人気ブログランキング |

カテゴリ:季節感( 171 )

緑に満ちて。。

f0221050_10081796.jpg

f0221050_10074519.jpeg

ここ数日。。
友と。。よくこれほど話すことがあるかと思えるほどに
終日。。喋って喋って。。時が過ぎる。。
体を全く動かさないのも。。どうかと思いながらも。。
また。。
わざわざ午後遅くに観光に出かけるのも気が進まない。。
そんなことを言ってると。。すぐに夕飯の時間になる。

それならせめて。ブラブラ近所を歩くのもいいかと。。
どちらともなく言い出して。。
近所の公園やなーにもない。。ただただ広いだけの野っ原を目指して歩き。。
歩けば。。
さほど寒くもなく暑くもなく。。
そして何をするということもなく。。
野っ原のベンチに座りながら。。こんな風に時間を過ごすのもいいね。
と緑陰の風を胸いっぱい吸いながら時を楽しみ。

気温が低いせいなのか。。意外と木々はわさわさ茂り。。
菩提樹など。。もう今か今かと咲く時を待つかのように。
たわわに花の蕾が。。たっぷり付いて
この花が開くと。。
きっとむせ返るような匂いに満ちるだろうと思えるような。。
立派な光景でした。。


午後9時25分。。
珍しく東側の建物がキラキラ光りだす。。
あら?
日没が始まった。。
慌てて西側に行ってみたら。。それはもう見事な夕焼けに見とれるのでした。

f0221050_10080230.jpeg

f0221050_10144039.jpeg




by fusk-en25 | 2019-05-22 10:34 | 季節感 | Comments(6)

満開のマロニエに。。

f0221050_07212455.jpeg

f0221050_07210734.jpg


気温がいつまでもぐずぐず低いせいか。。
雨がちのお天気のせいか。。
今年のマロニエは見事に咲き続けている。。
咲き始めた4月半ばから。。もう20日ばかりも花をたわわにつけて。。
特に赤い色のマロニエが今年は目につく。。
30数年前は白いマロニエがほとんどだったが。。
傷んだマロニエの後にはどうやら赤いのや薄桃色の花木を植えるらしい。。
それが大木の白い花に混じって。。たっぷり咲く様は。。
なんとも優雅な色に満ちる。。

雨と晴れ間の間に。。
木の葉に落ちる木漏れ日も美しい。。
やっと5月になったな。。
とマロニエの並木を見るたびに思う。。
その中にひらひらと翻る3色旗の艶やかさが。。
またいい感じだった。。


f0221050_07215763.jpg

f0221050_07213905.jpeg









by fusk-en25 | 2019-05-11 07:24 | 季節感 | Comments(6)

鈴蘭の花。。

f0221050_08401807.jpeg

寒い寒いとぼやく毎日。。
去年の5月の記事を見た。。
あら。。去年もこの日は寒かった。。
しかも今年よりはるかに。。(https://kiramekuhi.exblog.jp/29757927/)

もちろん。。「幸福を招く」鈴蘭は買いに行った。
「まさか森で摘んできました」なんてことはもうないだろうし。
この日を基準に企画されて植えられているだろう鈴蘭の花。。
それでも「今年はまだ開いているのが少なくて、蕾の方が多いですからね。」
といつもの素人っぽい売り手は言われる。。
去年と違って。。燦々と晴れた当日。
街のあちこちで売る人も。。買う人もなんだか楽しげに話しながら買い求める。。
特に男の人がいそいそと花を抱えている姿は微笑ましい。
売っている場所も。。
メトロやバスの近辺やスーパの店先が多いのだが。。
あら。。肉屋の店先を借りたのね?と思えるような場所にも。。
いつもの年より人の出が少なかったのは。。
復活祭のヴァカンスに当たってしまった所為だろう。
その証拠に子供の姿がちっとも見られなかった。。

本来この5月1日の祝日。
労働者の日。と呼ばれる。日本風に言うなら勤労感謝とでも訳すのだろうか?
近年。。
随分祝日も店を開けるところが増えたが。。
それでもこの日ばかりは休むところが多い。。
昨日もたち寄った店先で。。
「明日の朝は、店を開けるの?」と尋ねられた店員が。。
「まさかあ。。明日は休みますよ。。労働者の日だもの。」と答えていた。

メーデーの集会もかなりの人数は集まったと主催者は告げている。

f0221050_08403582.jpeg

f0221050_08410627.jpeg

f0221050_08413469.jpeg

f0221050_08412032.jpeg

f0221050_08414782.jpeg

f0221050_09041849.jpeg

f0221050_08405240.jpeg









by fusk-en25 | 2019-05-02 08:48 | 季節感 | Comments(6)

暖かくなったから。。

f0221050_06021439.jpeg

よく晴れた日曜日。。
暖かさも申し分ない。。
下の広場の大きなマロニエも花が上がってきた。。
桐の花はまだだが。。ライラックも開き始めている。

静かな静かな。。日曜日の街。。
正午を過ぎて。。扉を開けていると階下の住民たちの話し声が
漂ってくる。。
カチャカチャと皿やフォークを動かす音も階下から聴こえる。。
心なしか。。大気に。。肉を焼く匂いも流れてくる。。
始まった。。休みの日になると。。(https://kiramekuhi.exblog.jp/29771202/
恒例の。。
庭でのバーベキューや食事を階下の人たちがやり出したのだ。。
少々寒くても晴れてさえいれば。。日光浴に余念のない人たち。。
こんないい天気を見逃すはずもない。。やっと暖かくなった陽差しに。。
部屋の中で食べるなんて。。考えもしないだろう。。

上から見ていると。。
男の人たちが本当によく働く。。
肉を焼くのは必ず彼らだし。。もちろん炭をおこすのも彼らがやって。。
後片付けすら率先してやっている(たとえ食洗機に入れるだけであっても。。)
女の人は反対に悠然と煙草なんかを吸ってそれを見ている。。ことが多い。
フランスの社会でも。。
まだ男女の不平等は多いと言われる。。
日常の家庭生活になると。。全然違うのになあ。。とちょっと可笑しくも思いながら。。
微笑ましい気持ちで男の人たちの働きを眺めてもいる。。

そのお隣では。。
もうあらかた昼食も終わり。。
そろそろデザートを始めるのかな?
私がここに越してきた頃は。。まだ生まれてもいなかった子供たちが。。
なんと大きくなったのだろう。。


f0221050_06023351.jpeg


f0221050_06024884.jpeg


f0221050_06060123.jpeg

by fusk-en25 | 2019-04-22 06:14 | 季節感 | Comments(2)

今年も。。

f0221050_08244571.jpeg

f0221050_08252405.jpg

f0221050_08253946.jpg

今年もテントウムシの幼虫を買った。
実際のところ。。
テントウムシが本当にアブラムシの駆除になっているかどうかはよく分からない。
それでも農薬を撒くのは嫌で。。
ダメでも仕方がないと言い聞かせて。。毎年買う。(https://kiramekuhi.exblog.jp/29719506/)
今年は一箱11ユーロだった。
夏場に明かりを求めて室内にテントウムシが入ってくることもあるが。。
去年はそれも少なかった。
買った途端に気温が下がったのが原因かもしれない。。
今年のも開けてみるとなんとなくひ弱な感じはするが。。
何もしないよりいいだろうと。期待だけはして。。

大型園芸店にはもう野菜や香草類がところ狭しと並んでいて。。
何か買おうかな?と色々みたが。。
ベランダの冬枯れの掃除もしていない。。もちろん土の準備もまだなので。
今日のところは苗は買わずに。。ラディッシュの種だけにした。

種といえば。。
今朝。。ほうれん草の種を友が送ってくれたのが届いた。
実は。。送ってくれたのを知らずに。。
1週間ほど前に大型スーパの園芸コーナーに
ビオの野菜の種が並んでいて。。ほうれん草も見つけた。。
まだ一度も「ほうれん草」は蒔いたことがない。
お浸しになるほど大きくするのは難しそうだが。。
若葉をサラダで食べるならできるかもしれないと試しに買ってみた。。
さて。。
このほうれん草の4袋もの種。。畑がいるではありませんか?


f0221050_08250611.jpeg

by fusk-en25 | 2019-04-07 08:34 | 季節感 | Comments(2)

満開の桜の下に。。

f0221050_08534660.jpeg

f0221050_08511091.jpeg


f0221050_08530514.jpeg

「満開」まさしく満開と呼べるように桜が咲いていた。
桜にしても椿にしても山吹や薔薇さえも蔓薔薇のような。。
儚げな一重の花の方が好きなのだが。。
この満開の桜の下に佇むと。。
圧倒される美しさと言うか。。
まるで桜の花のカーテンともシャワーとも言いたいほどの「桜の色」に。
儚げな花の方がいいなんて言えないような気がする。

秋から冬にかけての。。鬱陶しい天気の毎日。しかも春の遅さに。
毎日が灰色のような光景に長く暮らしていると。。
待ちかねて待ちかねてと言うような気分で。。
もうハッとするような明るさに心惹かれるのだろう。。
だからこそなのかもしれないが。。
街路樹にも公園にも庭木にも八重の花が多い気がする。。

まるで「花簪」のようだなあと眺めていて。。
この桜の花びらが一斉に散り出したら。。
どんな素晴らしい「花吹雪」になるだろうと。。
桜の下に佇んで。。想像をしたりもする。。

花地図の。。他の桜も咲いてはいたものの。。
この桜を見た後は。。「あら。。咲いてるの?」と言う感じでした。。


f0221050_08525024.jpeg

f0221050_08532418.jpeg


f0221050_08540090.jpeg


by fusk-en25 | 2019-04-05 09:04 | 季節感 | Comments(2)

今日から「夏時間」

f0221050_09185085.jpeg

f0221050_09190686.jpeg

f0221050_09192185.jpeg

f0221050_09193559.jpeg

今朝から「夏時間」になった。。
パソコンの画面を見ていて。
午前1時59分の次にスーッと「3時」の数字が出てきて。。
2時を飛ばしての夏時間が始まったのを知る。。
今年から「夏時間を やめる。やめない」と言われながら。。
やっぱり今年も「夏時間」が始まった。
毎年3月末から4月にかけての1週間は慣れるのにかなりくたびれる。。
特に胃袋が。。
なんて言いながらもいつのまにか。夏時間に合わせてしまえるのも不思議な。。
感じはするのだが。。

夏時間の午前6時。
冬時間なら今はまだ5時。。
もちろんまだ街は、とっぷりと夜のままだが。。
東の空に三日月が上がってくる。。
見ている間にほのかに空も白んで来て。。小鳥が忙しく鳴きだす時間。
三日月もどんどんせり上がってきだす。
30分おきかに。。ベランダに出て。。「暇やなあ私。。」と笑いながらも。。
朝陽と三日月の共演がまたいい。
ほんわりと出ている雲も。。まるで鳥が何かを追いかけているような。。絵を描く。

そんな風に「夏時間」の始まりに対した朝でした。

f0221050_09194801.jpg


f0221050_09200292.jpeg
 

追記・・・
夏時間の午前7時30分。
随分三日月も白くなってきました。。もうちょっとで見えなくなります。。

f0221050_10130054.jpeg












by fusk-en25 | 2019-04-01 09:24 | 季節感 | Comments(6)
f0221050_09005775.jpg

日毎に気温が上がってくる。。
暖かい。。
朝晩こそまだ10度そこそこの気温でも。。
日中の20度をいくらか超える暖かさは本当に暖かい。

近所の教会の「桜」の咲き具合を見に行った。
まだ半分ぐらいの咲き方なのに。。
この樹の大きさに相まってびっしりとついた蕾の多さが。。
すでに周囲を明るくするような。。華やかさが漂う。。
満開になる前のふんわりした花びらのピンクと蕾との濃淡が。
かえって華やかな感じに見えるのかもしれない。。
青い青い空に映える桃色の桜も綺麗なのだが。。
あまりにも美しすぎてあざといような。
むしろ薄汚れたグレーの壁の方が合うような。。気さえする。
いつのまにかに横の大きなマロニエも新芽でなくなって。。
「葉っぱ」どころか花芽まで上がってきている。。「春」ですねえ。


f0221050_09020847.jpeg

f0221050_09022565.jpeg

f0221050_09145275.jpeg

ぐるっと教会の周囲を回って。。
その横の道とは言えないような細い路地を通っていたら。。
壁際に真っ白なクレマチスが蔓を伸ばして咲いていて。。
もうクレマチスが咲くの?と驚いて写していたら。。
後ろから来た若い男の人が。。にっこりと笑いながら。。
「いいでしょう。春らしくて。。」と声をかけて通り過ぎて行きました。
春の花もこの暖かさも。。
誰をも。。開放的な気分にするのでしょうか?

f0221050_09025843.jpeg

f0221050_09031586.jpeg











by fusk-en25 | 2019-03-31 09:46 | 季節感 | Comments(2)

桜。。さくら。。

f0221050_08380844.jpg

ここ3週間。。ずーっと天気は悪かった。。
時たま晴れても、いつ雨が降るかはわからない。
気温も低い。。
なかなか春にはならないとぼやくついでに自転車にも乗らなかった。

久しぶりに午後になって晴れだし。。
ちょうど整体にも予約を入れていた。。
勇んで自転車に。。乗ったのだが。。
なんと、坂がこんなにきついのかとか。。
ええっこの道は上り坂なの?と言いたいような。。自転車のシーズンなら真っ平らと思ってたのに。。
なんというしんどさ。。自分ながら呆れてしまった。。やわな私。。
今までのちょっとした晴れ間にも。。もう少し慣らし運転しとけばよかったのにねえ。。

沿道に。
まさか?と思った「桜」が咲いていた。
梅が遅かったから。。満開の「桜」にはちょっと驚き。。
こんな驚きなら。。いいよねえ。。
坂はしんどくても。。登りきった坂の上にぱーっとまた満開の桜が目に入る。。
日本ならこの下に毛氈など敷いて茶店でも出そうな。。広場の桜。
桜を見る人なんかだーれもいなかったけれど。
「綺麗だねえ」と充分に「桜」には褒めてきました。

f0221050_08382706.jpeg


春分の日の「満月」
もう6時過ぎから。。待っていた甲斐あって。。
大きな大きなお月様がせり上がってきました。。

f0221050_08384388.jpeg


f0221050_08385657.jpeg













by fusk-en25 | 2019-03-21 08:40 | 季節感 | Comments(2)

雨上がりに。。

f0221050_10033177.jpeg

f0221050_10034976.jpeg

f0221050_10040283.jpeg

f0221050_10041879.jpeg

晴れない空を見ながら。。
でも雨は降ってないからと言い聞かせて。。やっこらさと立ち上がり。。
ここ数日の雨の後を。。

鮮やかな。。鮮やかな黄色の塊が目に入る。
「こんなところにも連翹が咲いていたのや。。」
どこに咲いていても連翹の樹形はそんなにいいとは言えないとしても。
この枝垂れたような枝に咲く花の群れは。。見事に美しい。

梅も桜も連翹も、花が終わるとぜーんぶ緑に隠れて。。
単に木々になってしまう。
今のこの季節だけ。。ああここにも、あそこにもと目を輝かせるなんて。。
ちょっと樹には失礼かな?とは思いながら。。も。
やっぱりあちこちの花ばかりを目指して歩く。

紅色マンサクはすでに新芽を開かせて。。
並木にうっすらモヤのような緑のベールがかかっている。
「こんな風に赤い色のモヤがかかると思ってたのにね。。」
「悪かったね」とまで樹が言ったわけではない。
でも。。新緑になるかならぬかのこの時期の緑が一番綺麗な気はする。

いつもの白梅もかなり新芽が出て。。あたりがいくらか緑っぽく染まり。。
何日か前はたった一輪だけだった連翹も満開になって。
あたりがキラキラ。。明るく見える。
公園の塀の際に何本か咲く紅梅も見事に咲いて。。すでに花びらが散りかけていた。。

花畑になるのを待っている水仙だけがまだ大方「葱坊主」のままで。
「雨水だけでは花は開かないのねえ。」
「やっぱり温度も足らないし。太陽も出なかったじゃありませんか。。」
とつぶやかれたような気もして。。

いつもの花の地図を。。
青空ではなかったのは惜しまれる。。
でもまた。。様々な花に惹かれて。。ちょっと多めに歩いてきました。



f0221050_10044851.jpeg



f0221050_10072116.jpeg

f0221050_10060337.jpeg

f0221050_10063505.jpeg


f0221050_10061788.jpeg

by fusk-en25 | 2019-03-16 10:21 | 季節感 | Comments(4)