煌めく光の中で


by fusk-en25

私の。。走る道。。

f0221050_07201645.jpeg

日の暮れるのが少しづつ早くなって来ている。。
でも。。
まだ夜の7時台なら自転車で走ってもそう暗くはない。
ただヴァカンスが終わりになって。いくらか車の量も増えては来ている。

今年は4月初めから走り出した。
ほぼ毎日の。。5ヶ月間の鍛錬?も少しは効果があったか。。
時速はかなり上がって、30分走るのも距離が伸びる。
今夜はどこまで行こうか?と思案することも多くなった。
同じ道ばかり走っていてもつまらない、時々コースは変える。

市の外れの工場群を走っていたら。。
ポッと工場がなくなって。団地のような建物が前に見えた。。
市営住宅かな?
かなり市の中心からは外れるが。その分地価も安いのだろう。
横にはまだ廃屋も建っていて。
これがそのうち全部住宅になるのかな。。
なんて思いながら見ていて。何気なく自転車を止めた。
工事場らしい低い囲いを覗いたら。。
子供の遊具らしいものが建てられている。
小さな公園にでもなるのだろうか?
日曜というのにその遊具の周囲をせっせと地ならししている人もいる。
ボランティアかしら?

市の条例でもできたのか?
新しい建物のそばには必ず小さな公園が作られるようになった。
それもできるだけ遊具などが少なくて素朴なものが多い。
その遊具も資源のリサイクルの意識?からか森の枯れた木を使ったりしている。
この遊具もひょっとしたら廃屋の木材を使っているのかもしれない。
小さな町工場が住宅になって行く様を見ていると。。
今後。。どんな風に市街地が変わって行くのか?と。。
見るのも。。走る楽しみの一つにもなって来た。


f0221050_07212662.jpeg

f0221050_07213710.jpg

f0221050_07215070.jpeg

f0221050_07220323.jpeg








[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-03 08:49
木製の遊具ができるんですね! 素敵。
夕空もきれい。
でも、時間的なものもあるんだろうけど人がいませんね~。
なんだか心配。
気を付けてくださいね。
Commented by fusk-en25 at 2018-09-03 20:33
> pallet-sorairoさん
木製の遊具もひょっとして廃材かも。。
ヴァンセンヌの森にも
森の枯れた木を使って遊具やベンチが作られるのが増えています。
資源を活用する?方向には少しは考えれているようです。

この辺りは開発途上で住んでいる人の少ないせいもあるでしょうが。。
そろそろ夕飯の時間ですから。庶民なら外食はあまりやらないので、(高くてやれない?)
人が外にいることは観光地でもなければ少ないと思います。
実は。。日本に行くと繁華街でもないのに
かなり遅くまで人が何をするでもなく外で群れているのを見ると
かえって変な気がしてしまいます。
外食産業の多さ(食品に比べて安い?)の違いなのでしょうか?

by fusk-en25 | 2018-09-03 07:29 | 散策 | Comments(2)