煌めく光の中で


by fusk-en25
f0221050_08251161.jpeg

f0221050_08245986.jpeg

f0221050_08252655.jpeg

久しぶりに朝焼けを見た。
朝の気温はまだ10度そこそこだが、
快晴の予報は出ていた。
日曜日の早朝。。午前6時。
空が白み出し、太陽が上がる数分前から、空の下が薄ぼんやり赤くなり始めるが。
もちろん街はまだ眠っている。

ああ、朝やけが始まるのだわと見とれていると。
その赤色の幅がどんどん太くなってきて。。。
ハット横を見たら、なんと綺麗な三日月も出ていた。。
この時間に星も月も朝焼けも一緒に見られるなんて。。なんと嬉しいことか。。

お茶を沸かしに台所に移動したら。
壁もほんのり赤く染まっている。。
いいなあ。。こういう色合い。。と変なものにまで感心して。。

その内にどんどん太陽が姿を見せ始める。
まるでドラマを見ているような朝だった。。

f0221050_08253808.jpeg


f0221050_08262221.jpg

f0221050_08263406.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-24 08:35 | 空を眺める | Comments(6)

もの憂い午後に。。

f0221050_10540628.jpeg


もの憂いような土曜日の午後。
アイロンをかけたり、洗濯を干したりしながら。。
見るともなく外を眺めていた。
遮光線ってなんて綺麗なんだろう。柔らかな光も満ちて
あちこちの建物に所々光の反射も映っている。

ビルの谷間に生えているマロニエも咲き出した。
こんなせせこましいところになぜこんな大きな樹が植えられているのだろうかと。
知らない人が見たら不思議に思えるような場所だが。
実はこのマロニエ。
ビルが建てられる前から生えていたもので。
建物を設計するときに
このマロニエを残すために建物の配置も決められたのだという。
この場所だけでなく建築現場でよく見られる光景なのだが
工事中は樹を木の柵で囲って保存しているのを見かけることも多い。
道路を拡張するときにも既に生えている並木を必ず残す計画にしているのか
変な曲がり具合の道も時たま見かける。

パリ市は河川の沿岸や森の。。また電車の軌道に生えている下草や樹木を
できるだけ撤去しない条例も何年か前に作った。
人間より植物の方が育成に時間がかかるのを知っているからだろうか?


f0221050_10543581.jpeg

f0221050_10544706.jpeg

f0221050_10542123.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-23 11:08 | 思う | Comments(2)
f0221050_10071987.jpeg

f0221050_10070756.jpeg


f0221050_10065462.jpeg

今年も「虫」を買った。
アブラムシ退治のためのテントウムシの幼虫を50匹。
去年は大型園芸店では売り切れていてネットで注文したら。
郵便で着く時間がかかった所為かあまり調子が良くなくて。
どうやら脱皮せず、死に絶えた?のか、成虫をほとんど見なかった。
今年は早めに買うことにして園芸店に行ったら。
「有りますよ」とさっと冷蔵庫から出してくれて。
しかも去年は18ユーロもしたのに今年は11ユーロだった。
こんなものが安くなってるなんて。。色々な物が値上がりしている現在。
不思議な気もしたが。安いに越したことはない。
しかも効き目も本当にアブラムシを食べているのかどうか疑問だし。
幼虫を買うのもなんとなく酔狂な話だが、
殺虫剤を撒くよりいいか。。ぐらいの気分で。
ミントやパセリ。青々してきた葱の鉢にも何匹かづつくっつけた。



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-22 10:13 | 草や花と遊ぶ | Comments(0)

森を抜けて。。

f0221050_18440297.jpeg

先日の自転車距離30kmに味をしめて。
出張中の息子たちに頼まれての孫守りも。
木曜の昼に行って金曜の朝帰る日程。
荷物もあることだし「自転車にするわ」と出かけた。

通り抜けて行くヴァンセンヌの森はマロニエの花で真っ盛りだった。
時間に限りがあるから、ゆっくり止めもできずちょっと残念だったが。
翌朝でもいいか。。と走る。
距離は8km。このあいだより短い。
約45分の表示は出ているのだが、ゆっくり行って1時間で着いた。

帰りのマロニエや下草のたわわに咲く真っ白の花も満開で。
朝陽を浴びてキラキラ輝いて見えた。

f0221050_18442417.jpeg


f0221050_18470751.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-21 18:48 | 散策 | Comments(2)

朝の光が。。

f0221050_08311634.jpeg


朝の光が満ち満ちて。
部屋に入る光の角度もぐーんと伸びて来た。

水曜日の孫弁当。
ご飯を炊いて、おにぎりを握り。
向こうで揚げ焼きにするトンカツの下ごしらえを始める。

フランスの出来合いのパン粉はまずい。細かすぎて見た目も悪い。
流石に家でパン粉のためにパンを焼く気にはならなくて。
パン粉用にはビオの食パンを買っている。
フードプロセッサーでひき、保存が効くように、3日ぐらい乾かして瓶に詰める。
たまたま保存したパン粉が切れて
今日は作ったばかりの半ナマ?を使ったが。。。

おにぎりは籠に詰めて。。
向こうで調理した豚カツや付け合わせのじゃが芋も並べて。

f0221050_08322827.jpeg


f0221050_08345127.jpeg


f0221050_08350359.jpeg

4月23日の大統領選挙候補者たちの看板が
投票所になる学校の前に建てられいた。
さてどんな展開になるだろう?



f0221050_08360696.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-20 08:51 | ままごと | Comments(4)
f0221050_07132837.jpeg

ベランダのセイボリーに柔らかな新芽が出て来た。
完熟した小さめのトマト2つを刻んで。
ピリ辛のオイルでペペロンチーニ風に微塵に切った玉ねぎを炒め。
トマトをほんの2分か3分さっと煮てフレッシュな感じに仕上げたソースに。
とっておきのセイボリーの若芽を散らす。
フレッシュでなんとも爽やかなトマトのパスタになった。

爽やかついでに。今年初めて花をつけ、花山椒かと思っていたら。
いつのまにか小さな実も結んでいる山椒の木。
まだまだ木自体も小さくて。。それにしては実も多すぎる
木が弱るかもしれないと。心配でいくらか間引いた。
さて貴重な?実をどうして使おう。
まずさっと茹でて乾かして。
ちょうどアジア人街で買っていた「銀魚」を炊き、
白いご飯に炊き上がった雑魚を混ぜて。ちぎった山椒の実を枝ごと刻んで散らしたら。
なんとも爽やかな香気が、広がって、嬉しいご飯になりました。

f0221050_07134487.jpeg

f0221050_07220815.jpeg


f0221050_07140882.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-19 07:23 | ままごと | Comments(8)
f0221050_07140626.jpeg


何年か前にギメの東洋美術館が改修されて、
常設展の展示の仕方や採光の取り入れも変わったと言う。
松坂屋コレクション・キモノを見終わって
「ついでやから。ちょっと見ていこか」
「改修されてからは初めてやもんな」
アジア以外では最大の東洋美術を持っていることもあり
アフガニスタンから日本に至る5000年の歴史も網羅されているらしい館内。
全部きちんと見るには展示物がたくさんあり過ぎて。。酔いそうになる。
陶器を中心にザーッと見ることにした。
どうして古いものはこんなに色といい形といい、まったりしているのだろう。
このどれもみんなフランス人好みなのか?
同じ東洋美術でも集める人によってまた違う趣にもなるのだろうなどと思いながら。。

いいフォルムの壺だなと眺めていたら。後ろに自分の影が映る。
「またやってる」と自分でも可笑しがりながら。映り込みを写していた。
「おかんなあ。物を写す時はもっとひっついて写さな、映り込むがな。。」と息子が横から言う。。
その「映り込み」を写してるのやんか。。とは言わずに。
「ふんふん」とは聞いてはいたが。
単に展示された物の写真が欲しいならカタログやカードを買えば済む、わざわざ写すこともない。
こんな光景の方が楽しい。。んですがね。

f0221050_07134332.jpeg

f0221050_07153423.jpeg

f0221050_07162080.jpeg

f0221050_07173406.jpeg


f0221050_07170128.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-04-18 07:32 | 散策 | Comments(4)