煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:散策( 91 )

f0221050_06505222.jpeg


f0221050_06540443.jpeg

f0221050_06511768.jpeg

f0221050_06525837.jpeg

ここ数日。
晩春や初夏を通り越してまるで夏のような。。暑さだった。
室内は27度ぐらいで風も通るし。暑いほどのことはないが。
日向はおそらく30度近くはあったかと思う。
外に出るとムウとする程空気が熱い。

その気温も昨日から20度まで下がり。。
今日の快晴でも22度。
爽やかな。。初夏の?風が心地よい。

気温が高い分。
木々はどんどん緑を増して。
マロニエもライラックもオオデマリも花蘇芳まであっという間に満開に。
草はらにはクサノオウまで可憐な花をつけだした。

ベランダから見てもあちこちが緑に覆われて。
たまにはマロニエも無精して上から見るだけでなく。
階下まで降りて。
樹の横っちょの階段を上がって。近いところから見てみたら。
マロニエってなんとしっかりした花だろう。
上から見るのとはまた違った樹の大きさも。。
どっしり生えている感じがする。

上から眺めたウワミズザクラを探しにぐるりと回って
階段もあちこち上がり下りしてみても。。
残念ながら下では見えず。ずいぶん上の階に咲いていたらしい。。
かろうじて違った場所に生えている樹を発見?して。。嬉しがり。。
でも。。ほとんど花期は終わっていた。
「また来年ね。早めに見にくるから。きっと場所も忘れずに。。」
しっかりと「私の花の地図」に記憶する。

爽やかな初夏の風を受けて。。
近所を歩いただけでも。。
なんとも気持ちのいい散歩日和でした。


f0221050_06523857.jpeg



f0221050_06531038.jpeg

f0221050_06513598.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-25 07:04 | 散策 | Comments(6)

珍しい体験?

f0221050_07321454.jpg

f0221050_07323370.jpeg

4月19日・午後3時30分。
快晴。気温は28度。
青空に雲ひとつない快適な午後。

2時半の約束に。ゴブランまで自転車で出かけた。
途中の道に沢山のパトカーや警察のトラックが止まっていて
警官も交通整理に関わっている。

2時から始まるデモのためにはまだ道路は封鎖されてなかった。
所用が済んで3時をいくらか過ぎた時間。
道路に車が少ないなあと。。ちょっと不思議な気がした。。
復活祭のヴァカンスだからかしら?(ヴァカンスの時期は車も少なくなる)

上り坂の少ない道を選んで。。少々遠回りにはなるが、
セーヌ岸まで走ろうと。
大通りにでた。広い長い長い通りに。。
あれ?。。車が一台もない。わずかに自転車1台と歩行者一人がいただけ。。

デモの通り道ではないらしいが。道のあちこちを封鎖されて。
車が入ってこなかったのだ。。
「私の専用道路やんか。。」

パリは近年。自転車道路もしっかり整備されていて。
走るのにはなんの不都合もないのだが。。
それでも横を自動車やバスが通らないのはなんと快適か。。
ビュンビュン自転車を飛ばして。
変に横道にそれて渋滞に会うのも嫌だから。どこにも寄らずに家に帰った。
たった一人で走る道路なんて。。
貴重な体験と言うか。おそらくこんなことも珍しい。
実は4月8日の「パリ・マラソン」の時も通行止の合間に。。
ヴァンセンヌの森の幹線道路でもたった一人の体験はした。
その時は距離は短かったが。。
今年は「私の専用道路?」に恵まれているのかしら?

午後4時30分。
家に着いて。。
前日に焼いたカボチャとサツマイモの「ガトーインビジブル」を食べて。
ユックリお茶の時間を楽しんだ。


f0221050_07325905.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-21 07:56 | 散策 | Comments(4)
f0221050_07020185.jpeg

f0221050_07021462.jpeg

f0221050_07023879.jpeg

朝の薄曇りから。。みるみる快晴になった午後。。
家の中の仕事も色々ある。。けどなあ。。せっかくの快晴。
洗濯だけは洗濯機にかけて。。

大型園芸店まで。。気温も20度。。素晴らしい自転車日和でした。

目当てのテントウムシの幼虫を購い。
もちろん店内をゆっくり眺めて。。
ビオのセージを1鉢。
玉ねぎのタネはいつもの小ぶりがなくて。。
葉ネギにするだけだから大きくてもいいか。。

入り口のガラスに映る私も写し。。
サマーセーターに軽いダウンジャケットを着て行ったら
汗ばむほどでした。

自転車日和だったね。と自分自身に満足もして。。
テントウムシをベランダの鉢にまき。
セージも植え替え。
ついでに落ち生えの青じそを小さな鉢に移し。。
残っている紫蘇はそのうち芽紫蘇で食べることにして。。

楽しい。。有意義に?思える1日。
晴れはいいなあ。。


f0221050_07025108.jpeg


f0221050_07074650.jpeg

夕刻には柔らかい夕焼けも。。
まさか入道雲ではないでしょうが。。
季節がいくらか初夏に向かうのかと。。
心待ちにはしています。。

f0221050_07030218.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-04-14 07:12 | 散策 | Comments(2)

リハビリ?

f0221050_07110068.jpg

f0221050_07111518.jpeg

今朝も。。ほんのりと居間が。。
ベンジャミンの葉の隙間を通して赤く色づく。。
そして同じ時間に。。まだ西の空には月も。。
こんな風に両方が見られると。何となく得した気持ちにもなる。。

大寒波から。何日か過ぎて。。
気温も高くなってもいるし。。雨も時々降る。
梅の満開も。。通り過ぎたかもしれないと。。
思いながら。。10日ぶりに外に出た。
気分はまだ心もとない気持ちの方が強くて
まるで「リハビリ」のイメージだなあと自分でも可笑しい。
いつもの半分の速度で。。少し怖がりながらグルーっとあたりを歩いてきた。。

いつもの白梅。
7分咲きぐらいには咲いていた。
ついでに紅梅も。。と足を伸ばして。。。
そちらの方はまだ2、3輪ポチッと枝に赤さを感じられるだけで。。
晴れてはいても頭上に雲が多くて。。影絵ぐらいにしか写らない。

花にも厳寒の影響が出ているのだな?。。きっと。



f0221050_07174362.jpeg


f0221050_07114875.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-03-07 07:21 | 散策 | Comments(2)
f0221050_09121672.jpeg

f0221050_09115784.jpeg

f0221050_09154056.jpeg


f0221050_09143815.jpeg

午後3時。現地に。。と約束して別れた一昨日。
献花する花輪は作ったものの。。
それだけでは寂しいかと目当ての花屋でミニバラを買っていた時。。
スマフォにメッセージが。。
「いつものキャフェで珈琲を飲んでいる。。」
では私も。。昼下がりの珈琲をと。。キャフェに急ぎ。。
たどり着いた?キャフェの。。鏡に。
鏡の映り込みはウインドウとは。。また違う顔を見せると喜ぶ私。。

気温2度の寒さというのに。。
久しぶりに晴れた日曜日の午後は。。。
サンルイ島も散歩している人たちでかなりの混雑でした。
シテ島とつなぐ橋の上にも。。増水を写す人が並んで?いるのが。。
キャフェの窓からも見え。。

この寒いのにテラスに座るか?とも思うけれど。。
「太陽信仰」に厚い人たち。。日差しを浴びるのには余念がなくて。。
テラス席から埋まっていきます。
そのテラス席のキャフェテーブルに置かれた。
なんでもないコップも光が当たるとまた綺麗と。。変なことにも感心して。。
ひと時を楽しんできました。

ピンクのミニバラも何輪かちぎって献花して。
残りを家に持って帰っていけていたら。。
「また遊んでいる図」と
息子が冗談半分に言いながら。。写すのでした。。。

f0221050_09182534.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-06 09:25 | 散策 | Comments(6)

色。。


f0221050_07481787.jpeg

朝早く。。所用でパリの真ん中まで行った。
朝早くといっても9時少し前だが。
曇り空だからか。。まだ通りは街灯も灯り。薄暗い夜を引きずっていて。
ブティックも開ける寸前の様子に。。街はまだ目覚めた感じがしない。
キャフェも早朝の混雑が終わったのか、店内もひっそりしている。

所用が2時間かそこらで終わり。。またキャフェに戻ってきて。
昼からは出張で北の街に行く息子とコーヒーを飲み。。
「帰るの?」「せっかく出て来たから、そこらをちょっと見ていく」と別れて。。
ちょうど冬のセールが始まったばかりの。。ブティックをぶらぶら見ながら。。
最終的にデパートに入った。
近頃は「セール離れ」をしていると言っても。まだ始まったばかり。。
いつもよりは混雑もしている。。

これと言って何を買うと目的があったわけではない。
フーッと赤いセータが目に入った。。
黒や紺。白。グレーにベージュ。こげ茶。濃いグリーンや
せめてからし色ぐらいのほとんど無彩色に近いものしかセータは着たことがない。
カシミヤ100%と言っても近頃の安いカシミヤ。
ほんの少し思っている赤の色より明るいが。ま、買ってみようか。
ついでに半袖の赤のTシャツと赤い目の茶の長袖のTシャツも一枚づつ。

こんな色合いのものを「私が」買うようになったのか?
自分ながら。。3枚を並べて。。
ちょっと不思議なような。。可笑しいような
気分にはなっている。。。

f0221050_07480588.jpeg




More
[PR]
by fusk-en25 | 2018-01-13 07:54 | 散策 | Comments(4)
f0221050_09572443.jpg

半年ぶりに、孫のハンドボールの試合を見に行った。
去年から少年リーグに登録されていて。
ヴァカンスの開けた10月から試合が始まる。
今年はそれも2年目だから。試合慣れというか。
ずいぶん落ち着いて。。試合運びも少しは上達したかのように見える。。
たった半年見なかっただけでも子供達は成長していて。
スラーっと背が高くなってきている。
週に3回も練習や試合をするのだから贅肉のつく暇もないのも当たり前か。

それにしてもいつも思うことだが。
子供達は休みなく馳ける。駈け続ける。

点が入れば楽しいし。
親たちだけだが応援も湧き上がる。「イケっイケっ」と。
勝ってる間に早く12分の時間が来ないかとハラハラもする。
幸いにして29対2という好成績で孫のチームが勝てた。

午前中に降っていた雨も。
試合が始まる2時には陽がさし始め。
コートも明るく気持ちのいい時間だった。

f0221050_09574094.jpeg

f0221050_09581084.jpeg

f0221050_09575499.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-26 10:00 | 散策 | Comments(0)

f0221050_08205878.jpeg

南仏から来ている知人たちと夕飯を食べて。
夜のパリのどこかへ散策しようと思い巡らし。。
サン・マルタンの運河が浚渫されて、水辺が綺麗になっているのを見ようと出かけた。
出かけはポツポツ雨も降り出し。。
「歩かれへんやんか。。」と気をもんだが。
車を降りる頃には雨もやみ。有名な北ホテルの橋の近くから歩き出した。。

水辺に映る光はなんて綺麗なんだろう。
建物の陰影がゆらゆら揺れて。。
息を呑むような美しさだった。。
夜の運河がこんなに綺麗だとは。。
船が通るために高さを連ねた運河に架かる何本もの跳ね橋がまた綺麗にアーチを描く。

水辺の建物にいくらかファッショナブルな店が増えた所為なのか。。
以前に比べると照明も多くなっているように思える。

何十年か前。この運河に夕陽がバッチリあたって。
桃色に輝く。。絵も言われぬ色合いの水辺を見たことがあったが。
それにも増して夜の風情もいいねえ。
と、ワクワクしながら写真を写した。

f0221050_08165987.jpeg


f0221050_08181337.jpeg


f0221050_08200381.jpeg

f0221050_08173541.jpeg


f0221050_08161832.jpeg


f0221050_08152817.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-09-26 08:31 | 散策 | Comments(2)

夏の名残。。のような。

f0221050_08214283.jpeg

気持ちよく晴れた日曜日。
数日前から滞在している友とセーヌ河畔のベルシー公園に。
久しぶりに自転車に乗らずにバスで出かけた。
日差しももういくらか柔らかな秋の風情を醸し。
夏の名残を楽しむ人たちで賑わう。
木陰でピクニックをしながら。。
ただなんとなく寝そべって。本を読んだり。陽を浴びたりと
思い思いの形でくつろぐ人々。
「いいわね、みんながそれぞれ、ゆったりとくつろいで」と友も
なーにもあてもなく園内を歩きながらつぶやいていた。

5月の頃に生まれた鴨も、水鳥もすっかり大きくなって。
池を悠々と泳いでもいる。
さすがにヴァカンス真っ最中のこの時期の晴れた日曜日。
燦々と光を浴びて集う人たちが本当に微笑ましく思われる。


f0221050_08220386.jpeg

f0221050_08221746.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-22 08:25 | 散策 | Comments(0)

笑みが浮かぶ。。

f0221050_07354719.jpeg


f0221050_07220083.jpeg

f0221050_07221154.jpeg

ミニカーではありません。
本物の?車が壁に吊ってありました。

久しぶりに青空の広がる天気になった。
気温もわずかに上がって25度。
せっかくの快晴。
自転車で10分ほどの大型工具店にマールイお盆型の蓋になるようなまな板を探しに行った。
途中。いつも通っている道なのに。
道路の反対側を通ることが多いからか、駐車場と思われる場所の壁に
こんな楽しい?ディスプレイ?がされているのを今まで気がつかなかった。
なんとまあサイケデリックな。。色といい。絵といい。。
自転車を降りて写した。
建物が道の角に建っているから。ぐるりと回って。
どうやら駐車場の入り口らしきところに。また。
今度は実物ではなかったが。車の大きな絵が描かれていた。
なんとも楽しい店だなあと。自然に笑みが浮かぶ。
これもまた写してきた。

大型工具店に探しに行ったものは。結局見当たらず。
なーにも買わずに、隣の園芸店で真っ白なインパチェンスを一鉢贖い。
花を買いきて親しむ相手はないけれど。
お盆の賑やかさになるかとささやかに花を手向けることにした。


f0221050_07222380.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-14 07:46 | 散策 | Comments(0)