人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 5 )

人についたの?

先週の末に。。
ちょっと体調を崩した。。
自分でもバタバタ動いてそれ以上に体が悪くなるのは恐ろしくて。。
終日。。ほとんどベットから出ないで。。
本を読んだり。。ウトウト眠ったりしていた。。
またその時期。。
すこぶるいい天気で暖かった。。
残念だな?。。家にそれもベットの中にくすぶっているなんて。。と思わないこともなかったが。。

晴れた日は作業室には。。
太陽が燦々と入って来て。。暖かな陽だまりを作る。
陽が射し始めたとたんに。猫は必ず陽だまりに移動する。。
餌を催促に来る以外は陽だまりにずーっと寝そべっている。。

ところが。。
私が終日。。横たわっていると。。
猫が。。
陽だまりに移動しないで。。
じーっと私の横の棚にうずくまって。。動かない。。
変な時間に寝ていますね?どうしたの?と思っているのかどうか。
全く動かずに側に座っている。。餌の催促もせずに。。それも何時間も。
しかも2匹とも。。

あれえ?。。
私のこと。。少しは心配しているの?
「犬は人についても猫は家につく」と言われる。。
猫たち?いつのまにか。。私に懐いて?
「人につくようになったの?」


f0221050_07272843.jpeg


f0221050_07271518.jpg


by fusk-en25 | 2019-04-26 07:41 | Comments(8)

まさか?

f0221050_06210612.jpg


まさか。。「パリのノートルダム寺院が燃える」などとは。
考えもしなかった。。
誰もがそんな気持ちではないかと思う。。
何が原因なのか?改修工事ではないかと憶測はされているものの。。
なら。。余計に「まさか?」と言う気がする。
いつもそこに在ると思っているものが。。なくなってしまうなんて。。
宗教的な意識のあるなしに関わらず。。
呆然とするような出来事だと思うしかない。

「ノートルダム寺院が最も綺麗に見える」と
夫がこよなく愛しんでいた場所。サンルイ島のオルレアン岸から
彼と約束した通りに。。2009年の6月に友たちと遺灰を流した。。

毎年命日には献花をする。。去年も(https://kiramekuhi.exblog.jp/29467116/
もちろん今年も。。
その思い出深い場所だけに
「あの景色も今年の法事が最後。。」と息子からメールがきて。。
なんとも言えない気分になる。。
今年はまた何を思ったのか。https://kiramekuhi.exblog.jp/30412109/
息子はいつになく三脚まで持って行って。。この場所で集合写真も写した。。

ノートルダム寺院の近くに住む友もメールをくれて。。
「近くの。セーヌ河の橋の上から状況を見ました。なんとも悲しくて涙が出そうだった」と
書かれていた。。

f0221050_06221944.jpeg















by fusk-en25 | 2019-04-16 06:27 | Comments(10)

色々な瓶に詰めて。。

f0221050_08394813.jpeg

暑さが続いている。。
空気が乾きすぎるのか。。
ベランダのトマトは伸び悩み。バジリコもあまり大きくならない。。
その中で。。落ちこぼれの種から生えた青紫蘇だけが、
ぐんぐん成長している。。
苗より種の方が強いのか?となんとも不思議な感じだが。。

茂り過ぎた葉を間引いてほんの少し醤油に漬けた。
塩をしてアクを抜きさっと洗って、水気を拭いて醤油に漬ける。
おにぎりに巻いても。
古漬けの胡瓜や大根に刻み込んで食べても美味しい。


f0221050_08412661.jpeg

f0221050_08422330.jpeg

冬場に暖房機の上で乾燥させたトマトもオイルに漬けた。

水に対して10%の酢を煮立てて。煮立った酢水にさっと乾燥トマトを入れて
火を止めて5分ぐらいそのまま置く。
あとはキッチンペーパーの上に5、6時間置いて水分をトマトに吸収させて、
ローリエやローズマリー。粒胡椒も入れたオイルに漬ける。


f0221050_08414688.jpeg


f0221050_08420397.jpeg

先日収穫?した。大蒜は醤油に漬けて。小玉葱は甘酢に漬けた。

保存食と言うほどのものでもないが。。
色々な瓶に詰めて。。。
ちょこちょこっとこんな作業をしていると。。
気が休まるのは不思議だなあと思う。。



by fusk-en25 | 2018-07-09 08:44 | Comments(6)

食パンを焼いて。。

f0221050_06305774.jpeg


f0221050_06313785.jpeg


たまごのサンドイッチが食べたくなって。
まず食パンを焼きました。。
クリームチーズにきゅうりを挟み。
ゆで卵のみじん切りは山羊のヨーグルトであえ。
山羊乳はもっとも人間の母乳に近いらしい。
チーズになると牛のものとはまた違ったクセのある?味ですが。
ヨーグルトにはあまりそんなクセもなく。
軽くて優しい味なので。近頃は特に好んで食べていて。

食パンを焼いた翌日のブランチはホットサンドにして。
中身はトマトと玉ねぎのスライスにゴーダーチーズを挟んで。
焼けてくるとチーズが溶けて香ばしい。
グリーンアスパラと生椎茸で豆乳のスープも作り。
アスパラと椎茸をまず煮て、出来上がる直前に豆乳を入れる。
さっぱりしてブランチにぴったりなスープでした。。

さて、菜の花の漬物。
こんなちょっぴりしかできなかったけれど。
「これは春の畑の味」と思える懐かしい美味しさで。
60年ぐらい前に。
祖母が土筆や菜の花を好むことを知っておられた農家の知人が。
ひと抱えもあるほどの風呂敷包みいっぱいに土筆と菜の花を持ってきてくださって。
それを見た祖母は小躍りするほどに喜び。何時間もかけて土筆のハカマをとり。
菜の花を漬けました。
遠い昔。。そんなこともあったなあと懐かしく思い出せる菜の花の味に。

これに味をしめて。。実はもう2つ蕪をプランターに埋めました。
柳の下に2匹目の泥鰌がいることを願って。。


f0221050_06315075.jpg


by fusk-en25 | 2018-05-09 06:51 | Comments(4)

メインはおつゆ?

f0221050_06530725.jpeg

朝から。。
もう。。嬉しくなるような快晴。午後には20度を超えた。
「春爛漫」と手放しで喜ぶにはまだ心もとない。。
大地が温まっていない所為か。20度になっても風はまだ少し冷たい。。
でも。。でも扉を開け放して空気を入れ替えられる快適さに。。
いいなあ。。と何度も呟く。
太陽の角度も変わって来て。。紅色の朝陽が。寝室の写真にぽっちりと映り込む。。
いいなあ。とまた呟く。。

多い目に作って残った笹の葉寿司。
笹の上からサランラップでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室で保管して。
お昼に食べた。
水分が丁度いい頃合いに抜けて押し寿司の感じになっている。
これだけでは野菜が少なさそうで。自家製もやしと人参で胡麻和えを作り。
アンティーブや胡瓜のサラダも添えて。ワンプレートに盛ってみた。
残り物でもまた感じが変わって美味しそう?に見える。

「メインはおつゆ。」
京湯葉を戻して手毬麩をあしらう。
花麩や手鞠麩自体はそんなに美味しいものではないが彩にはなる。
ベランダの貝割れ菜も摘んで来てのせたら。
「メインはおつゆ」と言ってももいいような美味しさだった。

ベランダから見える階下の連翹も今を盛りと咲きだして。。
あんなところにも植えられていたの。。と黄色の塊にきらきら光るお日様に見惚れる。
晴れはいい。絶対に。。としつこくまた呟く。


f0221050_06532086.jpeg

f0221050_06533147.jpeg

f0221050_06595362.jpeg


by fusk-en25 | 2018-04-07 07:04 | Comments(4)