煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:季節感( 82 )

晴れる。

f0221050_07213046.jpeg

f0221050_07211364.jpeg

f0221050_07221105.jpeg

f0221050_07215517.jpeg

快晴の日曜日。気温も12度。
ルンルン。。ランラン。。ふわふわ。。ウキウキもして。。
陽だまりでの手作業にはいい日和でも。。
座るのなら曇り日でもいいか?。。と近所を歩くことにして。

陽だまりに「オオイヌノフグリ」が咲き始め。。
相性が悪いのか何度植えても消えてしまう「クリスマスローズ」が。。
ここではバッチリ咲いていると悔しがり。
影法師にヒナギクをまとわりつかせて。。遊んでいました。

目当てにしていた水仙だけは。まだほんの咲き初め。。
一輪か2輪開きかけたところです。
しゃがみこんで写していたら。。横を通るおじさんに。またもや声をかけられて。
「いい色合いだな。ええっとラッパスイセンと言ったっけ。緑との対比がいいよね。」
「空も抜けるほど青いし。。いい日和だねえ。写真を写すのにもいい日だ。」
としきりに一人で納得されて。。
「そうですね。本当に暖かくていい日和だわ。」としか言えない。。他に何を言うの?
「じゃあ。。いい午後をね」「あなたも。。」と手を振って別れて。。


f0221050_07223028.jpeg


f0221050_07224815.jpeg


f0221050_07230729.jpeg

ぶらぶら歩いてモミジバフウのぶら下がった実を写し。。
落ちている実を拾って見たら。なんとも可愛げのある形。。
拾うことにしました。
あいにく袋を持ってない。ハンカチの四方を結んで拾っていたら。
また声がかかる。。
「マダム。その実をどうなさるのですか?小鳥の餌にでも?」
ええっ小鳥の餌になるぐらいなら、こんなにたくさん残っている筈がない。。
とっくになくなっているわよ。。なんて言うわけにもいかず。
「これでオブジェを作るのです。顔をヘーゼルナッツか何かで作り帽子を着せて」
「ははぁ。。デコレーションになさるのですな?」「はい。」
「それにしてもこの樹木、なんて名前なんでしょうね。ここに植えられるまで見たことがなかった」
モミジバフウのフランス名は知らない。「楓じゃありませんか?」と言うと。
「いやいや違います。楓なら枝の出方が違う」と説明もされて。
「帰って図鑑で調べてみよう」とまた良き午後をと挨拶しあって別れたが。。

春に近づいたからか?
気持ちよく晴れたからか?。。写真を写しているとやたら声がかかる。。
それも皆。。とても嬉しそうなそぶりで。。

持って帰ったモミジバフウの実はきれいに洗いました。
クリスマス飾りに使えるかな?。。まだ2月 なんとも気の長い話です。。

f0221050_07232299.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-19 07:38 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_09522825.jpeg


f0221050_09524906.jpeg

快晴、しかも気温は12度。
午後に整体(OSTEOPATHE)の予約を入れていた。
片道約5、5km。きつい登り坂を少し迂回しても6km弱の道のり。
30分以内に着く距離でもある。
冬の間は凍えるのが嫌であまり自転車にも乗らないのだが。。
快晴の午後。
逡巡しながらも、しっかり着込んで自転車で行った。
充分に時間はとって出かけて。。
途中の花も眺めていく。。
河津桜かな?樹の肌あいを見ればまさしく桜なのだが。
近年は接ぎ木を植える傾向が多くて。正確な名前はわからない。
河津桜ということにしておこう。
樹形が悪いなんてぼやかない。咲いているだけで嬉しい。

途中パリで最も大きいと言われるアジア人街を抜けていく。
春節の今日。
華やかな幟が立てられ、アジア系の店先では桃や連翹の室咲も並べられている。
この週末は賑やかな祭りの催しもされるのだろう。。

何日か前に行った大型のスーパでも春節の売り出しをやっていて。
置いてあったパンフレット「全てのアジアの味?」が面白かったので持ち帰り
じっくり眺めてみた。
旧暦を祝う国の中に、なんと日本も入っていて。。
もう100年以上も前から日本は新暦で新年を祝う国なのに。。とは思ったが。
こちらの人から見れば日本も単にアジアの一部には違いないのだろう。

日本頁には寿司海苔や寿司米、ごま油や醤油、蕎麦が載っている。。
ただしマルコメのインスタント味噌汁と皮肉なことにWOK料理に使う酢豚ソースだけが日本製。
酢豚は日本料理とは言いませんなんて言わない。
スーパの日本コーナーでもAJINOMOTOが出していた商品は唐揚げだった。。
醤油やごま油はタイ製、寿司海苔は韓国製。寿司米はイタリア製。餅菓子は台湾製。。。
日清のインスタントラーメン「出前一丁」がハンガリーで作られる時代だから。。驚きもしないが
それに付け加え、もっと可笑しかったのは、最後のページの酒。
しっかりとサンテミリオンのワインを載せますか?ねえ。


f0221050_09541951.jpeg

f0221050_09543501.jpeg

f0221050_09545044.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-17 10:01 | 季節感 | Comments(2)

梅が。。咲く。。

f0221050_07461814.jpeg

朝から快晴。。
青空が広がる。気温も7度。。
いい天気になった。

そろそろ咲くかな?とは思うものの。
先週の雪騒ぎ。まだかな?と危ぶみながら。。
久しぶりに自転車に乗って。ちょっと離れたスーパに行った。

もちろん通りすがりの花を見るのを第一の目的にして。。
まさか?と思っていた白梅が咲き出していた。
まだ5分咲きとまではいかないけれど。
これぐらいがかえって見頃のような気がする。。
生えている場所が、バス停の裏の小さな空き地という殺風景なところで。
梅が咲く時にだけ見にも行くが。普段は素通りしていて、梅の木なんか忘れている。
自分でもちょっと現金だなあとはこの時だけまた思う。

あちこちの芝生や空き地を眺めながらゆっくり自転車を走らせて。
次にこんな可愛いスノードロップを見つけた。
横に生えていた木蔦と青い空を写していたら。
通りかかったおじさんが。。
「青い空を写してるの?」「そうよ」
「な、綺麗だろ。雲との対比がまたいいね。。」ルンルンというかウキウキというか。
彼の顔もほころんでいる。。
「いいお天気に感謝して。良い午後を。。」と言い交わして別れたが。。
空が青くて。お日様が出ると。ついつい声もかけたくなるのだろう。

f0221050_07484732.jpeg


f0221050_07491641.jpeg


f0221050_07493755.jpeg


f0221050_07495298.jpeg

追記
午前6時。
東の空に上がってきた三日月。
なんとも幽玄な。。美しい姿でした。

f0221050_08053437.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-13 07:52 | 季節感 | Comments(2)

快晴。。

f0221050_08391260.jpeg

f0221050_08402239.jpeg


f0221050_08410817.jpeg

昨日降り積もった雪はまだ少しは残っている。。
気温はまだ低い。。

でも。。でも朝から見事な快晴になった。
煌めく光。。に抜けるような青空。
しかも雪の白さが光を拾うのだろう。
普段より周囲がいっそう明るく見える。

3日も4日も雪に覆われ。。零下だったと言うのに。
ベランダのラディッシュもルッコラも凍えてしまうことなく。
しゃんと戻った。
買ったのはもう2年も前の、何度も枯れそうになりながら。。
今年になって健気に?花をつけ始めたポリアンサスも。。
しかもその鉢の中にぽっちり、
どうやらクリスマスローズの落ちばえのような新芽が生えた。。
それも消えずに残っている。。
「偉いね。。君たち」と言ってやりたいような光景。。

午前中は日陰になる反対側の窓からも下を見た。
まだかなりの雪が残っていた。
どうしてこんな形になるの?と思えるような屋根の雪模様。
広場は滑って転ばないためにか、板で道が作られている。。
誰か通るかしら?と眺めていたら。。
ぴったりと言いたいような親子連れが並んで通った。
うふふ。
まさか彼らは上から誰かが見ているなんて思わないだろうなあ。


f0221050_09010281.jpeg


f0221050_08441622.jpeg

f0221050_08480032.jpeg


f0221050_08445085.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-11 09:04 | 季節感 | Comments(0)

続・続・雪。

f0221050_07381288.jpeg


f0221050_07393871.jpeg


3日前の雪がまだらに残っている上に。。また雪が降り出した。
今日の雪は大粒?で。
見る見るあたりが白くなる。。

夕方。階下のスーパに行った。
買い物客はかなりの数だが。。品物が少ない。
輸送手段が混乱している所為だろう。
玉ねぎもジャガイモも。。レタスの棚もすっかり売れてしまって。。空っぽ。
果物の棚は蜜柑と林檎しかなかった。
生鮮食品の肉も魚も少ない。卵は一箱もない。
それなのに人々はそんなにパニック化はしてなくて。
「こんな日もあるわね。雪が降ったのだもの。。」と言う感じで。
目当ての物がなければさっさと帰っていく。
冷凍でも缶詰でも食べるものならまだある。。と思っているのかしら?

雪の合間に時折日もさす。
雪の白さに光が反射もして。。やたらあたりは明るい。
その明るさに。。つられて。。
頼まれていた「胡桃人形」を作ることにした。。

作る間中ずーっと同じようなことをしているのだが。。
どれ一つとして同じ表情の顔はない。。
ちょっと顎?をあげてみたり。
布団?の布に顔を埋めてみたり。。
うふふ。。と楽しみながら作業を進める。。

f0221050_07485232.jpg

f0221050_07425425.jpeg





[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-10 08:00 | 季節感 | Comments(14)

続・雪。


f0221050_07112814.jpeg

夜半に雪は止んだが。。
零下の気温に積もった雪は。。
どうしてか?降っていた時よりも厚みを増している。
葉が落ちて、裸木になった枝に霧氷のようにびっしりと雪が咲き。。
まだ白っぽい空気の中に見える様々な光景は。。
なんとも言えない美しさだった。。

午後は学校も休みになる水曜日。。
子供達の歓声が聞こえてくる。。昼下がり。。
雪だるまでも作っているのかしら?
と窓を開けてみたら。大きな塊を投げ合って雪合戦をしている。
下に降りて見に行こうかとは思ったが。。
もしも滑って転んだら困るし。
ズルして上から彼らを写した。
足元が危ないからか。。彼らもあまり早くは走らない。。
声ばかりが大きいのじゃない?
と言ってやりたいような緩慢な動きだが。。でも楽しそうだった。

f0221050_07194179.jpeg



f0221050_07195944.jpeg


f0221050_07201494.jpeg


f0221050_07202967.jpeg


f0221050_07212027.jpeg

私も雪で遊んだ。。
サラサラでもベタベタでもない不思議な感触の雪で。
うまく玉には丸まらない。
目をつけるのもすぐに滑り落ちるので一苦労して。
やたら不恰好な雪だるまになったが。
ちっちゃい雪だるまをまず2つ朝方の7時に作って並べ。。
お昼に明るくなってから。大きいのをもう一つ。
小さい方は松カサをちぎって目にして。
大きい方はスイカズラの実を摘んで。

f0221050_07285286.jpeg


f0221050_07300672.jpeg

f0221050_07471460.jpeg





[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-08 07:37 | 季節感 | Comments(2)

f0221050_07532012.jpeg
                              

3日ほど前から気温が下がり始めた。。
寒い。。
暖かさに慣れた体には少し堪える?

昨日の午後。
粉雪のような軽やかな雪が舞いだし。。
うっすらと積もった。。
「初雪」だなあと見ていたら。。いつのまにか消えてしまった。。

今日の天気。。終日雪。気温1度。視界不良。

朝からちらついていた雪が
午後になってやっぱり軽やかな粉雪が降り続き。
気温も零度に下がってきた。。
積もるかな?。。
気温が低いせいか。こんな軽い雪も長時間降れば。。。。
夕刻には辺りが真っ白になり出した。
ベランダの鉢にもみるみる雪が積もり出す。
と言って。降りしきる雪の感じはない。。やたら軽やかな雪。。

大阪育ちの私は。雪国の辛さを知らず。。
実は。。
雪が降ると嬉しくて。。ワクワクもして。。
あたりが真っ白になって。光景が幽玄な感じになっていく様は。。
同じ街が違う場所に見え出して。。
うっとりしてしまうのです。

明日の天気。時々雪。気温マイナス1度。視界不良。


午後5時。
f0221050_08230577.jpeg

午後6時

f0221050_07535237.jpeg

午後6時10分

f0221050_07540758.jpeg

午後7時


f0221050_07542668.jpeg





[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-07 08:44 | 季節感 | Comments(2)

豆をまく

f0221050_10281619.jpeg

豆まきをやりました。

たまたま息子が来ると電話がかかり。
「節分の豆まきしょうか?」と言うと。
「やろやろ」と喜んで。。
「でも。。食べれる豆をまくなんて。。もったいないね」
「かまへん。。福は内やろ。。やりたい」と言って。。
小さな升に大豆を入れて。。待っていました。

窓からものを投げるのは。。豆まきの習慣がないこの土地で。
ちょっと気兼ねをして。。あまり大きな声は出せませんが。。
「鬼は外。。福は内」。。窓からパーっとまきました。
ちなみに私は年女。。
何巡目か?は??にしとこうねと。。笑いながらまきました。
豆をまいたら。
階下の芝生に枝豆ができるかな?と冗談も言い、

升に豆を半分残して。
「残りの豆を持って帰るわ。。うちでまきたい」
そら福が来た方がいいものね。。あんたとこにも。。

前夜から戻しておいた大豆は五目豆にして。。
あいにく尾頭付きの鰯を見つけられなくて。
開いた鰯をソテーにして。
これでも一応「縁起物」のつもりです。


f0221050_10284490.jpeg

f0221050_10290471.jpeg

f0221050_10292815.jpeg


More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-04 10:32 | 季節感 | Comments(4)

花一輪。。

f0221050_09271118.jpg

花一輪。。本当に花一輪のイメージ。。。。が。

少し早いかとは思ったが。。この冬の暖かさ。。
ひょっとして。。咲いているかと。。
近所の教会の庭に「マンサク」の花を探しに行った。
花壇の枝が整理されて。。よもや。。マンサクも刈り込まれてしまったか?
と危ぶみながら近づいて。。
ああ。。よかった。。ほんの2.3輪。花がほころびかけている。。

雨上がりのしっとりした階段に、私の影を映したつもりが。。
写真を見たら石の傷にしか見えない。。なあんだ。。
もうちょっと空が青かったら。。影もしっかり見えたのかもしれない。。
悔しがっても仕方がない。。

晴れたり曇ったり。。時々雨も降るような。。
ややこしい天気の一日。
お日様をあてにして出かけてきたのに。。また曇る。。

f0221050_09272951.jpeg


f0221050_09275621.jpeg



f0221050_09281008.jpeg

午後5時。
ほんの少し晴れ間が広がり。。
日没の太陽を受けて。。ビルが輝き。。

そして。。午後6時。
垂れ込めていた雲の上に。。。まだほんの少し日没の色をたなびかせながら。。。
スクっと三日月が輝きだした。。
久しぶりですねえ。。お月様。。


f0221050_09282851.jpeg

f0221050_09284278.jpeg

f0221050_09285489.jpeg


More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-20 09:48 | 季節感 | Comments(2)

f0221050_07475298.jpg

f0221050_07480347.jpg

f0221050_07481554.jpg

晴れ。朝からずーっと一日中。。
ピカピカの青空に。。光り輝くお日様。。
天気予報を見てみると。明日からはまた雨の予報。。
これは。。と。
今年の「乗り納め」になりそうな。。気分で。。
自転車に乗って。パリ13区のアジア人街まで新年用?の買い出しに。。
気温は8度。勿論。しっかり着込んで。。

荷物になるだろうと。。カメラは持たずに。
スマフォにしよう。。
走り出してあちこちの影や青い空も眺め。。
ああ。。こんなに綺麗な南天がどっさり。
お正月の花にちょうどいいなあと。。採りたい。と気持ちは動くのですが。。
まさか花壇から頂くわけにもいかず。せめて写真をと。。写していたら。。
途端に画面が暗くなって。。
あっバッテリー切れたのや。。
やっぱりカメラにしたらよかった。と悔やんでも仕方なく。

アジア系のスーパーで
里芋や蓮根を贖い。。(テーブルの上全部が今日の戦利品。。)
つい名前に惹かれて台湾製の「蒟蒻の麺」も買いました。
この界隈もスーパも平日にもかかわらず。いくらか混雑していて。
新年を待つ人々の華やいだ雰囲気が漂ってはいました。

そして。。夕飯。。
食べました「蒟蒻の麺」やっぱり葱をのせて出汁をはって。
麺自体は何年も前に台湾で食べた度小月の担仔麺に似ていました。
今度は肉味噌を作って食べようかな?

f0221050_07482772.jpeg




More
[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-29 07:59 | 季節感 | Comments(6)