「ほっ」と。キャンペーン

煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:季節感( 18 )

f0221050_08275905.jpeg


f0221050_08412449.jpeg

3日前から急に気温が10度を越える日が続き、
ほんの少し「春」が近づいて来たような。。。気がする。
毎年のことながら、温いとは思えても「本格的な春」には中々ならずにぼやくことも多いのだが。。

陽射しはさすがに2月も半ばを過ぎた強さになって。
そろそろ春を告げる花なども。。と心覚えの花壇や路地に足を運ぶ。
咲いていた。
「オオイヌノフグリ」が咲いていた。
昨日の雨でしっとりした地面に、太陽が輝くと、花もすっくり立ち上がる。
この花の可憐さにそぐわない名前を知ったとき。
同じ色の5弁のネモフィラなら和名も「瑠璃唐草」と愛らしい名のにと思うと。
イヌノフグリと命名した牧野富太郎博士をちょっと恨みたい。。
冴え冴えと青い花なのに。たった1日しか咲かないだけに摘んでくるわけにもいかず。
「さては、野に置け。。。」の類とは思いながら。。残念な気はする。

樹々の芽も。
まだぷちゅぷちゅと音が聞こえそうなほどの膨らみはなかったが、
わずかに先っちょが緑になって来て。
「もうすぐね」と言っているような感じだった。

f0221050_08284379.jpeg

f0221050_08291759.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-18 08:46 | 季節感 | Comments(2)

午後5時20分

f0221050_09141974.jpeg

f0221050_09143377.jpeg

f0221050_09144810.jpeg

気温は10度になって寒さもゆるぎ。。まではいい
天気予報は晴れると言ったのに、朝からの雨。。大気が柔らかいだけでもいいか。
整体が終わって出てきたら。雨も上がって。
午後5時20分。まだ外は明るい。
日が長くなってきたなあ。なんとなく気分もソワソワしてきて。。
しかも通りの向こうから晴れだしてきた。

晴れた雲を眺めて。
通りの反対側の菓子屋のその空の映り込みにも惹かれる。
ウインドウを覗いて見たら春色のお菓子が並んでいた。

普段ならこんな揚げ物のお菓子を買うことはない。
でもカーニバルの季節だからと。
たった一つだけ揚げたお菓子を買ってきた。
「何味にします?クリーム。チョコレート。フランボワーズがあるけど」
迷わずに一番好きなカスタードクリームにした。

温かい紅茶もいれて、今夜のデザートに。


f0221050_09151961.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-15 09:23 | 季節感 | Comments(2)

春色の。。。

f0221050_07155269.jpeg

立春の午後。
冬のバーゲンも終わり近くになって。。何か欲しいものが残っているかと
ふわふわと婦人服売り場をのぞいた。
別に今更とは思いながらも。。欲深く?

バーゲン商品の横にもう次のシーズンの春物が並んでいる。
見るともなく見ていて。
綺麗な朱色とも緋色とも言えるサマーセーターのとろんとした肌触りに惹かれた。
洋服なんかもう山ほど持ってるはずじゃなかったの?
そのセータはバーゲンではないのよ。。(わかっている。。って。)
と思いながら、手にとって勘定場に持って行った。
安いもので、一シーズン着たらいい。。程度のものだったが。。。
帰ってハンガーに吊るして見たら、春の色が。。。部屋までを明るい感じにする。。

マルシェで、このセータと同じ色合いのチューリップが並んでいた。
明るい色に惹かれて。。
夫の祥月命日の献花に使うために買った。
河に離すとゆらゆらと春の色が流れて行った。

f0221050_07160495.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-05 07:20 | 季節感 | Comments(4)

氷と。。(暮らし部門)

f0221050_07473740.jpeg

f0221050_07480915.jpeg


f0221050_07482651.jpeg


気温は零度のあたりを行ったり来たりしているが。
夜半にはもっと低くなっているのだろう。。
ベランダの植物も。
水っぽい金蓮花はとっくに駄目になり。
まだかろうじて生きて?いたパセリもぐんなりし始めた。
如雨露の凍った氷を、子供たちのようにつついてみたがビクともしない。
横に置いたボトルは半分かた凍っていた。

寒くて長くはベランダにも居れなくて。
台所に瓶を持って入り。ガシャガシャした氷をコップに入れてみた。
意外と大きな塊で、全部は外に出てこない。
瓶の上部を切って氷を出した。。(子供達と同じ遊びをやってる。。)
とんがったり薄かったり、透き通ったキラキラの綺麗な氷の塊だが。
植木にやるために風呂の残り湯を入れた水だから。
まさかウイスキーのロックには使えない。。

子供の頃。
冷え込む予報の出た前夜。
祖母がお茶碗に水を入れ、庭の木下に置いて凍らせて。
翌朝、茶碗の形に凍った凍りをガリガリ齧ったことがある。
2度目に砂糖水でやったら。
砂糖と水が分離して、シャーベットにはならなくて。。
残念に思ったことも。
水が凍りかける途中で攪拌するなんて知らなかった。。時代が懐かしい。


f0221050_07484291.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-20 08:06 | 季節感 | Comments(4)
f0221050_09144296.jpeg

f0221050_09150627.jpeg


f0221050_09195674.jpeg

零下2度。
今年一番の寒さ。。。が毎日どんどん更新されてくる。
ベランダの如雨露の中に入っていた水も凍り出した。
道も凍てつき、歩くとザクザク音がする。

この寒さの中をわざわざ公園に出かけたわけではない。
1月11日からハンドボールの国際試合が始まっている。
入っている少年リーグから入場券をもらった孫と友達を、
試合の行われるベルシーの会場まで連れて行った。
さすがに国際試合、ものものしい警戒態勢が取られていて。
警官も山ほど出ている。入場までに3度も持ち物や衣服の検査をされて。
撮影も禁止されていた。

その帰り道。
会場のすぐ側のメトロは混雑していて乗れそうにもない。
一駅、歩かせることにして、公園を抜けて行くことにした。
ベルシーの公園の中に、セーヌ河から水を引いた人工池や小川が作られているのだが。
その小川が凍っていた。
枯葉が沈んで綺麗だなと写真を写していたら、
子供たちが何を思ったのか。落ちていた木ぎれで、氷をつつき出した。
水が循環されている場所は溶けていて、氷もゆるゆる動く。
ある程度の大きさになった氷の塊を、腹ばいになって取り出す。
水の中に落ちないかとヒヤヒヤしてる私のことなど知らん顔して。
熱心につついては氷の塊を掬っている。どんどんエスカレートもして。。
もう帰ろうと言っても。「もうちょっと。もうちょっと」と止める気配がない。
この後5時からのハンドボールの練習日でなかったら。
いつまでやっていただろう?と思えるほどの。。。でも楽しそうだった。

f0221050_09232337.jpeg


f0221050_09245463.jpeg

f0221050_09352183.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-19 09:56 | 季節感 | Comments(6)
f0221050_07332499.jpeg

f0221050_07264155.jpeg

f0221050_07260719.jpeg

今年一番の寒さになった。気温は零度。
夕方からふわふわした雪も降りだして。。
実は雪が降るのを心待ちはしていた。
深々と音もなく降る雪も好きだし、
積もれば写真も写せる。。なんて厚かましいことも考えていたのだが。
如何せん途中から霙に変わってしまった。べちゃべちゃした霙は写せないと毒づく。
しかも夜半になってもっと冷えて凍ったらそれこそ足元が危ない。
犬を飼っていた頃は、
朝6時に起きて排泄に外に出た時、つるんと滑らないかと。
こんな凍える日は恐ろしかった。

暖房は反対にガンガン入っていて。
暖房器の上に物を置くとあっという間に干からびる。
大根や林檎を干して美味しくなったのに味をしめて。
トマトも干してみた。
2日ぐらいでかなり乾く。数が減っているのはどんな味になっているのかと
私がちょいちょいつまんで味見するからだが。
夕方来た孫が見つけて、トマトなんか大嫌いといつもは食べないくせに
つまんで「このトマトは美味しい」と3切れも食べてしまった。
乾物は味が濃縮されるからなあ、と思いながらまた足して、乾かしている。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-16 07:44 | 季節感 | Comments(6)
f0221050_07495886.jpeg

f0221050_07501777.jpeg

f0221050_07503475.jpeg

霜を写しに行った。
昨日も今日も朝から晴れて、気温こそ3度と低いが。
予報で夜半は零下5度と出ていたから
きっと霜も降りているだろう。。
きらきら光る陽の下で、
「小さな森の散歩道」の斜面なら、毎年落ち葉に粉をまぶしたような霜が見れる。
靴下を2枚履いて、
クリスマスプレゼントにもらった薄手のダウンジャケットをコートの下に着込み。
手袋もはめて。帽子もかぶり。完全防備で出かけた。

あの綺麗な落ち葉に積もる霜がない。
斜面の落ち葉はすっかり掃除されて
ちっとも綺麗に見えない芝生だけに霜が残っていた。
「せっかく来たのに」とぼやいても仕方がないが
勇んで来ただけにがっかりしてしまった。
悔しいから、芝生の霜に私の影を写した。
さすがに3度、1時間も歩くと凍える。。

帰りにパン屋で1月6日に食べる「公現祭」のギャレット(アーモンドパイ)を買って
ちょっと膨らみすぎて不細工な形と思いながらも
近所のパン屋にしては味も良く、あったかなミルクティと一緒に食べました。


f0221050_07504847.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-01-07 07:55 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_09352096.jpeg

f0221050_09381429.jpeg

今年のクリスマスは家族だけでこじんまりやることになった。
息子の家で、何を食べたいと聞かれたから。
生の牡蠣をリクエストしたら。孫は鉄板焼きがいいという。
「ええ?クリスマスなのに。。」「簡単だからそれでいい」と息子たちはいう。
そんな風にメニューが決まり。。

私はいつものように薪型のケーキ(ビッシュ・ド・ノエル)を焼いて行った。
知人にさしあげる予定で今年はロールケーキを2本焼く。
蜜柑のオーナメントから思いついて。
ケーキの飾りもマジパンを使わずに、昨夜からオレンジの皮を切り抜いて干しておいた。
ロールケーキをまず焼いて、
薪に見えるようにクリームもカスタードをカカオ90%のチョコレートで染める。
コーティングはオレンジが目立つように白いチョコレートを溶かして塗った。
彩に緑が欲しかったからベランダのローズマリを摘んでのせ。
ローソクも持って行ったのだが、花火を買ってあるからと花火を灯し。
ぱちぱちと光る花火はロールケーキも綺麗に見えて。
演出効果になったねとみんなで笑って食べました。

f0221050_09375325.jpeg


f0221050_09553992.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-25 10:04 | 季節感 | Comments(2)
f0221050_10245120.jpeg

花屋やスーパの入り口に生の樅の木が並びだした。
年々規模が小さくなるのは。
飾って入いる間に葉がバラバラ落ちて部屋を汚すし。
終わった後の始末が大変だからと言うこともあるが。
近頃の自然保護?の傾向から、買うのは憚られる様なこともあるのだろう。

カポティの「クリスマスの思い出」のような
森へ行ってしっかりと大きな木を見つけて切り出した誇らしさはもう夢かと
ちょっと寂しい気はする。
側を通って樅の木のいい匂いがすると私も本当は買いたい気持ちも残っているのだが。
今まで何十年かの間に根付き樅の木ですら何本も枯らしたことを思うと。
やっぱり辛抱しようと。売り場の樅の木を恨めしい気持ちで見ながら、買わないでいる。
花屋のは今年1m50で50ユーロだった。


f0221050_10243198.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-08 10:31 | 季節感 | Comments(0)

影の映る季節。。。

f0221050_08173613.jpeg

f0221050_08183256.jpeg

ベランダから見えるビルに、市庁舎の影が映る時期になった。
12月から2月までの間、時間にしたらほぼ30分の間にだけ映る。
どんどん映る時間も変わっていくし。影の場所も低くなっていく。
しかもよく晴れなければ映らない。
そしてまた。何かをしていてついこの時間を忘れて。
ああ通り過ぎた後だったと悔しがることもままある。

午前9時37分
嬉しいように晴れ間になったこの日は映り出す前から、
影が入ってくるのを今か今かと待っていて。
刻々と動くのを写していく。。とは言え、ずーっとベランダで待っているのも寒いから。
時々部屋に入って台所の写り込みを写したり、ちょっとお茶を飲んでみたり。
横のビルのあちこちにどこかの窓ガラスからの反射だろう。
光の点がまるで踊っているかのようにキラキラ光るのを面白がったり。
ベランダのまだ青々しているパセリの小さな鉢を写したり。。して30分間待っていて。
通り過ぎる直前の右端まで影が来たのは10時だった。

午前10時5分。
先週から始まったこのビルの塗り替え工事の人たちが足場をスルスルと上げて働き出した。
何年も写している影だけれど。
こんな工事をしているのも稀だろうと思いながらそれも一枚写した。

f0221050_08195681.jpeg

f0221050_08202965.jpeg

f0221050_08181243.jpeg

f0221050_08185491.jpeg

f0221050_08190838.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-07 08:43 | 季節感 | Comments(2)