「ほっ」と。キャンペーン

煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:ままごと( 158 )

f0221050_07275281.jpeg

ここ数日、穏やかな暖かな日が続いている。
夕焼けもほんのりと冬に比べると赤みを増して。
日没の場所も移動して来た。
春の空とまでは言えないまでも。すぐそばに春のときめきがきているような。
ちょっと心楽しい気分の毎日。。

たっぷりしたサラダが食べたくなって。季節もののアンティーブに胡瓜を和えた、
そば粉を挽いたクレープも焼いて、
中身はツナ缶とエメンタルチーズにみじん切りの玉ねぎ。
付け合わせに人参を千切りにしてひまわりの種をオリーブオイルで炒める。
どれもさっぱりして美味しかった。


f0221050_07283666.jpeg

f0221050_07285134.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-20 07:30 | ままごと | Comments(8)

ブランチを。。

f0221050_07575493.jpeg

今朝になってほんの少し気温は上がりだしたが。
夜半は1度だった、まーるい月も出ていて。しらじらと凍りつくような空に輝く。

夕べもかなり遅くまで起きていて。
いい加減、普通の時間帯に暮らそうと思いながらも
夜中の心地良さに惹かれてついつい寝るのが遅くなる。
案の定起きたのは午前もかなり遅くなってからで、今朝はブランチにした。

ヨーグルトをまず食べてから。
久しぶりに焼いたパンを薄く切って軽く焼き、山羊のチーズと食べ。
ふんわりとオムレツも焼いて、
中に入れたくなかったからベーコンは別に炒め。コールスローと付け合せて。
たっぷりの生姜入り紅茶に蜂蜜を入れたミルクティを飲む。

煮魚を炊くときに残した生姜の皮を細かく切って干し。
安物のダージャリンに混ぜて、ポットで丁寧に入れた紅茶は
生姜の香りも引き立って美味しかった。


f0221050_08004168.jpeg

f0221050_08001895.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-13 08:05 | ままごと | Comments(4)

茶を焙じる。

f0221050_08323760.jpeg

茶を焙じようと茶箱の中を見たら
春の緑番茶というのが出て来た。
番茶ならこのまま飲んでもいいかと封を切ったら。
ほうじ茶というより完全な番茶の感じで賞味期限も3ヶ月もすぎている。
やっぱりいつものようにこれも焙じることにして、
半分だけフライパンで焙じた。
以前は石綿の小さな焙烙で茶を焙じこともあったし。
面倒な時はオーブンで100g全部を焼いてしまうこともある。
残り物の玉露を使うことが多いので
元の茶葉の美味しさが焙じても出て来て市販の焙じ茶よりはるかに美味しい。

ゆっくりフライパンで50gぐらいを焙じて。飲んで見た。
春の緑と名前についているだけあって、玉露ほどの美味しさはないが
青い草の感じがして野趣に富んでいる。
「栴檀は双葉より芳しい」のたとえ通り。そのものの持つ味が出てくるのだなあと
変なことに感心してしまった。

f0221050_08351542.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-10 08:37 | ままごと | Comments(6)

燻製。

f0221050_07552166.jpeg

ノルウェー産の冷凍の鯖を燻製焼きにした。
この四角い箱の燻製機を初めて見たのは
スウェーデン人の友達の家で。
昼食に呼んでくれて主菜にサーモンの燻製焼きが出た。
ふっくらした鮭の身にうっすら燻べられた木の香りがのってそれは美味しかった。
またその次に行った時。豚肉のチョップが燻製焼きされて、またなんとも言えない味だった。
あの箱が欲しい。「どこに売ってるの?」と尋ねた。
「ストックフォルムで買った。フランスでは見たことがない」と言われると。ますます欲しくなる。
その頃はまだネットで物が買える時代ではなく諦めていたら、
夏にスウェーデンに里帰りした友達が。「はい、お土産」とニヤニヤ笑って 箱を持って来てくれた。
大げさに言えば天にも昇る気持ち。。嬉しかった。
早速色々なものを焼いた。
まず鮭。そして豚肉。一番美味しかったのは鯖で、友達に食べさせたら。
鯖でも使えるのか、やったことがなかったと喜ばれた。
この燻製機。ピクニックの飯盒炊飯にも使えるように、下に焜炉の台のようなものがついている。
まだそれは試みたことはないが、野外で魚を焼くのもいいかなあと思ったりもしている。

付け合せにはアンディーブとズッキーニを炒めた。

f0221050_07554087.jpeg

f0221050_07560879.jpeg

f0221050_07562104.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-09 08:03 | ままごと | Comments(4)

BIOを。。

f0221050_09393575.jpeg

何が何でも「BIO」がいいと思っているわけではない。
でも時々はビオの店やスーパのビオコーナを覗く。
土曜日や日曜日にビオのマルシェも随分前から開かれているだけでなく
近年はチェーン店も多くできたし。
特にスーパのビオコーナの充実ぶりは顕著だと思う。
食べ物に不安があるから?というだけではなく
ビオの製品がはるかに普通の製品より美味しくなって
しかも野菜類でも長持ちするとなると。
ほんの少し割高ぐらいなら誰でもビオ製品の方を買うだろう。

今日も冷凍食品のチェーン店Picardに行って、三枚におろしたノルウェー産の鯖を買って。
ショーケースを何気なく見ていたら。
ギャレットにビオマークが入ってるのが目についた。
どんな味だろうと好奇心丸出して買ってきて。
前菜に焼いて見た。
キノアが36%マシュルーム23%エメンタルシーズや蕎麦の実。細ネギが入っているらしい。
30分ぐらい解凍してから。
フライパンにオリーブオイルをひいて書いてある通りに5分間弱火で焼いた。
サクッ、モチっとして塩味も軽く 美味しいギャレットだった。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-08 09:43 | ままごと | Comments(4)

鰯と豆と。。。

f0221050_09482344.jpeg

マルシェに行って。鰯を買った。
魚屋は4軒出ていて。どの店にも鰯はあったが。
ぐるりと一回りして一軒の魚屋で。
炊くのにはぴったりの綺麗に光っていた小ぶりの鰯をまず500g購い。
もう少し大き目はないのと魚屋に尋ねたら。
朝早くに全部売れた、と残念そうな顔をされる。
私が行ったのは昼前だから。。。仕方がない。
節分に合わせて焼くつもりで。他の魚屋で大き目の鰯も700g買い、
横を見たら、
イタリア風の前菜・小魚の唐揚げにぴったりな魚が並んでいて。
この小魚も明日、食べるつもりで300g一緒に買った。
持って帰ってすぐに魚は塩水で洗って処理をして。
久しぶりにピカピカした鰯を一人で食べるのも侘しい。
「夕飯に一緒に鰯を食べませんか?」と友を誘い。
昨日から浸けて用意した大豆に椎茸やニンジンを入れて五目豆も炊き。
小イワシは生姜を入れて辛煮を作り。
大き目の鰯は自家製もやしや千切り野菜と一緒にオリーブオイルで焼きました。
たったこれだけでも大豆や鰯で「節分気分」の膳にはなったかと楽しみ。
玄関口に鰯の頭は吊るしませんが。。。

今度誰か来たら。と思っていた。名付けての「菜単」
「暇やなあ。。私。」と苦笑しながら。。も作って遊んでました。。。

冷盤・五彩黄豆。紅焼小魚。麻油菠菜。
主菜・銀芽炒三絲。椒塩小魚。白飯。小菜。
点心・柑橘。香草茶。


f0221050_09484697.jpeg

f0221050_09490321.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-04 10:10 | ままごと | Comments(4)
f0221050_08264562.jpeg

気温は14度。風もなく暖かくて朝から薄日もさして、まずまずの日和だった。

水曜日は学校が午前中で終わる、
毎週水曜日は孫を迎えに行って、昼ごはんを食べさせる。
たまたま午後にオステオパシィ(整体)に孫の予約を入れたら
1時15分しか空きがなく、
12時に学校が引けて、連れていくのにわずかな時間しかない。
どこかのキャフェで食べることも考えたが。
昼食時の混雑を思うと心もとなく。すぐに食べられるものを作ることにして。
夜更かしの私は朝早く起きるのはきつい。
思案の末に昨夜、孫の好物の手まり寿司を作った。
傷まないものをと卵とスモークサーモン。海老と胡瓜。
作る時間もできるだけ遅い目にと考えて夕飯の後にご飯を炊き
これではまるっきり夜なべ仕事ではないか。と苦笑しながら。
お寿司の名前も「夜なべ寿司」にした。

f0221050_08312951.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-02 08:41 | ままごと | Comments(6)
f0221050_09450253.jpeg

たっぷりのおつゆのスープが飲みたくて、手羽先を買った。
玉ねぎやジャガイモを入れてコトコト煮て。
煮上がった手羽先は、「貴妃鶏」にする。
楊貴妃が好んだと言われる手羽先の炒め物。名前が好きで度々作る。
生姜をたっぷり刻んで。煮上がった手羽先を炒め、最後にポアローネギの青い部分を散らし、
醤油と少しのごま油で味をつける。
付け合わせはブッロコリーの「清炒時菜」にした。
こんな名前になるといかにも料理って感じだが、単にブロッコリーを炒めただけで。
中華料理の名前は面白いと思う。文字から考えられないような料理が出てくる。
一時期、アジア人街のレストランでどんな料理かわからなかったから
メニューをもらって来て訳し、本当にどんなものが出てくるか順番に食べてみた。
思ったような料理もあったし、全然イメージの違うものが出て来たこともある。

オランダで酢豚を食べた時は傑作だった。
揚げた肉、炒めた野菜、ソースが3皿になって別々に出て来た。
自分でソースを絡めて食べなさいと言うことだろうが、ちっとも美味しくなかった。

中華料理の名前は時々自分でもつける。
海老や椎茸を入れた揚げ豆腐を最初に食べたのは香港だったから。
うちでは「炸香豆腐」と名付けている。
今度。夕飯に誰か来たら、おかず全部に中華風の名前をつけたメニューを作ってみようかな。


f0221050_09465037.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-01 09:59 | ままごと | Comments(10)
f0221050_07491052.jpeg

f0221050_07492500.jpeg

二番煎じ。。。と言うのでもないが
大根のビール漬けを食べってしまった残りの漬け汁。
捨てるには惜しい気がして、(7、5度のビールも入っていることだし。。)
もう一回その漬け汁に半日干した大根を入れた。
試しだから量も少なめにして、
大根が浮き上がらないように、小さなガラス玉を袋に入れて重しにした。
3日目に食べてみたら、ちょっと味が薄くなったかと思えたが、充分味はついている。
以前から奈良漬の味噌ももったいなくて、残った味噌に胡瓜や人参を軽く塩をして漬けると、
それもまた奈良漬とは言えないが浅漬けの美味しい漬物ができる。
どちらかと言えば、本来の奈良漬より好きなぐらいだ。
自分でもケチくさいことをやってると思うのだけれど。
どうもこんなものは捨てるには忍びなくて。
もう一回使えないかと色々やってみるのが好きなんだなぁ。と苦笑している。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-28 07:57 | ままごと | Comments(4)
f0221050_07371771.jpeg

大気汚染のせいで。空がどんよりくすんでいる。
夕陽も雲の合間に白っぽく霞んで。。薄い鴇色の縞がぽっちり見えただけ、
窓を開けると気温は4度と和らいでいるのに、かえって体感温度は「寒い」と感じる。
その上大気汚染も風や雨待ちとは悲しい話だが。。

お昼に親しい人とご飯を食べた。
半年以上も会ってなかったのだが。お互いにブログを読んでいて。
毎日の暮らしの片鱗は分かっている。
「長く会わなかったとは思えませんね。」
なんて言い出して、寒さから氷に話が弾んだ。
「子供も夫も道に氷が張ってると喜ぶんですよ。氷みたいなもの珍しくもないのに」
長野県人の彼女が言う。
「あら、私。道が凍るなんてこちらで初めて体験した。つららも見たのはここに来てからだし。
雪が降るとワクワクする」と言うと彼女は目を丸くして。
「へえ大阪って暖かさが違うのですね。私雪なんか嫌いだわ」と驚く。
たかが氷や雪でも体験の違いによって感じ方が違うのだと、二人で笑った。

数日前から漬けていた大根のビール漬けと白菜の漬物がメインのようになってしまい。
前菜の自家製もやしの胡麻和えや本来の主菜?のつもりの肉じゃがより好評だった。


f0221050_07373773.jpeg

f0221050_07375488.jpeg

f0221050_07381002.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-25 07:56 | ままごと | Comments(0)