煌めく光の中で


by fusk-en25

そば粉を。。

f0221050_07065909.jpeg


f0221050_07072179.jpeg

「モン・サンミッシェルに行ってきたのです」と
お土産にブルターニュ産のそば粉を頂いた。
ブルターニュ地方は小麦の出来が悪くて。
やせ地でも作れる蕎麦を植え、それでクレープを焼いて主食にしたと言われている。
昔は小麦が贅沢品で、
何かの時に。。それもデザートにちょっぴり白い小麦を使ったクレープを焼いたそうだ。
今は、グルテンアレルギーも問題になってきて、
その上に健康にもいいからとかえってそば粉も珍重されるようにはなってきている。。

もう30年以上も前になるが夏のヴァカンスを
ブルターニュの海岸で1ヶ月間送ったことがある。確かにパンはまずかった。
どこのパン屋で買ってもパンのあまりのまずさに、たまりかねて、
そこでパンを焼いたのが、私がパンを焼く最初だったと思う。

もちろんこの頂いたそば粉でクレープを焼いた。
家で種を挽いたそば粉は少しザラっとしているが。
さすがこの風車で挽いたと言われるそば粉。サラサラして。
クレープに焼いてもしっとりしている。
そば粉だけではちょっと軽すぎるので30%は5セレアルの粉を混ぜて。
粉125gに対し250ccのミルク。卵を2個。塩ひとつまみ入れて。
大さじ5杯のオリーブオイルを混ぜて。ラップをして3時間生地を寝かす。

あらかじめ温めたフライパンに生地を流し、この分量で12枚焼いた。
冷蔵庫に眠っていたハムとスライスされたコンテチーズを焼いたクレープにはさみ
チーズが溶けるまでまたクレープを弱火で温める。
たっぷりの紅茶と一緒に食べたら美味しかった。

ちょっと前に。。
古い写真をアルバムで探していて。。
こんな写真を見つけた。前述のブルターニュの海岸で夏のヴァカンスを過ごした時に。
焼いて窓辺に置いたパン。
このパンが、私の一番最初に焼いたパンだろうと思う。
紺屋の白袴で。家族写真を写すことは極端に少なく。
こんな写真が残っているのがまた珍しい。









くらし部門に応募します。
[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2018-01-19 10:40
窓辺の写真、とっても素敵です。
fuskさんが初めて焼かれたパンはもちろんのこと、
花瓶の野の花?もレース編みも、いかにもフランスの!と思える小粒なりんごも、
気持ちよさそうな光の中でまったりしているように見えます。
見ていたら、
体の中から余計な力がふわっと抜けて行くような感じがしました。
Commented by fusk-en25 at 2018-01-19 21:19
> pallet-sorairoさん
この借りた家。給湯設備がないと言われていて。
行ってみたら井戸でしてね。お風呂はもちろんありませんが。
台所の水もポンプで汲み上げました。
トイレも大きな水差しに汲み置きして使う。
もう今ではそんなところはないでしょうが。ちょっと変わった経験でした。
たった1ヶ月だから暮らせたんでしょうね。

全く観光地でない海岸べりの村だったので。。
野の花はいたるところにありました。
この花瓶はペットボトルの上をちょん切っていけています。
Commented by ゆき at 2018-01-21 17:42 x
この写真 わたしも好きです‼ なんかクラシカルでスローライフを思わせる田舎の風情が。
ところで、どちらが写したのでしょうか??
トライアングルの被写体が面白い と思いました。自分では思いつかない構図です。
Commented by fusk-en25 at 2018-01-21 21:56
> ゆきさん
ありがとうございます。
この時代ですから。もちろん私は写真なんか写したことはありません。
ただ窓辺に置いたテーブルセッティング?は私がやったと思います。
パンというよりおそらく摘んできた花の方がメイン?
by fusk-en25 | 2018-01-19 08:23 | ままごと | Comments(4)