煌めく光の中で


by fusk-en25

友との夕飯。

f0221050_07325825.jpg

お盆の頃とお正月にパリに家族でくる友がいる。
彼女とは古い友達なのだが。
ずーっと疎遠になっていて。消息を長い間、知らずにいた、

それがまた不思議なことに。
全く結びつきそうもないパリに住んでいる友の家で偶然に出会い。
その出会った経緯は以前にもこのブログに書いたが。。
https://kiramekuhi.exblog.jp/24863174/

それ以来彼女がパリにくる度に夕飯も共にする。。

何作ろうかな?と
ヴェランダにワサワサ茂っている紫蘇をたっぷり刻み込み。
鮭と胡瓜の夏寿司に胡麻だけでなく麻実も入れたらプチプチと香ばしい
「歯触りもいいですねえ。」
「昔はおいなりさんに入っていたよ」と言うと。そうやったとみんなも思い出して喜び。

アンディーブにやっと摘めるようになったルッコラの若葉とアンチョビを散らしたサラダ。
緑ばかりの一皿は
青梗菜の粉がつお。莢隠元の胡麻あえ。
そして。。
つい最近もらった奈良漬。
開けてみるとずでに瓜が刻まれていて。そのまま食べると甘すぎる。
と言って捨てるのも癪だから。。胡瓜を刻んで軽く塩をして。
その奈良漬のパックに混ぜて一晩置いた。
即席の奈良漬もどきのようなものだが意外と美味しい。
「変わった和え衣ですね。まさか奈良漬とは思わなかった。。」
と好評でした。



f0221050_07353940.jpeg


[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2018-08-14 09:21
鮭と胡瓜の夏寿司、美味しそうですね。
今晩作ってみようかな。
盛り付けもこんな風におしゃれにして(^^ゞ
Commented by daikatoti at 2018-08-14 11:28
麻の実って知らない人多いでしょうね。
昔はふつうにおいなりさんに入ってたよね。
それは、日本から送ってもらわれたのですか?それとも現地で。
10年ほど前京都の錦市場で見つけて買ったんですが、なんだか品質が悪くてがっかりしました。
その後、どこにも見たことないです。
七味に少し入ってますかね、いや今はそれも無いか。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-14 18:04
> pallet-sorairoさん
この夏寿司を作ると息子はインチキな寿司と
炊いた具が入ってないとバラ寿司と思えないなんて。
言うのですよ。
鮭も焼いて、刻んだ生姜もたっぷり入れて、割とさっぱりした味なのに。笑。
Commented by fusk-en25 at 2018-08-14 18:26
> daikatotiさん
ここで売っている麻の実はちょっと違う感じなので。
これは日本製です。
頼んだ友達も見つけるのが難しかったと言ってました。
雑穀屋も無くなりましたしね。
近頃のことだからと検索してみたら。ありました。
ハーブシードみたいな売り方でした。
by fusk-en25 | 2018-08-14 07:39 | ままごと | Comments(4)