あまった電球を。。

f0221050_09462134.jpeg


f0221050_09465815.jpeg

チカチカ瞬く窓飾りの電球を、
もう少しシンプルな小さめの明るい色に変えた。

玄関の下駄箱(靴箱と言うべきか。)に以前作ったのや。
北欧の雑貨店で買った色々なサンタクロースを出して。。飾る。
その棚に。。窓飾りから外して。。
あまった電球をつけてみた。
たったそれだけで。。イメージが変わる。。
なんとなくクリスマスの催し的な。小さな劇場風になった。。

額の中の子供の人形は。。
冬の服装にしては。寒そうだが。。
暖房の効いた部屋にいることにしようか。。
などと空想も膨らむ。

夜だけ明かりも灯すのだが。。
なんとなくこれだけで華やいだ気持ちになるのも。。
また楽しい。



f0221050_09471792.jpeg



f0221050_09474551.jpeg





[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-17 09:52 | 季節感 | Comments(0)

面倒な?食べ物。

f0221050_08320715.jpeg

時々。。こんなもの食べたいなあと思えるようなおかずがある。
この日は「おから」だった。
ただし。おからは面倒な食べ物で。。
アジア人街の食料品店にもビオの店にも豆腐ならあるが。
「おから」は売っていない。
仕方がないから。。豆を一晩ふやかして。ミキサーで挽き。
呉汁を吹きこぼれないように弱火でじっくり30分間煮る。
ずいぶん前は豆腐も作っていたが。
豆腐は温度管理が難しく。固まらずに悔しい思いをすることも度々で。
今はもう作らない。
おからをメインのつもりで作って。。
残った?豆乳はそのまま飲んでしまったり。
杏仁豆腐を作ったりする。

さてそのおから。
戻した椎茸を微塵に切り。絹さやや人参は千切りにして。。
鶏のひき肉は売ってないから腿肉を細かく刻む。
少し甘辛い目の煮物?の元のようなお汁をまず炊いて。
作ったばかりのおからを油で炒り。先に作ったお汁を入れて炒りあげる。

家で煮たおからはどうしても絞りきれず。
たっぷりと豆乳が含まれている。。
それがまた「絶品」と言えるほどに美味しい。

かぼちゃの煮物に。5分搗きのカマルグ米を炊き。
まるで「お精進」のような献立も。
おからが美味しくて。。堪能して食べました。

f0221050_08331147.jpeg


f0221050_08322974.jpeg

f0221050_08324166.jpeg

f0221050_08325566.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-16 08:41 | ままごと | Comments(8)

ドアの飾りも。。


f0221050_08353706.jpeg

f0221050_08424257.jpg

2日前から。夜半の気温は零下になった。
日中も1度から2度ぐらいをうろうろしていて。
寒い。凍える寒さと言うと大げさだが。。
マルシェも上から覗き見ただけだが。。ガランとしている。
この寒さでは買い物客も少ないだろう。。

恒例の?
ドア用のリースを作った。
ヴェランダのアイビー蔦を針金で作った輪っかに絡めて。。
飾りに今年は何をつけようかと。
あちこちの引き出しを開けて。。色々なものを試し。。
オレンジ玉にグリーンの地巻き針金で吊るしてみた。
作っている間はオレンジのガラス玉だけで充分だとは思ったが。
実際にドアにつけると。ドアのオレンジの色に負ける。
ちょっと多めだとは思ったが。。濃いグリーンのガラス玉を増やしてみた。
以前知人から譲り受けたこのガラス玉、
知人もまた装飾デザイナーの廃棄処分をもらったと言うだけあって。
オーナメントに使っても安っぽくないところがいい。。と自己満足もして。。

ドアに取り付けていたら。。
買い物から帰った隣人が。。
「リースを作られましたね。うちも出さなくっちゃ。」
とニコニコして話される。

居間のオーナメントも。。
チカチカ瞬く電球をやめて。。もう少し小さくて明るい電球に取り替えてみた。。
シンプルで?明るい感じになりました。
これで今年の飾りを作るのはおしまい。。
毎年ながら。。たっぷり楽しんで遊んだ?時間でした。

f0221050_08364232.jpeg


f0221050_08370219.jpeg

f0221050_08371502.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-15 08:48 | 季節感 | Comments(4)

残り物の残り物。。

f0221050_08371329.jpeg

前夜の夕飯、
なんとなくカレーが食べたくて。。
冷凍したカレーペーストが残っているはず。と。
庫内を引っ掻き回して探しだし。
鍋に赤ワインとほんの少しの水を入れてカレーを解凍し。
薄切りにした玉ねぎをたっぷり入れて。
ターメリックやカレー粉も少し補い。ご飯と食べて。。

そのカレーがまた半分残った。
翌日の昼ごはん。
残り物を処理するのに。。
ご飯とカレーをもう一度同じ食べ方をするのも気が進まない。。
カレーうどん?
カレースパゲッティ?
などと悩んだ挙句に。。
買っただけで。まだ食べてなかったネジパスタを思い出した。

そのネジパスタ。
以前。。スパゲッティを食べてみて。
「意外といける」(https://kiramekuhi.exblog.jp/30006854/
と思ったオーガニックパスタ「アルチェ・ネロ」の製品の。
全粒粉タイプだからしっかりした大きさで色ももちろん黒っぽい。
ゆがく時間は11分。
ネジパスタにしては結構長い。

湯がいている間に
残り物のカレーにズッキーニと玉ねぎをまた足して。。
カレー粉やワインも勿論補う。
でもこれ。。残り物のまた残り物を食べているなぁ。。
せめてサラダだけでも付け加えて。。と胡瓜や赤玉ねぎを刻み。。

ネジパスタの味?は。
スパゲッティほど美味しくなくて、次は買わないと思える味でした。


f0221050_08373225.jpeg

f0221050_08374556.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-14 08:48 | ままごと | Comments(2)

第2弾?

f0221050_07190576.jpeg


朝からすっきりと晴れたのに。。気温はちっとも上がらない。
午前中は3度。日中でもやっと6度にしかならなかった。
夜半には零下の予報も出ていて。。
「真冬になってしまった。。」
大気は深々と冷え。温かさに慣れた体は急な寒さには堪える。
ハーブを摘むのにヴェランダに出たら。
床もしっかり?凍てていました。

第2弾。。のクリスマスの飾り。。
なんていうと可笑しいが。居間の方にも窓飾りを作るつもりで。。
3日前にデザートに食べたグレープフルーツ。
「材料を捨てるのはもったい。」と。。
剥いた皮をサランラップに包んで冷蔵庫にを保存していました。。
皮も蜜柑より大きくて厚い。
4等分して剥いた皮をそのまま使うのは。。なんとも不細工だから
大きい目の丸型で抜き。さらにそれに もみの木や星を抜き。
皮がしっかりしている分。蜜柑より作業はしやすくて。

ヴェランダのローリエやセージ、クリスマスローズを摘み。
飾りののところどころに結わえて。
柑橘とハーブの飾りは作っていても爽やかな香りがして。。
気持ちも和み。。

一面の窓にだけ飾りはつけることにして。
その代わりに、少し華やかになるように。。
チカチカ瞬く電球も窓の周囲にくっつけて。
部屋の中からもヴェランダ側からも眺めては喜び。。

その上にまだ残ったクズの皮も捨てかねて。。
勿体ながって。。オレンジポマンダーの部屋飾りにくっつけました。



f0221050_07193599.jpeg

f0221050_07194770.jpeg

f0221050_07192266.jpeg

f0221050_07170570.jpg

f0221050_07200122.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-13 07:43 | 季節感 | Comments(4)
f0221050_08013879.jpeg

夕方。
住んでいる建物の下を通った。
この建物の最下位の部分には住人が使っている玄関口以外に。
事務所に貸している入口が2軒ある。
その一軒の玄関から光が漏れて。。
入り口付近にクリスマスツリーが飾られているのが見える。
質素なオーナメントが。いかにも素朴なもみの木で。。
ゆかしげな感じが。。素敵な光景を醸している。
たまたまその時はカメラもスマフォも持っていなかった。
あとで写そうと買い物を済ましてから。家に帰り。。
カメラを持って出て来た。

ついでに。商店街の。。
市役所に近い例年楽しいクリスマスの絵を描くキャフェにも。。
パン屋にも行ってみて。。
素朴な絵ながら。。この時期のそれらしいイメージは
毎年見ていても温かな感じはする。。

ぐるっと近所を一巡り見回すと。
市が市民向けに(たいがい、高齢者がブリッジをしている場合が多いのだが。。)
趣味の教室や集まりに使っているセンターにもモミの木?が飾られてはいたが。。
ここだけは。。これなら飾らなくてもいいのに。。と。
思えるような素朴さもなし。ありったけの飾りをつけました風なのに。。
また笑ってしまった。。

でもどれもこれも年末の装いとしては。。見ているだけで気持ちも和んで。。
それがまた。。いいのだろうね。


f0221050_08022324.jpeg

f0221050_08020069.jpeg

f0221050_08024091.jpeg

f0221050_08025537.jpeg

f0221050_08031018.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-12 08:20 | 季節感 | Comments(0)

初もの?

f0221050_07523814.jpeg

「牡蠣を4ダース買った。半分あげるから帰りに持っていく」と
ブルターニュに行っていた息子からメッセージが入った。
ちょうどその日は友と夕飯を食べる予定にしていて。
息子にも食べるかと尋ねたら。
8時はすぎるだろうから。ご飯はいらんと言い。
私たちの夕飯が終わる頃に持って来て置いて行った。

いつもなら牡蠣も息子が開けてくれるのだが。
時間がない。私に開けれるかというので。。「やってみる」とは答えた。
ほんまにできるのかな?
と自分でも本当のところは半信半疑だったが。。
ほっておくわけにもいかず。
その夜はデザート風に一人3個づつ食べて。
残りは翌日処理をすることにした。

夫や息子がいとも簡単に開けるのをいつもは見ていただけで。。
恐る恐るやって見た。時間はかかったが。。
それでもなんとか15個ほどの牡蠣は開けた。
初めてにしては上出来?と自分を慰め。
牡蠣も生で食べるならこれぐらいの小さな方があっさりして美味しいが。
好きな牡蠣フライにはちょっと小さすぎる。

「牡蠣の辛煮」にすることにした。
本来は酒4 味醂1 醤油5を半分に煮詰めて。
千切りの生姜と牡蠣を入れてさっと煮る。
汁をザルに受けて。その汁をまた半分まで煮詰め。
煮汁が冷めたら、牡蠣の上に回しかける。
味醂や清酒の代わりに醤油と白ワインを半々にして。
間違っても佃煮ではないから炊き詰めないことと「辻留の料理のコツ」には書かれている。
一晩寝かせた方が美味しくなるらしいが
味見に3つばかりつまんで食べたら。。
磯の香りが濃厚なうま煮?ができていた。

今冬初めての牡蠣。それも初めて自分で開けて。。
初ものづくし?と言えるかも。。


f0221050_07525817.jpeg

f0221050_07533422.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-12-11 08:00 | ままごと | Comments(6)