煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:ままごと( 237 )

かぼちゃを。

f0221050_09390069.jpeg

冬至にはまだ少し早いが。。
かぼちゃを買ってきた。
普通の西洋カボチャはもっと大きなものだが。
この「栗カボチャ」と名付けられたかぼちゃは手頃で時々買う。

試してみたかった「ガトーインビジブル」のかぼちゃバージョンを焼いた。
オーブンの庫内はこれだけを焼くには広すぎる。
同じことならと一緒に林檎のバージョンも焼く。

生地のレシピは前回の林檎とほぼ同じ。
薄力粉40g。5セレアル粉40g
きび砂糖50g。卵2個。
バターを20gに減らした分は生クリーム30g補う。
小さじ半分のベーキングパウダーも入れた。
林檎もかぼちゃも剥いて芯もとったものを約400gづつ。
林檎にはウイスキーにつけてあったレーズンを散らし。
かぼちゃにはアーモンドスライスをのせた。

作り方は生地を混ぜて林檎やかぼちゃを混ぜ合わせて
170度のオーブンで45分焼くだけ。

「Ariane」と言う名の林檎が袋詰めされて売っていた。赤くて小さな綺麗な林檎で。
初めて買って。試しにかじってみたら甘くて美味しい。
ケーキにもこの甘さが出て。前回よりずーっと美味しいものが焼けた。
かぼちゃの方には風味付けにほんの少しウイスキーも入れたが。もう少し何か香辛料を入れて。
アーモンドスライスも乾煎りした方が良かったかな?と思う。

かぼちゃの残りでボタージュも作り。
この日のメインは
ベランダ産の採れたての?貝割れ菜にルッコラと旬のアンディーブをサラダにして。
キッシュ・ロレーヌを焼いた。


f0221050_09392108.jpeg

f0221050_09431425.jpeg

f0221050_09394357.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-10 09:55 | ままごと | Comments(4)

明るく見える?

f0221050_07330937.jpeg

気温が少し緩んだ。
零度の日を思うと10度近くの気温はホッとする。。
ただし昨日も今日もその前も。。太陽は出ない。。
「憂鬱になりますね」と天気のことばかりが話題になりだす。。
ことに私のように長く住んでいる者なら「冬だから」で済むが。。
今年から住み始めた人などはもうこの鬱陶しさに根をあげる。
私も一番最初に住んだ1973年の冬は「灰色の箱」に閉じ込められた気分がした。

せめて。見た目だけでも食べ物の。。明るいものを作ろうと。。
水曜日の昼ごはんは、手まり寿司にした。
孫は「僕なあ。。卵4つ。胡瓜を2つ。魚を3個食べたよ」
他にも鞘隠元のベーコン巻きを前菜にしっかり食べて。。
帰り際には「おやつ」と言ってパンにチョコレートを挟んで貪り。。

少し残ったお寿司を持たせて帰したら。
息子は「ナニコレ?寿司ボール? 寿司はやっぱりまともな魚がいい」
などと憎たらしいコメントが返ってきた。
保守的な嗜好の持ち主はこれだから。。と笑った。

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-07 07:43 | ままごと | Comments(0)

ガトー・インビジブル

f0221050_08252100.jpg

ちょっと前から気になっていた「ガトー・インビジブル」を焼いた。
フランスの流行のお菓子らしいが。実はブログで見るまで知らなかった。

色々なレシピを検索して見て。。
家庭向きのお菓子かな?と納得して。。
生地の感じはいつも焼く林檎のマフィンに似ている。
まず手始めに
オーソドックス?なものを焼いてみた。
小麦粉が70gのところ。半分は5セレアル粉にして。
バターも50gでは多すぎる気がしたので30g。
その代わりに牛乳を100cc。人肌に温め。
砂糖50g。卵は小さかったから3個。
林檎も小ぶりを4個剥いて4つ割にしてから薄切りにして。シナモンパウダーをふり
生地に絡ませて型に入れた。
最後にトッピングにウイスキーに浸け置いたレーズンを散らし。
170度のオーブンで45分焼く。
昨夜遅く焼いて。朝になって冷えたのを切って食べてみた。
ほんの少し甘みが薄い気もするが。。まあこれならと思える出来。
バターの代わりにレーズンシードオイルや胡桃のオイルを使うのもいいか?などと。。
もう少し改良の余地はあるように思う。
マフィンなら15分で焼けてもっと手軽にできるが。
見た目はこの方がケーキらしくていいかもしれない。

夕飯のデザートに使ったら。。
「軽くて美味しい」と評判は良かった。

色々な果物でできるようだから。。
次は南瓜で試そうか?と気持ちはもう次のことを考えている。


f0221050_08314223.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-12-05 08:39 | ままごと | Comments(2)

切っただけ。。

f0221050_07230653.jpeg

f0221050_07231809.jpeg

マルシェの。。豚肉加工品を売る店で。。
ベーコンの塊とハムを買った。
なんとも愛想のいい女の店員で。大きな声でハキハキ喋る。
暑い季節は心配でマルシェでは肉類を買わないが。
これぐらい冷えてくると腐ることもないだろうし対面で物を買うのも楽しい。

「ハムを一枚。。」。。何種類かの中から切ってもらって。
「このハムはイタリア製のハーブ入り」なんてコメントもしっかりしてくれる。。

帰りがけに。。
焼いたパンは昨日食べ切ってしまって。。。たまにはとバケットを半分買った。

真っ白なボードに買ってきたハム。
買い置きのチーズ(コンテ)胡瓜やトマトを並べて。。
バケットを半分に切ってマスタードとバターを塗って、ハムやチーズを挟む。
切るだけでなーにもしない食卓。紅茶だけはたっぷり入れて。。蜂蜜もミルクも。。
皿にものせずにそのまま食べた。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-29 07:31 | ままごと | Comments(6)
f0221050_07053259.jpeg


何度もトライしている「ミヨードの巻パン」
お手本の写真ようには焼けなくて。。いつもがっかりする。

このところ。食パンも丸パンも自分でも驚くほど美味しく焼ける。
では、巻パンもと。。。またまたトライすることにした。
ホームメイドのパン焼き器を使うのには粉の最低量が450g必要で。。
全部巻パンにするには分量が多すぎる。
なら。。パン生地の3分の1は
これも念願だけで作ったことのないイースト種のドーナツを揚げてみることにした。

協力粉を450g。卵2個に牛乳を200cc。砂糖40g。イーストを小さじ2。
もちろんイーストは予め活性化させて。。機械に入れた。
1次発酵だけやって、成形して2次発酵はオーブンで行うのは食パンと同じ。

クッキングシートにドーナツを並べたら、一つ丸パンが余ったので。
巻パンの型の中に入れた。
試行錯誤の「巻パン」
味はよくても相変わらず、形の不細工な「巻パン」しかできなかったが。。
まあ良しとしよう。

ドーナツをのせたクッキングシートを揚げやすいように切ったら。。
まるでジクソーパズルのような形になった。
油を160度に熱して揚げる。
ドーナツは思ったより軽くて(軽すぎて)
なんとなくフワフワなお菓子の感じで、ドーナツ本来のイメージではなく。。
これも再試行の余地あり。。でした。


f0221050_07055919.jpeg

f0221050_07054655.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-24 07:12 | ままごと | Comments(0)

蓮根を揚げて。。

f0221050_08000706.jpeg

f0221050_07595482.jpeg

まだほんの少し日没の赤みの残っている空に。。
三日月が見え出した。。あと小一時間も経つと、月の入りの時間が来る。
この時間の三日月はほんのりした空にくっきり見えて。。美しい。
できれば。。三日月の下の方に見える競技場の電灯が。。
邪魔になるんですけど。。消していただくわけには。。なんて言ってみたい。
競技場のざわめきが。。全くなくて静かなところを見ると
きっとサッカーや陸上の練習中なんだろう。

水曜日のお昼。。
ハンバーガにした。
フライドポテトを揚げるついでに、
蓮根のチップスも揚げたら。
そのままも食べたけれど。ハンバーガにも挟んでいた。
意外と美味しいらしい。「蓮根にそのソースをかけるの?」
と突っ込みたい気はしたが。。。

蓮根がここで手に入り出したのは、、ほぼ14、5年前からで。
アジア系食料品店のどこにでもあると言うわけではないが。。
大きな店に行けば売っている。。
蓮根を最初に見たときは。。おせちに酢蓮根が入れられると嬉しくて。
その前には乾燥蓮根を買ってみたこともあるが。。とても食べられたものではなかった。。
住み出した40年前ならすき焼きも鍋も白菜の代わりにサラダ菜を煮て。
醤油すら、大きな4リットル缶からワインの瓶に詰め替えてもらって買っていたのだから。
今は。。
品質さえ文句を言わなければ。。大概のものは揃う。
和風や中華風の料理をするのにはあまり困らない。
それにしてもたった20年かそこらでこんなにアジア系の食料品が揃うなんて。。
あっという間に。。様々な物が次々に増えていく感じで。
そのパワーには。。ありがたいのと同時にすごいなあと目をみはる思いだった。。

f0221050_07583022.jpeg

f0221050_08171265.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-23 08:19 | ままごと | Comments(4)
f0221050_08283468.jpeg

高野豆腐を炊いていて。
緑の葉ものをあしらいたいと、ラディッシュの葉を採りにベランダに出た。
ラディッシュも。もともと貝割れ菜で食べるつもりでプランターに密に蒔き。
大根が採れるなどと思わずにいい加減に蒔いて育てて、
残った葉も、使えることもあるかとそのままにしていた。
葉っぱを引っ張ってみると大根も幾らか付いてきて。
この時期だから片付けてもいいかと全部抜いたら、思いがけずにかなりの量に。
20日大根とは名ばかりの。。100日大根に近いのだが、
齧ってみると。さすがに抜きたて?硬くもなくすも入ってない。。
それこそ捨てるに忍びない。またまた。。勿体無い気持ちが出てきて。
綺麗に洗って大根の部分は漬物に。葉や茎は大根葉の煮物にした。
漬物は塩を薄く昆布を細切りにしていれ、大根のビール漬けの液を少しまぶして浅漬けに。
大根の煮物はさっと湯がいて、細かく切って、油で炒めてから出汁をいれてきんぴら風に。
炊き上がりに胡麻を炒ってたっぷりかけた。
この大根の煮物は姑の。。
姑が沢庵をつける時期にいつも煮ていた煮物と思うとなんとも懐かしい気がする。
高野豆腐に、漬物。大根葉の煮物に卵焼きを焼いて。。
黒豆ご飯をあしらい。箱に詰めてみた。
このご飯。。実は黒豆茶の出し殻で。残った豆をどうにも捨てられなくて。
カマルグの五分搗米に炊き込んだ。
すでに豆が炒られているから残り物とは思えないほど香ばしい味がする。
詰めた箱を眺めては。。「ぜーんぶ『勿体無い』からできた食べ物やなあ」と可笑しがりながらの。
夕飯でした。


f0221050_08285230.jpeg

f0221050_08290669.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-21 08:32 | ままごと | Comments(2)
f0221050_08424254.jpeg


f0221050_08425618.jpeg

夏の名残のベランダのトマト。
ここ一月ほど待っていてもどうも赤くなりそうにない。
葉は萎れ始める。。思い切って刈り取った。
小指の先ほどの小さなのからピンポン球ぐらいまでの見かけは綺麗な緑のトマト。

さてこれをどうしたものか。。捨てるには忍びない。
ピクルスにしようかなとは思いながら。見つけたレシピの青トマトのサラダを作った、
本来は砂糖を少しかけるそうだが。
白のバルサミコ酢には甘みがあるから塩だけにして。緑のトマトは薄切りに。
赤いトマトも合わせて切って。玉ねぎもごく薄切りにして水にさらし。
オリーブオイルをかけた、
緑のトマト。トマトの味こそしないが、シャキシャキして意外と食べられる。
とびきり美味しいものでもないが。。
捨てずに食べた気分だけでも。。いいかな。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-20 08:45 | ままごと | Comments(2)

パンを焼く。。

f0221050_07313381.jpeg

f0221050_07314501.jpeg

ここ数ヶ月。週に1回か2回はパンを焼いている。
新しい機械になれてきたのもあるが。。
粉にスペルト小麦やマルチセレアルを使ったり。。
水分の配合を変えたり。。色々試しながら。。
もう一度初心?に帰るというほどのこともないのだが。。
パンの焼き方の本の基本形をじっくり読み直した。
島津睦子の「パン教室」と「ビアードさんのパンの本。」
この2冊は、
どちらも30年ほど前に知人からもらって。私のパンの基本みたいな本でもある。。

近頃は捏ねないパンが流行はしている。。
それも試してみて。ハード系のパンならそれでもいいが。
(ハード系のパンならフランスパンの国に住んでいてわざわざ焼くこともない。)
中にたっぷり油脂や卵、牛乳を入れるふんわり柔らかなリッチなパンを
焼きたいからとなると。やっぱりしっかり捏ねた方が。肌理も滑らかだし持ち上がりもいい。
この2冊の本にも機械を使っても捏ねた方がいいとは書かれている。

天然酵母の方は自信がないから顆粒のドライイーストを使ってはいるが。
今まではイーストを粉に直接混ぜる方法で発酵させてはいた。この方法でも確かにパンは膨らむ。。
しかし本には予めイーストを活性化させた方が味がいいと書かれていて。
試しにイーストを予備発酵させてみたら。。確かに味がかなり良くなった。
本もきちんと読み返してみるものだなあと。
今までの怠慢を棚に上げて。。つくづく思う。

試行錯誤の?甲斐あって。。近頃はこれなら美味しいと思えるパンが焼け出した。
今度はもうちょっと欲を出して。変わったパンを焼こうかな?と考えてもいる。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-16 07:39 | ままごと | Comments(4)
f0221050_08474144.jpeg

ずいぶん前になるが。
近所の親しくしている方に「お好み焼き」を食べさせる約束をしていた。
お互いにヴァカンスに出かけたり、仕事があったりと。。
近所に住んでいてもしょっちゅう会うこともない。
たまたま来々週に彼女のアトリエで友人のコミック漫画の紹介をされることになって
私にもお誘いがかかった。
ならば何かお手伝いと。。まずその打ち合わせ方々「お好み焼き」を食べませんかと誘った。
そんなことなら「喜んで」との返事に。夕飯にお好み焼きを準備した。

さて、お好み焼きをメインにして。
こんな献立で人をよんだことがない。
これだけというわけにもいかないし。と思案の末に。
前菜にビーツのタルタル。スモークサーモンのテリーヌ。
手軽な切って並べるだけの
トマトとモイッツワチーズの盛り合わせたサラダにはベランダのルッコラをあしらって。
始めることにした。

「家でお好み焼きが作れるの?」それを見せるつもりで。
ホットプレートを出してきて、それだけでは時間がかかりそうだったから、
別にフライパンでも焼いた。

3時間前に豚肉は薄切りにして。海老も解凍。
たっぷりのキャベツにネギも刻んで。五穀粉100gに卵を2つ半。
黄身でマヨネーズも作って。山芋も入れた。
おたふくのソースも買ってあったが、
別にハインツのウスターソースにケチャップを混ぜたものも作り。。
削り鰹もたっぷり用意して。。

粉が極端に少ないからふんわり軽いお好み焼き。。
「美味しいね」と。3枚づつ食べて。。お腹がいっぱいになりました。

f0221050_08475099.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-11 08:52 | ままごと | Comments(2)