カテゴリ:ままごと( 346 )

クレープを焼いて。。

f0221050_08032688.jpeg

すでに焼かれたクレープも売っているし。。
袋詰めにされたおやつ状のクレープも売っているのだから
2月2日の聖燭祭にわざわざクレープを焼いて食べる家も少なくなったとは言え
この時期にスーパーに行くと。。
小麦粉が積まれて安売りされていることも。。
クレープ用の薄いフライパンがその横に並んでいることも。。ある。

だからと言うわけでもないが。。
ギャレットタイプのクレープを焼いた。
そば粉を100g。小麦粉50g。五穀粉を50g。
卵を2個。ミルクを500ccぐらい。。ほんの少しオイルを入れて。
適当に混ぜてボールにきちんとラップもかけて3時間寝かす。

しっかり寝かせたクレープの液を中火より弱い目の火にかけて。
薄焼き卵の要領で焼く。
この分量でちょっと厚めだったが15枚焼けた。

中身はツナ缶に玉ねぎをみじんに刻んで混ぜ。
溶けやすいようにコンテチーズもすでに刻んだものを買った。
色々な包み方があるが。
チーズが溶けてこぼれないように四角く包む。
キャロット・ラペにはひまわりの種をカリカリに炒めてトッピングして。。
冬野菜のアンディーブのサラダに添えた。

f0221050_08023324.jpeg

そば粉が入っているから正式な?デザートクレープではないが。
クレープを温めて。
きび砂糖をかけてバターをちょっと落として食べるのも美味しい。。
今回はクレープシュゼット風にクレープを四つ切りにして半分に折って
表面だけをカリカリに焼いて、オレンジママレードをかけて食べたら逸品でした。


f0221050_08024540.jpeg


by fusk-en25 | 2019-02-09 08:08 | ままごと | Comments(2)

役得?

f0221050_06481609.jpg

立春。。
本当ですか?と言いたいような春はまだまだと思える。
毎日の曇り空。。気温も低い。
梅も水仙も咲きそうにないなあ。。

お昼から。。
大根のビール漬けを仕込んだ。。
もちろん「役得」で残りのビールはいただく。
大好きなポテトチップも開けて。。
大根は少しづつ漬けて。2週間ぐらいで食べきる。
昼間だったから?今回は4、3%のビールを開けたが。。
ビールの軽さや味で大根漬けの味も変わるのかしら?

前日に仕込んだオレンジママレードも煮て。
部屋の中だけは「春」の匂いが充満する。。
柑橘を煮る役得?
リコッタチーズにトッピングしたら。本当に美味しい。

夕飯は。節分の残り物のような五目豆やイワシの燻製
残り野菜を刻んだコールスローをワンプレートにした。
何とも簡単な食卓。。でしたね。


f0221050_06483001.jpeg

f0221050_06484249.jpeg

f0221050_06490325.jpeg

by fusk-en25 | 2019-02-05 06:53 | ままごと | Comments(4)

鰯を買って。。

f0221050_07191303.jpeg

f0221050_07192650.jpeg

マルシェに鰯を買いに行った。
勿論。。節分だから。。
ちょっと小ぶりだが綺麗な鰯を500g買って。。
半分はさっと酢水で煮てから。その水を捨ててしまい。
醤油と水を半々に入れて。白ワインと生姜もたっぷり入れて辛煮にした。
後の残りは。。頭と尻尾を外して冷凍する。

鰯を売っていた魚屋に。。
ラトヴィア産の鰯の燻製が並んでいて。
ピカピカ光って綺麗な姿に惹かれて
燻製だって「鰯」に違いない。節分だからと。。言い訳もして。
まずは100gかけてもらったが。同じ買うならと200gにして。。
どれぐらい持つの?と尋ねると。。
「うーん。6日か7日。。1週間は大丈夫だよ。燻製だからね。」との返事。
その日はそのまま薄く切ってサラダのトッピングにして食べたが。
少し塩分がきついような気がする。
それならと。
玉ねぎや赤いパプリカ。ローリエ。粒辛子を入れて。。
頭と尻尾を外して。オリーブオイルに漬けた。
二日もすれば塩分も程よく抜けて保存ももう少し長くなるはず。。

いつも買わないものをたまに買うと。。あれこれ考えてちょっと楽しかった。


f0221050_07195720.jpeg


f0221050_07193851.jpeg

f0221050_07201206.jpeg

f0221050_07202674.jpeg

by fusk-en25 | 2019-02-04 07:26 | ままごと | Comments(6)

彩りだけは「春」

f0221050_07523890.jpeg


久しぶりに食パンを買った。
食パンが食べたかったわけではない。。
ならどうして?
パン粉が切れていて。。
自家製のパンはひまわりの種やレーズンを入れて焼く。
そのパンではパン粉はできそうにもない。
パン粉のために白いパンを焼く?気には流石にならなかった。
ビオのパンをスーパーで買ってフードプロセッサーで挽いて、乾かす。
端っこもハンバーグや肉団子のつなぎに入れるために分けて挽いた。

その食パンを2枚ばかり残して。。お昼にトーストして。。
トマトやピーマン。玉ねぎを刻み込んだプロヴァンス風オムレツをまーるく焼いて、
オムレツを四つ切りにしてトーストにのっけて。。キャベツのコールスローもたっぷり作り。。
いかにも春らしい彩かな?と。。思いながらも。。
この食卓に合わないのは。。
曇って鬱陶しい空か?とちょっとぼやいた。
今週は週末までずーっと雨らしい。。


f0221050_07545285.jpeg

f0221050_07525699.jpeg

by fusk-en25 | 2019-01-29 08:01 | ままごと | Comments(4)

熱々のスープを。。

f0221050_09083878.jpeg

「お昼にちょっと見にきてやって」と頼まれて。。
赤ん坊を見がてら母親の「陣中見舞い?」に。

フランスでは出産に実家に帰ったり。
母親が面倒を見に泊まりにくると言う習慣はほとんどないらしい。。
夫の面倒見がいいのでしょうかね。
子供が公園で遊ぶ年頃になっても男親の方が世話をよくしていて。
それが証拠にママンと呼んでいる子供の声が少なく。。
ほとんどの子供の声は「パパあ。。」と叫んでいます。
学校の送り迎えも半分以上が男親。。

スマフォの天気予報「現在の天気・マイナス1度」の表示に。
しっかり着込んで出かけましたが。思ったより寒くなく。。
メトロも家も暖房が入っている所為もありますが
歩くと着込んだ分ホカホカして。いい散歩?にもなりました。

持って行ったのは初レシピで作った「豚肉の大根おろし煮」と
付け合わせに人参のキャロットラペ。焼きたてのレーズンパンを。
初めて作ってみたおろし煮。
豚肉の塊に塩をすり込んで1時間置く間。塩をすり込みすぎたのか
すこし煮汁が塩辛かった。
ただしこの煮汁。。少し湯をさしてスープにすると。。
大根おろしの味が効いた熱々のお汁に体も温まり。。
豚肉自体よりはるかに美味しく飲みました。。
豚肉を1時間トロトロ煮込むのに。すこし火力が強すぎたのか?
パサつくまではいかないものの豚の旨味が全部煮汁に出てしまい。。煮すぎの感じがして
1時間は炊きすぎかな?と再考の余地ある味でした。

今年初めての満月。
午後6時30分。
上がってきたばかりのお月様は実際にはもっと赤くて。。綺麗でした。
「煌々と輝く月に見えなくて。。ごめんねお月様。」



f0221050_09092153.jpeg

by fusk-en25 | 2019-01-22 09:30 | ままごと | Comments(4)
f0221050_09594284.jpeg

南仏から来ている友との食卓。
3日前の昼は直前に我が家で食べることになって。
簡単にあり合わせのサラダと煮込みハンバーグを食べさせた。
「これ日本料理なの?」
「ちょっと違うけどね。。」
「でもなんだか日本的だよ。」
私が作ると西洋?料理も日本風味になるのかもしれない。。

そしてその翌日のこと。。
泊まっている家で夕飯を何人かで食べるから「来てね」と言われる。。
せっかくだから何か日本的なものを作って持っていくことにした。
いつもの。。
鯖デンブの笹寿司なら。持って行きやすい。
今回は卵も錦糸卵にして。彩に絹さやの千切りを加える。。
鯖のデンブも本来のデンブのようにサラサラにはしないで
少し汁気を残し、鯖自体もほぐしただけの感じに炊いた。
押し寿司風にするならこの方がしっとりして美味しい。


f0221050_09592366.jpeg

デザートには林檎のガトーインビジブルを。パウンド型でなく丸型で焼いてみた。
中までしっかり火が通り、林檎の味も際立って。
この方が美味しいかな?と思える味になった。

鯖デンブの笹寿司も「パンダの寿司ねえ」なんて言いながら
みんなでワイワイ食べて。。好評でした。


f0221050_10002901.jpg

f0221050_10001691.jpeg



by fusk-en25 | 2019-01-19 10:07 | ままごと | Comments(6)
f0221050_08294447.jpeg

マルシェで小ぶりの生のビーツを買った。
ビーツはすでに湯がいて売っているのがほとんどで
生のビーツを見かけることはマルシェでは少ない。
スーパなら湯がいて真空パックされている。
湯がかれたビーツの方が確かに便利だが。。
これぐらいの大きさなら生でサラダにするとまた美味しい。
残った葉っぱや茎はソテーしても食べられる。
早速ビーツをごく薄切りにして。ビール漬けにしようと買った大根の端切れと混ぜて
塩をぱらっと振り。白のバルサミコ酢とオリーブオイルをかける。
超簡単な料理とも呼べないサラダだが。。
意外とこれがさっぱりして、ビーツの甘みも感じられて美味しい。

このサラダをメインにして。付け合わせに?
フレンチトーストを焼いた。
少し硬くなった自家製のパンを卵とミルクの液につけて湿らせ、オリーブオイルで焼く。
食事に食べるつもりだからあえて砂糖や蜂蜜などの甘味は入れない。
この甘くないフレンチトーストも意外と美味しい。
最後の一切れぐらいはきび砂糖とシナモンパウダーを混ぜたものをかけることもある。
ワンプレートにバナナのソテーとヤギのチーズも盛り合わせ。。
トマトと胡瓜のサラダも作り、たっぷりの生姜味のミルクティも淹れて。
あまりにも簡素な。。ただ切っただけに近い
料理らしいことをなーにもしない食事だなあと思いながら食べました。


f0221050_08374253.jpeg

f0221050_08473917.jpeg

by fusk-en25 | 2019-01-13 08:51 | ままごと | Comments(6)

コレクション風な。。

f0221050_09254232.jpg

昼ご飯に息子が孫を連れて来た。。
世の中はすでに2日から通常の生活に戻っているが。。
学校の始まるのは今年は遅くて?来週の月曜日からだと。。
中学に行きだした孫もまだ冬休み中でもある。

昼ご飯が終わって。。
「今日のデザートは何?」と孫が尋ねる。
チョコレートのマフィンを焼いたと言ったら。。
マフィンより白玉団子のほうがいいと言う。「また?団子。」
僕も手伝うから。。「粉はあるの?」
「白玉粉はあるけど。団子に抹茶も入れる?」
「抹茶はいらん。団子に入れても色だけで抹茶の味はほとんどしない。」
生意気にそう言うこともわかるようになったか。

白玉を丸めて湯がき出す。
いつものように団子状のものを何個か作っていると。
「ばあち。団子を他の形にしたらあかんの?」
「そら。この形が一番早くは湯がけるけど。どんな形でもできないことはない。」
だったら長いのを作ると紐状にするので。
紐をぐるっと回して端っこを引っ付けるとドーナツになるよ。
二つ重ねたら雪だるま。三角にしてハート型。などなど。。
変なコレクションのような白玉団子になって。。
団子のイメージには程遠いものが出来上がる。。

中学になってもまだこんなもので遊ぶか?
とは思ったものの。。私も同じく。。面白く楽しみました。

by fusk-en25 | 2019-01-04 09:38 | ままごと | Comments(4)

おせちも作って。。

f0221050_07374226.jpeg

あけての元旦。。
例年は夕飯の少し前にやってくる息子たち。
おせち料理はその日の分しか作らない。
直前に煮るつもりで下ごしらえだけをしていたら。。
「明日は昼過ぎに行くわ。」とメッセージが。。
しかもカウントダウンを一緒にやった友人も連れて。。
あれまあ。
急遽、揚げただけの肉団子や。里芋を煮含め。
ごまめもなますも酢蓮根も作って。
あとは前菜にサラダや鰹のタタキのリュウキュウづくりを作ればいい。

こうして並べて見たおせち料理はどれも地味な色合いだが。。
箱にさえ詰めればなんとなくそれらしく見えるのが不思議だと苦笑もして。。
直前に箸紙も手作りして。並べ。。

何やかや言いながら。食べ始めて。。
一番初めになくなったのは。なんとだし巻き卵と鯖のシュンユイ。
変なものがなくなるなあと思いながら。
後片付けもそこそこに恒例の家族麻雀に興じ。

「夕飯どうする?」
座っていただけだから。軽いものでいいと。
温麺をリクセストされて。
取ってあった鰹と椎茸の出汁に干し海老を入れて。
トッピングは葱と納豆昆布でごまかして。。
昼に残ったかぼちゃのサラダを炒め直して。。
ついでに冷凍鮪を生姜焼きにして。。食べました。

帰り間際に。。「ばあち、花火をもってきた」と
大晦日のカウントダウンにシャンペンと一緒に買ったと言う花火の残りを。。
ヴェランダでやりました。


f0221050_07375576.jpeg



f0221050_07381071.jpeg

by fusk-en25 | 2019-01-02 07:42 | ままごと | Comments(4)

変な?好み。。

f0221050_08501117.jpeg

次のマルシェは1月1日。
幾ら何でもその日には。。出る店も花屋ぐらいだろう。
お正月用品というほどのものではないが。。今年最後のマルシェで。
大根やポワロー葱、人参に蕪や茄子を買い込み。。
できるものから作り始める。
二色なますや蕪のアチャラ漬を刻んでいたら。。
塩昆布を炊いてくれと息子からメッセージが入った。
ヴァカンスの山小屋から孫が帰ってくるのでご飯の必需品らしい。
前日に昆布や椎茸をつけて炊き始める。
炊き上がった昆布を一晩鍋で寝かすと。昆布がピカッと光る。
瓶にぎゅう詰めに昆布を詰め込む方が空気に触れる部分が少なく味が変わりにくい。
小出し用の小さな瓶詰めもやることにして説明はする。
いっぱいに詰めた昆布は瓶から直接食べずに。小さな瓶に小出しにして食べるように言うと。
「この瓶一杯でいつまであると思ってるの?」と笑う。
そんなものばっかり食べていたら幾ら若いとは言え、塩分取りすぎやのになあ。。
と心配しても仕方がないが。。

正月料理ではないが。新生姜に近いものをアジア人街の食料品店で見つけた。
それも薄く刻んで。甘酢に漬ける。
実はこれも孫の好物で。。ヒリヒリするほど辛い生姜でも食べてしまう。
キムチを加えるとご飯の友「三種の神器?」になるらしい。。
変なものばかり好む子供だが。。
私も子供の頃は甘いものより。。酒の肴になりそうなものが好きだった。
子供の好みは意外とそんなものかもしれない。。


f0221050_08574436.jpeg

f0221050_08511312.jpeg

f0221050_08502466.jpeg

f0221050_08505727.jpeg

f0221050_08503934.jpeg

by fusk-en25 | 2018-12-30 09:09 | ままごと | Comments(4)