煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:季節感( 45 )

面白い土産。。

f0221050_07201297.jpg

長い長いヴァカンスと言っても。
子供の学校はまるまる2ヶ月の休みになるが。
大人たちはそうはいかない。
3週間とか一月とかの休みをやりくりしてとる。
残りの何週間かは子供たちをコロニーと呼ばれるヴァカンスの施設に入れたり。
親の両親の田舎の家で過ごしたり。親戚の家に預けたり。
ホームステイや1週間単位の公共が行うキャンプに入れたり、
学童保育の延長のような日帰りで1日預かってくれる施設で過ごす。

南仏にヴァカンスに行っていた息子がその中間地点で、
仕事も入っているから帰ってきたと電話をかけてきた。
自転車のトレーニングにかけて。午後遅くにお茶を飲み行った。
ヴァカンス中なので。森も道も空いていて。
あいにく曇り空だったが、スイスイと走れて気持ちも良かった。
ほんの2時間ばかり中庭でお茶やビールを飲んで、
また帰ってきたのだが。。
「居なかっても花は咲いた」と威張ることもないのに威張る。
南仏からスペインにちょっと入ってきた土産と言って米と缶詰をくれた。
スペインでもパエリアに使うのではない丸い品種の米らしい。
「美味しいの?」と尋ねたら素っ気なく「食べてへんから知らん」と笑う。
でも有機米らしいと言うので。炊くのを楽しみにしている。

一緒に変なイワシと烏賊の缶詰も。これは箱が可愛かったから買ってきたとのたまった。


f0221050_07202494.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-29 07:23 | 季節感 | Comments(0)

革命記念日に。。

f0221050_07465343.jpeg

f0221050_07471965.jpeg

f0221050_07472914.jpeg

毎年のことだが革命記念日の11時近くになると
空に爆音が聞こえ出す。
軍事パレードをした軍用機の、帰り道にあたるらしくて。
家のベランダから隊をなして飛ぶのが見える。
軍用機といってもこんな風に飛んでいると、
なんだか鳥か昆虫が飛んでいるように見える。

快晴の空に、たくさんの燕も飛び交い。
軍用機を写していたら、いつもならあまりにも早くて写らない燕も入ってきて。
やっぱり軍用機より燕の方が飛ぶのも優雅で綺麗だなあと
変な関心もしながら見ていた。。
因みに1枚目の写真の軍用機は上部の4機だけで。
下の2つは優雅に飛び交う燕

快晴にはなったが、気温は低い。
今朝も朝方は20度を割って18度。
正午になっても22度にしか上がらず。
7月にして、この気温では冷たいものは食べる気にもならなくて。
冷し素麺のかわりにおつゆたっぷりのあったかい温麺を食べるのか?と
可笑しがりながら。
鰹と椎茸、干しエビでしっかりと出汁をとり
浮身のかわりにズッキーニと玉ねぎの卵炒めをのっけて食べました。


f0221050_07474152.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-15 07:50 | 季節感 | Comments(0)
f0221050_07332615.jpeg

革命記念日の前夜祭。
近くの公園での「BAL」と呼ぶ踊りの輪から音楽が聞こえる。

ようやく日がとっぷりと暮れ出す11時になって花火も始まる。
毎年のことながら、どうも花火の写真は上手くいかない。
花火モードで写して見てもなんだかしまらなくて、
マニュアルに戻して写しても、「どこを写してたのよ。。」と言いたい写真が並ぶ。
滅茶苦茶にシャッターは切ったものの。。
「数打ちゃ当たる」と言うこともないらしい。

ま。こんなものと言うことにして。
しかも今年の花火は。。これも主催者の消防署が毎年いくらか変えてみたがるのか。
オーソドックスの花火とは全然趣の違う綿菓子みたいなふわふわした花火だった。
「普通の花火がいいのに。。」とか「前のビルがなければもっとちゃんと見えるのに。」
とかぼやいてもしようがないのだが。。
近くで見えるだけでもいいか。。

と言うことで、今年も綺麗な花火の写真には程遠いものでした。


f0221050_07334300.jpeg

f0221050_07330469.jpeg

f0221050_07340083.jpeg

f0221050_07341489.jpeg

f0221050_07343024.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-14 07:40 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_09120594.jpeg

f0221050_09122234.jpg

午前6時40分。
太陽がポアンとまーるく上がっていた。
雲の動きも面白い。
ベランダのテーブルや椅子も残ったペンキでいい加減に塗って。
それでも白さが映える。

雲の動きがどんどん早くなって。
9時に孫が来た時は土砂降りの雨になった。
ヴァカンスが始まって。
夕方仕事を終えた息子が南仏に移動するのに。
孫をバトンタッチするまで預かる。
鶏の唐揚げやフライポテトを揚げての昼食。
「唐揚げよりジャガイモばっかり食べてしまった。」と孫が笑う。
スープの野菜も普段より多く食べて。
日頃の野菜不足を補っていたのかしら?
残ったご飯でお弁当も作っての1日でした。


f0221050_09123902.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-11 09:15 | 季節感 | Comments(2)

「夏日」を楽しむ。。。

f0221050_20513778.jpeg

f0221050_08024073.jpeg

f0221050_08025303.jpeg

f0221050_08030806.jpeg

かんかん照りの「夏日」が続いている。
ヴァカンスに入った土曜日。
街はひっそりと静かで。。
キャフェやレストランでの昼食も。みんな明るいテントの下でワイワイと食べていて。
「夏だなあ。」と思えるような「絵」になる人も歩いてきて。。
真夏を満喫しているかのような光景に出会う。

キラキラ光る太陽を浴びて。。
キャフェに集う人たちも楽しげに冷たいものを飲んでいる。
レストランも両サイドをいかにも涼しげに開け放しているし。
本屋のウインドウには旅行を誘うような本が並んでいる。
レストランのウインドウにもそれらしきポスターも貼られていて。
ポスターに映り込むとなんでもない景色が幽玄な感じに見えてきて。
また楽しい。
そんなものばっかり見ながら。もちろん「私」も一枚入れた。

f0221050_08042669.jpeg

f0221050_08040275.jpeg

f0221050_08044252.jpeg

f0221050_08050089.jpeg

f0221050_08051196.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-09 21:16 | 季節感 | Comments(0)

「絵」になる光景?

f0221050_11255918.jpeg

予報では「夏日」の32度が出ていた。
日射がきついかな?と思いながら。やっぱり自転車にした。
朝の気温はまだ22度。
森を抜けると涼しくて。木陰で雑誌を読む夫人がいたり。。
自転車で電話をかけるのに立ち止まる人も。
ジョッキングやサイクリングの親子連れも見かける。
ヴァカンスが始まったな。。と思える「絵」になる?光景が、
森のあちこちで見られる。。

帰りは夕食も息子の家で食べて。。
10時台に走り出したから。また涼しくてスイスイ。

そして、普通なら45分から50分かかる道のりが。
なんと今夜は40分を切って37分。
たかが5分ぐらいの短縮でも。なんだか嬉しい。

今週で学校も終わり。2ヶ月の長いヴァカンスが始まる。


f0221050_11262571.jpeg

f0221050_11261218.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-06 11:28 | 季節感 | Comments(0)
昨日から、久しぶりに雨が降っている。
それもシトシトというのでなく。
スコールのような土砂降りかと思うと。
パーっと晴れて、お日様が出るような陽気な降りかたで、
今日も水曜日の道中、降られないかと心配はしながらも、
自転車で出かけた。
行きは降ることもなく、新緑の増した森を突き抜け。
午後から降り出した雨で。
帰りはいささか濡れても。気温が25度近くあると寒くもなくて。
滑ることだけを心配すれば、ちょっとの雨も楽しく走れる。

帰り道のスーパで、メロンを買った。
今年の暑さのせいか、どんなメロンを買っても当たり外れがなくて甘い。
ベランダのミントを摘んで散らして、ほんの少しポルトワインをかけたら。
ほのかなミントの匂いにポルトの甘さものって、爽やかさが増した。

f0221050_07575055.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-06-29 08:00 | 季節感 | Comments(0)

桑の実が。。

f0221050_06551435.jpeg

桑の木が階下の広場に1本植えられていて。
ひょっとしたら、今時分。桑の実がなっているかと見に行くと。
桑の木の下に干からびた実がいっぱい落ちていて。
もう遅かったかと葉裏を見たら、もうびっしりと言うほどに実がついていました。
一つ二つつまんで食べて、写真を取るだけでは勿体ない気がしたので。
摘んで来ました。家に帰って測って見たら180g。
いくつかはすぐに食べて、完熟してない気がするのはブリザーブ風にさっと煮て。
クリームチーズと一緒に食べました。

小学校の頃。何年間か、毎年蚕を飼っていました。
養蚕などと言う立派なものではなくて。教材用に売られていたのか
今頃の時期になると学校の前に文房具屋に
「蚕、来ました」と張り紙がされて。桑の枝も一緒に売っていて。
張り紙を見たら大急ぎで家に走って帰って。
「蚕、来てん。買おうてくる」と
お饅頭か何かの入っていたボール紙の箱に、2cmか3cmの小さな蚕を10匹ぐらい入れてもらい。
箱の蓋にポツポツと小さな穴を開けて、
毎日学校帰りに桑の枝を買って来て、蚕にやっていました。
一度だけ繭を祖母が火鉢で炊いて。スルスルと絹糸を引き出してくれて驚いたことや、
蛾になった蚕が小さな卵を産みつけたこともあったけれど
卵は孵化せず、捨てたような気がします。

たった一度。毎日買っていた桑の枝に実がついていて。。
祖母が美味しそうに食べていたことも。。
桑の実を摘んでいて、思い出したりしてました。


f0221050_06545715.jpeg

f0221050_06553755.jpeg

f0221050_06561550.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-06-26 06:59 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_07341803.jpg

恒例のわが町の「夏至祭」
今年もポルトガルブースのこれまた恒例の鰯の炭焼きを買いたくて。
12時少し前に皿を持って出かけたら。。。
炭火の台には肉ばっかりが焼かれていて。
「今年は鰯を焼かないの?」と尋ねると。
「12時半から1時の間に焼くからね」とスマフォで時間を確認?しながらの返事に。
仕方なくあちこちのブースを眺めて時間を潰し。
やっと12時45分に焼き始められた鰯の塩焼きを買って来ました。
待った甲斐?もあって。。やっぱり炭火は美味しいと思える味に。
今年は横で焼かれていた排骨も贖い。
もちろん付け合わせのじゃが芋もとびきりの美味しさでした。
肉も魚も単に炭火で焼くだけで。どうしてこんなに味が違うのでしょうね。
添えたサラダはズッキーニをアンチョビソースで和えて。。。
楽しいお昼になりました。

f0221050_07344350.jpeg

f0221050_07593771.jpeg

f0221050_07351170.jpeg

f0221050_07352363.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-06-25 08:02 | 季節感 | Comments(4)

猫も。。

f0221050_12172056.jpeg

6月にしては珍しく「真夏日」が続いている。
さすがに水曜日でも炎天下を自転車に乗るのは恐ろしくて、メトロにした。
メトロも冷房が入っているわけではない。
それでも地下のひんやりした風がまだしも心地よさは感じられる。

どこの家も窓を全開にして暮らしている。
20数年前ならスーパやレストランでさえ、冷房が入っているのも少なくて。
今だに普通の家には冷房などない。
1週間やそこらのこれぐらいの暑さなら「夏らしいね」で済むところだし、
ヴァカンスに入ってしまえば、太陽が燦々としている方がいいなんて言う人達ばかりだが
今夏の暑さは少し堪える。
孫のハンドボールの練習も暑さのために中止になった。

窓を全開にしていた所為か、
2匹飼っている猫の一匹が、家から脱走?した。
5時間後に庭から降りる地下室内で発見して。
猫も涼しさを知っていたのかと。。

この猫。
同腹の兄妹だが、色合いだけでなく体型も性質も違っていて。
鼠色の方が虎より野性味に優れていると言うのか。
すんなりした体型でかなり敏捷な質で。
今日も側にいたのに、出て行く気配などまったく感じられなくて。
どこからいつ出て行ったのかさえ。。わからなかった。

f0221050_12190542.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-06-22 12:53 | 季節感 | Comments(4)