煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:写真( 30 )

写り込みや影を。。

f0221050_06451673.jpeg

f0221050_06482407.jpeg

f0221050_06494068.jpeg

展覧会に行って。。
作品より会場の周囲の、庭やガラスに映り込むものばかり気にするのも。。
どうかな?と。。かなり失礼なことではないか。。と思わないまでもない。。
でもしかし。。
作品だけを写すなら。
カタログや絵葉書の方が専門家が作っているのだからいいのに決まっていて。。
わざわざ写す必要もない。。
しかもこの会場の趣旨として。
周囲が気になるのは当然ではないかと。。ツッコミも入れて。。
影や映り込みをせっせと写す。。その上途中から幸運にも陽が差して。
6時をすぎていて日照もわずかな時間だったが。。
夢中で写して。。ウキウキして。。もう嬉しくてたまらなかった。。
変なばーさんだと思われていたかもしれない。(これは後になって気がついた)

中2階に行って下を見下ろしたり、
スタッフのおじさんに。。
「あれは桜ですよね」「どれどれ。。ああソウですね。もう少ししたら満開かな。。」
と話しかけたりして。。庭もぐるりと一周り。。もちろん私も登場させて。。

後で写ったものを見たら。。
私の上半身に会場の中にいる人の下半身がぴったりあってなくて
「もうちょっと右寄りなら良かったのに。。」と悔しがり。
「しまった。ちゃんと四隅を見てないやん。」と残念に思う写真も多々あるが。。
それにしても会場にいた間の楽しさは貴重な時間だった。

できれば快晴の日の。。桜の咲いている間に。
もう一度。。行きたいぐらいでもある。。
他の日はこんなに沢山の人が集まってないかもしれないが。。

f0221050_06544070.jpeg


f0221050_07212777.jpeg

f0221050_06540132.jpeg

f0221050_06551336.jpeg


f0221050_06554065.jpeg


f0221050_06564874.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-03-31 07:01 | 写真 | Comments(2)

窓辺にて。。

f0221050_09222789.jpg

f0221050_09224098.jpeg

f0221050_09225256.jpeg

窓ガラスに。。ポツポツと雨の当たる音がする。。
かと思うとその雫にパーっと陽が当たって。。
青空も覗く。。
なんども同じようなものばかり写していても。。。まだ飽き足らずに。。
やっぱりポツポツと光り輝く雫には魅せられる。。
「だって。。綺麗なんだもの。。」
口をとんがらかせて言いそうな自分の顔まで浮かんできて。。
ちょっと可笑しい。

窓辺にひょろひょろっと写っている。バオバブの木も。
10個ほどの種から芽を出したのは4個だけだったと
息子の友人が小さな鉢を持ってきてくれてもう10年ほどになる。
最初の3年ばかりはちっとも大きくならず。。
バオバブの名前に恥じるわね。。なんて言ったものだった。
冬期には落葉すると言われながら。暖房が終日入っているせいか
いくらか落葉はしながらも。。ここでは全部の葉が落ちることはない。。
砂漠に生える樹というのに
土が乾いているよりしっかり水をやったほうが生き生きもしてくる。
バオバブも環境によって変化するのね。


f0221050_09230979.jpeg

f0221050_09232473.jpeg


f0221050_09234370.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-03-09 09:25 | 写真 | Comments(2)

朝の一瞬。。

f0221050_08314662.jpg

朝焼けかな?
寝室のカーテンの隙間にぽっちり真紅が映った。。
パーっとカーテンを引いたら。。
「まさに今」という感じに真っ赤な太陽が上がるところだった。。

確か今日は雨だったはず。。
でもこんな予報のハズレ方は嬉しい。。
それだけでもなんか一日いいことがありそうな。。
気もして。。
キッチンに行ったら。
どんどん上がり始めた太陽が。。
くっきりとオレンジポマンダーに影を作って。

もしもかなりの歳になって。
体が動きにくくなったら。。
林檎を1個買って来て。それを写しながら。。
一日が送れるような。。写真やでいたいなあ。
と夫は若い頃から言っていて。
大事件や紛争ではないごく当たり前の日常の中で、
ごく普通に日常を送る人々や物を写していたい。
そしてそれが「おお綺麗だ」と思える瞬間ならもっといい。。
とも言ってたっけ。。
なんてことを思い浮かべられるような美しい朝焼けでした。


f0221050_08361024.jpeg

f0221050_08321290.jpeg

f0221050_08362389.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2018-03-04 08:40 | 写真 | Comments(2)
f0221050_08484046.jpeg



もしも同じ場所に居合わせて。。
あの人ならこの光景をどんな風に写されるだろうと。。思うことがある。

いつも訪ねるブログの方は。
「目で見ているそのとおりに撮れたらいいなぁと思っています。」
と言われる。
これがまた難しい。
特にお日様やお月様。あの輝きをどうしたら目で見たように再現できるのだろう。。
野に咲く花も。光の加減が合う時も合わない時も。
どちらかといえば悔しい気持ちになることの方が多い。

「せめて自分のいけた花を美しく写したい」
それが写真を写し出した一番の願いだったのに
今だにいけた花は。。特に満足することが少ない。
夫が死ぬ前に彼にその思いを言ったことがある。
「いけた者の気持ちが写真にのるから写るようになるよ」と笑ってはいたが。
「どこから見てもいけた花そのままの方が写真よりずーっと格好いいよ。。」
「思いが写真に全然のらへんやないの。」と抗議したいぐらいだ。

自分自身にぶつくさ文句は言いながら。
それでも諦めないのは。。
時たま。ほんの時たま。。ああ写ったと思える瞬間が見つかることもあって。
それに加え、思っても見なかった。
目で確認もしなかったものが知らずに写っていて。。
その光の楽しさというか。。不思議さに。。
思いがけずだっただけに「得したなあ」と感じる時がある。
その時の気持ちはまた捨てがたい。。

ごちゃごちゃ色々なことを言ってはいるが。。
実際には、日常の暮らしの中で。。
光に触れて。影も含めて。なんでもないものが。。
様々に写る様子が。。やっぱり好きなんだろうと思う。
願わくば。。。もうちょっといいなあと思える瞬間に度々出会いたい。

午前7時。
細い細いお月様が朝焼けの空に残っていました。


f0221050_08142407.jpg

f0221050_08144181.jpeg

f0221050_08152151.jpeg

f0221050_08150562.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2018-02-14 09:05 | 写真 | Comments(6)
f0221050_05550891.jpeg


f0221050_05552175.jpeg


f0221050_05554431.jpeg


陽の光が輝くと。ひときわ「もの」が綺麗に見える。。
そういうことは、ずーっと前から。。
判っていた。。筈だった。
でも本当に綺麗だ。。と納得しだしたのは。。
写真を写しはじめてからかもしれない。
曇り空では。。ただの「もの」が。。
なぜこんなにも美しく見えるのだろう。。
影も。。そして写り込みまでも。。
どんより曇った空からは、ベタッとした形にしか見えないものが。。
きらめきを放って立ち上がる。。
雨が降り止み。。陽の光が差し込む。。
窓ガラスについた水滴がキラキラと動き出す。。
そこから醸される不思議さは言い知れない。。
単にいつもの窓から見ているだけの光景なのに。。

ただ光景を眺めているだけでも同じ気分になれた筈が。。
見ているだけの時には。。過ぎ去る感動だけで終わってしまい。
眺めて写したものは。それでは終わらない何かが。。。
イメージが残り得るというか。。そんな風に思え。。
そしてまた 見たものを。。。
再び見直して、納得できる心地よさということも知った。

「写真を写すのは面白い」とほんの少し思えるようになったからか。。
窓に映る光景を、窓を動かして遊ぶ楽しみも覚えたからか。
映り込む自分の影と向こうのものが一体になる面白さを感じられるようになったからか。
ただ見ているだけでは想像できなかった「絵」が見えたからか。。
まだそれがどうなのかはよくわからない。。

写真を写す人と暮らしていたから。。
写真を見る機会は確かに多かった。。
でもそれは自分で写すこととは全く違う世界であったし。。心境だったと思う。
もちろん、フィルム写真を写していた写真家から見たら。。
今 私がやってることなんて邪道に過ぎないのは判っている。。
現像ができるわけでもなく、印画紙に定着することもできない。。

でも「この光景は美しい」と改めてわかり得た快感は。
もう捨てる気にならない。。
昨日も朝。
目が覚めて。。光り輝く太陽が。。窓いっぱいに溢れ。。
窓から見える木々にうっすらピンクの色が重なって見えた時。
一番最初にしたのは。。
「カメラ?どこ?」と探したことだった。。


f0221050_05580267.jpeg

f0221050_05581320.jpeg


f0221050_06011972.jpeg

f0221050_05593966.jpeg


More
[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-30 08:00 | 写真 | Comments(4)

太陽。。

f0221050_07351206.jpeg

あああ。。。。ああ。。お日様。
目覚めた時に外が輝いているのはなんとも嬉しい。
しかもここ1週間以上。
毎日毎日の。曇天。
じゃじゃ降りにこそならなかったが。
湿気た霧雨のような雨が終始、顔にまとわりついていた。。
いくら冬の。。この時期だから仕方がないと言っても。。こうも鬱陶しいのは堪える。
どこに行ってしまったのだろう。。お日様。
ぼやきにぼやいていた。。
だから。。
今朝の晴れ間は。。何も言うことない。。煌めいているだけで。。もうそれだけでいい。
ベランダの草木に光も影も当たる。。
去年の鉢のヒヤシンスの芽も心なしか膨らんできて。。咲きますよとでも言うように。。
いつものこの時期の市庁舎の影もバッチリ見える。。
空も青い。。壁に当たる木の影も。。チロチロ動く。。

そして私は。。
小一時間。。きらめく朝陽と遊んだのは言うまでもない。
飾りに微妙に陽が当たる。。
知らない間にふわふわと。。顔もほころび。。笑みが浮かぶ。。

ただしこのきらめきも。。残念なことに。。
正午にはまた雲の中に入ってしまった。どんよりとした空。
でもいい。
束の間でも太陽のありかが見られたのだから。。


f0221050_07352715.jpeg

f0221050_07454768.jpeg


f0221050_07474555.jpeg

f0221050_07482599.jpeg

f0221050_07485198.jpeg



More
[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-27 07:53 | 写真 | Comments(4)
f0221050_08351938.jpeg

f0221050_08371315.jpeg

f0221050_08380256.jpeg

f0221050_08385234.jpeg

午前9時。。
冬至間近の柔らかな光が。。
水色の空に映え。その水色がちょっぴり写真たてのアクリル板に映る。
あちこち方角を変えて見るのだけれど。
空も葉っぱも一緒に綺麗な形に入ることはまた難しい。

どんどんあたりは明るくなって。。
ふと見ると。猫がそばに来ている。。暖房機に足をかけて。。
私の影も映りますよ。。とでも言うように。
ゆらゆら尻尾を振り回して。。

ちょっとお。。そばに寄らないで。。
さもなくばもうちょっといい形に影を作ってよと言うのだけれど。
ちっとも言うことは聞かない。
大きなお尻がどさんと写真たてに映ってしまった。

青みを増した空に白い雲がふわふわでて来て。。
ふんわりとスイカズラの葉っぱに柔らかな光が当たる。
その当たる光が。。葉を透き通らせて。。。
ああ。。綺麗だな。。


f0221050_08405039.jpeg

f0221050_08410408.jpeg

f0221050_08412118.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-19 08:44 | 写真 | Comments(2)

払い下げ

f0221050_07390688.jpeg

ずーっと使っていた携帯電話が潰れた。。もちろんスマートフォンではない。
この電話機。
息子が15年か16年前に使っていたものを10年近く前に払い下げられて。。
一度バッテリーを取替えたが。。何と言っても古い。
でも古い分。機械がしっかり作ってある感じがして手触りもよく。私は好きだった。。
公衆電話がわりにしか使わない私には。これで充分だった。。
それがひと月ほど前。充電ができなくなった。

いくらほとんど使わないと言っても、こんなものでもなくてはやっぱり外出時に幾らか困る。
「どうしよう?」と息子に相談したら。。
「安い普通の携帯を買うたらええやん。見といたるわ」と返事されて。。
それから1週間ほどして。。
「僕の電話の容量を大きくしたいから新しく買って。今使ってるiPhoneをやるわ」
「ええ?やるわ。。って簡単に言うけど。スマフォ嫌やなあ。
それにまた。。古いのを私に渡すの?また壊れたら困るやん。。」
「大丈夫や、そんなに古ない。スマフォでも大丈夫やて。。いつかは慣れる」

私の携帯電話の使い方ならまだこれで充分使えると言われても。。。
躊躇いながらも。。「まあいいか。。」
話を信じることにして息子の電話の買い替えを待っていた。。
先週。。払い下げがやっと回ってきた。。

「スマフォ・デビュー?」なんてちっとも嬉しくはない。
アイパッドと機構が同じだから、すぐに慣れると息子は言うが。。
今日も間違い電話がかかってきてあたふたした。。

何とも。。不確かなあやふやな気分で。。
慣れるのにもしばらく時間がかかる気はする。

昨日の夕方。細かな雨も降っていたし。。
試しに、カメラを持って行かずに。。市庁舎のクリスマス飾りを「スマフォ」で写してみた。


f0221050_07034615.jpeg

f0221050_07035862.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-13 07:42 | 写真 | Comments(2)

hommage?

午前9時。零度。
外の空気が凍えているのか。。景色も白々した感じがする。。
正午にようやく3度になった。。

昼過ぎにほのかに淡い陽が差し始めた。でも気温は上がらない。。

ぼんやりと写真のことを考えていた。
もう50年ぐらい前に。すでに写真屋さんたちの間では。。
「ここまでカメラが進んだら写真を写すのに残されたのは「哲学」だけ。。」
なんて笑い話半分に言われていた。
さて今。。
オートフォーカスも手ブレ防止の機構もついていて。
しかもフィルムの現像をすることもなく。
紙焼きも伸ばしもパソコンを使ってあっという間に出来。
何より写したその場で写真を見られる。。なんて誰が50年前に想像できたか?
ならば
写真にはその「哲学?」の部分だけが増えたのかな?。。と。

夫は天変地異や紛争などと言う非日常を主題にした写真ではなく。
日常の中から。ホッとする場面や綺麗だなと思えるような光景を写したいと言っていました。
私も。写真だけでなく。。
暮らしの全てのことに。。その日常の中から「小さな楽しみ」を見つけて暮らしたい。

12月2日は。。夫の誕生日でした。
この日だけ写真のことを考えるの?。。でもないけれど。。
夫が亡くなる8年前には。。「まさか私が写真を写すなんて。。」考えられないことでした。。
でも。。
近頃。時々。「写真ってこんなに写すのが面白いものだったの?」
と言ってやりたい気もします。

この写真は夫が写しました。
彼へのオマージュ?として。。載せます。。

f0221050_08090650.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-03 08:15 | 写真 | Comments(2)

今年も。。

f0221050_12242726.jpeg

f0221050_12244468.jpeg

窓から見えるビルに「市庁舎」の影が映る。
いつもの年より影がくっきり見える。
半年以上も修理している壁が
そろそろ終わりに近づき白く塗られた所為もあるのだろう。

太陽の動きに連れて影はたった30分ぐらいしか映らない。
しかもこの時間にこの季節に晴れるのも少ない。。
ぼんやりしていると。あっ通ってしまったと思うことも度々で。。
「一期一会だな」と毎年影が映り出すと。。
今年は何回見られるかと思ったりもする。

日につれて。影の位置がどんどん下がる。。
もしも市庁舎の鐘楼に上がれるなら。。
夫がいた頃見たがった。広場に映る影も見られるだろうに。
と夢想もしてみる。。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-27 12:31 | 写真 | Comments(0)