煌めく光の中で


by fusk-en25
f0221050_08144830.jpeg


f0221050_08143380.jpeg

ずいぶん前に読んだ。「森瑤子の料理」の本に
ヨロン丼と名付けたオイルサーディンを缶ごとちょっと温めて
醤油を垂らしてご飯にのっけるレシピが載っている。
丼ものが苦手な私はご飯の上にはのせられなかったが。
ご飯のおかずにして食べても意外といける。
缶詰ごと温めると周囲に油が飛び散るし。油自体も缶くさい。
鍋に移して油も捨てて
醤油以外に生姜の汁をかけて温めるとまた意外と美味しい。
「たかが缶詰。されど缶詰。。?」
何もない時の一品には使える。

先週大型スーパに行ったら
ズラーっと並んだ缶詰の棚に。
わざわざ「焼き鯖」と書かれた缶詰を見つけた。
こういう物を見ると味見をしたくて仕方がない。
焼き鯖にも何種類かあったが。
最もシンプルなオリーブオイルと香草入りを買ってみた。
食べた限りでは。。
この焼き鯖。缶詰臭くもなくて。さっぱりして意外といける。
そのまま、海藻サラダに付け合わせてレモンを絞って食べても美味しかったし。
温めて生姜醤油で食べてみたら。これもまた甲乙つけ難い。
「缶詰」だからとバカにできない美味しさだった。



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-28 08:24 | ままごと | Comments(6)

朝焼けの。。

f0221050_07212360.jpg


f0221050_07214733.jpeg

午前6時30分。
久しぶりに部屋のあちこちが朝焼けに染まる。。
夏至からひと月あまり太陽の角度も、輝きもいくらか変わってきたのか。
同じ朝焼けでも6月のギラギラした赤さよりわずかに淡い色を伴う。
薔薇色に染まる壁の色合いにも、
木の葉に映るほのかな朱鷺色にも。。
ピンボケになった天井の抽象的な形にも。。
薔薇色から緋色に変わっていく壁の色にも。。
ああなんて美しいのだろうと。見続けている。。
刻々と変わる光の饗宴を。。たった10分か20分ほどのことながら
うっとりとする。。
なんとも幸せな時間だった。

f0221050_07220756.jpeg


f0221050_07225243.jpeg


f0221050_07222454.jpeg


f0221050_07355218.jpeg


f0221050_07230244.jpeg






[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-27 07:44 | 住む | Comments(0)

ワンプレートに。。

6月の半ばに真夏の前倒しのような暑い日が続いていて。
今年は猛暑なのか?と思っていたら。
それもまた1週間ほどで沈滞して、
このところは雨もよいの、もう秋かと思えるほどの肌寒さなのだが。
私自身の気分はまだ7月のイメージを引きずっていて。
ついつい半袖Tシャツ一枚で。
夜半に気温がぐーっと低くなると、慌てて長袖のサマーセーターを羽織ったり。
暖かい飲み物が欲しいような気分になる。
そんなにしていても風邪をひきそうなイメージに。。なったりして。。
30度以上から20度を割る気温の差はちょっときつい。

何を食べようか?と冷蔵庫の中を眺めては。。
あるものでワンプレートに色々盛ってみる。

とある日のワンプレート。イモサラダ。とパンだけ。。
サラダはマヨネーズでなくて
ヨーグルトとオリーブオイル、レモンであえたらさっぱりした味になった。
パンも薄切りにしてオリーブオイルを引いたフライパンでこんがり焼いて。

もう一皿は前日作ったヒレカツに茹でたジャガイモを玉ねぎと炒めた。
ついでだからご飯もおにぎりにして盛って見た。

つまらないものでもこんな風に盛ると。
なんとなく食事のイメージになりそうな。。。
単なる自己満足?やなあと思いながら食べている。


f0221050_12424299.jpeg

f0221050_12430271.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-26 12:52 | ままごと | Comments(0)

パソコンの横に。。

f0221050_07440962.jpeg


f0221050_07434583.jpeg

f0221050_07583858.jpg

寝室のベットの横に、パソコンを置いている。
改造の最後に残した本棚の下の写真やメモをごちゃごちゃ貼ったパネルの前に。
写真を入れたアクリル板や額のガラスに。
ベランダの明るさを受けて。映り込みが写っていた。
あいにく曇りで、はっとするほどの輝く綺麗さではないが。。
それなりにこんな落ち着いた色目もいいなあと眺めていた。
もうちょっと角度を変えてみたら。。どうなるかしら?と思いながら何枚か写していたら。
バサバサッと大きな音がして。
窓から見えるガマズミの樹に大きな山鳩が乗っかっていた。
さすがに山鳩。おっとりした顔をして土鳩のようなこせつきがない。
キョロキョロ、何度か枝の下にも潜り込んだりして。。20分近く遊んでいた。
鳩も映り込みを眺めていたのかしら?

そういえば半月ほど前のよく晴れた朝。
寝室のこの同じテーブルにバッチリ朝陽が当たっていたことも。。あったと。
探してみたらこんな写真も写していました。


f0221050_08052363.jpeg




[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-25 08:11 | 住む | Comments(2)

豪快な?気分に。。

f0221050_07100087.jpeg

作業室の観葉植物がどんどん育ち。
幹は細いのに、葉っぱばかり大きくなってしかもクネクネして嫌だなあと思っていた。
実はこんな大きな葉っぱの植物はあまり好きでない。
2年ほど前。息子の隣人の引っ越しに引き取り手がないからと貰わされてしまい。
持ちあぐねた?息子が2本のうちの1本を私に押し付けて、置いていった。
植物を捨てるに忍びなくて引き取りはしたものの。。。。

このままではどこまで伸びるかわからない。
ダメ元の気分で。。幹の下の方からバッサリと切って見た。
おそらく今からなら幹から新芽も出るだろう。。
切り取った葉っぱの方。せっかくだから浴室にいけた。
これぐらいの大きさになるとなんとも存在感が感じられる。。
お風呂に入って下から見上げると
南洋の樹林の葉陰にいるような気分になって。。。

ちょっと豪快な生け花にはなったが。。
これもまたなんとなく気に入っている。


f0221050_07101916.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-24 07:18 | 草や花と遊ぶ | Comments(0)

木漏れ日の道を。。

f0221050_05564358.jpeg

f0221050_05571307.jpeg

f0221050_05565992.jpeg

快晴。25度。
雲ひとつない青空が広がる。
4時前に「整体」OSTEOPATHEの予約を入れていた。
ヴァカンスに入って車の走行も少ないだろうと。
自転車で行くことにして。
5、5km、途中かなり長い坂も何度かあるので
1時間も見ればいいかと、3時前に出発。
ところがなんと30分も前に着いてしまった。
ただ待っていてもつまらない。
これもこの近所の行きつけの美容室を覗いたら。
お客が誰もいない。
「刈ってくれる」と尋ねると、「勿論。整体の帰り?なの」と聞かれて
「4時に予約なのよ」「あら、それなら大丈夫間に合うわ」とさっと刈ってくれて。
いつも通りの。。夏向きの?短い短い頭に。

整体が終わって。。同じ道を帰るのもつまらない。
ちょっと遠回りして。
深緑の中にポツポツとでてきたマロニエの実を写してみたり。
木漏れ日を受けて歩く夏姿?を写してみたり。
窓際の絵になるような夏の花を。。写してみたり。。して
風が吹き抜けるセーヌの河端をゆるゆると走って。
途中でバケットも贖い。。。
爽やかな。。。爽やかなサイクリングでした。

f0221050_05572660.jpg




[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-23 06:06 | 散策 | Comments(0)

泥縄の。。性格?

f0221050_06195191.jpeg

f0221050_06200590.jpeg

4、5年前に作った小銭入れが擦り切れてきて。
何ヶ月も前からやり直そうとは思いながら。。
ごまかして使っていて。。。
それが今にもバラバラになりそうで。
もう限界かなと。やっと新しいのをこしらえた。

前のも夫の大島のハギレで作って。
手触りがすべすべして。軽さも抜群にいいのだが。
どうしても擦り切れやすい。
今回は結城か上布にしようかと。色々ハギレをひっくり返しては、
思案しながら。
やっぱり手触りの良さに惹かれて、大島を使って。
裏はリバティの花柄を貼ったら、明るい感じになった。

ここまで擦り切れないと新しいものが作れないとは
やっぱり「泥縄の性格やな。。」と自分でも呆れてはいる。


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-07-22 06:25 | 手仕事 | Comments(4)