煌めく光の中で


by fusk-en25

新しい粉で。。

f0221050_06250197.jpeg

パン用の新しい粉を買った。
中にすでにイーストも砂糖も塩も入っていて。水分と油分を補えばいいと書かれている。
普段はこんな風に出来上がった配合の粉を買うことはない。
でもメーカーはいつも使っている会社だし。
何しろ袋に書かれているRustique(田舎風の。。)に惹かれて。
写真の茶色っぽい肌目も気になって買ってみた。
田舎風とうたってあるだけに黍や、ひまわりの種など12%の雑穀が入っている
もちろん買ってすぐに焼いた。
水分は牛乳にして、卵も一つ入れて。オリーブオイルは書かれている倍量入れた。

もちろん機械で1次発酵まで済ませる。
粉の時には白っぽかった肌が、1次発酵ですでに茶色い。
粉の配合にモルトが入っているからだろう。
450gの粉の生地を6等分してまーるく丸めた。

バーンズより大きい目だから210度で18分焼く。
焼きあがったパンは風味も良くて。
普段の配合よりほんの少し塩気がある感じはするが、
かなり美味しいパンだった。
半分残っている粉を食パン型に入れて焼くとサンドイッチ用のパンにはぴったりな気がする。


f0221050_06264495.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-10-03 06:32 | ままごと | Comments(0)

誕生日に。。

f0221050_06574116.jpg

孫の10歳の誕生日。
本人の希望で夕飯はセルフサービス食べ放題の鉄板焼きを食べに行った。
なんとも愛想がないメニューだが。。
それ以外ならマクドナルドとでも言い出しそうで。。。
デザートは食べずに帰って。
これまた本人の希望の。。昨夜焼いておいたチョコレートケーキにろうそくを灯す。

10年前のこの日。
逆子だった孫は帝王切開で生まれた。
朝9時に分娩室に入って30分ほどで生まれる予定になっていて、
遅くとも12時ごろには連絡できると言う話だった。
それが。。12時になっても1時になっても電話がかからない。
どうしたのだろう?と私たち夫婦はもう気が気ではない。
3時過ぎに嫁のお母さんから電話がかかって。。
「何か連絡がありましたか?」と尋ねられた。
「いいえ。電話の前で待っているのですが。。」
「うちもです。」もう少し待とうと言うことになって。。
5時になっても6時になっても連絡がない。
もう夫は心配のあまり顔色が変わってきている。
7時に産院へ行ってみようと出かけようとした玄関口で電話が鳴った。
「やっと出てこれた。」分娩室に急患が次々に入ってきて
手術を伸ばされ、ずーっと夫婦共に分娩室に留め置かれたまま、連絡ができなかったと言う。
「無事に生まれたん?」「もちろん母子とも元気で。生まれるのには5分もかからなかった」
「あーよかった」とへなへなした気分を立て直し。
明日、見に行くわね。と返事して。。
あれから10年。無事に過ぎたことを今夜もみんなで祝った。

f0221050_06575329.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-10-02 07:00 | 追憶 | Comments(6)

猫は。。

f0221050_07213904.jpeg


f0221050_07295226.jpeg

f0221050_07363944.jpeg

猫が来て一月余りになる。
生き物がいる賑やかさのようなものはさほど感じない。
と言っても、居るから邪魔になると言うこともない。

観察の対象にはなる。
犬を飼っていても思ったが、猫もなんとまあよく寝る生き物だと思う。
犬の場合は「クイネル」とあだ名をつけたいぐらいに食べては寝そべっていた。
ロットワイラーのように針金を巻くのでもなく。
牧羊犬のように羊を束ねることも。
猟犬のように沼に浸かって獲物を追いかけるのでもないのだから、
「寝る以外に何をするのです?」と聞かれたら私の方が困るかもしれない。
この家には「ネズミ」もいないことだし。。

たまたま2匹同腹の姉弟?(兄妹?)だから。仲はいい。
餌を取り合うこともなく。ほとんどひっついて寝ている。寝室の椅子を定位置にして。
しかも常にお互いの体を飽きもせずに舐めまくって。

性格はいくらか違う。
雌の方が敏捷で小さな虫が飛んでいるとやたら反応して、時には壁を駆け上りそうなことも。。。
雄はそれを不思議そうに見ている。
昼間は別々の場所で寝ていることもある。
雌は、作業場の机の上のような頭上に物がないところに。
雄は、机の下やベットの下、体が隠れるところが好きなようで。
安全に対しての気持ちの持ち方が違うのだろうか?
餌を催促に来るのはだいたいが雌で。
雄はその後をおっとりとついてはくるが。雄の方が余計に食べる。

いくら夜遅くに餌を食べさせても。
朝起きて餌を催促する時間が6時ごろに決まっている。
体内に朝食のイメージが6時とすり込まれているのだろうか?
この一ヶ月。
朝焼けや白み始めた空をしょっちゅう見ることになった。
3枚とも日は違うが時間はほぼ同じで。朝6時から7時前の。。空。

f0221050_07315140.jpeg

f0221050_07320302.jpeg

f0221050_07321403.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-10-01 07:38 | 動物 | Comments(2)

秋日和を愛でて。。


f0221050_08551579.jpeg

f0221050_08554472.jpeg

f0221050_08561542.jpeg

秋日和。。
暖房が入った途端に気温も上がるとは。。
皮肉なものだが。気持ちのいい秋日和に。。
幾ら何でもこの青空に雨が降ることもないだろうと。
3時に予約を入れていた整体にも自転車で出かける。

自転車を止めた横の建物の中庭も燦々と陽を浴びて。。
幾らか黄ばんで来た葉っぱもいい感じだなあ。。
これで誰かが通ってくれたら言うことなし。。と見ていたら。
ちょうど学校帰りの時間。子供づれが入ってくれて。。
「うふふ」と嬉しがったり。。。

路上はカサコソ枯葉も舞だし。。秋の気配は濃厚になって来ても。
この晴れ間に陽を浴びないなんて。。とキャフェのテラス席では人々がくつろぐ。。
普通に見慣れたそんな景色も。
反対の建物から写り込みで眺めて見たら。。またそれなりの感じがするかしら?
私も一緒に入るしなあ。。と欲深く。。
青空も入れての映り込みを愛でました。

f0221050_08581127.jpg


f0221050_08594620.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-09-30 09:05 | 写真 | Comments(0)

レースを洗う。

f0221050_07464307.jpg

2日前から暖房が入って来た。勿論例年より何日も早い。。
しかし温いのは本当にありがたい。
しかし。。
私の体も寒さに順応していたらしく
こうなるとまたやたら暑い。でも暖房を閉めるとそれはまた寒い。。
勿論長袖のTシャツを半袖に変えた。
1昨日までなら、ベットに湯たんぽを入れても手先が冷たかったと言うのに。
なんと。。シーツのひんやりが。反対に気持ちがいい。。
人間の体とは?と可笑しくて仕方がなかった。。

日曜日に買ったレースを洗ってアイロンもかけた。
蚤の市やガレージセール。知人からもらった時も。
必ず洗ってアイロンをかけて。巻き直して収納する。
一番細いものは小さな引き出しに入れて。
他のレースは太さや量、好みで分けて箱に入れている。
虫干しということでもないが、レースの箱を出して、詰め直した。


f0221050_07470541.jpeg


f0221050_07471797.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-09-29 07:51 | 手仕事 | Comments(4)
f0221050_06533615.jpeg

昨夜遅くに「ハンバーガ・バーンズ」を焼いた。
孫日の水曜日。
昼食はチーズバーガを予定していた。
仕込んでいたら。息子から電話がかかる。
「僕も食べに行くわ」「ええっ?ハンバーガの予定やけど」
「ふーん。それでもええけど」と歯切れ悪く答える。。
ハンバーグをおかずに食べてもいいかと一応ご飯は炊いた。
案の定息子はご飯に漬物派で。
孫は勿論チーズバーガ。
ややこしい献立だったが。。
ま。それもいいか。。の昼食に。

ただし今回のバーンズ。
自分で言うのもなんだけど。素晴らしい出来具合で美味しかった。
ふんわりして、粉やオリーブオイルの香りもバッチリ。色も艶もいい。
何度かの試行錯誤の結果が。。。と私もハンバーガを食べて。。
孫は明日の朝食用にパンを持って帰った。

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-09-28 06:58 | ままごと | Comments(4)

夜の映り込みも。。

f0221050_07274257.jpg

f0221050_07275419.jpeg
f0221050_07374619.jpeg


運河に揺らめく光もいいが。。
夜のウインドウの映り込みもまた捨てたものではなかった。
周囲のものが闇に沈み。照明だけが際立つ。。しかも雨上がり。。
大気のしっとり感まで、ウインドウに重なる。。
「あら。鏡があるわよ。。」
とちょっとふざけて集合写真を写してみたり。。して。

夕飯はイスラム寺院(モスケ)のレストランでクスクスやタジンを食べ。。
イスラム教に則ってお酒がなくて。水で乾杯。。
「アペリチフぐらい頂きたかったわね。」とちょっと足りない?分を。
そぞろ歩きの後に入ったキャフェで補うことに。
注文を聞きに来られた途端に。。
全員が「ビール」を頼んだのは言うまでもない。
それも生の。。白やブロンドやら、茶っぽいのまで種類も様々に。
思い思いにグラスを傾け。。
グラスがからになるのがまた早かった。。。

f0221050_07282327.jpeg


f0221050_07283268.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-09-27 07:42 | 写真 | Comments(0)