煌めく光の中で


by fusk-en25

雛と遊ぶ。。

f0221050_08052749.jpeg


f0221050_08212102.jpeg

f0221050_08085407.jpeg


朝からきらめくような素晴らしい天気になった。
目覚めてすぐに。「お雛様」と遊んだ。
顔の白さが光に反射して、それでなくても淡い目鼻立ちが白っぽくとぶ。
それでも明るさはありがたい。
大小の雛を並べると。なんとなく小さい雛を大きい雛が
まるで発表会の我が子の舞台を袖で見守る両親の風情に見えてきたりして。
陽の明るさが劇場の照明のような幽玄さもかもす。

お雛様にと。春色の水仙を買った。
光がたっぷり当たる浴室に置いて見ると
さすがに40本の束。
近づくと水仙の甘い匂いも濃厚に薫る。
ああ「春の色合い」と嬉しくなった。


f0221050_08070610.jpeg

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2017-03-03 09:10
fuskさんのところに私とおそろいのお雛様がある!
って、朝からドキドキです。
→ http://sorairo02.exblog.jp/21607863/
私のはもっと小さいですが(^^ゞ

フランスの花屋さんの店先にあるのはどれも
一束がこんな風にどっさりな花束だったなぁと思い出します
Commented by nature21-plus at 2017-03-03 21:13
一昨年かな。。秋ごろだったけど、請われて、尾道ちかくの山間の「上下」という古い宿場町に「泥天神」を見に行ったことがあります。。
基本、人形ってちょっと苦手てで。。このときも、たぶん数百体の人形にめまいがしてきて。。しかし、それぐらいあると可愛いとかきれいだとか、こわいなんて感情はかえって無くなって。。人形に願う人々のさまざまが見えるような気がした。。

言葉や文字にしきれない大切なものを晴れの機会に人形に語らせ伝える。。節句の人形ってそんな役割や意味があるのかな。。
Commented by nature21-plus at 2017-03-03 21:18
たぶん、この水仙。。地主のおばあさんの畑にあります。。現在牧草地になっているお隣の畑との境に一株だけ。。
おばあさんが植えたのではなくて。。お隣が牧草地になってしばらくして。。
外来種の入り込みってそういうことなのでしょうね。。笑
Commented by fusk-en25 at 2017-03-03 21:27
> pallet-sorairoさん
この小さい方のお雛様。40年近く前に若い作家が作ったものだと友達がくれたのですが。
作家もプラス40年だから今では「若い」は抜けてますね。笑。
小さいながらもなんとなくはんなりした感じがして好きなお雛様です。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-03 21:32
> nature21-plusさん
自分で人形の小物を作っているのに。。。ですが。
人形を愛玩するのはまた私も苦手。。
ただこういう季節感のあるものは、違った意味合いの気持ちがのって。また好きですね。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-03 21:35
> nature21-plusさん
森でも道路を地ならしするためにトラクターが入ることがあるのですが。
すると翌年必ず、矢車草やひなげし、忘れな草。マリーゴールドなんかが半野生化して咲くんです。
きっと種って本当に小さいものなんでしょうね。
by fusk-en25 | 2017-03-03 08:22 | 季節感 | Comments(6)