知らない街を歩いて。。



f0221050_09432210.jpeg


f0221050_09434323.jpeg

知らない街を歩くのは楽しい。

パリの左岸に近い場所に住んでいるせいで。
セーヌ河の向こう側、いわゆる右岸と呼ばれる地域は。
オペラやルーブルの近くこそ行ったことがあるものの。
それ以外はあまり知らない。40年近くここに住んでいると言うのに。。

知人の展覧会の会場も。今までに行ったことのない地域だった。
しかも下町?らしい雰囲気の。。
パーティが始まるのは夕刻の6時半。
ちょっと早めに家を出て。散策することに決めた。
メトロの最寄りの駅から。まず画廊を目指す。
会場の場所がわかったら迷路のようなあちこちの商店街を歩いてみる。
仕事帰りに一杯ビールを引っ掛ける人や。パン屋に並んでいる人たちを見るのも楽しい。


f0221050_09430281.jpeg

f0221050_09424782.jpeg

f0221050_09440571.jpeg

その中でどうやらビオの店らしい品物が並べてある洒落た?感じの店が目についた。
店先に小さなテーブルと椅子が2脚出ていて。
なんだか楽しそうな話をしている人がビールを飲んでいる。
「この店はビオの店ですね?」とその人に尋ねた。
彼はその店のオーナーだったらしく。
「そうだよ。でもうちのは単なるビオでなくて。ビオ・ディナミックなんだ」と言われる。
私が怪訝な顔をしたのだろう。
「有機栽培でもなあ。土壌の改良から初めて。変なものを全く入れない。
しかも時期のものだけしか作らない。自然農法なんだ。
ビオと呼ばれている店でも冬にトマトを売ってるだろ。おかしいと思わないかい。」
「そうですね。トマトは夏の食べ物だし。。」
「な、そうだろ。だからうちのはちょっと違うのだ。かなりリスクはある。
開墾にも時間がかかるんだ。でも地球のためにはなるよな。。」
おや地球規模ですか。また大層なとは言わなかったが。

ふーん。そんな店も出来てきたか。
フランスの。。特にパリにはもうビオブームと言われるほどの多くのビオのチェーン店もできているし。
スーパーにもビオのコーナーは充実している。
しかも値段が普通の商品より10%から15%の高さで抑えられていて。
卵やレモンなど。時にはビオの店の方が安いと言うこともある。
少しは健康志向というか。食べ物に不安を感じているのか。。
これからもビオの製品はどんどん伸びて行くだろうとは言われている。

試しにパンを買ってみた。
田舎パンを半分。レーズンや乾燥果物の入ったパンを一つ。
持って帰って早速食べてみたら、田舎パンは確かに美味しい。
しかし乾燥果物の入ったパンは少し粉っぽく。
これなら私が焼いたパンの方が美味しいかな?と思える味だった。


f0221050_09442306.jpeg




自由部門に応募します。
[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2018-11-10 10:02
見た目からして、
fuskさんの焼いたパンのほうが美味しそうです!
Commented by unburro at 2018-11-10 10:49
スペインでワインの仕事をしている次男に、以前
ワインのビオ、ビオディナミ、有機、無添加、などの違いを聞いてみたら、
EU内では、とか、原産地呼称とか、土壌やら品種やら
気候やら、星占いやら魔除けやら、ややこしい事この上なく
「教えて」と言ったことを後悔しました(笑)

美味しかったらいいし…と心の声が囁きます。
Commented by fusk-en25 at 2018-11-10 21:28
> pallet-sorairoさん
ありがとう。
うちのパンも粉もオイルも卵もミルクもビオなんですが。
イーストだけ顆粒を使っているので100%ビオとは言えない。笑。

Commented by fusk-en25 at 2018-11-10 21:31
> unburroさん
30年ほど前までは。ビオのワインなど飲めたものではなかった。
でもここ10年ぐらいは。はるかにビオのワインが美味しい。
そしてそんなに高くもない。
野菜に至ってはビオのものが長持ちもするので。。
かなり売れてるように思います。
Commented by アンジー at 2018-11-10 23:09 x
こんばんは!
日本でも 有機栽培 ビオには 厳密な
取り決め? みたいのがあるようです
何年間か土壌にも 除草剤が使えず 生協組合員さんが 野菜につく虫を手でとりに来たりすることもある‼️ なんて近くの有機栽培農家さんから 聞いたことあります
fuskさんが出会われた有機栽培農家さんのされてることは 最もなことであって 栽培される作物にほとんど無理がかからず
正に地球にやさしい 農法であると言えますね🎵  これからのますますの発展を祈ります! 口に美味しく なるように も祈りますね✨

うちはほぼ 有機栽培に近い❗ 農家です
農薬かけるのが とにかく面倒❗で 嫌なのですよ(*^^*)
Commented by syun368 at 2018-11-10 23:18
私も知らない街をブラブラ歩くのが好きです。
隣の街でも知らない所は旅と同じですものね。

余りにも何でもありの今の世の中、出来るだけ人工の添加物のないものを求めてはいますが、行き過ぎるというのも考えものではありますよね。
突き詰めれば種子だってもう昔の純粋種は殆ど存在しないわけですし、美味しいと共存できなければ食べ続けることは困難ですし…
でもプラスチックを食べているような食生活は嫌だなぁと思います。
Commented by fusk-en25 at 2018-11-11 00:09
> アンジーさん
フランスはドイツなどに比べて。エコロジーもかなり遅れてはいるのですが。
それでも値段がそこそこ安くなり、
品質に対する危機感?も出て来て。かなり増えました。
庶民化してくると昔のような病的なイメージも少しはなくなって来たかと思います。
私自身はなんでもビオという感じはないのですが。
野菜など日持ちがするし味もいいのでやっぱり買ってしまいます。
Commented by fusk-en25 at 2018-11-11 00:10
> syun368さん
近頃のビオの商品はずいぶん良くなり?ましたし。
値段も手頃になって来ました。
病的に土がついているのを有り難がらなくなって来た気もします。
でもまだまだ%テージは低くて。。
危機感の方が先行している感じですね。

知らない街の散策は。
同じような店でもほんの少し佇まいが違って新鮮でした。
by fusk-en25 | 2018-11-10 09:56 | 散策 | Comments(8)