煌めく光の中で


by fusk-en25

しつこい性質。。

f0221050_07125077.jpeg

飽きもせず。。シュペッツレを作っている
最初はニョッキの変形か?西洋風すいとんの様なものを想像して作ったのだが。
コメントにドイツのおばあさんの動画をいただいて。
「あれまあ。これはずいぶん違う」しかもおばあさんの手際がまた見事だった。

やり直すために
粉もビオでタイプ65の薄力粉に近いものを買ってみた。

動画では
まず粉と卵の生地をぐるぐると力強く混ぜられていた。
グルテンを引き出すためだろう。生麩の作り方に似てると思いながら見ていて。
粉80gに卵と塩少々。ほんの少しの水をボールに入れて
勢いよく混ぜて、さらに1時間寝かせたら、ダマもないすっきりした生地ができた。
まな板を濡らして生地を移し、平らに伸ばして
湯の湧いた鍋に切りながら入れていく。
動画のような手際にはちっともならなくて。
ポトンポトンと鍋には落ちたが、それでもなんとかそれらしいものはできた。
味もかなり良かった。

翌日。もう一回トライした。自分でもやたらしつこい性格と可笑しいが。。。
さすがに何回かやると少しは上達して。。。
ナイフで切っているように見えたけれど。実はまな板の生地を濡れたナイフで押しやると
簡単に鍋に落ちていくのも発見した。
なんだ刀削麺のように切るのでなくてナイフで押しやるのか。。

今回は煮込みハンバーグの付け合わせにして食べた。
今までに作ったシュペッツレの中ではこのソースにからめて食べるのが一番美味しかった。
デザートのミルク煮もレーズンを最初から入れて煮たら。酒のきつさがなくなってまろやかになり。
一緒に食べた友達が「温かいデザートっていいですね」と褒められた。
前菜は
ソラマメのみぞれ和え。レンズ豆もやしの和え物。ひじきと押し豆の煮物。
ガラスに盛ると涼やかで春らしいかなとは思う。

f0221050_07130574.jpeg

f0221050_07131721.jpeg

f0221050_07132865.jpeg

[PR]
Commented by nature21-plus at 2017-04-08 15:33
ははは。。あまりの感動にコメントしたつもりでしてなかった?。。
しかし本当に。。シュペッツレが一度すいとんになって。。これがさらなる美しく美味しそうな高みにと進化する。。

三枚目がことのほか「お気に入り」です。。笑

Commented by fusk-en25 at 2017-04-08 23:09
> nature21-plusさん
シュペッツレは煮込みの付け合わせが一番美味しい食べ方のようです。
by fusk-en25 | 2017-04-07 07:20 | ままごと | Comments(2)