煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:ままごと( 203 )

f0221050_06335261.jpeg

f0221050_06341795.jpeg

また同じような献立?をやっていると自分でも可笑しいが。
イーストのパンケーキが思いの外美味しかったから、
夏を過ごしに来ている友人家族と食べた夕飯の前菜にも焼いた。
サーモンのリエット、胡瓜と玉ねぎのクリーム和え、
市販の鴨のムースを生クリームとパセリを刻んでアレンジもして一皿に盛って。
残りのパンケーキはまた各自が取って食べる。
パン焼き器を試したくて何度かオリーブオイルをたっぷり入れて焼いたパン。
さすがに度々焼くと食べきれなくて、薄く切って低い目のオーブンで焼きなおしてラスクにして。
リエットやムースを塗って食べるとカリカリしてパンケーキとはまた違う趣だった。

主菜を何にしようかと考えあぐねて。。
フランスの惣菜で一番ポピュラーと言われている「ブッフキャロット」を煮込み。
付け合わせのじゃが芋は蒸してから、輪切りの上にラクレットチーズをのせて
軽くオーブンで温める。
普通ラクレットと言えば専用の容器でチーズを溶かして芋の上にかけて食べるのだが。
こんな風に一皿に作ってみたら、また変わった美味しさで。
主菜より人気があったぐらいだった。。


f0221050_06343300.jpeg

f0221050_06344693.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-17 06:45 | ままごと | Comments(2)

買ってしまった。。

f0221050_05580728.jpeg

f0221050_05575373.jpeg

半年ぐらい前にホームベーカリーの機械が潰れた。
すぐに買うつもりが。スーパにも大型電化製品の店にも見当たらず。
ネットで注文してみた。在庫が3週間から4週間待ちになっていて。
待てど暮らせど商品が来ない。
再三問い合わせても通じなくて結局キャンセルをした。
その後も。あちこちの店で探しているのだが見つからない。
パンを家で焼くブームが終わったのかな?
と時々手で捏ねてパンを焼いてはいた。
手で捏ねられるなら「もう機械はいらない」気分には少しはなりながら
頻繁にパンを焼くには不便だし。。と思っていた。

毎日パリの天気予報はサイトで見る。
つい3日ほど前。
その天気予報の欄に近所のドイツ系のスーパの広告に「パン焼き器」の写真が載った。
値段もネットで買うより安い。
もののついでに見に行った。
買うことも予測して。
自転車の後ろの籠は外して。途中で落ちないように予備の紐も持って行った。

そしてやっぱり買ってしまった。
「機械はいらないかも」と言っていた舌の根も乾かないうちに。。
知らないメーカだったが、どうやらドイツ製らしい。
箱に「グルテンフリーのパンが焼ける」と書いてある。
これがどうやら今風の?キャッチフレーズのつもりなんだろう。と密かに笑う。

以前使っていた機械と形は少し違う。こんなものでも進化するのか?
と思いながら読んだ取扱説明書の中身はほとんど同じで、試しにいつものレシピで焼いてみた。
粉を350g。牛乳200cc。オリーブオイル大さじ5杯。
塩とドライイーストが小さじ1杯。砂糖は小さじ2杯。
うっかりと容器の大きさが違っているのに気がつかず。
この機械では500g以上の粉が望ましいことを機械が粉を捏ねだしてから気がついた。
それでも一時発酵までを機械に。2時発酵から焼くまではいつものようにオーブンを使って焼いた。
ドイツ製の機械は静かだと定評がある通りに前の機械より格段に音は小さい。
好みのパンが焼けるまで後何回かは試行錯誤も要りそうだが。。。。

「また。おもちゃができたね」と息子なら笑うかもしれない。


f0221050_05582046.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-11 06:16 | ままごと | Comments(2)

寒い夏に。。

f0221050_06565371.jpeg

雲に覆われてはいたが。朝焼けになりそうな。。と朝から空を見ていたら雨が降り出し。
気温もまたまたグーンと下がる。
とうとう20度を割ってしまった。
「寒い夏?」宮沢賢治ではないがオロオロしたいような気分にもなる。

寒がっていても仕方がないから。
昨日炊いていた、オレンジママレードをホットで飲んだ。
氷を入れてしゅわしゅわっとペリエで割ろうと思って炊いたのになあ。
とぼやいても仕方がない。
もともと飲み物に使うつもりでジャムのようには煮詰めず
サラサラに近い状態のオレンジコンフィのようなものにした。
コップにたっぷり目にオレンジを入れて熱湯を注ぎ、ほんの少しレモンも絞って。
湯気を見ているだけでも暖かい気がして。
しかも香しいオレンジの匂いが満ちて美味しかった。

苦味を少し出すためにレモンの皮を入れて炊くのだが。
今回はレモンの皮の一部をオレンジのように薄切りに刻んで入れた。
フードプロセッサーで皮を砕いてジャムにするのも一つの方法だし
その方がより簡単だが、なんとなく刻んだ方が見た目もいい気がして。
できるだけ薄く薄く刻むとことに美味しいような気がする。

f0221050_06570521.jpeg


f0221050_06572211.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-10 07:03 | ままごと | Comments(4)

懐かしい友と。。

f0221050_08190673.jpeg

「なんか季節が変わっちゃった気がしますね」
朝から小糠雨が降って、気温はまたグーンと下がった。
エレベータに乗り合わせた人が、もう不平タラタラの感じで言われる。
日中こそ20度をいくらか超えるが、夜半になると12度そこそこになってしまう。
「本当にね。まだ8月も1週間しか過ぎてないのに」
暦の上でこそ立秋にはなってもヴァカンス時期としてはまだ3週間も残っている。
マルシェも常設の店はほとんど休んで、雑貨や洋服などの香具師の店が立ち並ぶ。
お客も少なく、閑散として。やっぱりまだヴァカンスだなと思う。

古くからの長い付き合いの。。それでいて、私よりずーっと若い友が。
知人の結婚式に南仏に行く途中に9歳の娘を連れて立ち寄ってくれた。
「最初にここに来たのはもう30年近く前になるかしらね」
20歳そこそこで仕事でパリに出張して来た彼女とその当時は度々食卓を囲んだ。
「一番最初は電話をかけたその日に来たのですよ」と懐かしそうに話す。
その頃は毎日誰かが来てワイワイ食卓を囲み。たまに家族3人だけで夕飯を食べると
「えらい静かやと思ったら、今夜は家族だけや。」なんて息子が言ったぐらいの賑やかな日々だった。

今回は9歳の娘から日本では食べれない西洋アザミを食べたいとリクエストされたのだが。
あいにく時期外れで。マルシェにもスーパーにも見当たらず
仕方なく「邪道やけど」と言いながら。冷凍のアザミの底だけは買って来た。
ちょっと蒸して。白のベルサミコ酢と塩で食べる。
まあこんなものかと思える味だった。
前菜にはイーストで焼いたパンケーキ・プリュニスを食べるつもりで。
スモークサーモンを挽いて、生クリームもホイップして混ぜたリエットを。
半分にはイクラも混ぜて。
スモークサーモンから塩気が出るので。軽く胡椒だけ挽いて味をつけた。
市販のタラマよりさっぱりして美味しいと思う
あとはまたいつものように鯖を燻製焼きにして。サラダやチーズとご飯を食べながら。。
食事自体より「話がご馳走」みたいに喋りに喋った夕飯だった。

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-09 08:30 | ままごと | Comments(2)
f0221050_07025087.jpeg

ロシア風パンケーキとも呼ぶプリュニスを焼いた。
ベーキングパウダーでなくイーストで膨らませるから、ふんわりして。
形も綺麗に焼けるし、べーキングパウダーを使うより保存もきく。
普通には前菜に食べることが多くて
鱈子で作ったタラマやスモークサーモンのリエットをのせたり。
デザートにジャムやサワークリームをつけて食べたりもする。
100gの小麦粉に、ドライイーストを小さじ1杯半。
卵黄を2個分。ミルク180ccを人肌に温めて、
1時間ほど暖かいところで発酵させて、2倍か3倍になったら。焼く。
専用のフライパンで焼くと同じような形に焼けて見た目も綺麗し。
たっぷりのオリーブオイルをひいて焼くから風味もいい。

午後のおそい時間に焼いて。夕飯にはまだ間があったから。
友達からもらったばかりのルバーブのジャムと。
生クリームをつけて「お腹の虫養い」にちょっと食べてみた。

イーストを膨らませるついでに、ひまわりと麻の実を入れたパンも焼き。
半年ぐらい前にボームベーカリーの機械が壊れて、
新しい物を買うつもりで探しているのだが、
パンを焼くブームが終わったのか。スーパーの電化製品のコーナーにも、
電気製品の量販店にも見かけない。
仕方がないので、近頃は手で捏ねて。
それにも少し慣れてきて、もう機械は要らないかな?と思ったりもする。


f0221050_07044953.jpeg


f0221050_07030630.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-07 07:09 | ままごと | Comments(2)

トマトがメイン。。

f0221050_07441698.jpeg


f0221050_07473262.jpeg

f0221050_07455629.jpeg

昨日は友と。一昨日は息子と夕飯を食べた。
どちらもメインはトマトのサラダ。
このトマト。ベランダで完熟した自家製。
なーにもせずにただ切って並べた。
でも、さすがに完熟。皮こそ硬かったが、しっかり甘くて。。
やっぱり採れたてと威張りたいような味がした。

息子の日は久しぶりに前菜を「ままごと膳」で。
日本から戻ってきた友の土産の明太子や牛蒡のきんぴらを並べて。
レンズ豆のもやしも小さな鉢に。
蒸し茄子や、ピーマンのおかか和えに鯖を燻製焼きにする。

友との夕飯は同じようなものだが。ワンプレート風に盛って。
レンズ豆のもやしを人参と微塵切りの玉葱、パセリをオリーブオイルであえて。
サラダを添える。
トマトがメインなんて言うのには量も少なかったのを補って。。
チーズやオリーブ、オイルサーディンも並べ。。
冷たいものばかりではなんだから。主菜は鮭を唐揚げに。
あれやこれやを。。つついて食べた。

f0221050_07482582.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-02 08:01 | ままごと | Comments(4)
f0221050_06181214.jpeg

ほんの少し気温が上がって来て。。
部屋の中はヒンヤリはしていても。。外に出ると結構温度は高い。。
あら。。まだ夏なんだと安心もして。。。

キッシュロレーヌ(卵パイ)を焼いた。
毎年今頃になると東京から訪れる若い友達と夕飯を食べることになって。
「何が食べたい?」と尋ねると。「キッシュがいい」と言われて。。
簡単なパイ生地を前夜に作って冷蔵庫で寝かし。
彼女がくる直前にオーブンに入れた。
新しいオーブンは目盛りも、デジタル化していて慣れるまでちょっとかかりそうだが、
予熱にかかる時間が短い。新しいからそうなのか?
幾らか機械自体が進化したのか?よくわからないまでも。
エコロジーやエコノミーとうたうだけのことはあるかな?と思う。

予め、作っておいた生地を伸ばし。
ベーコンをちょっと湯通ししてへんな燻製の匂いを取り去り。
バターをベーコンの間に散らして。
卵3個に生クリームを200cc塩少々を混ぜた液を流し。
黒胡椒も挽いてもっともシンプルでオーソドックスのキッシュを
210度のオーブンで30分焼いた。
パイ生地をできるだけ薄く伸ばして。カリカリサクサクのパイが焼きあがる。

これとたっぷりのサラダとロゼワインを開けて。デザートにメロンやスイカも食べて
楽しいひと時を過ごした。。

f0221050_06182351.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-30 06:24 | ままごと | Comments(2)
f0221050_08144830.jpeg


f0221050_08143380.jpeg

ずいぶん前に読んだ。「森瑤子の料理」の本に
ヨロン丼と名付けたオイルサーディンを缶ごとちょっと温めて
醤油を垂らしてご飯にのっけるレシピが載っている。
丼ものが苦手な私はご飯の上にはのせられなかったが。
ご飯のおかずにして食べても意外といける。
缶詰ごと温めると周囲に油が飛び散るし。油自体も缶くさい。
鍋に移して油も捨てて
醤油以外に生姜の汁をかけて温めるとまた意外と美味しい。
「たかが缶詰。されど缶詰。。?」
何もない時の一品には使える。

先週大型スーパに行ったら
ズラーっと並んだ缶詰の棚に。
わざわざ「焼き鯖」と書かれた缶詰を見つけた。
こういう物を見ると味見をしたくて仕方がない。
焼き鯖にも何種類かあったが。
最もシンプルなオリーブオイルと香草入りを買ってみた。
食べた限りでは。。
この焼き鯖。缶詰臭くもなくて。さっぱりして意外といける。
そのまま、海藻サラダに付け合わせてレモンを絞って食べても美味しかったし。
温めて生姜醤油で食べてみたら。これもまた甲乙つけ難い。
「缶詰」だからとバカにできない美味しさだった。



[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-28 08:24 | ままごと | Comments(6)

ワンプレートに。。

6月の半ばに真夏の前倒しのような暑い日が続いていて。
今年は猛暑なのか?と思っていたら。
それもまた1週間ほどで沈滞して、
このところは雨もよいの、もう秋かと思えるほどの肌寒さなのだが。
私自身の気分はまだ7月のイメージを引きずっていて。
ついつい半袖Tシャツ一枚で。
夜半に気温がぐーっと低くなると、慌てて長袖のサマーセーターを羽織ったり。
暖かい飲み物が欲しいような気分になる。
そんなにしていても風邪をひきそうなイメージに。。なったりして。。
30度以上から20度を割る気温の差はちょっときつい。

何を食べようか?と冷蔵庫の中を眺めては。。
あるものでワンプレートに色々盛ってみる。

とある日のワンプレート。イモサラダ。とパンだけ。。
サラダはマヨネーズでなくて
ヨーグルトとオリーブオイル、レモンであえたらさっぱりした味になった。
パンも薄切りにしてオリーブオイルを引いたフライパンでこんがり焼いて。

もう一皿は前日作ったヒレカツに茹でたジャガイモを玉ねぎと炒めた。
ついでだからご飯もおにぎりにして盛って見た。

つまらないものでもこんな風に盛ると。
なんとなく食事のイメージになりそうな。。。
単なる自己満足?やなあと思いながら食べている。


f0221050_12424299.jpeg

f0221050_12430271.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-26 12:52 | ままごと | Comments(0)
f0221050_05403470.jpeg

雲がいくらか出て来て。
午後に通り雨が降った。
気温はまだ30度近いからかえって蒸し暑くなった。

何か新しいサラダを作ろうとレシピを色々見ていて
イタリアのトスカーナ地方のサラダ「パンツァネッラ」を見つけた。
固い田舎風のパンを水でふやかして。胡瓜やトマトと和えるだけの。
オリーブオイルとワインビネガーで混ぜてあった。

トマトと胡瓜なら定番のように毎日食べている。
全粒粉の田舎風のパンも残っていたから作って見た。
パンを水でふやかして。粉々にして軽く絞り、
1時間ぐらい前に塩と白のバルサミコ酢をかけて冷やして置いたトマトと胡瓜、玉ねぎの薄切りに
パセリを刻み込んでオリーブオイルで和えた。
クスクスで作るサラダ「タブレ」に感じが似ているなあと思いながら食べていて。
クスクスにしても、パンにしてもどちらも元は小麦なんだから
似ていても不思議はないのだが。。
今回はパンを水でふやかしたけれど。
胡瓜やトマトの塩をして出る水分でパンをふやかした方が
味が濃くなってもっと美味しいような気がする。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-20 07:31 | ままごと | Comments(4)