人気ブログランキング |

カテゴリ:動物( 19 )

猫でも。。

f0221050_10180986.jpeg

猫が家に来て1年半になる。
来た時すでに2歳を過ぎていたから。なつくかな?とは思ったのだが。。
「犬は人に、猫は家につく」と言われる様に。。
すっかり家には馴染んで。
「ちょっとあんたら。。もう少し遠慮してもいいんじゃない?」
と言いたい様なリラックスし過ぎる姿態でいつも寝そべっている。。

その猫が。。
孫が泊まった夜。
孫にしたら赤ん坊の猫から飼っていたのだから。。
自分の猫のイメージでいて。猫も彼のベットで一緒に寝るだろうと思っていた。
猫の好きな毛布をベットに敷いてやって。
ところが猫はベットに上がらない。「おいで」と呼んでも。。
部屋の中までは入って来て、いつもの様に椅子にうずくまる。

私は猫なんかと寝るのはごめんだから。。
この1年半の間。ベットにも。食卓にも上らせなかった。
だから猫もベットに上がるのを遠慮したのか?

「あれ。。猫でも習慣を学べるのだ。。」
猫「でも」なんて言ってもらいたくありませんね。と猫に言われそうだが。。
普段あんなに我が物顔をして暮らしている猫が。。
そんなこともわかるのだねえ。。と可笑しかった。

その上。。度々餌を買うのは面倒だと。半年分ほどの大量の餌を息子が注文した。
「こんなに量があると。猫が嫌がったらどうするの?劣化もするよ。」
と私が言ったその通りに。。その大量の餌がなくなって。先週新しい餌を買った途端
同じ種類の餌なのに食いつき方が違う。。
猫でも新しいのが美味しいのだねえ。。正直なものだと笑ったが。
また「猫でも」と言わないでくださいと文句を言いそうな猫は。。
今夜も「我が物顔」をして私の横で寝そべっています。




f0221050_10190304.jpeg

f0221050_10184770.jpeg

f0221050_10183228.jpeg

f0221050_10174509.jpeg

by fusk-en25 | 2019-01-07 10:25 | 動物 | Comments(6)

不思議な光景。。

f0221050_08281718.jpeg

f0221050_08293288.jpg

f0221050_08283648.jpg


バード・ウオッチングに行ったのではありませんが。。
近所の公園には鵲や雀。黒歌鳥がいて、あちこち飛び回っては
木ノ実をついばんでいます。
フランスの公園や森は小鳥や栗鼠などの小動物を育てるために
実のなる樹木を植えているのだそうです。。
上空には鷹?はやぶさ?のような鳥も舞っていて。。

柔らかな光を受けて。。少しは樹々も黄葉したかと。
公園に見に行くと。。
やたらピーキャア。ピーキャアと賑やかに鳴く鳥の声が聞こえてきます。
鵲かな?でも鵲よりはるかにいい鳴き声だし。一体どんな鳥だろう?と。
あたりを見回して探していたら。。
なんと。。
目の前のユリのキにどさっと止まるではありませんか。。
しかも黒っぽくなく。黄緑の鳥が。。
それにしても目の覚めるような黄緑。しかもかなり大きい。
6羽か7羽の黄緑の鳥が。。群れなして飛び回っては、
姫林檎やユリのキの実をついばんでいる。
写したい。じっとして。。できれば葉のない枝に。。なんて思っても
おあつらえ向きの場所にはちっとも止まってはくれなくて。
仕方なく。。盲滅法に写したのを帰って見たら。。
姫林檎をかじっているのはインコ?。。。まさかインコが公園に群れをなす?
本当にインコがこんなとこにいていいのかしら?
飼われていたインコが逃げ出したのか?捨てられたのか?
野生化して大きくなった?のか?どうなんでしょうね。
それにしてもなんとも逞しい感じの群れをなす飛び方でした。

分厚い雲には覆われながら。。合間に束の間の陽が差して。。
それはまた幻想的な空でした。

f0221050_08290892.jpeg

f0221050_08285493.jpeg


More
by fusk-en25 | 2018-11-08 08:36 | 動物 | Comments(6)

人より家につく。

f0221050_08235581.jpeg

f0221050_08234239.jpeg

暑さが続いている。。
部屋中の窓も扉も開け放すと風は通る。
その部屋の中の一番風の通るところに。。
「まあよくこんな格好して。。」と思えるほどの姿で猫が寝そべる。
しかも洗い立ての敷いたばかりのレースのマットを蹴飛ばして。。
確かに彼等の居場所は涼しい。
よく知ってるなあとあきれるぐらいだ。

私がカメラを持つと。。ちらっと顔はあげる。
でもまた「なーんだ写真を写すのか」と言いたそうに
嫌そうな顔をして向きを変えたりもする。
それなのに。。また私の見えるところで寝そべったりするのが可笑しい。
いったい彼等は何を考えているのだろう。

同じ生き物でも犬は意思表示がもっとはっきりしていたように思う。
外出する私を恨めしそうに見て、ついてきたがりながらも諦め。。
帰ってきた私に「よく帰ってきてくれた」とばかりに身体中で喜びを表す。
それが猫にはない。
私が外出しても帰ってきても素知らぬ顔をしているかと思うと。
ちらっと見に来ることもある。
その状態が一定しない。
歓迎するならもっと真面目にやったらどう?と言ってやってもいるが。
わかっているのかどうか?それもよくわからない。
飼って1年も経つというのに。。ピタッと私にそうことはまだあまりない。

人より家に着くと言われる筈。
家のどこかしこでも我が物顔に。。のびのびはしていて。。
なんとも不思議な感じの生き物だ。。とつくづく思える。


f0221050_08240976.jpeg

f0221050_08242145.jpeg






by fusk-en25 | 2018-08-05 08:30 | 動物 | Comments(8)

まだ残っていたのね。。

f0221050_06293703.jpeg

f0221050_06294951.jpeg

f0221050_06300261.jpeg

時期が来たのか。。
今年も山鳩がやって来て。ふわっとガマズミのてっぺんに止まった。

それまで私の横でぐうぐう寝そべっていた猫。。
突然むくっと起き上がり。狩をするような姿勢になった。
目はらんらん。。山鳩をキーっと見つめる。
窓のガラス越しだったが、山鳩も猫の視線に気がついたのか慌てて飛び立った。
それ以来いつもの年なら何度も巣をかけようとやって来る山鳩が全く来ない。
山鳩も危険を察したのだろうか。。

ある日の夜。。
キッチンの窓をうっすら開けて。
テーブルの上の電気を灯していた。。灯りに誘われた蛾が一匹入って来たらしい。
2匹の猫が。パッとテーブルに飛び上がり。。
蛾を捕まえようと大騒ぎし出した。

君たちにもまだ獣性が残っていたのね。
寝そべるだけしかやらないのかと思っていた猫が狩の姿勢をとるなんて。。
可笑しくて。たまらなかった。。
「これだから。。やっぱりベランダには出せないね。」
手すりを乗り越えたら。いくらなんでも12階。
死んでしまう。
それでも時々、ベランダに出たがって、
スキあらばと。。脱走は試みる。

でもまあ。。ほとんど一日の大半はこんな格好して。。寝ています。。


f0221050_06301408.jpeg


f0221050_06302727.jpeg



by fusk-en25 | 2018-06-04 06:42 | 動物 | Comments(2)
f0221050_07063909.jpeg

午後になると作業室に燦々と日が当たる。。
部屋に陽が当たり出すといち早く猫どもが集合する。
どこで感知しているのかと不思議に思えるぐらいに素早い。

床に置いてあったダンボールの小さな箱をここ数日やたら気にいったのか。。
出たり入ったりはしていた。。
その箱にすっぽり陽が差したらしい。。
いつもなら作業机の上に寝そべっている猫がいない。。
あらまあ。。
この小さな箱にきちんと?折りたたんで猫が入って。寝ている。
そんな窮屈な格好して。。
どこか痛まないの?と言いたいぐらいだが。。
体の痛みよりお日様の暖かさの方がいいのだろう。。

何分か過ぎて。。
ふわふわと暖かさが続き。。部屋の温度も上がりだした。。
さすがの猫も熱くなったか。。
箱からのそっと出て日陰に移動。。あれ そんなこともわかるのね。。

翌日。
この箱のすぐ横に。。
箱に入りきれない猫が。。箱にひっついて寝ていた。。
君は「箱入り息子」になれなかった。。のね。。


f0221050_07083022.jpeg

f0221050_07075639.jpeg

f0221050_07081234.jpeg

f0221050_07121420.jpeg

f0221050_07084518.jpeg

f0221050_07090058.jpeg

f0221050_07125580.jpeg

by fusk-en25 | 2018-05-18 07:19 | 動物 | Comments(6)

猫も?

f0221050_08184107.jpg

f0221050_08212920.jpeg

f0221050_08185840.jpeg

虫だけでなく。。動物も啓蟄か?しら。。
と思える様な動きを猫がする様になった。
日向で寝そべっているのはいつもの通りだが。。
雨上がりに陽がさすと。
やたらややこしい場所に登りたがる。。
何を見ていることやら。。
雲の動きでも見ているのか。。

小さな虫でも見つけ様なら。もう飛び上がって喜んでいる。。
廊下も駈ける。。
それも冬の様に夜中でなくお昼にも。。
ビュー。。と駆けて2匹で戯れる。。
室内の気温はそうも変わりようもないのに。。
どうして季節の巡るのがわかるのだろう。。

という私も。。
春の日差しを見ていると。
やたら棚を拭いてみたり。。
瓶や食器を置きなおしたり。。
棚に敷く布巾を洗ってみたりもする。。

みんなきっと。こう言うのは。。。虫も猫も私も。。
同じなんでしょうね。

f0221050_08214570.jpeg

f0221050_08220172.jpeg


f0221050_08221670.jpg


by fusk-en25 | 2018-03-17 08:26 | 動物 | Comments(0)

駆け引き。。

f0221050_08320758.jpeg

f0221050_08321959.jpeg

f0221050_08322911.jpeg

2週間ほど前。午前3時半に猫に起こされて。
眠かったし腹が立つから、起きずにそのまま寝室の扉を閉めて寝直した。
9時半かそこらに私が起き出すと。猫は台所にいてテーブルの下の椅子に座っている。
本来なら朝の餌の時間をとっくに過ぎているのに。なんの要求もせずに。。
私をどうやら無視することに決めたようだ。

これは面白い。私も知らん顔をすることにして猫の様子を見ていた。
猫も性格がきついのか。。一時間経っても動かない。
「そう言うことなら。。どうぞゆっくり拗ねなさい。私のお腹が空くわけじゃない」
ちょっと笑いたいような気分だった。
2時間近くすぎると、さすがに猫も空腹に負けたのか。
私との駆け引きはやめることにしたらしい。
椅子から降りて、にゃっと鳴きながら。やってきた。まだいつものようにはすり寄らない。。
私もすぐには反応はしてやらない。。もうちょいと知らん顔をした。
さて。。さすがに猫も根負けしたのか。ちょいちょいと私の足を突く。
「居てますよう」と言うみたいに。。
可哀想だから。。餌をやることにした。

夜更かしの私にとって毎朝の早朝起きは辛い。特に3時台など寝バナでもある。
次の日は夜中から寝室の扉を閉めて眠った。
意外と何にも言ってこない。その日も9時過ぎに起きた。
さすがに昨日のことがあるのか。私の起きた気配を感じて。。。でもそおっとやってきた。
いつものようにせからしくもない。擦り寄る距離もあけている。。
「ほら。9時過ぎでも辛抱できるじゃない。。」
それ以来ずーっと寝室の扉は閉めて寝ることにした。。

ただし猫は拗ねるのもどうやら1食だけのようである。
次の食事の時間にはさっさと駆け引きを忘れている。。
この頃は。。朝の9時に扉の前に座る。時々フニャと鳴く。
「朝ですよ」とでも言っているのか?

うふふ。。
半分面白がりながら常に。。。猫等と駆け引きはやっている。。

でもこの態度は有りですかね。。パソコンのすぐ横の暖房機に乗っかって。。
最初は私を見張っていて。。辛抱しきれなくなったのか。。寝てしまった。
もう一匹は縫い物の材料を入れた籠の上で。我関せずと言うようにまーるくなって。。

f0221050_08324034.jpeg

f0221050_08325474.jpeg

by fusk-en25 | 2017-11-08 08:46 | 動物 | Comments(4)

役割分担?

f0221050_08045855.jpeg

f0221050_08051077.jpeg

f0221050_08053150.jpeg

気温がかなり下がってきた、
日没の時間も早くなって。。もう7時にはとっぷり暮れる。
そのちょっと前の一瞬というか。。
ストンと太陽が落ちる寸前のきらめきは。。
もう夏のようなギラギラした日没ではなく。淡〜い光が満ちる。。
ごくごく柔らかな色合いで。。
雲の動きもドラマティックに変化して。。いくら眺めていても見飽きない。

そのちょっと前の時間に。
廊下に陽だまりができる。
陽だまりをこよなく愛しているのか?
その陽だまりの中から。。
猫がじーっとパソコンの画面に向かっている私を見ている。
「早くやめて。。ご飯にしましょう。お腹がすきました。」と言ってるのを無視して。
「夕飯にはまだ早い。時計を見てごらん。6時にもなってないよ」といなすのだが。。
性懲りもなく。。じーっと私の動静を伺う。
もうちょっとすると。フニャともニャっともつかない変な声を出し始める。。
それでもまだ
私の側までは来ずに廊下の陽だまりにいながら、私が見える限界の場所にいるのが可笑しい。
横着なのか。。。決して遠慮?をしているようには見えないが。。
しかもデモストレーションをするのは必ず雌で。
雄は私が動かない限り。どこかの椅子に寝そべっている。鳴き声をたてることもほとんどない。
「文句をつけるのは全て姉に任せています」ようにしているのか。。
どうやら猫にも役割分担があるらしい。。

f0221050_08054382.jpeg

f0221050_08055495.jpeg

f0221050_08110455.jpeg

by fusk-en25 | 2017-10-22 08:21 | 動物 | Comments(0)

暖房が。。

f0221050_06163813.jpeg

暖房が入り始めて10日あまりにはなる。
本来なら10月15日を目安に入れるのだから。3週間近く早い。
100世帯の住民で作っている会議に経費がかかりすぎると文句が出たのか。
揉めているらしく。
「週に70から90ユーロの経費がかかります。」
それでも入れるかどうか?と告知板にも張り紙がされていて。
その所為かどうかは知らないが、
ここ数日、暖房が途切れがちで入ってもゆるーくしか温められない。

もっと寒くなれば。。また15日になれば本格的にも入ってくるだろうし。
セータを重ね着したら済む程度の室温の低さだから。
私自身はそうも苦にならない。
せいぜいああでもないこうでもないと討議してくれたらいいと思ってはいる。

ところで室温が下がった途端に。
今まで寝室の椅子の上で寝そべっていた猫が。
オーブンをつけたり煮炊きする暖かさに惹かれたのか。
台所の椅子に2匹ともさっさと移動してしまった。
それも食卓の下の座席に悠然と寝そべっている。
生き物は正直と言うか。現金というか。ちゃっかりしてるなあ。。と。
あまりにもの変わり身の早さに呆れるより。。
可笑しくてしょうがなかった。

窓辺に居座って外を眺めている猫。
写すなら。。。もうちょっとガラスを綺麗に磨いておくべきだった。。
と思うのも。。「後の祭り」でした。。

f0221050_06161483.jpeg

f0221050_06162615.jpeg

by fusk-en25 | 2017-10-10 06:24 | 動物 | Comments(2)

猫は。。

f0221050_07213904.jpeg


f0221050_07295226.jpeg

f0221050_07363944.jpeg

猫が来て一月余りになる。
生き物がいる賑やかさのようなものはさほど感じない。
と言っても、居るから邪魔になると言うこともない。

観察の対象にはなる。
犬を飼っていても思ったが、猫もなんとまあよく寝る生き物だと思う。
犬の場合は「クイネル」とあだ名をつけたいぐらいに食べては寝そべっていた。
ロットワイラーのように針金を巻くのでもなく。
牧羊犬のように羊を束ねることも。
猟犬のように沼に浸かって獲物を追いかけるのでもないのだから、
「寝る以外に何をするのです?」と聞かれたら私の方が困るかもしれない。
この家には「ネズミ」もいないことだし。。

たまたま2匹同腹の姉弟?(兄妹?)だから。仲はいい。
餌を取り合うこともなく。ほとんどひっついて寝ている。寝室の椅子を定位置にして。
しかも常にお互いの体を飽きもせずに舐めまくって。

性格はいくらか違う。
雌の方が敏捷で小さな虫が飛んでいるとやたら反応して、時には壁を駆け上りそうなことも。。。
雄はそれを不思議そうに見ている。
昼間は別々の場所で寝ていることもある。
雌は、作業場の机の上のような頭上に物がないところに。
雄は、机の下やベットの下、体が隠れるところが好きなようで。
安全に対しての気持ちの持ち方が違うのだろうか?
餌を催促に来るのはだいたいが雌で。
雄はその後をおっとりとついてはくるが。雄の方が余計に食べる。

いくら夜遅くに餌を食べさせても。
朝起きて餌を催促する時間が6時ごろに決まっている。
体内に朝食のイメージが6時とすり込まれているのだろうか?
この一ヶ月。
朝焼けや白み始めた空をしょっちゅう見ることになった。
3枚とも日は違うが時間はほぼ同じで。朝6時から7時前の。。空。

f0221050_07315140.jpeg

f0221050_07320302.jpeg

f0221050_07321403.jpeg



by fusk-en25 | 2017-10-01 07:38 | 動物 | Comments(2)