煌めく光の中で


by fusk-en25

粉に悩む。。

f0221050_07231870.jpg

ずーっと使っていた。
パンを焼く粉が、スーパの棚からなくなって久しい。
割と大手のメーカの粉だから。
在庫管理?の不備で入荷されないのかと思っていた。
無くなって一月目にちょっと離れた大きなスーパに探しに行った。
そこにもない。
ほとんどのパンを焼く粉がすでにイーストや塩が入って、
水だけ加えればいいキット化されている。
試しにマルチセレアルのキットを買って使ってみた。
こういうキットは何がいくら入っているかわからないところが困る。
他の粉や調味料を足すわけにはいかない。
試しに30%はスペルト小麦を足したが
キットの場合は持ち上がりをよくするためにくおそらくイーストの量が多い。
だからイーストは増やさなかった。
まあパンにはなった、しかし味が悪い。塩味もきついしイースト臭も残る。

何日か前に
ビオの店で全粒粉を買って、スペルト小麦を30%混ぜて焼いてみた。
今度はイーストが足りなかったのか持ち上がりが極端に悪い。
味はさほど悪くない。でもこれでふわふわのバーンズは焼けない。

どちらのパンも持ち上がりが悪かったが。
焼きあがったパンを薄く切って140度か150度のオーブンで20分ぐらい焼いて
ラスク化すると。
不思議にこれがまたふわふわパンの残りをラスクにするより美味しい。

美味しいパンを焼くのがいいか。
ラスクにすると美味しくなる方がいいか?
変な悩みを抱えている。。


f0221050_07240736.jpg

f0221050_07241812.jpeg


f0221050_07243071.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-20 07:28 | ままごと | Comments(0)

晴れる。

f0221050_07213046.jpeg

f0221050_07211364.jpeg

f0221050_07221105.jpeg

f0221050_07215517.jpeg

快晴の日曜日。気温も12度。
ルンルン。。ランラン。。ふわふわ。。ウキウキもして。。
陽だまりでの手作業にはいい日和でも。。
座るのなら曇り日でもいいか?。。と近所を歩くことにして。

陽だまりに「オオイヌノフグリ」が咲き始め。。
相性が悪いのか何度植えても消えてしまう「クリスマスローズ」が。。
ここではバッチリ咲いていると悔しがり。
影法師にヒナギクをまとわりつかせて。。遊んでいました。

目当てにしていた水仙だけは。まだほんの咲き初め。。
一輪か2輪開きかけたところです。
しゃがみこんで写していたら。。横を通るおじさんに。またもや声をかけられて。
「いい色合いだな。ええっとラッパスイセンと言ったっけ。緑との対比がいいよね。」
「空も抜けるほど青いし。。いい日和だねえ。写真を写すのにもいい日だ。」
としきりに一人で納得されて。。
「そうですね。本当に暖かくていい日和だわ。」としか言えない。。他に何を言うの?
「じゃあ。。いい午後をね」「あなたも。。」と手を振って別れて。。


f0221050_07223028.jpeg


f0221050_07224815.jpeg


f0221050_07230729.jpeg

ぶらぶら歩いてモミジバフウのぶら下がった実を写し。。
落ちている実を拾って見たら。なんとも可愛げのある形。。
拾うことにしました。
あいにく袋を持ってない。ハンカチの四方を結んで拾っていたら。
また声がかかる。。
「マダム。その実をどうなさるのですか?小鳥の餌にでも?」
ええっ小鳥の餌になるぐらいなら、こんなにたくさん残っている筈がない。。
とっくになくなっているわよ。。なんて言うわけにもいかず。
「これでオブジェを作るのです。顔をヘーゼルナッツか何かで作り帽子を着せて」
「ははぁ。。デコレーションになさるのですな?」「はい。」
「それにしてもこの樹木、なんて名前なんでしょうね。ここに植えられるまで見たことがなかった」
モミジバフウのフランス名は知らない。「楓じゃありませんか?」と言うと。
「いやいや違います。楓なら枝の出方が違う」と説明もされて。
「帰って図鑑で調べてみよう」とまた良き午後をと挨拶しあって別れたが。。

春に近づいたからか?
気持ちよく晴れたからか?。。写真を写しているとやたら声がかかる。。
それも皆。。とても嬉しそうなそぶりで。。

持って帰ったモミジバフウの実はきれいに洗いました。
クリスマス飾りに使えるかな?。。まだ2月 なんとも気の長い話です。。

f0221050_07232299.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-19 07:38 | 季節感 | Comments(2)

残り物?余り物?

f0221050_08202672.jpg

残り物?というか。余り物というか。。
胡桃の人形に使う「殻」が欲しくて殻つきの胡桃を探している。
なかなか思ったような大きさや形がなくて。
ビオの店やスーパーのコーナで見つけると余分目には買う。
殻が壊れないように丁寧に割って、
中身も出して。殻はブラシで洗って乾かし。。

その中身の。。余り物。。
サラダに入れたり、胡桃をそのままつまんで食べたりもするが。。
友達が焼いて簡単で美味しそうだった「ザクザクサブレー」を焼こうと思ってもいた。
勿論レシピは「agua na boca.」をそのまま使う。
コーンミールにバター。卵は1個にして。
胡桃を140度で軽くから焼きして、ザクザク刻み。。
ラム酒の代わりにレーズンもオレンジピールもウイスキーにつけた。
クランベリーはなかったからパスして。
室温に戻したバターにきび砂糖すり混ぜ、卵や粉を入れ混ぜて。
胡桃やレーズンも入れて冷蔵庫で2時間寝かし、
天パンに伸ばして、
友達のレシピはそのまま焼いて後で割って食べるものだったが。
私は割りやすいように予め、ナイフで線も引いた。

180度のオーブンで15分間焼いて。綺麗な焼き目がついた頃を見計らって。
オーブンから出して冷ます。
ザクザク感は思ったほどなかったが、サクサクして甘さ控えめの。
さらッとしたサブレが焼けた。

軽いサブレだから。。。ちょっとつまんで。。
どうしてもついつい食べ過ぎる。。
それにはちょっと困る気がする。。ダイエットにならない?

f0221050_08204948.jpeg


f0221050_08210536.jpeg


f0221050_08211953.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-18 08:28 | ままごと | Comments(4)
f0221050_09522825.jpeg


f0221050_09524906.jpeg

快晴、しかも気温は12度。
午後に整体(OSTEOPATHE)の予約を入れていた。
片道約5、5km。きつい登り坂を少し迂回しても6km弱の道のり。
30分以内に着く距離でもある。
冬の間は凍えるのが嫌であまり自転車にも乗らないのだが。。
快晴の午後。
逡巡しながらも、しっかり着込んで自転車で行った。
充分に時間はとって出かけて。。
途中の花も眺めていく。。
河津桜かな?樹の肌あいを見ればまさしく桜なのだが。
近年は接ぎ木を植える傾向が多くて。正確な名前はわからない。
河津桜ということにしておこう。
樹形が悪いなんてぼやかない。咲いているだけで嬉しい。

途中パリで最も大きいと言われるアジア人街を抜けていく。
春節の今日。
華やかな幟が立てられ、アジア系の店先では桃や連翹の室咲も並べられている。
この週末は賑やかな祭りの催しもされるのだろう。。

何日か前に行った大型のスーパでも春節の売り出しをやっていて。
置いてあったパンフレット「全てのアジアの味?」が面白かったので持ち帰り
じっくり眺めてみた。
旧暦を祝う国の中に、なんと日本も入っていて。。
もう100年以上も前から日本は新暦で新年を祝う国なのに。。とは思ったが。
こちらの人から見れば日本も単にアジアの一部には違いないのだろう。

日本頁には寿司海苔や寿司米、ごま油や醤油、蕎麦が載っている。。
ただしマルコメのインスタント味噌汁と皮肉なことにWOK料理に使う酢豚ソースだけが日本製。
酢豚は日本料理とは言いませんなんて言わない。
スーパの日本コーナーでもAJINOMOTOが出していた商品は唐揚げだった。。
醤油やごま油はタイ製、寿司海苔は韓国製。寿司米はイタリア製。餅菓子は台湾製。。。
日清のインスタントラーメン「出前一丁」がハンガリーで作られる時代だから。。驚きもしないが
それに付け加え、もっと可笑しかったのは、最後のページの酒。
しっかりとサンテミリオンのワインを載せますか?ねえ。


f0221050_09541951.jpeg

f0221050_09543501.jpeg

f0221050_09545044.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-17 10:01 | 季節感 | Comments(2)

これから。。10年。。

f0221050_07542615.jpg

f0221050_07544983.jpeg

あっ梅が咲いている。。
凱旋門のあるメトロの駅を上がったところの。
金網越しの庭に。真っ白な梅が見事な枝ぶりで咲いていた。
メトロに乗っている間は雨も降っていて。。枝に雫もたまっている。
雨上がりの梅。。風情あるねえ。
「金網越しやもんなあ、ちゃんと写れへん。」
「ぼやいてもしゃないで。。」と一緒にいた息子が笑う。

日本大使館にパスポートの更新に行くところだった。
今回の更新で8冊目。1998年までは5年毎の更新だったし。
一番初めの1973年には
まだ渡航に際して予防接種の国際証明書(いわゆるイエローカード)がついていた。
一昨日も息子たちと歴代のパスポートを出して見て。。
赤ん坊の写真からあるもんなあ。。と懐かしそうに眺める。

更新手続きが済んで。
近くのキャフェに入って珈琲を飲みながら。
「この次の時はよろよろのばあさんになっているか。。
それとももう要らなくなっているかやね。。」と言うと。
「それはこれからのあんたの心がけ次第。。暮らし方にかかっている」などと
嫌がらせみたいなことを言っては、ニヤニヤ笑う。。

悔しがっても。。仕方がない。。
このあとの10年も。。できるだけ元気でいたいものだ。


f0221050_07564624.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-16 08:02 | 思う | Comments(4)

楽しんだ?

f0221050_07445109.jpeg

ダイレクトメールが少なくなるに反して。。
時折。。広告宣伝勧誘の電話がかかる。

暖房用の電気パネルを設置しませんか?だの。。
窓を2重ガラスに変える見積もりを無料でやります。
冷凍食品の宅配やら。
ガスや電気のエネルギーの会社を変えませんか?などなど。
時折くじが当たったからプレゼントしますやらも。
だいたい聞き流してすぐに電話を切ってしまうのだが。。
今日のは面白かった。
サンテミリオンのワイン屋らしいおじさん。
「私はアルコールを飲まないから。。ワインはいらないわ」(実は飲みます。)
「そうですか?でもそう言わずにご近所や家族のパーティ用に。それともプレゼントにいかがですか?」
「そうねえ。でも私91歳なのよ。今更ワインを買ってもねえ」と答えると。
おじさんはやたら恐縮してしまい。。
「あなたの立場はよくわかります。そうですねえ。ワインなんか要りませんね。失礼しました。
では良い午後をお過ごしください」と丁寧に電話が切られた。。
電話口で、リストを見ながら。
この人は91歳だったなんてマークしているのかもしれない。
それとも同僚に「またダメだった」と話しているのかな?
。。なんて想像してにやにやしてしまった。

それにしても私。とっさに20歳もサバ読んだの?。
嘘つきは泥棒の始まりとは言うけれど。
こんな「嘘」は嘘も方便かな?

久しぶりにカレーを炊いた。
近頃は「○○カレー」などの市販品のカレールウは使わなくなって。
インド系の食料品店で買った何種類かのカレー粉をブレンドして、
とろみの少ないシチュウ風のものを炊く。
来ていた息子にバターを焦がしてルウを作ろうか?と聞くと。。そのまの方がいいと言う。
人参やズッキーニ、赤と緑のピーマンもたっぷり入れてあっさり目に煮たビーフカレーに。
ジャガイモは別に蒸して付け合わせた。


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-15 07:58 | ままごと | Comments(2)
f0221050_08484046.jpeg



もしも同じ場所に居合わせて。。
あの人ならこの光景をどんな風に写されるだろうと。。思うことがある。

いつも訪ねるブログの方は。
「目で見ているそのとおりに撮れたらいいなぁと思っています。」
と言われる。
これがまた難しい。
特にお日様やお月様。あの輝きをどうしたら目で見たように再現できるのだろう。。
野に咲く花も。光の加減が合う時も合わない時も。
どちらかといえば悔しい気持ちになることの方が多い。

「せめて自分のいけた花を美しく写したい」
それが写真を写し出した一番の願いだったのに
今だにいけた花は。。特に満足することが少ない。
夫が死ぬ前に彼にその思いを言ったことがある。
「いけた者の気持ちが写真にのるから写るようになるよ」と笑ってはいたが。
「どこから見てもいけた花そのままの方が写真よりずーっと格好いいよ。。」
「思いが写真に全然のらへんやないの。」と抗議したいぐらいだ。

自分自身にぶつくさ文句は言いながら。
それでも諦めないのは。。
時たま。ほんの時たま。。ああ写ったと思える瞬間が見つかることもあって。
それに加え、思っても見なかった。
目で確認もしなかったものが知らずに写っていて。。
その光の楽しさというか。。不思議さに。。
思いがけずだっただけに「得したなあ」と感じる時がある。
その時の気持ちはまた捨てがたい。。

ごちゃごちゃ色々なことを言ってはいるが。。
実際には、日常の暮らしの中で。。
光に触れて。影も含めて。なんでもないものが。。
様々に写る様子が。。やっぱり好きなんだろうと思う。
願わくば。。。もうちょっといいなあと思える瞬間に度々出会いたい。

午前7時。
細い細いお月様が朝焼けの空に残っていました。


f0221050_08142407.jpg

f0221050_08144181.jpeg

f0221050_08152151.jpeg

f0221050_08150562.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2018-02-14 09:05 | 写真 | Comments(6)