煌めく光の中で


by fusk-en25

たまには秋色?

f0221050_07271540.jpeg

f0221050_07272790.jpeg

秋深しと言いたくなるような気温になった。
今朝は20度を切って17度。日中もほぼそのままの気温になって。
残暑気味の3日前から比べると10度以上も低い。
慌ててベストを羽織った。

秋色だからと言うわけでもないが。。
しまっていた臙脂のクロスを洗って。アイロンもかけて。。
そのまま畳んで収納するとまた折り目がつく。
不精して直接テーブルにかけた。
夫がいた頃は。むき出しのテーブルが嫌いで必ずクロスも使っていた。
ただしアイロンは彼がかける。
アイロンかけ係がいなくなって。アイロンをかけるのが苦手な私は。。
キッチンの常時使うテーブルはテーブルマットで暮らすことにした。。

でもたまには。。
クロスをかけてみると。色合いが違うのは当たり前として。。
気分も少し変わる。。

夕飯の前菜はバケットのカナッペ。
鴨肝のペーストをヨーグルトあえてバジル風味にアレンジして。
ルッコラとヤギのチーズを盛り合わせ。
バケットは160度のオーブンでカリカリに焼いて。
茄子の炊いたんを食べてから。。
鯖でんぶと卵焼き。椎茸の含め煮の押し寿司を笹で巻き。
素麺のお汁にしました。


f0221050_07273931.jpeg









[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-23 07:35 | 住む | Comments(0)

新しいもの。。

f0221050_07275318.jpeg

新しいヘルメットを買った。
今までかぶっていたのは、
夫がいなくなって自転車に乗り始めた時に息子が誕生祝いにくれた。
それももう10年近く経つ。。しかも今年の酷暑で糊が劣化したのか。
内面に貼られているスポンジが外れた。
外れた後の糊も粘ついて。気持ちが悪い。
どうしようかと迷いながら。スポーツ店で新しいのを買おうか?と息子に相談した。

今度はもうすこしまともな物を買ったほうがいいと言う。
「ええっ。。このヘルメットはまともでなかったの?」
「こんなにちゃんと使うとは思わなくて。安物買った。」と。
自転車にしょっちゅう乗り出したのもここ4、5年のこと。
実はヘルメットをかぶるのはあまり好きではない。
最初はあまり被らなかった。。
しかしもしも事故にあった時のことを思うと。
せめて安全のためにかぶったほうがいいだろうと今は仕方なくかぶっている。

さて。ネットで注文しようと。二人であれこれ検索をした。
「希望は黒色でマット」
「なんでや?もっと目立つ色でもいいで。」
「なんでか言うと。映り込みが綺麗に写る。」と答えると。
ゲラゲラ笑い出した。「そんなことも考えるのや。」
「古いタイプの鉢形がいい。」
「鉢形は重い。ヘルメットは格好でなく機能を考えな。」
と却下され。。「はいはい。仰せのように。」
軽くて黒色のマットはこの形しかなかった。

注文して3日目に届いた。。

早速かぶって。頭にぴったりとメッセージを送ると。
「ブカブカ買うてどうするねん。」
そらそうでしょうよ。
こんなものでも新しいものは嬉しい。早速ベルシー公園まで乗って行き。
映り込んだ私を写してきました。


f0221050_07313092.jpeg









[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-22 07:37 | 好み | Comments(2)
f0221050_08320341.jpeg

先週の日曜日。ノーカーデーの帰り道。
セーヌ河岸の自転車道路を走っていたら。。
国立建築大学の建物から音楽が聞こえる。
何をやってるのだろうとちょっと自転車を止めて見た。
この土、日曜日は「ヨーロッパ文化遺産の日」にも当たっていて。
色々な文化遺産?が公開されて中を見ることができる。
エリゼ宮やパリの市庁舎など普段見れない有名なものは
かなりの長い時間の行列も覚悟で並ぶとか。。

建造物公開をこの大学もやっているのかと。外から眺めていたら。。
入り口を管理しているおじさんが「入って。見ていって」と手招きをする。
自転車を止めるのも面倒だなと思っていたら。
「自転車の鍵を持ってないの?」とまで言う。そうまで言われるならと止めて中に入った。
この建物自体も1994年まではパリの圧縮空気システムを担っていて。
現在は文化財に指定されています。

この日は
音楽のライブだけでなく。建築学科の得意の?模型の陳列もしていて。。
そしてまた。。こんな楽しい趣向もやっていました。
大きな壁面を前にしてみんなスプレーを持って何かしている。。
ワークショップでもやってるのかしら?と側に寄ってみると
壁に生成りのエコバックを貼り付けてスプレーで絵を描いていて。
描きあがったバックは持って帰っていいらしい。
面白そうだな。。しばらく見ていて。私もやりたいと係りの女の人に尋ねたら。。
「まだバックが残っているかしら?」と探しにいって1枚見つけて貼ってくれました。

あまりごちゃごちゃ塗るのもなんだから。
スプレーでシュッシュと吹き付けただけにして。
帰ってきて洗ったら、少しは色落ちも。。
これならもう少ししっかり塗るのだった。。と思ったのも後の祭りでした。

f0221050_08322311.jpeg

f0221050_08335656.jpeg

f0221050_08324669.jpeg

f0221050_08332396.jpeg

f0221050_08580491.jpeg

f0221050_08333610.jpeg








[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-21 09:13 | 散策 | Comments(0)
f0221050_06293310.jpg

f0221050_06294741.jpg

朝焼けだけでなく。。残照もまた美しい。
それも日没が終わった後の。。空がまだとっぷりとは暮れない時の。
浅葱色の空にごくごく淡いピンクの雲が。。
その上に飛行機雲が縦横に真っ白な軌跡を描く。。
薄暮と呼ばれるこの時間の美しさは捨てがたい。
そして薄暮の中に見え始める白い月が。
残照を映して、うっすらピンクに染まる。

近頃。凝っている食べ物がある。バナナのサンドイッチ。
完熟のバナナを薄切りにして焼きたてのパンに挟んでサンドイッチにする。
ある時は朝食に。
パンに生クリームを塗ってルッコラも挟む。
レーズンを入れて焼いた食パンの甘さがしっくりして。
意外とルッコラのほろ苦さがバナナに合う。

その翌日はお昼に食べた。。ほんの少しパンがかたくなりかけて。。
1枚は塩バターを。もう一枚はヨーグルトを塗って。
ホットサンドの機械で軽い目に焼く。
デザートに、パンに塗った残りのヨーグルトに
友が煮てくれたバニラ味の杏のジャムをかけて。。
バニラの香りが引き立つジャムを美味しく味わう。

その翌日も。。ホットサンドに。
生クリームを塗ってルッコラをたっぷり挟んで。
香ばしいパンとルッコラが調和して
これもまた美味しいサンドイッチでした。


f0221050_06300646.jpeg

f0221050_06321741.jpeg

f0221050_06305407.jpeg

f0221050_06313814.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-20 06:48 | ままごと | Comments(2)

今朝もまた。。

f0221050_06501032.jpeg

f0221050_06503964.jpeg

f0221050_06510069.jpeg

f0221050_06513934.jpeg

また空?
また朝焼け?
それしか写すことないの。。と自分でも思う。
でも朝目が覚めて。。実際には猫に起こされて。。
お日様が輝くと。。写さずにはいられない。
眠くても写しているうちにどんどん興奮してしまい。
目がしゃっきりして。。頭まで冴えてくる。。
またヴェランダにいるのですか?と猫も不思議そうには見る。
不思議がられても。。ワクワクしてるのだから、あっちに行きなさい。
と猫が出ないようにベランダの扉も閉めて。また写す。

朝焼けに輝くスイカズラの枝や葉がまた素晴らしかった。
病葉すら。。形になって。。
うっとりとしながらも。。もう興奮しまくって。
朝起きて良かった。とさえ思う。


f0221050_06564289.jpeg

f0221050_06582924.jpeg


f0221050_07135182.jpeg

f0221050_06590867.jpeg

ミントの花に陽光が当たり。ふんわりピンクに染まる。
日が昇るにつけて空も雲も柔らかな柔らかな朱鷺色に変わりだす。
ああ。。いいなあ。。美しい。。
そんなものすべて。ただただ見ているだけで。。
言葉なんかいらないと言いたいような気持ちにさえなって。
自分でも朝から何やってんの?
と思いながらも。わくわくしてパソコンに写真を取り込むのです。

f0221050_07013904.jpeg

f0221050_07023967.jpeg

f0221050_07031110.jpeg

f0221050_07020918.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-19 07:23 | 空を眺める | Comments(13)

青紫蘇を

f0221050_07383379.jpeg

残暑気味の暖かな日が続いている。
日中の最高気温は30度近く上がっていても。さすがに9月なかば。。
陽光は緩やかで日向に長くいない限りそうも暑くはない。
特に我が家は風のとおる涼しい家で。
外に出ると「こんなに暑かったの?」と思えるぐらいだ。

ヴェランダの青紫蘇も穂が出始めている。
葉もかなりごわごわしてきた。同じ種なのに鉢によって色が違う。
土の乾燥状態が違ったのか?PHが違うのか?どちらだろう。。
大きめの葉をいくらか摘んで醤油漬けにした。
葉をしっかり洗って塩をしてぎゅっともんでアクを絞る。
さっと水で洗ってキッチンペーパーで水気を取り。
そのまま醤油に漬けてもいいのだが。
後で使うことを考えると。少々面倒でも一枚一枚広げる。
醤油に漬け込んでからのくちゃくちゃの葉を広げるよりは
この方が手も汚れなくていいと思う。第一見た目?も綺麗な感じがする。
一枚一枚広げて大きさを大中小に分けて。
一番小さな葉は別の小さな保存瓶に漬け。
大きな葉はおにぎりや鶏のささみを包んでもいいし。
小さな葉は糠味噌の古漬けを刻んで混ぜて食べるとシソの香りが生きて美味しい。
青紫蘇の葉も塩漬けや冷凍にもしてみたが。
この醤油漬けが一番香りが残り、使いやすい気がする


f0221050_07385073.jpeg


f0221050_07554195.jpg


f0221050_07392757.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-18 07:42 | ままごと | Comments(0)

静かな?日曜日。

f0221050_07515503.jpeg

11時過ぎだったか。。
息子からのメーッセージが届く。
「走ってる。もうすぐ着くよ。」
パリ・ノーカーデーの日曜日、
自宅から凱旋門まで約15kmの道を孫と二人で自転車で行くと言う。
「どれぐらいかかった?」
「1時間ぐらいかな。ゆっくりあちこち見て来た。」
昼ごはんを食べて凱旋門も登ってくると。。

せっかくのノーカーデー私もどこかに走りに行こう。。

昼ごはんを食べた後。ベルシーの公園まで行こうかな?と走り出し。。
自転車道路の完備している場所で走ってもノーカーデーの意味がない。
じゃあ。バスティユ経由でサンルイ島まで。
どんどん自転車が増えて来て。特に多いのは子供づれ。
面白いサイドカー?に娘を乗せたおじさんに「写真を写してもいい?」ときくと。
ちょっとためらいながら「いいよ」と言われる。
前に乗っていた嬢ちゃんはくすくす笑って。
新しいオペラ座のあるヴァスティーユにはきちんと交通整理の人もいて。
自転車もローラスケートもスケートボードも歩いている人も思い思いに様々な、
そしてみんな本当に楽しそう。。ウキウキした感じが伝わって来て。。

f0221050_08023305.jpeg

f0221050_07575207.jpeg


f0221050_07534014.jpeg


f0221050_07540815.jpeg


f0221050_07544979.jpeg


f0221050_07553021.jpeg


さて最終地にしたサンルイ島。
アイスクリームで有名なベルティオンで。。久しぶりに食べようと行ったら。。
店先だけでなく道路まで超える長い長い人の列。
並んでいるとおそらく1時間以上はかかりそうなので諦めて。。
同じ思いの人もいるらしく、私の横でスカフォで行列を写すおじさんもいて。

ノートルダム大聖堂の後陣を眺めるいつもの場所に。。
「あらまあ。なんと優雅な昼下がり。。」と思えるようなお二人が。。
シャンペンを飲むのにグラスもクロスも持ってらしたのね。。
なんとも微笑ましい。。素敵な光景でした。。

ノーカーデーの良さは。。
車の横を走る危険がないのはもちろんのこと。。
それより街が。普通の日曜日よりも人もたくさん出ているのに。。
すごく静かなことでした。。
日常でも街中で車が警笛を鳴らすのは禁止されているフランス。
警笛の音だけでなく車が動くのは騒音が起こるのですね。


f0221050_08172780.jpg

f0221050_08174397.jpeg









[PR]
# by fusk-en25 | 2018-09-17 08:32 | 散策 | Comments(2)