煌めく光の中で


by fusk-en25

お雑煮を。。(暮らし部門)

f0221050_06514030.jpeg

大晦日の夕飯にすでにおせちを食べて、
年越しそばもいただきカウントダウンにベランダで花火をして祝い。
正月仕様に残ったのは「お雑煮」だけ。
大阪生まれの私なら本来白味噌雑煮を作るところだが。
子供の時から甘いものが嫌いな上に、
我が家のお雑煮はヤツガシラ芋。雑煮大根。人参。くわい。などなど具沢山で
もう嫌いで仕方がない食べ物だった。
祝い事だから一口は食べなさいと子供の頃は言われて
いやいや食べていた覚えしかない。

夫の家は、ミソがつかないようにと、清汁の雑煮で。
あの甘いお雑煮を食べなくてもいいだけでも嬉しかった。
ただし私は食べたことはないが姑の実家ならその清し雑煮に黒砂糖をふりかけるという。
「それ美味しいの?」
「僕は嫌いやった」
家の者は誰も好まず黒砂糖をかけるのは取りやめになったそうだが。。

お昼にしっかりと出汁をとったお雑煮を作った。
ごちゃごちゃ物を入れるのは嫌いだから。
昨日揚げた海老と椎茸の入った揚げ豆腐の残りをおつゆに入れて
蕪の葉っぱを青みに使う。
出汁がきいてさっぱりした美味しい雑煮だった。

おせちの残りをあてにして、お酒もいくらか飲みました。


f0221050_07113869.jpeg

[PR]
Commented by ゆき at 2017-01-06 12:05 x
fuskさん、明けましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします。

お雑煮も全国多彩で面白い!甘いお雑煮はちょつとね~
私は餅は焼いて入れる派でしたが、夫は煮込む雑煮派で、汁がドロドロになって嫌です!(宮崎)
「ケンミンショー」という人気のテレビ番組があって、各県の特異な食文化や風習がいつも面白いんです。
フランスにはお正月の行事食ってあるのですか?
Commented by fusk-en25 at 2017-01-06 19:48
> ゆきさん
おめでとうございます。
こちらこそどうぞよろしく。

正月と言って、特別なものはないけれど、ちょっと普段食べないような高級品は売っています。
フォアグラとか鮭の温燻とか。
1月6日の公現祭に食べるお菓子。ギャレットロワが正月の食べ物でしょうか。
by fusk-en25 | 2017-01-02 07:16 | ままごと | Comments(2)