぎの薄切りを炒めて混ぜ合わせた。
「お前。夕飯にスパッゲティで済ますの?」と言いそうな声が聞こえそうだった。
「いいの。一人だから。。」
さて。。明日は何を食べよう?



f0221050_07450726.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-13 07:48 | ままごと | Comments(6)
f0221050_07432601.jpeg


f0221050_07434255.jpeg

日中の最高気温が22度になった。。
寒いと言うと「涼しい」と言いなさいと暑さが大嫌いな友は言う。
でもちょっと早すぎないか?
どこかにまだ夏を引っ張りたい私がいる。。

バジルもさすがに夏のもの。。そろそろ。。
早めに摘んだほうがいいかな?と思いながらも
まだ刈り取るには早い気がして。間引く感じに葉を半分ほど摘んだ。

今までにバジルは塩漬けにしたり、葉をそのまま冷凍にも何度かは試した。
でもどちらもさほど美味しくなかったし。使い勝手もあまり良くない。
今回は葉をフードプロセッサーで潰し、オリーブオイルと混ぜるだけの
バジルペーストにして小分けして冷凍することにした。
色々な展開を考えて
あえてジェノベーゼソースにしなかった。
そのまま使ってもいいし。ジェノベーゼも松の実と和えたり
アーモンドペーストと和えたりと違ったことができる。

でも。。
今夜は。。できたてのペーストに
アーモンドペーストとを和えて。。フレッシュな感じのパスタを味わう。
パンチェッタと玉ねぎのスライスも炒めて。出来上がりにバジルの生葉も散らした。
できたてのペーストにバジルの若葉の青い香りが満ちて。。
なんだか身体中が。。青いイメージになりそうな味でした。


f0221050_07440297.jpeg


f0221050_07545173.jpeg







[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-07 07:56 | ままごと | Comments(6)

名残の。。トマトで。。

f0221050_07230460.jpeg

f0221050_07232386.jpeg

ヴェランダにポチッと赤い色のトマトが残っている。
今年のトマトは酷暑の日照りに息も絶え絶えになったのか?
伸びも悪く。実もあまりつけなかった。
去年は3本の苗を植えて30個の収穫。それに味をしめて。。今年は6本植えた。。
予想では50個は採れるはず。。
ところがこのぽっちりのトマトを入れても7個しかならなかった。

未だに恨めしげな気持ちで水やりはしているが。。
もうそろそろダメかな。。
と最後の2個を摘んで。サラダにした。見かけの割に味も濃くて甘いトマトだった。。
もう少し沢山なればいいのに。。と悔しがっても仕方がないが。。
反対に酷暑の後で蒔いた「ルッコラ」はすくすく伸びて。
間引きながらサラダに添える。
市販のものよりはるかに苦味もルッコラの香りも強くて美味しい。

前菜にアボガドを切って。
ツナ缶に玉ねぎのみじん切りとヴェランダに茂る紫蘇をあえて。。
レモンを絞り。。ごく簡単な一皿にした。

46個の誕生ケーキに焼いたマフィンの中では。
旬のミラベルが一番好評だったが。私は食べなかったから。。味見のために再現もして。
さすがに旬のミラベル。甘くてそれでいて果物のしっかりした味がする。好評だった筈だ。
買いすぎたバナナの消費にバナナブレッドも焼いた。


f0221050_07233631.jpeg

f0221050_07235074.jpeg

f0221050_07240285.jpeg











[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-05 07:32 | ままごと | Comments(8)
f0221050_05445851.jpeg

時々。無性に食べたくなるものがある。
この日は「カツサンド」だった。ああ食べたい。食べたい。。
ただしフランスの食パンはあまり美味しくない。
しかもパン屋には売っていることが少なくて。
スーパーの食パンは賞味期限がやたら長い。
おそらくしっかり防腐剤が入っているのだろう。

バケットに挟んだら。。「カツサンド」のイメージがなくなる。
だから。。食パンを焼くことにして。。
その夜はカツと一緒に残り物のレンコンも素揚げした。
ソースはハインツのウスターソースにちょっぴりケチャップを混ぜて。
日本のとんかつソースとは違った味だけれど。
焼きたてのパンに挟んだカツは美味しかった。

翌日の昼にもカツサンドを食べた。
前日に衣をまぶして冷蔵庫に入れておいたカツを揚げる。
付け合わせにピーマンも素揚げして。
今度はパンを片面だけトーストして。ほんの少しマスタードも塗る。

どちらのカツサンドも思ったように美味しくて。
満足した2食でした。

f0221050_05444509.jpg








[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-04 05:50 | ままごと | Comments(2)

バースディ・ケーキ。

f0221050_08024234.jpeg


f0221050_08065152.jpeg

2日前に誕生日だった息子。
誕生会は土曜日にすると言ってきた。
「ケーキは焼いていく」と返事して。。
さてどんなケーキを焼こうかと考えて。
46年もの間だから、もうすでに色々なケーキは焼いている。
思いつかなくて。形より数で勝負という感じで。。
マフィンを46個焼くことにした。
12個づつ焼ける型だから4回焼けばいい。
林檎。ミラベル。赤い実。チョコレートの4種類を焼き。
味は別として。さすがに数。
並べると壮観だな。。と自画自賛みたいに自分でもちょっと楽しみ。
3個の箱に分けて入れ。ロウソクも46本用意した。

4月に引っ越した息子の家は日本風に言うと建物の2階だが。
6軒が入っている建物の横に6軒分の庭がついている。
息子の家の持分はたった45平方だが。バーベキュウをするぐらいのスペースはある。
そこになんとかテーブルも置いて宴会が始まった。
大人8人子供が6人。ワイワイガヤガヤ。飲み始めて。。
サラダやおにぎりを前菜に食べ出して。肉の焼けるのを待ち。。

息子には内緒にしていた46個のケーキ。。子供たちと家に戻り
ろうそくを灯してみんなでまたワイワイと持っていく。
「もうローソクが溶けてしまいそう」などと騒ぎながら。誕生日の歌も歌い。
結局子供が一番喜んだねえと楽しんだ46個のマフィンでした。


f0221050_08032748.jpeg

f0221050_08034281.jpeg

f0221050_08022689.jpeg










[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-02 08:16 | ままごと | Comments(8)

団子をこねて。。

f0221050_07082246.jpeg

先週夕飯に来た孫がおかしなことを言い出した。
「ばあち。こないだ。餅を作っていたやろ。僕にもあれを作れるかな?」
「餅?」怪訝な顔して聞き返したら。。
横から息子が「白玉団子のことや。」と言う。
「できるけど。作ってみよか。」「やろやろ」と喜ぶので、
粉を出してきてやったら。水をどれぐらい入れるの?と尋ねる。
粉の硬さは耳たぶの柔らかさと教えて。
実際に耳をつまんでやると。。笑い出した。
料理の作り方に体を使って表現することなんてないのだろう。
しっかりこねて。丸めて湯がき。
団子が出来上がるとご飯も食べずに食べていた。
原料が同じだからまあいいか。
串に刺して「みたらし団子風」にガス火にかざして焼いてやると。またそれも真似をする。
残った粉も家で作ると持って帰った。
台所中。粉だらけにしないでね。。

友との夕飯のデザートにも。
またその餅ならぬ白玉団子を作った。
西瓜と盛り合わせるつもりで。抹茶で染める色はごく薄い緑にした。
つるんとした団子とシャキシャキした西瓜の取り合わせも、また美味しい。
ヴェランダのルッコラを摘んだトマトのサラダを食べて。
メインはこの夏定番の仔牛のカレーペーストを煮込み。
少しスープっぽい出来上がりにして。グラスに入れる。
付け合わせはズッキニーをクミンシードで炒めて。
コールスローとスペルト小麦の入ったご飯を炊いた。


f0221050_07075937.jpeg



f0221050_07074593.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-28 07:18 | ままごと | Comments(2)