煌めく光の中で


by fusk-en25

桜を見ては。。

f0221050_07362674.jpeg

f0221050_07364210.jpeg

うららかな陽気が続いている。
例年より半月ほども早く色々な花が開いて、愛でる間も無く散ってしまう。
そんなに慌てて咲かなくても。。と言いたいほどに。

桜の花も今年はあちこちでパーっと一斉に咲き出した。
もう少し花が少なければ味もあるのに。。
混み合った花を写すのはもっと難しい。。
などとぼやきながら新緑に合わせて下から見上げる桜はやっぱり綺麗だった。

息子がまだ歩きもしないときだったか。。
舅姑と私の母も入れて私たち夫婦に息子と6人で昼食を食べに行った。
大阪に17番街という高層ビルのてっぺんにレストランができて
見晴らしが素晴らしかったと母が言うので。
両親も連れて行こうと予約もして。
和気藹々、なごやかに洋食も食べていたのだが、
食事が終わり、エレベータを待っていたとき。
そーっと姑が私に囁いた。
「なあ、あのお料理。本当は美味しいものやってんやろうな。。」と
「ええ?なんで?」「緊張したんか、なんとなく食べにくうて味がわからんかった」
もう吹き出しそうになった。
食事中はちゃんと人並みに食べていて、
赤ん坊の息子に話かけたり上機嫌に見えたのに。
舅の方は反対にハイカラ好みでそう言う席が好きなのも知ってはいたし。
何より高層ビルがまだ珍しいだろうから喜ぶと思っていた。
「やっぱり鰻の方が良かったん?」「そう言うこともないけどなあ。。」
となんだか腑に落ちないような顔をしていた。。姑を思い出す。

桜の花が咲くと。。毎年のことながら、
なんであんなに慌てて早くあの世に行ってしまったのかと思う。

4月3日。今日は姑の祥月命日でした。

f0221050_02322498.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-03 07:44 | 追憶 | Comments(4)

嬉しくて。。。

f0221050_07202550.jpeg


ベルシーの公園に行った帰りに。
ショッピングモールでパンを買った。
「バケット1本とレーズンパンを一つ」
売り子のお姉さんがショーケーズを覗いて。
「あらレーズンパンは売り切れだわ、ミニパンならありますが」
「じゃあ、ミニパンを2つ」
会計をする時になって。お姉さんがニコッと笑って
「ミニパンは4個入れときました」と2つおまけしてくれた。
夕方も遅くなって、店を閉める時間が来ていたからかどうか?は知らない。
でもなんとなく嬉しかった。
好きなパンをおまけしてもらったんだもの嬉しくない筈がない(笑)
帰ってせっかくだから
Gienのデザート皿を出してパンをのせた。

この皿は、フランスに来て初めて買ったデザート用の皿で。
店で見た時。
タルトの6枚が違う模様になっているがいい。。。もう絶対に欲しかった。
しかも裏の図柄がまた可愛い。なんて楽しいものを作るのだろう。。。。と。

デザートに使うとテーブルを囲む人たちが。
苺の皿がいいとか。。杏にするとか。。言ってワイワイ騒ぐのも楽しい。

バケットは野菜のサンドイッチにして
野菜たっぷりのキャベツのコールスローやトマトもベランダのルッコラも付け合わせて。
この皿はノルマンディのアンチックの店で買ったもので、ルーアン製。
一応手描きとは書かれている。


f0221050_07204365.jpeg


f0221050_07205763.jpeg


f0221050_07214539.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-02 07:41 | 思う | Comments(4)

陽射しが。。

f0221050_07233714.jpeg

「春の。。春の」と何度も言いたいような陽射しが入ってくる。
浴室の鏡に真後ろの本棚が映ったりして。
ああこんな角度でも入ってくるようになった。。と喜ぶ。

部屋の中の陽射しとガラスに映る陰影の対比もいいなぁなんて写していて。
ちょっとづつ体を移動させていった。
額のま正面まで来た。
どんな風に映るのか。。。もう嬉しくてたまらない。
もうちょっと背が高ければとか。。
カメラを上にあげてみたり。。
椅子に乗ってみたら?とも思ったが。。そこまでの演出はやり過ぎの気がして。。
やめたのだが。
それにしてもなんとも楽しい時間になった。

「春の光」は本当に素晴らしい。

f0221050_07235436.jpeg


f0221050_07241363.jpeg

f0221050_07242917.jpeg

f0221050_07294687.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-01 07:31 | 写真 | Comments(2)

新緑を愛でに。。

f0221050_08531880.jpeg

いい陽気が続いている。
朝からの快晴は言うまでもなく。。正午には23度になった。。
ウキウキ。るんるん。。
たかが天気といえど。なんとも心浮き立つ。。単純さ?
でも春って。そして晴れは本当にいい。。

夕方近くに、家から片道4、5kmのベルシー公園に行った。
20年ほど前からここのあたりやセーヌ河を挟んで対岸のミッテラン図書館の地域は
再開発されて、公園がたくさん作られている。
中でも酒蔵の跡地利用されたベルシーの公園は広くて。
変な遊具の少ないのも。色々な樹木や草花が植えられているのも。
公園になる前からのプラタナスやマロニエの大木が植わっていて、
そのどっしりした感じも。。好きなのだが
家から5km弱の距離はほぼ平坦で自転車道路もかなり整備されているので行きやすい。

f0221050_08535353.jpeg

f0221050_08534086.jpeg

f0221050_08545982.jpeg


f0221050_08594246.jpeg

f0221050_09004947.jpeg

f0221050_08592224.jpeg

新緑が素晴らしかった。。
小さな手のひらに見えるマロニエの新芽。
大きなプラタナスの弾けるような小さな新芽。
ムスカリもこんな風に咲くと野生の感じがしてくる。
公園じゅうが緑に染まって、春の日差しを受けて輝く・
誰が作ったのか道端にこんな可愛いオブジェも見つけた。
花の中でまどろむ人や楽しげに語り合う人たち。。
赤ちゃんを写している父さんも。。

そして実桜が満開だった。
これ全部さくらんぼになるのかな

f0221050_08542950.jpeg

f0221050_08544437.jpeg

f0221050_08541163.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-03-31 09:21 | 季節感 | Comments(4)

桜も花蘇芳も。。

f0221050_09115481.jpeg

f0221050_09270138.jpeg

セータに薄手のコートを着ていると汗ばむぐらいの陽気になった。
快晴の18度。空も青い。
「おお。春」とばかりに気の早い人たちは半袖Tシャツやタンクトップという姿になっている。
そこまで暑くはないのに。。とは思うものの、
「太陽がいっぱい」というイメージを感じたいのだろう。

陽気に誘われて、桜の花も咲き出した。
梅も梨も綺麗だが、桜はやっぱり艶やかに咲く。
たっぷりの花をつけて青空に映える花を見ていて、
息子と
「花をこんな風な花見のイメージで愛でる国民性ってやっぱり日本だけやなあ。」と話していた、
いい悪いは別として、平安朝の貴族文化があったればこその花鳥風月かと。

桜や花蘇芳の艶やかさを見ていると
垣根にぽっちり咲いているツルニチニチソウにしては花びらが細いかとも思うけれど。
清楚な紫にまた心ひかれる思いもする。


f0221050_09272091.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-03-30 09:33 | 季節感 | Comments(2)

レンズ豆を。。

f0221050_06221739.jpeg

f0221050_06214328.jpeg


f0221050_06220182.jpeg


f0221050_06273738.jpeg


レンズ豆のもやしを作った。
本当に美味しいのは豆から芽がちょっと出ただけの写真(3)のような状態が一番いいのだが、
半日ほど覗くのを忘れていたら、茎がシャワシャワと伸びてこんな風になってしまった。
それでももやしならさっと湯がくだけで食べられる。その上豆を湯がいたよりずうーと美味しい。
人参を千切りにして一緒に湯がき、玉葱と青葱のみじん切りを混ぜて、オリーブオイルを垂らし、
ほんの少しの醤油で調味する。
納豆ほどの特有な風味はないが。納豆に劣らないぐらいの豆の美味しい食べ方だと思う。
なにしろ簡単に湯がける。もやしを作る時間も気温にはよるが豆を水につけてから3日もかからない。

シンプルなオムレツを焼いて、ルッコラの葉っぱも摘んでワンプレートにした。

気温が18度になって、薄曇りだったが
街中が緑のベールがかかったような緑の靄に包まれて。。新緑の色に染まる。
この季節のこの緑の色が一番美しい気がする。

f0221050_06212482.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-03-29 06:41 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)

古着の始末を。。

f0221050_08590667.jpg


「これ、仕分けして。使えないものは処分してくれたらいいから」
と孫の古着を息子が持って来た。
大きなショッピングバックを4つ。
乳幼児の時代の衣類はすでに処分していて。残っているのは3歳から8歳までの5年分。
袋から出して、大まかに机に並べてみた。
たった5年でこんなにも大量の衣類があったかとちょっと驚く。
着ているのをみたことがないジーンズも何本もあって。
おそらく誰かから回って来たものもあるのだろう。
大きさ順に仕分けを始めた。
不思議なもので、着られなくなっても自分で縫ったり、編んだりしたものは
幾らか愛着があって、捨てられない。
私が縫ったズボン類がないところを見ると履きつぶしてしまったのか。。
マフラーなんか解いてまた何かに作り変えてもいいなあ。
などと夢想しながらの午後の時間でした。





[PR]
# by fusk-en25 | 2017-03-28 09:05 | 手仕事 | Comments(6)