人気ブログランキング |

ろうそくの光が。。

ろうそくの光が。。_f0221050_07161428.jpeg


75歳の誕生日。
去年のロックダウン(https://kiramekuhi.exblog.jp/31143399/)の時と同じように。
今年もケーキは焼いた。
また。。
1日違いで3歳になる友の娘にお祝いメールを送るつもりで。
3本のローソクを立てたケーキをまず写していて。

ろうそくの光が。。_f0221050_07164427.jpeg

ローソクの光はいいなと思いながら。
このケーキに。私の数のローソクも立ててみようか?
まさか75本というわけにはいかず。
7本と5本を並べて火を灯した。

おお。燃える光は綺麗だな。
と何枚も明るさを変えて写して楽しんでいたら。。
あれあれ。。ローソクが燃え尽きそうになって。
慌てて消しました。

ろうそくの光が。。_f0221050_07163213.jpeg


色々な人から。メッセージをもらった。
中には「25歳x3になっても。気分は25歳x1に。」というのもあって笑ってしまった。

息子からもメーッセージは来ていた。
「誕生祝いになんか欲しいもんあるか?」
「どんなもんをくれたいの?」
「それが何も思いつかん。。」
「もう鍋釜は要らんで。」(クリスマスに大きな鍋をもらって困ったことがある)
などと。。アホな掛け合いもやっていて。
昼過ぎに。
今年はキャロットケーキを焼いて。ローソクを立てた。とケーキの写真を息子に送った。
すぐに返事が来て
「仕事がキャンセルになった。そのケーキ食べに行くわ。」
ええ?
「それなら切らんと待ってる。」
燃え尽きかけたローソクを新しいのに取り替えて。
歌も歌って吹き消しました。

お茶の時間だけでも。
去年の籠城よりはマシ。。ですね。


ろうそくの光が。。_f0221050_07165861.jpeg








# by fusk-en25 | 2021-04-16 07:28 | 好み | Comments(8)
じっくり焼いたお好み焼き。_f0221050_09304917.jpeg


すごおく。なんて言葉は使いたくないが。
たかが「お好み焼き」を。真面目に焼いた。
とんがりキャベツと青ネギを刻み。卵を割り入れ。
粉と水をほんの少し。つなぎにアジア人街で買ったヤマノイモもすって入れ。
卵を入れる前にほんの少し卵黄を取ってマヨネーズも作る。
マヨネーズを作ったから。。
醤油で食べずにソースにしよう。
ケチャップとハインツのウスターソースと醤油を
味をみながら(スプーンを舐めながら?)混ぜて好みの味にする。

フライパンに油を多めに入れて。お好み焼きのタネを流し。
刻んだ豚肉と何日か前に野菜のかき揚げを揚げた時に作った天かすも
少しのせる。
弱火にしてじわっと時間をかけて。
あまり抑えないお好み焼きを焼いた。
青のりもカツオの粉もかけずに。
このまんまソースとマヨネーズだけで食べて。
本格的「お好み焼き」と自画自賛もながら。
じっくり焼いたぶん。ふんわりとして実に美味しかった。


じっくり焼いたお好み焼き。_f0221050_09310109.jpeg


明け方の4時ごろだったか。
なんとも言えない異臭が部屋の中に漂ってきた。
化学物質の焼けるような。アスファルトを敷く時のような匂いがする。
道路の補修工事でもやっているのかとベランダの扉を開けた。
途端に。。むわっとした黒いガスのようなものがもくもく。と下から湧いてくる。
何?が起こったの?火事?
慌てて扉は閉めたが。匂いはどんどん強烈になる。
火事にしては火の色も見えない。焦げ臭くもない。
よくよく見ると。
サーチライトの小さなものを下の芝生で振り回している人がいる。
何人かが走り回るような気配もする。
そのうちに大型の消防車が2台。消防の小さな車も2台来て。
すぐ下の建物の外周に止まった。
道路と現場の建物の間には段差がある。
建物に消防車は横付けにはできないようだ。
30分ほど経ったころ。もくもく出ていたガスも消え。匂いも少なくなった。
鎮火したのだろうか。

午後遅く。野次馬根性丸出しに。
ベランダから見える階下の建物のおそらくそこだろうと思える場所までで行った。
早咲きの桜の木を写した事務所らしい場所の芝生に。https://kiramekuhi.exblog.jp/32177007/
掃除をする人や何かを話し合う人たちが集まっている。
桜の木下の芝生の上にやたら焦げたものが積まれている。
火事が小さかったのだろう。外に積まれた物に燃え尽きたという感じはないが。
爆風が起きていたのか窓ガラスが黒くなって割れて散らばっている。
いくら野次馬根性が旺盛な私でも。さすがに写真はこの一枚だけにしました。

やっぱり火事だったのだ。
あの時間のことだから。事務所の中はもちろん無人で漏電らしかったが。
こんな近くに火事が起こるなんて。世の中何が起こるかわからない。
真夜中の変な時間に外をずーっと見ていた私は。
ちょっと寝不足気味?になったのでした。

じっくり焼いたお好み焼き。_f0221050_09311802.jpeg












# by fusk-en25 | 2021-04-15 09:52 | ままごと | Comments(8)

日が長くなった。

日が長くなった。_f0221050_09000639.jpeg


日がずいぶん長くなった。
夏時間が始まって1時間繰り上がっていると言うこともあるが。
日没が8時40分。
久しぶりの。。夕焼けらしい日の沈み方になった。

午後8時20分。
浅葱色の空にホアンと浮かんだ雲に。
ふんわり赤みが差して。柔らかな夕焼けが始まる。
見ている間に。。
日は沈み。残照がまた美しかった。
夕焼けらしい夕焼けと言えるのかもしれない。

日が長くなった。_f0221050_09002072.jpeg

日が長くなった。_f0221050_09002711.jpeg


久しぶりに散髪に行った。もちろん自転車で。
ひと月ほど前から。。行こうとは思いながら。
天気が悪かったり。寒かったりして。
なかなか自転車に乗る気にはならなくて、
一日延ばしにのばしていて。
もう限界かな?と言う長さまできている。

「こんなに長くなったなら。。
いつもの短さよりおかっぱがいいのじゃない。」
と美容師に勧めれたが。
まさかこの歳で。。おかっぱが似合うとも思えない。
くせ毛だからすんなり綺麗なおかっぱを保てない。
「やっぱりいつものように短くする」と言うと。
「夏やから。それがいいかもしれない。」
とジョキジョキ切って。いつもの髪型になりました。

店に入った時に。カメラを出していたら。。
「何を写すの?」
「私を。」
「ああ。カットの前と後を写すのね」と変に納得もされて。
「そう。ダイエットの広告のような前後写真みたいに。。」
と言って二人で大笑いしながら
美容院の明るい鏡で。切る前と後の私を写してきました。

日が長くなった。_f0221050_09004911.jpeg

日が長くなった。_f0221050_09010256.jpeg







# by fusk-en25 | 2021-04-14 09:35 | 空を眺める | Comments(8)

餃子にしよう。

餃子にしよう。_f0221050_06570905.jpeg


「お昼を食べにきませんか?」
と友を誘って。。
さて何を作ろう。というのが一番楽しいのかもしれない。
一人では食べられない量の多さのものを考えたり。
花見や月見にかこつけてそれにちなんだものを作ったりもする。

確か冷凍庫に。。
作った餃子の皮があったはず。
豚肉も白菜も。キャベツもネギもある。(ニラはなくても構わない)
解凍した皮をもう一度綿棒で伸ばして。
フードプロセッサーで挽いた豚肉や白菜のタネを包む。

餃子にしよう。_f0221050_06572268.jpeg

餃子にしよう。_f0221050_06574950.jpeg

前菜に。絹さやのおかか和えと。
韓国の春雨をチャプチェにして。(このタンミョンがまた好評でした。)

「あら?今日は餃子も、皮から作ったの?」
と言われて。。
うふふ。皮も作ったことは作ったけど。
まさか朝からこねたわけではない。
冷凍してあった皮を使ったとズルしたことも正直に?告白して。
半分はスープ餃子に半分はオーソドックスな焼き餃子にして食べました。


餃子にしよう。_f0221050_06582520.jpeg

餃子にしよう。_f0221050_06583899.jpeg













# by fusk-en25 | 2021-04-13 07:06 | ままごと | Comments(4)

これには。。堪えた。

これには。。堪えた。_f0221050_08442064.jpeg


最高気温は10度を割って9度になった。
夜半の気温は1度から2度。
ベランダの種まきは?
と思いながらもなかなか作業を開始する気にはならない。
「ひ弱やな。」
1月や2月なら9度でも暖かいと言ったのに。。

何日か前に、
同級生からメールが来て。
同世代の女の人が認知症になって施設に入られたと。
その夫(彼が私たちの同級生)から電話で知らせられて。
思わず。。
「うっそお」と言ってしまったと書かれていた。

確かに。。
近頃は親世代だけでなく同世代の訃報もいくらか入ってくるようになった。
年齢からしても。。そういうこともあり得るとは思えても。
施設に入るような認知症になられたのを知った時は。
同世代の訃報より。はるかに堪えた。

まさか認知症ねえ。私でも「うっそお」って言うよ。と。
メールをくれた友に返事をして
メールでなければ顔を見合わせたいぐらいの気持ちだった。

物忘れ程度なら森山良子の歌のように。。
「あれあれ。どれどれ。。またまた。。」のことは私でもある。
息子でも「僕の年でもあるで。しょっちゅうや。」(特に私の頼んだことは忘れる?)

脳は使えば使うほど活性化すると言われる。
消極的に。。「私はダメ」と思うのが一番認知症になりやすいらしい。
「頭が動いてさえいれば体が動けなくなった時のケアはまた考えられる。」
と言う息子に。。
「頭がボケて。体が丈夫やったらは?」
「それが一番困るなあ。。」と大笑いもして。
さて。。
残された「私」の時間。
前向きとまでは言わないまでも。
いかにして楽しめるか?にかかっているか?と。
つくづく思えた「事件」でもありました。

ビオの店で
卵やコーヒー豆。バナナにレモン。生姜やヨーグルトと
一緒に買ったとんがりキャベツを食べたくて。
お昼は焼きそばにした。
美味しそうに見えて買ったアルザス地方の卵麺を茹でて。
この麺。1キロの小麦粉に7個の卵が入っていると書かれている。
13分と書かれている茹で時間。
でもその通りに茹でるとおそらく柔らかすぎる。
5分ぐらいから茹で具合をみながら、8分で茹で上がり。
ソース焼きそばにしようかとは思いつつ。
麺を味わうためにほんの少しの醤油を垂らして食べました。

これには。。堪えた。_f0221050_08443167.jpeg

これには。。堪えた。_f0221050_08444635.jpeg
















# by fusk-en25 | 2021-04-12 08:50 | 思う | Comments(8)