煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:季節感( 120 )

季節は移っている?

f0221050_08510010.jpeg


f0221050_09104404.jpeg

f0221050_08513424.jpeg

いつもより1時間ばかり起こされるのが遅かった。
夜半の涼しさに猫さえも熟睡したのだろうか?

たった1時間の違いなのに。
キッチンのタイルにポチッと光が差して。。
根が出始めたミントに当たっていた。。
それにしても不思議な場所に光が当たる。。
カーテンのわずかな隙間から漏れた光が反対側の壁に屈折したらしい。
こんなところに光が当たるのも。
太陽の角度が変わってきたからだろうか。。

カーテンの隙間から漏れる光を受けた壁も。。
すっかり乾いてしまったオレンジやセージの葉っぱに当たる。
その光や。。影さえも。。
いくらか夏至当時のギラギラしていた頃より和らいできた様な気がする。

「立秋」も暦の上だけではないのね。。
いつのまにか季節が移っている。。のが感じられて。。
酷暑から解放された涼しさに体もほっとしたのか。。
なんだか少し嬉しい様な朝でした。


f0221050_08515883.jpeg








[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-11 09:36 | 季節感 | Comments(4)
f0221050_07014675.jpeg

突然気温が下がった。
それも1度や2度ではない。。
今朝の気温は17度。日中でも22度。
待望の雨もわずかだが降って。。大気が和らぐ。。
でも15度の差は。。すごい。ちょっと低すぎないか?
酷暑から冷夏?になってしまった感じがして。。
ぼやきはしないが。
ここまで極端に涼しくならなくてもいいのに。。タンクトップ1枚では涼しすぎる。

お昼は暖かいおつゆたっぷりの「温麺」にした。
熱い烏龍茶が美味しい。
2日前までは氷をいっぱい入れた冷やし素麺に
キンキンに冷やした麦茶を飲んで。。かき氷を食べていたと言うのに。

でも確かに涼しいのはありがたい。
家中をきちんと掃除機をかけても。
汗が出ない。。
それでもいくらか暑さの疲れが残っているのか。
まだ少し体はだるい。。
それを言い訳にして今日も寝そべって本を読む。

よくしたもので。。猫もぺったりくっついて寝ている。
暑い時は涼しい床を探し回って。。二匹がバラバラに寝ていたのに。。
「生き物はなんと正直なんだろう。。」


f0221050_07140258.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-10 07:25 | 季節感 | Comments(0)

熱さの中でも。。

f0221050_07083722.jpeg


f0221050_07085541.jpeg

連日の気温の高さに晴れ間続きで。
大気汚染も進み。。
高速道路は大型車の通行も禁止されて。。
戸外では運動をしないようにと子供のスポーツクラブも休み。
大人もできるだけ運動はやらないようにと言われている。
2003年の酷暑で熱中症になった人の死亡が多かった教訓からか。。
水分を摂りましょう。窓も開けましょうと広報も出ている。

暑さ(熱さ?)のせいか。
ヴェランダの植物もいくら水をやってもすぐに干からびて。
紫蘇やバジリコ。ミントやパセリなどの香草もずいぶん傷んできた。
トマトも枝も伸びず、実のつき方が悪い。
さすがに干からびた土地が原産のトマト。枝で?完熟しただけに味はいい。
これで去年ほどできればもっといいのに。。
など等と欲の深いことを思いながら。洗ってキンキンに冷やして食べ。
今年はダメかな?と思いながら鉢を丹念に探したら。
小さな茗荷を3個ばかり見つけた。
たったこれだけでもヴェランダで物ができるのは嬉しい。

焼いた鴨にたっぷりと紫蘇を付け合わせて食べることにした。

f0221050_07091143.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-09 07:39 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_09034568.jpeg

f0221050_09023522.jpeg

色々な調理器具を持っている。。
その中でもこの機械。年に何回使うだろう。。とは思う。
去年は冷夏でおそらく一度も使わなかった。。
でも手放す気は無い電動の「かき氷機」

この暑さで。。出番が増えた。
カリカリ。カリカリ。
できるだけゆっくり回すとしゃらしゃらとした柔らかな氷ができる。
きび砂糖と黒砂糖で煮た2種のシロップは常備していて。。
昨日は抹茶も溶いてかけてみた。
「美味しいね」と昼ご飯を食べにきた孫も喜び。

今日はまた。。食洗機の調子が悪くて見にきてくれた息子と
おやつに白玉をこねて、栗のペーストの缶も開け、
栗ペーストの金時もどきに白玉団子ものせると。
「懐かしい味やなあ」と息子も笑い。
「そんなに食べたらお腹を壊す」
と私が言いたくなるほどに何度も何度も氷をお代わりをして。。
「今年は2回もかき氷を食べられた。」
と大満足の顔をして帰って行きました。。





[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-08 09:11 | 季節感 | Comments(6)

まさか雹が降るとは。。

f0221050_08392201.jpeg

f0221050_08394413.jpeg

今年の夏の最高気温。37度の予報が出ていた。

すでに昨日も暑く。35度になった時点に。。
息子から
「あまり動かないように。水分補給をすること」とメッセージが入って来て。
人を年寄り扱いしてるとちょっと悔しいような。。可笑しな気持ちで。
「昼間もごろごろして。。寝そべって本を読んでいる。得意な作業。」と返事して。
言葉通りに本を読んでいても。
ベットのマットレスの厚みはさすがに暑い。
昨日の午後。地下の倉庫に入れていたデッキチェアを出しに行き。
横の小さな椅子に本も積んで。。

今日も朝からすでに暑い。。
さすがに37度だなあと。変な納得もしながら。
昨日の続きに。あまり動かず。。本を読み。。
「寝そべるの。。得意やもんな。。」と自分でも可笑しがりながらも。。
それにしても暑い。
予報では一時的に雨が降ることにはなっている。
「雨が降るかな?。。降ればいいなあ。。」
37度の気温はじっとしていても汗がにじみ出る。

午後6時。。雷が鳴り出した。
ようやく雨になりそうな風が吹き。。
ポツポツと雨が降り出し。。ああこれでやっと暑さから解放されると。。
篠突く雨をうれしい気持ちで眺めていた。。

午後7時40分。
バリバリバリ。からんからん。。雨の中からすごい音がし出した。
慌てて外を見たら。。なんとまあ。。雹が降っている。
最初は雨に混じって小さな粒が。。そのうちに雹だけになり。。
どんどん激しく大きな粒も。。向こうが真っ白で見えないぐらいに激しく
氷の粒がヴェランダにまで落ちて来て。。
わずか10分ほどでもあまりの激しい大きい氷の粒に
見る見る屋根や花壇が白くなっていく。。

涼しくなったのはありがたい。。でもまさか雹まで降るとは。。
あまりにの天候異変になんとなく変な気持ちになりました。。

f0221050_08400248.jpeg

f0221050_08401906.jpeg



f0221050_08403588.jpeg


f0221050_08405059.jpeg










[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-28 09:11 | 季節感 | Comments(2)

真夏の?

f0221050_10405413.jpeg


f0221050_10453168.jpeg

f0221050_10411419.jpeg

f0221050_10412927.jpeg

ほおっと目を見張るような雲が朝方の空に浮かんでいた。
入道雲でもうろこ雲でもない。
ヒラヒラした雲が重なり合って。
上がって来た太陽が隙間から光る。
綺麗だな。。なんとも言えない気持ちで
ヴェランダに立ち尽くして眺めていた。。

日中はかなり暑い。
日向に出ると「真夏」の感じは濃厚だし、
長くまとまった雨が降らず、渇水の恐れや大気汚染も心配されている。
今のところ家の中でじっとしていると。
暑くてたまらないほどのことはないが。
ちょっと何か。。掃除機を使ったりするとじっとり汗が出てくる。
アイロンかけも見てみないふりをしてサボる。。
明日、明後日は35度から37度の予報も出ていて。
「酷暑」に近いと気象庁も言い出した。
「夏みたい」なんていつまで言ってられるかわからないが。
まだ夜半になると気温がぐっと下がるのがありがたい。


お天気続きだからか、それともヴァカンスだからか?
「まあ。よく干しましたね」と言いたいようなたくさんの洗濯物が。。
窓から見える家の庭に広げられて。。その上に柵にまで干されている。。
「壮観」とさえ思える光景だった。


f0221050_10471640.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-25 10:52 | 季節感 | Comments(2)

露地物?

f0221050_08580024.jpeg

大きさが不揃いだが。。
綺麗なイチゴを安売りしていた。。
しかもフランス産。ようするに露地物か?

ずいぶん前になるが。。パリ近郊の畑に苺狩りに行ったことがある。
どうしていちご畑を見つけたのかはもう忘れたが。
ひょっとして道に「苺畑」の看板が出ていたのかもしれない。
広大な畑に延々と苺ばかりの畝が並んでいて。。
畑の端っこに汚い机の上に秤がポツンと置いてある。
横におばさんが二人。積んである箱を渡してくれる。
畑で摘んできた苺を測って幾らのシステムらしい。
摘んだ苺を畑で食べるのはもちろん勘定には入らない。
その苺の値段が確か市販品よりはるかに安かった。
日本の苺狩りを想像していた私には。
新鮮な取り立ての苺が市販より安いのは不思議で。。
知人のフランス人に言うと
「そらあんた。輸送費がかからない。摘んで出荷する手間もいらない。安くて当たり前。。」
ふーんそんなものかと思いながら。。
そういえば魚屋で、生きて動いている貝や蟹より湯がいてある方が高いのも不思議だった。
「茹でるのには燃料費がかかる」と魚屋のおじさんに言われた時はびっくりした。
言われてみればそうだけれど。。
新鮮なものの方が高いのは当たり前の気がする私には、奇妙な気もするが。
理屈的には合っているのだろう。。

不揃いな苺。
思ったより甘くて美味しかった。
半分はそのまま食べて、残りをジャムとシロップにした。
もちろん炊き終わった鍋にミルクを入れて
苺ミルクも飲みました。

f0221050_08582314.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-22 09:09 | 季節感 | Comments(2)

砂漠の民に教わって。。

f0221050_05562724.jpeg

f0221050_05565027.jpeg

砂漠の民は旅をする時。
メロンや西瓜などの瓜類を携えて行くと言う。
道中の喉の渇きを瓜類の水分で潤すために。。

マルシェでその砂漠の民の子孫のようなおじさんが。
山と積まれたメロンを選んでいた。
しつこいぐらいの熱心さで。。私から見るとどこを基準で選んでいるのやら?
知りたくて。。もちろん尋ねた。
彼はさも邪魔くさそうに「なんでそんなことを聞く」とも言わんばかりに何も言わない。
臆することなく「どこを見たら美味しいのがわかるの?」と再度尋ねた。
答えるまでは放してくれないと悟ったのかどうか?
渋々。。
「あんなあ。。皮目に亀裂が入ってるのがええねん。畑で完熟している証拠や」
いかにも自分のメロンが取られるのを嫌がるような顔をして。
答えてくれた。。
「ふーん。そうか」もちろん亀裂のしっかり入っているのを見定めて買った。
美味しかった。瑞々しい。甘い。
それからの私は。。
必ず皮目に亀裂の入ったメロンを探す。

緑色の皮のメロンは大きい割に当たり外れがない。さっぱりした甘さが。
昔の日本のマクワウリの味に似ている。
オレンジ果肉のメロンと一緒に買って。
小さく切ってミントも摘んで冷やして食べた。

残りのメロンにキィウイと白玉で小さな団子を作って。
炊いてあった黒蜜をかけて食べたら。。それも美味しかった。
夏の味を満喫したような。。気がする。



f0221050_05570286.jpeg





[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-20 06:03 | 季節感 | Comments(4)

ホットな光景。。

f0221050_06305933.jpeg


f0221050_06415805.jpeg

ワールドサッカーの決勝戦。。
どちらが勝ってもいいのだが。。フランスに住んでいるとは言え、
クロアチアにも勝たしてやりたい気もする。

試合は5時からと言うのに。
昼過ぎから。。街が少しづつ騒々しくなってきた。。
本来なら、街の中では車のクラクションを鳴らすのは禁止されて違反になるのだが。。
結婚式と大晦日のカウントダウンは許される。
そして今日のようなイベントの時も目こぼしされる?
もしも取り締まったらフクロ叩きになりそう?
だから。。人々のワイワイに重なってクラクションの音も始まる。。

あまりに騒がしいので。。5時過ぎに。
下まで降りて見に行った。。
準決勝の時よりもキャフェの椅子が増えている。
まだまだ置けると椅子を運んだりパラソルまで持ってきて増やす。
テレヴィの場所もテラス席の。。より見やすい位置に移動もしていた。

フランス国旗を振り回したり。体に巻きつけている人も。。
顔に国旗を書いている人も。。
みんな楽しそうだね。。

ひとまず家に帰って。。
時々。。うわーっと騒ぐ声が聞こえる。
試合状況をパソコンで見たら。。フランスに点が入っている。
うふふ。ニギヤカな筈や。。

4対2でフランスが勝っていた試合が終わる少し前。。
このまま勝つかな?と思いながら
勝った瞬間の光景が見たくて。。また下に降りた。。
私もかなりの。。野次馬根性やなあ。。

キャフェにいる人に。。。
「もう終わったの?」と尋ねると「まだまだ。。もうちょっと。。もう直ぐだよ。。」
余裕の顔して答えられ。。
どんどん人が増えてきた。。踊り出しそうな人も。。
「もう直ぐ終わる。もう直ぐ終わる。。」とみんな少しはハラハラして。。
国旗を握りしめたり。。振り回したりし始めた。。
終わった瞬間。。「勝ったあ。。」
立ち上がる人。。ハイタッチする人。。老若男女。。乱れに乱れて喜んだ。。
国歌を歌い出す人も。。それにつられてみんなが合唱。。
いいですねえ。。大人が本気にはしゃぐのも。。

試合が終わって。。もうかれこれ5時間になろうとするのに。。
まだクラクションや爆竹の音がする。。
今夜の街は。。めちゃくちゃホットでした。。


f0221050_06330450.jpeg


f0221050_06345671.jpeg

f0221050_06335861.jpeg

f0221050_07353062.jpeg

f0221050_06343634.jpeg

f0221050_06341399.jpeg

f0221050_06333824.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-16 06:54 | 季節感 | Comments(6)
f0221050_08061711.jpg

f0221050_08063150.jpg

7月13日。午前零時。
恒例の消防署主催の
革命記念日前夜祭の「BAL」と呼ばれるダンス会の音楽が。。
風に乗って聞こえてきます。。
ヴァカンスに入って2週間目。
革命記念日の7月14日から休みを取って出かける人も多く。
しかも近頃はテロを警戒して。
ダンス会も止めるところが多くなったとか。。

夕方乗ったメトロに。。
「今から踊りに行くのですか?」
と思えるような装いをした男の人が乗ってきて。
楽しいスタイルだったので。
スマフォで撮影してみたら。。ちゃんと写ってました。
友と待ち合わせたオペラ座の前には、スピーカまで置いて歌う人も。。
街中はすっかりヴァカンスの気分です。。

今日のおやつ。。
フランボワーズ入りのマフィンを焼いて。
夕方待ち合わせた友にも3つづおすそ分け。。


f0221050_08070231.jpg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-14 08:14 | 季節感 | Comments(2)