煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:散策( 97 )

静かな街。。

f0221050_08115772.jpeg

夕飯を食べて。。
さて今日はどの辺りを走ってこよう?
ワールドサッカーの準決勝のフランス対ベルギーの試合が8時から始まる。
その時間帯なら。おそらく街も静かだろうと。
8時過ぎに出かけることにして。

下に降りて見た。。近所のキャフェのテラス席。。
お客が多いだけでなく全員が同じ方向を向いている。。
なんとまあ。
キャフェの奥に設えられたテレヴィ画面で。。試合を観戦をしている。
別にキャフェで観なくても。。
近頃ならどこの家にもテレヴィがありそうなものなのに。。
皆でワイワイ言いながら観るのがやっぱり楽しいのかしら?
サーヴィスする給仕係も飲み物を客に尋ねに来ないで画面を見ている。。
フランスらしい光景?
そう言えば「17日の決勝戦を皆で一緒に観ましょう」
と市の競技場に大画面を設置すると。。市の広報誌に載っていた。。
フランスが敗退しても決勝戦なら皆で観るのかなあ?
などと変なことを考えて。。(フランスが勝てたからよかったものの)

大型のスーパーまで行き。。中に入ったら。。
お客もかなり少なくて。。珍しくレジも並ばず。。
もちろん。。街はシーンとしている。。車がほとんど通らない。。
皆サッカー観てるんだね。

ゆっくり自転車道路を走って。。
見上げた空は。。
綺麗な綺麗な雲が、浮かんでいました。。





f0221050_08122343.jpg





[PR]
by fusk-en25 | 2018-07-11 08:25 | 散策 | Comments(4)

晴れた。。

f0221050_09030110.jpeg

久しぶりに。。
朝からの。。快晴。
キンキラキンとまではいかなくても。。
晴れただけでいい。と喜び。。

午後には作業室にも光が。。
くっきりとバオバブの影を作り。。
「お日様がないと影もできへんのやわ。。」
わかり切ったことにも変に感心もして。。

お日様のある間に今日のトレーニングをやろうと。。
7時過ぎに出かけたら。。
久しぶりの雨の降らない金曜日。。
を楽しむ面々が。。近所のキャフェにも。
陽を浴びるのが嬉しくてたまらないと言った顔の。。
人たちがゆったりとアペリティフを始めていました。。


f0221050_09052805.jpg


f0221050_09041255.jpg







[PR]
by fusk-en25 | 2018-06-16 09:09 | 散策 | Comments(2)

雨の日に。。

f0221050_07280532.jpeg

f0221050_07282125.jpeg

「よう降るなあ。。」
ここ数日の雨。
陽気な雨もこんなに続くと。。
しかも気温も下がって。。20度を切る。
またみんながダウンジャケットを羽織り出した。。

でも雨の雫は。。美しい。。
咲き終わったスイカズラの枝に。キラキラ、光りながらたまる雫。。
これでお日様が出てきたらもっといいのになあ。

午後遅く整体の予約を入れていて。。
雨が止んだら自転車にしようと。
空の様子を度々見ながら。。
しっかりレーンコートも羽織る。。

小止みになった道を走る。。次第に雨も止んできて。。
あら。
ふと見かけたアンチックギャラリーの入り口。。
なんとも愉快な動物がスクーターに乗っておりました。。
でもこんなものを買って家に飾る人があるのかしら?


f0221050_07283935.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2018-06-13 07:33 | 散策 | Comments(2)

ジベルニーの庭にて。。

f0221050_09023022.jpeg


日向にいると暑いぐらいだったいいお天気のその日
青い空にホワホワと浮かぶ白い雲は。。
真っ青な空だけよりも風情があって。。見ていても楽しい。。
それがまた様々な形で池に映る。。
睡蓮は花こそ少なめだったが。。
周囲に植えられた木々がそよぐ様も。。池に映り。。
池の端に吹き寄せられた柳の葉がまた美しい。。
あっ魚も泳いでいる。。
セーヌ河から引かれた水は池の周囲を小さな小川で循環して。。
またセーヌ河に戻る仕組みらしい。

これだけ蕗の葉があるのだから。
季節にはフキノトウもあっただろうとか。。
豊橋市から寄贈された立派な柿の木を見ると葉っぱが欲しいなあ。
柿の葉寿司が作れる。でもまさか人目を盗んで柿の葉泥棒はできないし。。
魚も焼いて食べたら美味しいかなあ。。
などとやたら食べることばっかりに気が取られる。

ここに着く前にしっかりレストランでご飯を食べて来たと言うのに。。。


f0221050_09053646.jpeg

f0221050_09045655.jpeg

f0221050_09060829.jpeg

f0221050_09063338.jpeg

f0221050_09070094.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-05-30 09:22 | 散策 | Comments(2)
f0221050_08314452.jpeg

f0221050_08312226.jpeg

f0221050_08321387.jpeg

「あ。。コクリコ・・」
車中にいた全員が声をあげた。
畑一面に鮮やかな赤いポピーが咲いている。

南仏からきた友を伴って。
クロード・モネのアトリエの有名な花咲く庭を訪れる道すがら。。
これまでにもそのジベルニーのアトリエには何度も行ったこともあるが。。
麦畑の中に点在しているポピーを見ることがあっても。
こんな風に畑一面に咲くポピーを見たのは初めてだった。
「何に使うのやろうね。切り花には保ちが悪いし。麻薬に使う芥子でもないのに。」
「種を採るために植えてるのかもな。。」
「春に咲く花の種のセットを売ってるものね。。」
先への時間を急いでいて。車を止めることはできないのが残念だったが。。
青い麦や、もう種になっている菜種の畑と畑の間に。。
一面に咲く赤いポピーには圧倒されて。。
のどかな。。のどかなフランスの初夏。牛も呑気に草を食んでいる。。

さてジベルニーの庭の方。
「予約をしてないと入られへんらしい」
と言われて何日か前にネットで予約はしてもらった。
その予約があっても。何人か並んで。
庭内は、もおお。ものすごい人数の人。人。人で溢れていた。
覚悟をしていたとは言え。。。
睡蓮の池だけを見ていれば「静寂な」感じもするが。。
有名な日本橋など。鈴なりの人々で。。
「あんなにみんなが写真を写しているのは。何か有名な場所らしいわね」
などと言う声も聞こえて来て苦笑をしてしまい。

今の時期のこと。。絶対に混雑はしていると思っていても
「やっぱり半分ぐらいの人数ならいいのにね。」と
その多人数にもちろん自分たちが含まれてはいるのも承知でぼやく。。


f0221050_08372104.jpeg


f0221050_08380142.jpeg


f0221050_08405666.jpeg

でも様々に咲く庭の花は確かに見事に美しい。。
手が入ってない風情には見せながら。しっかり人出がかかっている庭には。
驚嘆するしかない。
住居の中から窓越しに見える庭も。。
さすがにクロード・モネの設計だけあって「絵」になってるとうなづき。。

咲き始めた菩提樹までが。。
しっくりと周りの景色に溶け込んで。。いました。


f0221050_08382097.jpeg

f0221050_08383572.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2018-05-29 08:47 | 散策 | Comments(4)
f0221050_08082490.jpeg

昨日の午後に整体の予約を入れていた。
天気予報を見ると夕方から雷雨。。
どうしようかと迷いながらも気温26度の暖かさにつられて。。自転車で。。
降られてもこの温度ならと雨具はしっかり用意して出かけ。
行きは曇りかけてはいても時々薄日も差して。。

整体の最中に。。じゃじゃ降りらしい雨の音が聞こえ出し。。
時々雷も。。やっぱり予報は当たる。。
と思いながらも終わった頃は小止みになって。。やれやれ。
それでもぱらつく雨の中。いつもなら帰りは平らな道を選んで。
遠回りをするところ。。濡れるのが嫌さにまた最短距離の急坂を上って。。走る。。

途中のアジア人街で
欲しかった青梗菜を買おうと自転車を止めた。。
店の前に野菜ばかりを扱う小さな屋台とも言えない物売りが何人か出ていて。。
いつもなら目もくれないで店に入るのに。
フランス語があまりわからない様子のその女の人の笑顔が
素朴な感じでチャーミングだったせいからか。。
何気なく青梗菜の値段を尋ねた。
何種類もの菜っ葉を指差し「どれも1、5ユーロ」
安いか高いかよくわからない。でもまあいいか。。
青梗菜を1束と指さすと。「3束なら4ユーロにしとく」
3束も買っても多いしなあ。。ふと見ると綺麗なネギとニラもある。
「ニラやネギを混ぜてもかまへんの?」
「そら。かまへん。。」と3束選んで袋に入れて。。
「もう1束、青梗菜をおまけしとくね」と入れてもくれた。
ふーんこう言うこともあるのか。。
お金を払って。豆腐を買ってくるから自転車を見ていてくれるか?と頼むと
「いいよ。見といたげる。。」(実際にはニコニコしながらふんふんとうなづかれただけですが。。)
戻ってきて。。「いつもここに出ているの?」
「毎日毎日。。」
時間は?と。。時計を見せて文字盤を指すと指で8時まではいると言う。
レストランに食べに行く人が通りかかる時間まで商売をしているのだろうなあ。。

たったこれだけのことだったが。。(コミニュケーションになっているかどうかは別として)
楽しい買い物をしてきた気持ちになりました。。
今度また野菜はあの人から買おうかな。

日暮れ間際の薄暮になりかける時間。。
うっすらと。。柔らかな柔らかな色合いの虹が。。
ほんのわずかの時間でていました。


f0221050_08084585.jpg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-05-24 08:22 | 散策 | Comments(6)
f0221050_06505222.jpeg


f0221050_06540443.jpeg

f0221050_06511768.jpeg

f0221050_06525837.jpeg

ここ数日。
晩春や初夏を通り越してまるで夏のような。。暑さだった。
室内は27度ぐらいで風も通るし。暑いほどのことはないが。
日向はおそらく30度近くはあったかと思う。
外に出るとムウとする程空気が熱い。

その気温も昨日から20度まで下がり。。
今日の快晴でも22度。
爽やかな。。初夏の?風が心地よい。

気温が高い分。
木々はどんどん緑を増して。
マロニエもライラックもオオデマリも花蘇芳まであっという間に満開に。
草はらにはクサノオウまで可憐な花をつけだした。

ベランダから見てもあちこちが緑に覆われて。
たまにはマロニエも無精して上から見るだけでなく。
階下まで降りて。
樹の横っちょの階段を上がって。近いところから見てみたら。
マロニエってなんとしっかりした花だろう。
上から見るのとはまた違った樹の大きさも。。
どっしり生えている感じがする。

上から眺めたウワミズザクラを探しにぐるりと回って
階段もあちこち上がり下りしてみても。。
残念ながら下では見えず。ずいぶん上の階に咲いていたらしい。。
かろうじて違った場所に生えている樹を発見?して。。嬉しがり。。
でも。。ほとんど花期は終わっていた。
「また来年ね。早めに見にくるから。きっと場所も忘れずに。。」
しっかりと「私の花の地図」に記憶する。

爽やかな初夏の風を受けて。。
近所を歩いただけでも。。
なんとも気持ちのいい散歩日和でした。


f0221050_06523857.jpeg



f0221050_06531038.jpeg

f0221050_06513598.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-25 07:04 | 散策 | Comments(6)

珍しい体験?

f0221050_07321454.jpg

f0221050_07323370.jpeg

4月19日・午後3時30分。
快晴。気温は28度。
青空に雲ひとつない快適な午後。

2時半の約束に。ゴブランまで自転車で出かけた。
途中の道に沢山のパトカーや警察のトラックが止まっていて
警官も交通整理に関わっている。

2時から始まるデモのためにはまだ道路は封鎖されてなかった。
所用が済んで3時をいくらか過ぎた時間。
道路に車が少ないなあと。。ちょっと不思議な気がした。。
復活祭のヴァカンスだからかしら?(ヴァカンスの時期は車も少なくなる)

上り坂の少ない道を選んで。。少々遠回りにはなるが、
セーヌ岸まで走ろうと。
大通りにでた。広い長い長い通りに。。
あれ?。。車が一台もない。わずかに自転車1台と歩行者一人がいただけ。。

デモの通り道ではないらしいが。道のあちこちを封鎖されて。
車が入ってこなかったのだ。。
「私の専用道路やんか。。」

パリは近年。自転車道路もしっかり整備されていて。
走るのにはなんの不都合もないのだが。。
それでも横を自動車やバスが通らないのはなんと快適か。。
ビュンビュン自転車を飛ばして。
変に横道にそれて渋滞に会うのも嫌だから。どこにも寄らずに家に帰った。
たった一人で走る道路なんて。。
貴重な体験と言うか。おそらくこんなことも珍しい。
実は4月8日の「パリ・マラソン」の時も通行止の合間に。。
ヴァンセンヌの森の幹線道路でもたった一人の体験はした。
その時は距離は短かったが。。
今年は「私の専用道路?」に恵まれているのかしら?

午後4時30分。
家に着いて。。
前日に焼いたカボチャとサツマイモの「ガトーインビジブル」を食べて。
ユックリお茶の時間を楽しんだ。


f0221050_07325905.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-21 07:56 | 散策 | Comments(4)
f0221050_07020185.jpeg

f0221050_07021462.jpeg

f0221050_07023879.jpeg

朝の薄曇りから。。みるみる快晴になった午後。。
家の中の仕事も色々ある。。けどなあ。。せっかくの快晴。
洗濯だけは洗濯機にかけて。。

大型園芸店まで。。気温も20度。。素晴らしい自転車日和でした。

目当てのテントウムシの幼虫を購い。
もちろん店内をゆっくり眺めて。。
ビオのセージを1鉢。
玉ねぎのタネはいつもの小ぶりがなくて。。
葉ネギにするだけだから大きくてもいいか。。

入り口のガラスに映る私も写し。。
サマーセーターに軽いダウンジャケットを着て行ったら
汗ばむほどでした。

自転車日和だったね。と自分自身に満足もして。。
テントウムシをベランダの鉢にまき。
セージも植え替え。
ついでに落ち生えの青じそを小さな鉢に移し。。
残っている紫蘇はそのうち芽紫蘇で食べることにして。。

楽しい。。有意義に?思える1日。
晴れはいいなあ。。


f0221050_07025108.jpeg


f0221050_07074650.jpeg

夕刻には柔らかい夕焼けも。。
まさか入道雲ではないでしょうが。。
季節がいくらか初夏に向かうのかと。。
心待ちにはしています。。

f0221050_07030218.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-14 07:12 | 散策 | Comments(2)

リハビリ?

f0221050_07110068.jpg

f0221050_07111518.jpeg

今朝も。。ほんのりと居間が。。
ベンジャミンの葉の隙間を通して赤く色づく。。
そして同じ時間に。。まだ西の空には月も。。
こんな風に両方が見られると。何となく得した気持ちにもなる。。

大寒波から。何日か過ぎて。。
気温も高くなってもいるし。。雨も時々降る。
梅の満開も。。通り過ぎたかもしれないと。。
思いながら。。10日ぶりに外に出た。
気分はまだ心もとない気持ちの方が強くて
まるで「リハビリ」のイメージだなあと自分でも可笑しい。
いつもの半分の速度で。。少し怖がりながらグルーっとあたりを歩いてきた。。

いつもの白梅。
7分咲きぐらいには咲いていた。
ついでに紅梅も。。と足を伸ばして。。。
そちらの方はまだ2、3輪ポチッと枝に赤さを感じられるだけで。。
晴れてはいても頭上に雲が多くて。。影絵ぐらいにしか写らない。

花にも厳寒の影響が出ているのだな?。。きっと。



f0221050_07174362.jpeg


f0221050_07114875.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-03-07 07:21 | 散策 | Comments(2)