煌めく光の中で


by fusk-en25

<   2017年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ちょっとしたこと。。

f0221050_06263166.jpeg

あっという間に「夏日」でなくなった。
いつまでも夏のままではまた困るのだが。
今夏は冷夏気味だったから、ちょっと寂しい気はする。

バケットの残りと先日焼いたパンの残りもクルトンにした。
スープに入れるだけでなく、サラダにもつまみにも使いたくて。
大き目のさいの目に切って、フライパンにたっぷりのオリーブオイルを入れて気長に焼いた。
出来合いを見るためにつまんで見たが。
カリカリして。オリーブの香りがついつい食べ過ぎてしまいそうに美味しい。

ついでにミュズーリも作った。
押し麦にアーモンドやヘーゼルナッツやカシューナッツを刻んで。
ひまわりの種も一緒にいれる。
これにもオリーブオイルと蜂蜜を垂らして万遍に混ぜて。
予熱はかけずにだんだん温度が上がるように目盛りを140度に合わせたオーブンで20分焼く。
途中で何回か焼き色が均等につくように上下を何度か返す。
焼きあがった温かい間に干し葡萄を入れてまた混ぜる。
たったこれだけのことながら。市販のミュズーリにない。
グラノーラの感じのするパリパリしたミュズーリができる。
たっぷり朝食に食べたり、ちょっと小腹の空いた時につまんだりもしている。

明日からもう気温は秋に移動して、20度前後になるらしい。
「秋立ちぬ」の風情になるのだろうなあと
またこれもちょっと寂しいような。。爽やかな季節への移動が楽しみになるような。。
そんな気分の9月が始まる。

f0221050_06264508.jpeg

f0221050_06270404.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-31 06:32 | ままごと | Comments(0)

残照。。

f0221050_07484145.jpeg

f0221050_07483030.jpeg

f0221050_07481274.jpeg


「まだ8月」と空?が思ったのか。。
ここ数日「夏日」が続いている。
日中の気温は33度。日向はもっと暑いだろう。
気温の割には陽光も、幾分柔らかくなっていて その分室内はさほど暑くはない。

午後9時。
日没もどんどん早くなって来ていると言うのに。
この日は。。
夕焼けとか日没と言うより「残照」の雰囲気の。。
空一面に薔薇色のとばりが降りる。
菫色から淡い桃色までの層なす美しさに相まって。
街全体が薔薇色に染まっている。

そろそろ月の入りの時間かと。。
菫色の空にふんわりと浮かんでいる三日月も美しい。

あまりにもそれぞれのその綺麗さに息を呑むような。。。光景だった。

f0221050_07485423.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-30 07:55 | 空を眺める | Comments(4)

拾う。

f0221050_08214322.jpeg

自転車道路の脇道にたくさんの木の実が落ちていた。
並木の続く道中ずーっとどっさり散らばっていて。
前日も通りすがりになんの実だろう?と思っていた。
この日は道の中程で実を拾っている人がいて。。
集めているぐらいなら食べ物かな?と私も自転車を止めて見た。
コロコロとマールイ大きな「いが?」の中程から小さな団栗のようなものが覗いている。
あたりを見回すと。その「いが」から飛び出した実も落ちていて
よく見ると榛(ヘーゼルナッツ)だった。
まさか食べようとは思わないが。こんないがごと見ることも珍しいので
幾らか拾って持って帰った。
茶色のはスカスカの気がして、ずっしりした緑の方を。
周囲に散らばっていたヘーゼルナッツも少し拾って、
試しに一つ割って食べて見た。とても食べれたものではないが。
これでクリスマス飾りを作ったらいいかな?などと思いをはせる。

フランスの並木や森には小動物や小鳥を育てるために
樫や櫟、松や桜など実のなる樹を多く植樹されていると言う。
この並木もその一環からか。
そう言えば、ここにもたくさんの鳥が集まって?実を啄んでいた。

並木の横の小さな広場にペタンクをする人たちが集い。
日曜日の昼下がりの。。気持ちのいい長閑さでした。

f0221050_08213056.jpeg


f0221050_08303010.jpeg







[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-29 08:31 | 季節感 | Comments(2)

差し入れ。

f0221050_05300340.jpeg

ヴァカンスの。。と言うか。
夏恒例?の部屋の改造工事を息子がやっていて
差し入れに行った。
ヴァカンス中でもあり。さらに土曜、日曜ともなると車の渋滞もなく。
自転車道路も空いていて走りやすい。

事務所の棚を作る予定というから。
事務所までの道を検索してみると。メトロなら45分。自転車なら25分と出ている。
こんな風に書かれると。。
やっぱり自転車がいいよなあ。。
ちょうどここ10日あまり所用で自転車に乗ることもなくて。

かなりの方向音痴の私。
しかも行き帰りを同じ道を通るのは嫌だと。
つい違った道を選んでしまう癖もある。
しっかりと地図を眺め。眺めても方角を間違うことはしょっちゅうだが。
今回は初めて自転車で行った道なのに。
バッチリ間違わずについて。しかも最短コースの裏道を選んで行った。
息子にこの道を通って来たと威張って説明したら。
「なんでも練習するとできるもんや」と笑う。

持って行ったのは、かやくご飯と肉団子に卵焼きや絹さやのおかか和え。
翌日はナスやズッキーニ、ピーマンなどの野菜がメインのパエリヤにした。
どちらも美味しかったと夜遅くに電話がかかった。


f0221050_05302203.jpeg

f0221050_05303859.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-28 05:34 | ままごと | Comments(6)

霧の中で。。

f0221050_07221775.jpeg

f0221050_07222774.jpeg

f0221050_07223869.jpeg

f0221050_07220233.jpeg

午前9時。
外は真っ白な霧に包まれている。
しかも今日の霧は分厚い。
天気予報は晴れの筈?確か気温も夏日の30度と出ていた。。。のに。

雲海に佇むように濃厚な霧が朝からずーっと居座って。
市庁舎も前のビルも階下の庭も。分厚い真っ白な霧の中にすっぽり埋没している

見慣れた風景が一変する。
周りに何もなくなるとなんとも幽玄な。。幻想的とまで言えるような。。
白い幕を通して見る静かな静かな景色に
あたかも繭の中にすっぽり包まれたようなふわふわした感じもありながら。。
私だけがぽっかりとり残されたような。。
不可思議な感じすらしてくる。

霧の後は「晴れる」と言う。
午後になってやっと分厚い霧もなくなり
予想通りの夏日になった。



[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-27 07:31 | 空を眺める | Comments(2)
f0221050_07315082.jpeg

「名残の夏」を愛しんでいるのに。。
朝から、雷が鳴り出し。篠突く雨と言いたいような土砂降りの雨が降った。
降ったかと思うと20分も経つと晴れて。。
これで上がるかな?と思う間もなく半時間後にはまた降り出して。。を繰り返し。。
気が狂ったような空模様の1日だった。

雨上がりの並木道。
もう秋の風情が漂う。
紅葉とは言えないまでもしっとりとカバ色の葉が落ち着いた色合いを醸す。
マロニエの実もどんどん大きくなってきて。
殻が割れ出し、栗に似た実が頭上に落ちるのも時間の問題だろう。

街は最終のヴァカンス時期でまだ閑散とはしている。


f0221050_07320486.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-26 07:39 | 季節感 | Comments(0)

試行錯誤?

f0221050_06572501.jpeg

f0221050_06571216.jpeg

「試行錯誤」と言うほど大げさなことではないが
買ったばかりのホームベーカリを何度か試している。
1度目は生地だけをこねるプログラムを使ったが
機械に対しての粉の量が少なすぎて。うまくこねられなかった。
なんとか手捏ねで直して焼いて、少し持ち上がりは悪いが味はよかった。

2度目にプログラム「早焼き」を使って、途中で出して
整形するつもりが、ちょっとタイミングがずれて。
焼き始めてしまい。慌てて出そうとしたものだから変な形になった。
仕方なくまたそのまま入れて焼き終わったら。
なんとも外側だけが「山食パン」に焼けて、中身はぼそぼそしたものができた。
パンとしては不出来でもラスクに焼き直したら、まあ食べられる。

3度目の今回。
生地だけをこねるプログラムを使い、しっかり機械の様子を見ながら発酵させた。
マルチセレアル(雑穀粉)300gにスペルト小麦を150g、牛乳250cc、オリーブオイル大匙7杯。
塩小さじ1杯。砂糖小さじ2杯。ドライイースト小さじ1杯強。ひまわりの種大匙2杯。
1時発酵の後、成形して2時発酵はオーブンで。
210度で13分焼く。
スペルト小麦を入れてフワフワ感はないが。
見た目?田舎風のしっとりしたパンが焼けた。

機械を使いこなせている段階にはまだ程遠く。
ハンバーガバーンズを常時焼くのにはもう少し試行錯誤が必要かな?
と思っている。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-25 07:11 | ままごと | Comments(0)
f0221050_07500570.jpeg

f0221050_07501895.jpeg



f0221050_07493739.jpeg

昨日。今日。
「夏の名残」を思わせるような快晴の空が広がる。
2日続きで輝くような朝焼けも。。
カーテン越しの朝陽の明るさも快い。

夏の名残を。。愛しんで、麦茶を入れて。
水もまたキンキンに冷やす。。
幾らか柔らかくなったとは言え、
まだ「夏の名残」は充分に感じられる煌めきの美しさに。。
コップの透明感さえ爽やかな気がする。

そんな思いの人たちも多いのだろう。
外に張り出したキャフェに集う人たちのざわめきにも
夏を慈しんで。。「まだヴァカンスだものねえ」という声が聞こえる。
マルシェもブティックも半分かた休みのところが多い。
それがまた季節の長閑さを増しても見える。。

あと数日。。あるか無しかの夏の名残を。。私も愛でていたい。


f0221050_07495028.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-24 07:56 | 季節感 | Comments(6)

とある日の献立。。

f0221050_06495006.jpeg

友が来て、朝食を二人で囲む。
なんでもない、いつもと同じメニューでも。
二人分が並ぶと賑やかに始まる。

とある日の朝食。
旬のイチジクにドラゴンフルーツとバナナを一皿に盛り。
フローズンバナナにちょっぴり生クリームをかけてミントの葉をあしらう。
プレーンヨーグルトにたっぷりのお茶。パンはオリーブオイルで焼いてみた。

お昼は何を食べる?
パスタがいい?
フレッシュぽいトマトソースを炊いて。茹でた麺にバジルを絡ませ。
それだけではなんだから
麺の半分はベーコンと乾燥トマト、ホウレン草の入ったペペロンチーニにしてみた。
食べごろに育って来たルッコラにレタスのグリーンサラダも添えて。
デザートは果物を洗っただけ。
簡素な食卓も二人で食べると楽しい時間が流れる。

f0221050_06500058.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-23 06:54 | ままごと | Comments(0)

夏の名残。。のような。

f0221050_08214283.jpeg

気持ちよく晴れた日曜日。
数日前から滞在している友とセーヌ河畔のベルシー公園に。
久しぶりに自転車に乗らずにバスで出かけた。
日差しももういくらか柔らかな秋の風情を醸し。
夏の名残を楽しむ人たちで賑わう。
木陰でピクニックをしながら。。
ただなんとなく寝そべって。本を読んだり。陽を浴びたりと
思い思いの形でくつろぐ人々。
「いいわね、みんながそれぞれ、ゆったりとくつろいで」と友も
なーにもあてもなく園内を歩きながらつぶやいていた。

5月の頃に生まれた鴨も、水鳥もすっかり大きくなって。
池を悠々と泳いでもいる。
さすがにヴァカンス真っ最中のこの時期の晴れた日曜日。
燦々と光を浴びて集う人たちが本当に微笑ましく思われる。


f0221050_08220386.jpeg

f0221050_08221746.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-22 08:25 | 散策 | Comments(0)