煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:ままごと( 253 )

粉に悩む。。

f0221050_07231870.jpg

ずーっと使っていた。
パンを焼く粉が、スーパの棚からなくなって久しい。
割と大手のメーカの粉だから。
在庫管理?の不備で入荷されないのかと思っていた。
無くなって一月目にちょっと離れた大きなスーパに探しに行った。
そこにもない。
ほとんどのパンを焼く粉がすでにイーストや塩が入って、
水だけ加えればいいキット化されている。
試しにマルチセレアルのキットを買って使ってみた。
こういうキットは何がいくら入っているかわからないところが困る。
他の粉や調味料を足すわけにはいかない。
試しに30%はスペルト小麦を足したが
キットの場合は持ち上がりをよくするためにおそらくイーストの量が多い。
だからイーストは増やさなかった。
まあパンにはなった、しかし味が悪い。塩味もきついしイースト臭も少し残る。

何日か後に
ビオの店で全粒粉を買って、スペルト小麦を30%混ぜて焼いてみた。
今度はイーストが足りなかったのか持ち上がりが極端に悪い。
味はさほど悪くない。でもこれでふわふわのバーンズは焼けない。

どちらのパンも持ち上がりが悪かったが。
焼きあがったパンを薄く切って140度か150度のオーブンで20分ぐらい焼いて
ラスク化すると。
不思議にこれがまたふわふわパンの残りをラスクにするより美味しい。

美味しいパンを焼くのがいいか。
ラスクにすると美味しくなる方がいいか?
変な悩みを抱えている。。


f0221050_07240736.jpg

f0221050_07241812.jpeg


f0221050_07243071.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-20 07:28 | ままごと | Comments(2)

残り物?余り物?

f0221050_08202672.jpg

残り物?というか。余り物というか。。
胡桃の人形に使う「殻」が欲しくて殻つきの胡桃を探している。
なかなか思ったような大きさや形がなくて。
ビオの店やスーパーのコーナで見つけると余分目には買う。
殻が壊れないように丁寧に割って、
中身も出して。殻はブラシで洗って乾かし。。

その中身の。。余り物。。
サラダに入れたり、胡桃をそのままつまんで食べたりもするが。。
友達が焼いて簡単で美味しそうだった「ザクザクサブレー」を焼こうと思ってもいた。
勿論レシピは「agua na boca.」をそのまま使う。
コーンミールにバター。卵は1個にして。
胡桃を140度で軽くから焼きして、ザクザク刻み。。
ラム酒の代わりにレーズンもオレンジピールもウイスキーにつけた。
クランベリーはなかったからパスして。
室温に戻したバターにきび砂糖すり混ぜ、卵や粉を入れ混ぜて。
胡桃やレーズンも入れて冷蔵庫で2時間寝かし、
天パンに伸ばして、
友達のレシピはそのまま焼いて後で割って食べるものだったが。
私は割りやすいように予め、ナイフで線も引いた。

180度のオーブンで15分間焼いて。綺麗な焼き目がついた頃を見計らって。
オーブンから出して冷ます。
ザクザク感は思ったほどなかったが、サクサクして甘さ控えめの。
さらッとしたサブレが焼けた。

軽いサブレだから。。。ちょっとつまんで。。
どうしてもついつい食べ過ぎる。。
それにはちょっと困る気がする。。ダイエットにならない?

f0221050_08204948.jpeg


f0221050_08210536.jpeg


f0221050_08211953.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-18 08:28 | ままごと | Comments(4)

楽しんだ?

f0221050_07445109.jpeg

ダイレクトメールが少なくなるに反して。。
時折。。広告宣伝勧誘の電話がかかる。

暖房用の電気パネルを設置しませんか?だの。。
窓を2重ガラスに変える見積もりを無料でやります。
冷凍食品の宅配やら。
ガスや電気のエネルギーの会社を変えませんか?などなど。
時折くじが当たったからプレゼントしますやらも。
だいたい聞き流してすぐに電話を切ってしまうのだが。。
今日のは面白かった。
サンテミリオンのワイン屋らしいおじさん。
「私はアルコールを飲まないから。。ワインはいらないわ」(実は飲みます。)
「そうですか?でもそう言わずにご近所や家族のパーティ用に。それともプレゼントにいかがですか?」
「そうねえ。でも私91歳なのよ。今更ワインを買ってもねえ」と答えると。
おじさんはやたら恐縮してしまい。。
「あなたの立場はよくわかります。そうですねえ。ワインなんか要りませんね。失礼しました。
では良い午後をお過ごしください」と丁寧に電話が切られた。。
電話口で、リストを見ながら。
この人は91歳だったなんてマークしているのかもしれない。
それとも同僚に「またダメだった」と話しているのかな?
。。なんて想像してにやにやしてしまった。

それにしても私。とっさに20歳もサバ読んだの?。
嘘つきは泥棒の始まりとは言うけれど。
こんな「嘘」は嘘も方便かな?

久しぶりにカレーを炊いた。
近頃は「○○カレー」などの市販品のカレールウは使わなくなって。
インド系の食料品店で買った何種類かのカレー粉をブレンドして、
とろみの少ないシチュウ風のものを炊く。
来ていた息子にバターを焦がしてルウを作ろうか?と聞くと。。そのまの方がいいと言う。
人参やズッキーニ、赤と緑のピーマンもたっぷり入れてあっさり目に煮たビーフカレーに。
ジャガイモは別に蒸して付け合わせた。


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-15 07:58 | ままごと | Comments(2)
f0221050_07271393.jpeg

朝からの快晴。。ただし気温は零度。
ベランダにはまだ雪が残っている、、もちろん街にも。。
窓を開けるとひやーっとした風が入ってきて、まるで氷室に入った感じがする。
寒くて。。。買い物に行かなかった。。
と言うのではない。
下のスーパまでなら雨にも雪にも濡れずに行ける。。
でもこの際だからと言い訳ついでに。。不精して。。
何かあり合わせで食べてみよう。。

お昼に。。
買い置きのツナ缶を開けてサラダ・ニソワーズを作って食べて。。
そのツナ缶。。新製品らしく。。
水煮でもオイル漬けでもなく「蒸し?缶」だと言う。
新し物好きな私。。試しに食べてみたくて買った。
開けたらぎっしりツナが詰まっている。
サラダだけでは食べきれず。夕飯に持ち越した。
でも、同じものを同じサラダで食べるのも嫌だし。。
残りのツナで鯖デンブの押し寿司のツナ版を作ったらいいか。。。
ツナ缶だから勿論 鯖より脂っ気が少ない。デンブほどにはカラカラに煮ず。
ちょっと湿りっけを残して生姜汁や白ワインも入れて甘辛く煮付け。
煮ている間にご飯も炊いて。。酢飯を作り。
生姜を細く刻んで、彩りに卵も焼いた。

乾燥の笹の葉を茹でて戻して。包んで。
1時間ほどそのまま置いて、食べてみたら。。
なんとかそれらしく。。ただし「押し寿司もどき」やなあと思える味でした。
ま。残り物の処理だからいいか。。


f0221050_07275384.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-09 07:34 | ままごと | Comments(2)

また。。パスタ?

f0221050_08281580.jpeg

パスタ続きにお昼にパスタを。。
洒落にもなりそうにもないフレーズだが。。

ただし今回は普通の?パスタ・Barilla spaghetti n.5を湯がく。
ソースは。。。
前夜。息子が牡蠣や帆立、浅蜊を夕飯に持ってきて、
浅蜊の半分はおつゆにして食べ。
残りを「持って帰る?」と尋ねたら
「イラン。食べとき。早い目にな」と言って置いて帰った。
フランスでは魚介の中で浅蜊は高い。
「これ。なんぼやったん?」
「ええっと。確かキロ23ユーロやったかな。忘れた。。」
写すのを忘れた牡蠣は、ダースが12ユーロのno3を買ったらしい。
では浅蜊はお昼に私が食べよう。。やっぱりパスタか。。

自家製の辛味のついたオイルに白ワインで浅蜊を酒蒸しにして。
湯がいたパスタの上に見た目のために貝殻もいくらかのせて。
おつゆはこして。パスタにかける超シンプルなボンゴレ。
それでは食べにくいから。食べるときには貝殻を全部外して一気に食べる。

パスタを食べ終え、残ったソース。
蕎麦湯ではないけど。お湯を足して全部飲み切り。
美味しかった。。。海の味。

デザートにも前日に焼いたマフィンの林檎と赤い実を一つづつ。
野菜の足りない分はサラダで補い。珈琲もしっかり飲みました。

f0221050_08283524.jpeg

f0221050_08291842.jpeg

f0221050_08293170.jpeg



More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-22 08:36 | ままごと | Comments(2)

パスタ。。を買って。。

f0221050_09392168.jpeg

f0221050_09393792.jpeg

時々ビオの店に。。
パンを焼くスペルト小麦やライ麦粉、卵、オレンジやレモンを買いに行く。
たいがいは、目当てのものを買って。。ついでに店内をひとわたりは見回す。

フラフラ色々なものを見ていて。
グルテンフリーのパスタが目についた。
10%引きをしていたのも惹かれた要因だが。
箱もパスタも形が可愛い。
食べ物を形で買うのもどうかと思いながらも。。買ってきた。

グルテンフリーのパスタ? どんな味だろう?
原材料はトウモロコシの粉が96%にジャガイモが少しと書かれている。
書かれているゆがく時間は約7分。
こちらの人たちの好みはアルデンテより柔らかめなので。
6分茹でて
一緒に買った新キャベツを炒めてあえる。
最初はそのまま食べて。。途中から何か色が欲しくて。
自家製の乾燥トマトのオイル漬けを刻み込み。
そのあとはアンチョビーも足して食べた。
麺自体はモチっとして。トウモロコシの粉の感じは全くない。
食べ方としては最後のトマトもアンチョビーも入ったのが一番美味しかった。


f0221050_09394955.jpg

f0221050_09400296.jpeg



More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-21 09:48 | ままごと | Comments(2)

そば粉を。。

f0221050_07065909.jpeg


f0221050_07072179.jpeg

「モン・サンミッシェルに行ってきたのです」と
お土産にブルターニュ産のそば粉を頂いた。
ブルターニュ地方は小麦の出来が悪くて。
やせ地でも作れる蕎麦を植え、それでクレープを焼いて主食にしたと言われている。
昔は小麦が贅沢品で、
何かの時に。。それもデザートにちょっぴり白い小麦を使ったクレープを焼いたそうだ。
今は、グルテンアレルギーも問題になってきて、
その上に健康にもいいからとかえってそば粉も珍重されるようにはなってきている。。

もう30年以上も前になるが夏のヴァカンスを
ブルターニュの海岸で1ヶ月間送ったことがある。確かにパンはまずかった。
どこのパン屋で買ってもパンのあまりのまずさに、たまりかねて、
そこでパンを焼いたのが、私がパンを焼く最初だったと思う。

もちろんこの頂いたそば粉でクレープを焼いた。
家で種を挽いたそば粉は少しザラっとしているが。
さすがこの風車で挽いたと言われるそば粉。サラサラして。
クレープに焼いてもしっとりしている。
そば粉だけではちょっと軽すぎるので30%は5セレアルの粉を混ぜて。
粉125gに対し250ccのミルク。卵を2個。塩ひとつまみ入れて。
大さじ5杯のオリーブオイルを混ぜて。ラップをして3時間生地を寝かす。

あらかじめ温めたフライパンに生地を流し、この分量で12枚焼いた。
冷蔵庫に眠っていたハムとスライスされたコンテチーズを焼いたクレープにはさみ
チーズが溶けるまでまたクレープを弱火で温める。
たっぷりの紅茶と一緒に食べたら美味しかった。

ちょっと前に。。
古い写真をアルバムで探していて。。
こんな写真を見つけた。前述のブルターニュの海岸で夏のヴァカンスを過ごした時に。
焼いて窓辺に置いたパン。
このパンが、私の一番最初に焼いたパンだろうと思う。
紺屋の白袴で。家族写真を写すことは極端に少なく。
こんな写真が残っているのがまた珍しい。







More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-19 08:23 | ままごと | Comments(4)

真似をする。。



f0221050_08165067.jpeg


目からウロコと言うか。
「食器棚にクリアファイルをペタンと貼って。印刷したレシピをするすると入れる」
彼女のこのコピーを見たとき。。
「ああ。そんな方法があったのか。。」とすぐに。。真似をすることにした。

レシピや地図も今だに「紙」派の私。
40年ぐらい前からの切り抜きや自分で書いたレシピは
カテゴリーに分けてファイルしている。
よく作るお菓子やタレの分量表は印刷して冷蔵庫に貼ってはいるが。。
手順がわかっていても。。時々確認のためにレシピは見直す。
ファイルブックのまま使うのは不便だと前々から思ってはいた。

窓を拭いたついでに食器棚の扉も拭いたばかり。。
引き出しをかき回してクリアファイルを探した。
ファイルを貼って。す透視だとなんとなくスッポ抜けた気がして。
あまり邪魔にならない感じの。。以前書いたレシピを入れた。。

f0221050_08180307.jpeg


f0221050_08173595.jpeg


f0221050_08171919.jpeg

水曜日の昼ごはん。
田舎風スープ。サヤインゲンのベーコン巻き。おにぎり。
そして。
青梗菜の炒め物に「鶏もものチャーシュ焼き」を準備していた。
レシピを探して。ポンと入れる。バッチリ。。
ニヤニヤしながら料理を始める。。

出来上がりの料理は。。写す前に全部お腹に消えた。。

f0221050_08170563.jpeg

f0221050_08174992.jpeg



More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-11 08:34 | ままごと | Comments(2)

パンを焼く


f0221050_08321822.jpeg

今年初の。。。今頃の時期に何かすると。。
なんでも「今年初の。。」と言えるのだが。。
久しぶりに、パンを焼いた。

今回は我が家のオーソドックスな。
干しぶどうとひまわりの種を入れた食パンと大きめのプチパンを5つ。
マルチセレアル粉を300g。スペルト小麦を150g
牛乳250cc 卵1個。きび砂糖小匙3。塩小匙1
ドライイースト小匙1強。オリーブオイル大匙8。
ちょっとオイルの量が多いが、そのぶんしっとりしたものができる。
干しぶどうとひまわりの種は適当に入れて計らなかった。

予めイーストを大匙2杯のぬるま湯にひとつまみの砂糖と粉を入れて活性化する。
1次発酵が終わるまでホームメードパンの機械にかけて。
こねあがった生地を1次発酵の前に一度機械から出して丸く形作ると発酵がよりよく進む。
1次発酵の終わった生地を切り分け、丸めてベンチタイムを10分ぐらい取る。
2次発酵の前に形作る手順でもあるし。生地をいくらか捏ねる。
この時にある程度きちんと捏ねると、肌理が良くなる気がする。
食パンはパウンドケーキの型に、プチパンは5つの玉にして天板に並べ。
オーブンで2次発酵を40分間。
パン生地が充分に持ち上がったら。。210度で15分間焼く。
自分で言うのもなんだが。。
このパン。そこいらのパン屋で売っているものよりはるかに美味しく焼けるようになった。
粉やオイルも
もちろん牛乳も塩も砂糖もちゃんとしたもの(ビオの)を使っているからかもしれない。




More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-08 08:41 | ままごと | Comments(3)

オレンジとレモン。。

f0221050_07514367.jpeg

f0221050_07515438.jpeg


暖かい。。真冬とは思えないような。。気温15度。
平年比より8度も高いらしい。
その分。。
もうぼやくのはよそうとは思うものの。。どんよりした空を見ていると。。
鬱陶しいなあと。。つくづく思う。

炊きたてのオレンジを。
ジャムというより飲み物に使うつもりで緩めに炊いて。
大さじ一杯のオレンジにレモンの輪切りを一枚浮かべて。。
ホットレモンにした。
爽やかな香気にレモンの酸っぱさが引き立ち。馥郁とした香りに満ちて美味しい。

レモンが一つ。。冷蔵庫の野菜室の隅っこに隠れていて
皮も硬くなってきている。。
なら。。これでレモンポマンダーにしてみようか。
丁子もたっぷり買ってきたことだし。
またプツプツと丁子を刺した。
オレンジとは違った香りがする。。当たり前だな違う果物なんだもの。。
でもレモンの方が出来上がった形は綺麗な気がする。
と言いながらついでにオレンジももう一つ作った。

もらったばかりの南仏の庭に生えていたセージも束ねて横に干し。
ここ2週間ほど、夜寝る前にセージのハーブティを飲むと。
不思議と口内炎がすぐに治る。。殺菌効果があるのだろうか。。


f0221050_07520527.jpeg



More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-05 07:54 | ままごと | Comments(0)