カテゴリ:住む( 83 )


f0221050_08112492.jpeg


f0221050_08132366.jpeg


よく晴れた土曜日の昼下がり。
柔らかな光が部屋に溢れる。。
まったりした光の中で、猫までが置物化して。
物憂げに座る。
「あら。今日はまだ寝そべらないのね。」
嫌味の一つも言いたい気持ちになるような。。
いつもならもう堂々と机の上に体を伸ばしてもいるのに。

まだ光景にはかなり秋の風情も残っていて。
ほんのり色づいた樹々が建物の白さに映える。
美しい。
もう少ししたら。。この葉が全部落ちて。。裸木になって、
それはそれなりに美しいのだが。。
でもこの柔らかな光とさまざまな淡い色合いは。。
なんてことない家並みでも
まるで絵本から抜けて来たような気分に見える。

性懲りなく。「アボガドの芽」やビー玉も写す。
ついでにキラリとミニオブジェに映る光も。。

光が煌めくのは。。なんと美しいのだろう。

ぼーっとこんな景色ばかり眺めているのも。。と。
久しぶりに自転車にも乗りました。
風はかなり冷たくて。しっかり2枚重ねた手袋の先も冷たくなったけれど。。
日差しはキラキラして。いい気持ちでした。

f0221050_08125323.jpeg


f0221050_08134481.jpeg



f0221050_08122356.jpeg



これは「とある日」の猫。

f0221050_08130805.jpeg




More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-11-18 08:32 | 住む | Comments(6)

晴れる。。

f0221050_09143818.jpeg


f0221050_09142041.jpeg


f0221050_09151201.jpeg


f0221050_09145883.jpeg

晴れる。。
もうそれだけ嬉しい。
しかも2日続きの。。輝くようなお日様。
冬の淡い光でさえも快晴の日差しは眩い。

窓辺に置いたアボガドの芽も日一日と伸びる。
タネからグーンと「伸びてきましたよ」とでも言うように。。
こうなると嬉しくてたまらない。
「早く芽を出せ。柿の種」の心境に近い。
自分でも欲深いとは思う。
でもやっぱり何度も見ては。葉っぱがひらけばいいのにねえ。などと呟く。
言っても日にちが立たないと大きくならないのもわかっていても。。
やっぱり呟いてしまう。

同じ部屋のわさわさ茂ったアボガドの葉を見ながら。。
ここまで大きくなるのには。。時間がかかったものね。。

夜のとばりが降りる寸前。。
空が染まりだして。。その夕焼けにも心惹かれる。。

f0221050_09152875.jpeg

f0221050_09154198.jpeg




More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-11-15 09:18 | 住む | Comments(2)

たまには秋色?

f0221050_07271540.jpeg

f0221050_07272790.jpeg

秋深しと言いたくなるような気温になった。
今朝は20度を切って17度。日中もほぼそのままの気温になって。
残暑気味の3日前から比べると10度以上も低い。
慌ててベストを羽織った。

秋色だからと言うわけでもないが。。
しまっていた臙脂のクロスを洗って。アイロンもかけて。。
そのまま畳んで収納するとまた折り目がつく。
不精して直接テーブルにかけた。
夫がいた頃は。むき出しのテーブルが嫌いで必ずクロスも使っていた。
ただしアイロンは彼がかける。
アイロンかけ係がいなくなって。アイロンをかけるのが苦手な私は。。
キッチンの常時使うテーブルはテーブルマットで暮らすことにした。。

でもたまには。。
クロスをかけてみると。色合いが違うのは当たり前として。。
気分も少し変わる。。

夕飯の前菜はバケットのカナッペ。
鴨肝のペーストをヨーグルトあえてバジル風味にアレンジして。
ルッコラとヤギのチーズを盛り合わせ。
バケットは160度のオーブンでカリカリに焼いて。
茄子の炊いたんを食べてから。。
鯖でんぶと卵焼き。椎茸の含め煮の押し寿司を笹で巻き。
素麺のお汁にしました。


f0221050_07273931.jpeg









[PR]
by fusk-en25 | 2018-09-23 07:35 | 住む | Comments(6)
f0221050_08023681.jpeg

ああでもない。こうでもないと。ここ何日か。。
小箪笥をたった3つ買ったばかりに。。
物をあちこち動かしては。。
感じが合わないと嘆いてみたり。サイズが少し大きかったと悔しがったり。。
部屋中のものを移動させて。引き出しの中身も入れ直して。。
その挙句に。何も今しなくてもいいのにビー玉を入れるガラスコップを探してきたり。。
片付けているのか。散らかしているのか。遊んでいるのか?
自分でもよくわからない。。

部屋の模様替えは若いときから好きだった。
それも夜中にはたっと思いついて本棚や箪笥を動かしては。。
祖母に「またやってなはるのか。。」と呆れられたものだが。
近頃は体力もなくなったので。本棚までは動かさない。。
でも時々中身の本は並べ替えたくなったりはする。。
これはどちらかと言うと「病気やな?」と自分でも思わないこともない。

なんとか形になったと思って。キッチンでお茶を飲んでいる間に。
なんと猫が。。いつのまにか二匹とも作業机に寝そべっていた。
小憎らしいような。。のうのうとした顔をして。
なんぼ猫は綺麗好きか知らんけど。
「掃除終わったのを見届けてやることないやないの」

そして今。一番心配なのは。
小引出しに名前をつける金具を売っているかしら?
前に買った金具は20年以上も前だから。。

f0221050_08030413.jpeg


f0221050_08144055.jpeg


f0221050_08033075.jpeg

f0221050_08034920.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-08-02 08:18 | 住む | Comments(6)

進化なのか?

f0221050_07124647.jpeg

窓辺にも棚側にも小さな引き出しのついた小箪笥を使っている。
様々なものを小分けにして、収納するだけでなく。
作業に必要な時に。。例えばファースナーやゴム紐、ボタンなどを、
引き出しごと抜いて机に出して使えるのが便利で。
いくつかそんな箪笥を小物入れとして使っている。

古い着物の端切れを収納するのに引き出しもいくつか買い足したいと思っていた。
先週から台所を改造するのにイケアに買い物に行った息子が。
確か売っているのを見たと言う。
「今度行ったら見といたる。」安請け合いをしたから。
覚えているかな?と思っていたらメッセージが来た。
写真付きでサイズも写して。「どうする?」
「覚えてたんかいな。。」とは言わなかったが。
前に使っていたのと同じサイズを2つばかり買ってもらうことにした。

引き出しを持って来てくれて。。
箪笥自体の奥行きは2cm短いが横幅は同じサイズの筈なのに。
引き出しの小箱を出して並べてみると新しい箱の底面積がいくらか広い。
変だなあとしげしげと箱を見た。引き出しの板が薄くなって。
だから。。わずかだけれど新しい箱自体が大きくなっている。
こんなことは進化と言うのかなあ?とちょっと変な気持ちにはなったが。。
売る側の経済効率からはいいのでしょうね。薄い板の方が。。

使い勝手がいいように決まるまで。。
また狭い部屋の中の様々な物をあちこち動かして、
この引き出しの置き場も中身も試行錯誤することだろう。
ついでに。。
少しは要らない物も処分しようかな?(さて。。できるでしょうか?)


f0221050_07130184.jpeg


f0221050_07131312.jpeg


f0221050_07132786.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-30 07:37 | 住む | Comments(6)

猫の網。。

f0221050_08153377.jpeg

f0221050_08181358.jpeg

f0221050_08203507.jpeg

暑い日が続いている。。
さすがに猫も。。
いつもなら2匹が必ずひっついて寝ているのに
彼らも暑いのだろう。。離れ離れになって寝ている。。
温度を知ってるねんなあ。。その上毛皮も着てるし。。」

涼しい風が吹き抜けるようにと。
扉や窓を開けておくと。。
ずーっと側についていてもふとした拍子に。猫はベランダに脱走する。
「出てもいいけど。落ちたら死ぬよ」と言っても。。どうも分かりそうもない。
だからと言って。。いつもいつも見張るわけにもいかない。

扉を閉めきって熱中症になると困る。。その前に。。
「猫網」を買って枠を作り簡単な網戸を息子が作ることになった。。
ネットでなければ売ってないという猫網。網自体は透明で丈夫らしい。
漁網を転用したのか?などと話しながら。
2週間前に注文した。
透明な網が来るはずが、どんな手違いからか緑色のがきて。
さすがにそれを張るとまるで籠の鳥みたいになってしまう。。
透明の網を注文し直し。やっと先週届いた。。
枠は近所の大型工具店で一番安いポーランド産の松材を買ってきて。
ああでもないこうでもないと言いながら。。扉に噛ませる枠を作って。
まず作業室の窓と寝室の扉。台所の窓にも設置した。
思ったほど網は目立たない。。

窓を開けはなつと確かに涼しい。
涼しい風が吹きわたると。。なんとまあ。。悠々と足を伸ばして猫が寝る。
「気楽なもんやな。。」と思いながらも。。
生き物は正直だとつくづく思う。。

f0221050_08362678.jpeg

f0221050_08510665.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-10 09:06 | 住む | Comments(6)

新しい皿。。

f0221050_08222394.jpg

新しい皿を買った。

食器はもう棚に入りきれないほど持っていて。。
近頃は食器や厨房器具の売り場は好きなのに。。。近寄らないようにはしている。。
なのに。。
どうしても違ったものが欲しくなる。
同じ皿ばかり使っていると料理に変化がない。
だから。。色々料理を想定しては。こんなものが欲しいと探す。。

今まで持っているものにしても大して高級品はない。
できれば廉価なもので。。それをいかに使いこなすか?
の方を実は楽しみにしていて。
この皿もそんなに高くはなかった。
ずっしりした質感と。ぐるりの線の釉薬が禿げたような色合いに惹かれて。。
最初は盛り皿用に一枚だけでいいか?と、思いながら。。
それでも取り皿にも使いたいと2枚買って来た。。
見ているうちに誰かが何人か来た時にも使いたい欲が出て。
結局。。後2枚買い足した。

器は使っているうちに味が出てくる。
最初はさほど良くなかったものも何度か水をくぐるうちに。
釉薬もいくらか くすんでいい感じになる。。
この皿も1年か2年ぐらいして。。
釉薬が落ち着いたらきっと良くなるだろうと思う。
時たま使い込んで、みすぼらしくなる食器もある。
先を読むと言うか。。それをパッと見分けられたらいいのにといつも思う。

光悦ではないが。。
「骨董ばかりがいいのではない。今出来のものにもいいものはある。。」
と言われている。
今。ビンテージなどと言われて高価になってしまっているものも。。
作られた時点では庶民的な雑器だった筈で。。
私の食器類も40年も前に買ったものなら「骨董」に近い年月だけは経っている。
と負け惜しみみたいなことを言いながら。。
この皿も後何年かしたら。。自分の好みになるだろうかと楽しみにはしている。。


f0221050_08272318.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-07 08:35 | 住む | Comments(8)

涼感。。

f0221050_06033143.jpeg

たった一枚の布が。。
こんなにも涼感を誘うものか。。と不思議な気もするが。。
実家なら。今頃の季節には襖を籐の障子に変えて。
廊下に面した障子は外して狭い幅のすだれに変えていた。。
そんなことも懐かしく思いながら。
麻のテーブルクロスを軒に吊るす。。
何年か前からこのテーブルクロスはもう食卓には使わずに。。
暑気よけの定番になってしまった。。
白い布が翻るのを見ているだけで。。涼しそうな感じがする。。
それを見ていて。。
古い日本家屋の。簾や葦簀。軒忍などの。。
工夫された涼けさを思い出したりもしている。。

ずいぶん前に従妹が送ってきた火箸を模した風鈴も持っているのだが。。
ここにはガラスの風鈴の方が似合うかな?と
チリンチリンとガラスが響く音を想像してみたり。。

昼下がりのお茶の時間の珈琲も。
アイスコーヒーにした。
黒砂糖でシロップも煮て。。ちょっと変わった味にして。。
透き通った珈琲の色に氷がキラキラして。
これもまた涼しさを醸す。。

f0221050_06125897.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-03 06:22 | 住む | Comments(4)
f0221050_08281360.jpeg

寝室の扉をこする「スリスリ。スリ。。」と音がする。。
何かどこかで音がしている。。まだぼんやりしながら。。
最初はしめやかに。遠くの方から聞こえてくる。。その音が。。
そのうちにいくらか目覚めてくると。。合間も音もどんどん早くなる。。
「スリスリ。。スリスリ。。スリスリ。。」
猫が。。
「朝ですよ。。」と起こしに来る時間。
ほぼ毎朝。。午前7時から7時半。
「しゃないなあ。。。」と嫌々。。起きて餌をやる。
ここ数日は晴れていて。もう既に日が昇り家中は明るい。。

今朝もいつものように。。扉をこする音で目が覚めた。
眠い目を開けて見たら。。家の中がいつもとちょっと感じが違う
カーテンも壁も。。薄赤く染まっている。。
餌をやるのに行った台所。。の窓に。。
ちょうどきらめく太陽が。。。昇り始める。。ああ朝焼け。。
と見とれて。。
時計を見たら6時。
「なーんや。。今日は1時間も早かったんや。。」
早すぎる。。。とぼやきながら。。
刻々と変わる朝焼けには餌をやるのも後にして。。見続ける。。
もう冬の柔らかな光ではない。
しっかりした「朝陽」と言う感じの濃厚な夏の。。朝焼け。。


f0221050_08322854.jpeg

f0221050_08284998.jpeg

f0221050_08291715.jpeg

f0221050_08293569.jpeg

写しているうちに。。なんとか目も覚めて来て。。
家中のあちこちの濃いピンクの色や
カーテン越しにも見える朝陽にも。ちょっと興奮もして。。

猫に起こされるには早すぎる時間。
でも朝焼けがあまりにも綺麗だから。。ま。いいか。
もちろん。。足にまとわりつく猫に。。
餌はやりました。

f0221050_08294942.jpeg

f0221050_08300123.jpeg


f0221050_08282648.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2018-06-30 08:51 | 住む | Comments(6)

どこに入れよう?

f0221050_07460525.jpeg


f0221050_07463017.jpg

毎日の自転車のトレーニング?は
目的なしに30分ほど走ってくるだけだが。。
たまには何か用事を作って走るのも楽しい。
ちょうど「エマウス」(https://kiramekuhi.exblog.jp/26210979/)に寄付したい物もあった。
それを積んで指定の場所に置き。。
やっぱり店の中もちらっとは見た。

前にも書いているようにもうすでに食器は山ほど持っている。
収納場所に困るぐらいだが。。
それでもちょっと目先の変わった物はないかと眺めてしまう。
ヴァカンスの前だからか食器の種類は少なかったが。。
色々な保存瓶を見つけた。
WECKの保存瓶は小さいが蓋もちゃんと揃っていて。。
大きな瓶は保存食を入れるだけでなく拾った小石や木ノ実を入れるのにも適している。
色々選んで。
係のおじさんに持っていく。全部で3ユーロと言う。
いくら元は「ただ」とは言え、安いなあと思うけれど。。
安さに文句つけるわけにもいかない。。

支払う場所に行って。。払って戻ると。
買った品がエコーバックに詰めてあった。
「あんた。自転車で来たやろ。。持って帰りやすいように袋に入れといたで。」
ヘルメットをかぶっていたのが効をなしたか。。
断ることもないから。。
「どうもありがとう」ともらって来た。

帰って、きれいに洗って。。
ちょうど冷やしていた。「トマトのお浸し」を入れてみた。
でもこのガラスを。。どこに収納しよう?

f0221050_07473825.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-06-25 08:00 | 住む | Comments(4)