煌めく光の中で


by fusk-en25

ただただ。。はぎ合わせて。。

f0221050_06162496.jpeg

何週間か前に。
「明日咲きそうです」と言われて。。露草をひと茎もらった。
陽に当たらないと花は開かないのか。残念ながら花は見ずじまいだったが。
瓶にそのままさしていたら。何日かして根が出た。
時々水はやる。
高橋治さんが「くさぐさの花」に
露草は花の可憐さに比べて質はやたら強靭で。
庭の雑草に混じるといくらでも繁殖して手こずると書かれている。

その瓶に挿したまま置いていた露草に。
またぽっちり蕾らしきものが。。ついている。
「私は露草ですよ」とでも言うように。。
その蕾はまさしく露草の色で青さが際立つ。
これも蕾らしきものだけで花は開かなかった。
水栽培だし。室内に置くとやっぱり咲かないのだろう。
あまりの健気さにと言うか。。強さに。。鉢に植えてやろうかな。と思う。

スカートの続きに残りの布でスカーフを作った。
いいとこ取りをして縫ったスカートの残りだから。
布地の大きさもまちまちで傷んでいるところも多い。
様々な形に残ったものをはぎ合わせるのだから。
ただつなぐだけと言ってもスカートを縫うよりはるかに面倒だった。
縫い目の不揃いや布の歪みには目をつぶり。。
ただただ繋いだ。これじゃ絶対「製品」にはならないなあ。
たとえポシャギ風としても。と苦笑するしかないが。。
首にぐるぐる巻いたら見栄えもそれなりにいい。
風合いもふんわりして。秋口に重宝しそうなスカーフになった気がする。


f0221050_06174726.jpeg


f0221050_06181183.jpeg










[PR]
Commented by こんちゃん at 2018-08-22 10:35 x
 あまりの健気さに・・
この思いに、私もふと懐かしく思い出しました。
息子が小学生のころ、期待もせずに植えたみかんの種が芽を出し、やっと数えるほどの葉がつきました。そこに揚羽蝶が卵を産み付け、ベランダなので目立つのかすぐ鳥などに食べられ、でも何度も何度も産み付けに来るのです。そのうちやっぱり私もその健気さにうたれ、お世話してみるかと
。食べられないよう網をかけたり、足りない葉っぱを毎日近所にもらいに行ったり(笑)そしてある朝早く旅立ちを見せてくれました。それから毎年産み付けに来るようになり大変な日々は続きましたが。楽しかったです。健気さは大事な思い出になりました。
Commented by pallet-sorairo at 2018-08-22 15:17
つゆ草のブルー、きれいですよね、大好きな花です。
この銘仙の青もそんなブルーでしょうか?
これは繋ぎ合わせるの大変でしたね~、
でも、スカーフだからぐるぐる巻いてしまえばわからない。
素敵なスカーフができて良かったですね(^^。
Commented by daikatoti at 2018-08-22 19:37
うちに生える露草は、ズルズルと1mくらいに伸びて、節々から根を出し、ほんと猛々しい草です。
花はしおらしいけどね。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-22 19:51
> こんちゃんさん
アゲハ蝶が育つなんて。。葉っぱを食べてしまわれても。
なんだか虫の方が愛おしい気持ちになりますね。
で、その蜜柑はその後育ったのかしら?とまた気になりました。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-22 19:54
> pallet-sorairoさん
露草のブルーの青は本当に綺麗ですね。
そう言えば「おおいぬのふぐり」の青も好きでした。

確かにスカーフだから少々の歪みは許せる。
でもはぎ合わせるは意外と手間ですね。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-22 19:55
> daikatotiさん
1mどころか地下には3mも4mも連なっていると。
高橋治さんは嘆いておられました。
しかも意外としっかりした根だと。
Commented by こんちゃん at 2018-08-22 22:25 x
50センチにも満たない小さなみかんの木5本位でした。揚羽蝶の子はとにかく凄い食欲で。葉が食べ尽くされないように、他所からもらう賄いが一番大変でした。それでもみかんの木も、食べられても食べられても葉をだしてくれて、何度も巣立ちを見せてくれました。
でも4~5年たった頃、冬を越せず枯れてしまいました。今思うとみかんも健気だったなぁと。揚羽蝶ばかりでみかんには手をかけてあげていなかったなぁと。みかんが枯れて揚羽蝶のお世話も終わりました。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-23 00:24
> こんちゃんさん
みかんも健気に育ったのですね。
ある程度の大きさになると。我が家の山椒もですが。。
北限があるのかな?と思える感じに枯れてしまいます。
樹の小さなうちは気温の変化もなんとかなるのか。。
生きようとする力があるのか。。
そう言うところは自然はまた不思議だな?と思ったりもします。
by fusk-en25 | 2018-08-22 06:28 | 手仕事 | Comments(8)