煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:住む( 64 )

贈り物?

f0221050_09234633.jpeg

2ヶ月ぐらい前に電力会社から手紙が来ていた。
電力の消費量を少なくするためにLED電球に変えることをお勧めする。
試しに電球を送るから使ってみてくれという趣旨が書かれていた。
「ふーん。電力会社もやるなあ」とは思いながらも、
本当に送ってくるかどうか半信半疑でいた。
それがまさかでなくて本当に送って来た。

我が家の電球は4、5年前にほとんどLEDには変えている。
経済効率からだけでなく
80%を原発に依存しているこの国の
わずかでも電力消費量が減った方がいいだろうぐらいの気持ちから変えたのだが。
LED電球も使い始めて、出始めた20年ぐらい前に比べるとかなり進化?していて。
以前は電灯を灯した時に薄暗くて侘しい感じがしたのに。
近頃のLED電球はその侘しい?時間が少なくなった。

実際にLEDに変えてみて電気の使用量が減っているかどうか。
いい加減な私にはわからない。。
電気にかかる税金が値上がりしても電気料金がそうも上がらないところを見ると
幾らか効果はあるのだろう。

それにしても電力会社の自由化に伴う競争意識なのか?宣伝効果なのか。
電力会社も電球を送ってくるなんて。。ちょっと粋なことをする。


[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-17 09:28 | 住む | Comments(0)

ベンジャミンの葉を。。

f0221050_07480112.jpeg

冬時間になったから。。と言うだけでなく日はめっきり短くなった。
朝からどんより曇っていたせいもある。。
朝晩の気温も10度を切ることもあるがまだ暖房は緩くしか入らない。

本格的に暖房が入る前に気になっていたベンジャミンの葉刈りをした。
挿し木から植えて30数年。貫禄だけは?ついて。
「ええっ本当に挿し木でこんなに育つのですか?」と言われることも多いぐらいに。
部屋の中にどっしりとはしている。
ただし見かけだけで。風通しの悪い内側は枝も細いし葉も黄ばんでいる。
もっとすっぱり切り詰めるとしっかりした葉が出るかな?と思うけれど。
もしも新芽が出なかったらと毎回恐る恐る刈るので。
なかなか内側までびっしり葉が茂ることはない。

ま。それでも冬支度というか。。。来年の春の新芽の綺麗さを想像して。
これぐらいが限度と思えるようには刈った。
刈り取った葉っぱを集めてみたら大きな袋にびっしり。。
葉や枝から出た細々した埃も掃除機をしっかりかけて。。
さて、これで恒例の?冬支度にはなったかな。

f0221050_07481348.jpeg

f0221050_07544271.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2017-11-05 08:05 | 住む | Comments(0)

水難?

f0221050_07071429.jpeg

外は一面の霧。真っ白な向こうに建物が薄っすら見える。。
「霧の後は晴れる」と言うのに。。
正午になっても晴れない。外に出たらもう今にも降り出しそうな空模様。。
しかも気温は低い。冷たい霧の靄のようなものが辺りに漂っていた。

空模様と同じで。。家の中も「水難」に見舞われて。鬱陶しい一日だった。
昨夜8時を過ぎた頃、洗濯をしようと物置の扉を開けた。
「床がぐっしょり濡れている」
洗濯機が潰れたのか?排水がおかしいのか?
古い絨毯を敷いた床は雑巾で拭いて様子を見ることにした。
洗濯機の保証書を見ると買ったのは2004年。
13年も経てば潰れることもあるか?と思いながら。
ヴァカンスに出かけている息子に電話をかけて様子を話す。
「金曜日に帰るから。帰ったらすぐに行くわ」
洗濯機の故障だと思い込んで。洗濯さえしなければ水も漏れないだろうと
思ってはいた。。
ところが10時過ぎにまた扉を開けた。前よりひどく床が濡れている。。

給水管から水が漏れているに違いない。。
でも洗濯機の横の水道管は洗濯機を動かさないと見られない。
きちきちに物置に入れてある洗濯機。私一人では重くて動かせない。
どうしよう?でもこの時間に騒いでも仕方がない。
翌朝の管理人室の開くのを待つことにして。
床を拭いたり、濡れた雑巾をゆすいだり。
工事をやりやすいように洗濯機の周囲の物を移動して。

午前9時。管理人に詳細を話して見てもらう。
きてくれたのはいいけれど「重たい洗濯機だの。腰が痛いの。一人では無理」と文句を言いながら、
渋々?少し動かして、水道管の継ぎ目から水の漏れが見つかり。
元栓は閉めて水道屋に連絡することになって管理人は帰った。。
水漏れこそなくなっても今度は台所の水が出ない。。ま。お湯が出るからいいか。。

午後6時。管理人と水道屋2人がやってきて。
洗濯機を外に出して。水漏れの部分を調べる。
継ぎ目に入っているパッキングの消耗が原因だった。。
一昨日の夜中11時から翌朝の6時まで何か工事をするのか建物全館の水道が止まっていた。
給水を閉めたり開けたりすると、加圧が原因なのか、時々こんな水漏れが起きる。

たったこれだけのことでも「あたふた」した2日間。
床一面はぐっしょり濡れて。。置いていた段ボールにはいくらか被害は出ても。。

でも。。経験と言うのか。何度もこう言う場面に遭遇していると。
人間って慌てないものだなあ。。と
パニックにならなかった自分自身がちょっと可笑しかったぐらいです。

洗濯機の故障でなくて。。今夜も洗濯はできました。


f0221050_07072993.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-10-27 07:22 | 住む | Comments(2)
f0221050_08225985.jpeg

f0221050_08231508.jpeg

秋から冬へ。。
居間のソファのカヴァーをアイボリーからブルーに変えた。
冬支度という感じでもないが。。
カヴァーやクッションを変えるだけで。部屋の雰囲気が少しは変わる。
衣替えのようにきっちり時期を決めて変えているわけではないけれど。
8ヶ月に1度ぐらいの割では変えていると思う。
アイボリーの白さも夏を越すとなんとなく薄汚れた感じが残り。
そろそろ洗濯の時期でもある。。
濃いブルーに暖かさを添えたくて。クッションもウールのカヴァーにした。
たったこれだけのことでも。
「あら、カヴァーを替えたのですね。」と夕飯を食べにきた人が。。
「たまに変わるといいですね」と言われると。
面倒でも替えてよかったかな。。なんて思う。

一人がけの椅子の方も、10年以上も使っていて。
この椅子もベージュからチェックにかけ替えたが。。
カヴァーを出して見ると、
直射日光に当たる部分が日に焼けて縫った時に比べて色が少しは変わってきている。
そろそろ縫い直しの時期かな?とは思いながら。
布を椅子に合わせて継ぎはぎしながら縫っていく複雑な面倒さに。
いささか気も引けて。。まだ使えるしなあ。。と言い訳もしながら。
ちょっと怠けたことも考えて。。。逡巡したりしています。


f0221050_08232698.jpeg

f0221050_08234213.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-10-16 08:25 | 住む | Comments(0)

毎朝の。。

f0221050_06061904.jpeg

f0221050_06060539.jpeg

朝目が覚めると。。まだ気分はうつうつとしていて。
まどろむような。。。まったりした時間がまた至福の気がして。
さっさと起きればいいのになあ。。とちょっと気も引けながら。
まだうつらうつらを続ける。
朝焼けに揺れる葉っぱを眺めたり。曇れば雨音に耳をそばだたせたりもしながら。
思いに耽ると言うか。。。とりとめのないことを色々考えて。。
また幾らか時を過ごす。

起き出して。布団を半分折りにしたまま。
扉を開けて。外の空気を吸い込んで。
寝ていた体温がすっかりなくなる30分ほどは布団もそのままにして。。
冷蔵庫を開けて水を飲んだり。濾過器のブリタに水を入れたり。。
昨夜干した洗濯物をたたんだり。。。。
そこはかとなく動き始める。

毎朝。儀式のようにベットメーキングをするようになって。
万年床とは違うことに気がついた。
布団を一旦広げてちょっと振ってから。きちんとたたみ直して、ベットカヴァーをかける。
たったこれだけのことだが。
埃がはるかに少なくなった気がする。
お二階と呼んでいたロフトに寝ていたときは起きてもそのままほったらかしだった。
きちんとベットメーキングをするのもちゃんと効用があるのだ。
と今更ながらに気がついて。。
儀式のような毎朝の日課も楽しみになっている。


f0221050_06063068.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-08-13 06:28 | 住む | Comments(0)

朝焼けの。。

f0221050_07212360.jpg


f0221050_07214733.jpeg

午前6時30分。
久しぶりに部屋のあちこちが朝焼けに染まる。。
夏至からひと月あまり太陽の角度も、輝きもいくらか変わってきたのか。
同じ朝焼けでも6月のギラギラした赤さよりわずかに淡い色を伴う。
薔薇色に染まる壁の色合いにも、
木の葉に映るほのかな朱鷺色にも。。
ピンボケになった天井の抽象的な形にも。。
薔薇色から緋色に変わっていく壁の色にも。。
ああなんて美しいのだろうと。見続けている。。
刻々と変わる光の饗宴を。。たった10分か20分ほどのことながら
うっとりとする。。
なんとも幸せな時間だった。

f0221050_07220756.jpeg


f0221050_07225243.jpeg


f0221050_07222454.jpeg


f0221050_07355218.jpeg


f0221050_07230244.jpeg






[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-27 07:44 | 住む | Comments(0)

パソコンの横に。。

f0221050_07440962.jpeg


f0221050_07434583.jpeg

f0221050_07583858.jpg

寝室のベットの横に、パソコンを置いている。
改造の最後に残した本棚の下の写真やメモをごちゃごちゃ貼ったパネルの前に。
写真を入れたアクリル板や額のガラスに。
ベランダの明るさを受けて。映り込みが写っていた。
あいにく曇りで、はっとするほどの輝く綺麗さではないが。。
それなりにこんな落ち着いた色目もいいなあと眺めていた。
もうちょっと角度を変えてみたら。。どうなるかしら?と思いながら何枚か写していたら。
バサバサッと大きな音がして。
窓から見えるガマズミの樹に大きな山鳩が乗っかっていた。
さすがに山鳩。おっとりした顔をして土鳩のようなこせつきがない。
キョロキョロ、何度か枝の下にも潜り込んだりして。。20分近く遊んでいた。
鳩も映り込みを眺めていたのかしら?

そういえば半月ほど前のよく晴れた朝。
寝室のこの同じテーブルにバッチリ朝陽が当たっていたことも。。あったと。
探してみたらこんな写真も写していました。


f0221050_08052363.jpeg




[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-25 08:11 | 住む | Comments(2)

夜と朝の。。光景。

f0221050_19271699.jpeg

午前1時50分。
もう寝よう。。とカーテンをしめようとしたら。
ぽわっと月が上がってきた。まだほのかに赤っぽくて、幽玄なお月様。

f0221050_19273076.jpeg

f0221050_19274960.jpeg

午前6時40分。
ふと目覚めた。寝室のカーテンに綺麗な影ができている。
見るともなしに見ていて。
キッチンのカーテンの影の横には伸びかけたカボチャの蔓が。。
どんどん伸びるのもたくましい。

今日の予報では35度になるという。
カーテンを開けて、ドアも開けて、空気を入れ替え。。
戸棚の映り込みも写して。。

ついでに私も一枚。
もちろん、もう一寝入りしたのは言うまでもない。


f0221050_19280390.jpeg

f0221050_19281618.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-18 19:37 | 住む | Comments(0)

ブルーを増やして。。

f0221050_05440571.jpeg

f0221050_05442036.jpeg

ベットの脇の棚板をブルーに塗ってみた。
最初はテーブルの高さに合わせて、もう一枚テーブルと似た色の板を置くつもりだった。
見慣れてくるとこのままの高さにして、
白が汚れていたからブルーを塗ればいいかな?と試しに濃い色のブルーを塗ってみた。
2度塗りして、まだ刷毛目のまだらな部分が目立つ。
3度目を塗ろうと周囲に少し紙やすりをかけた。。
「あら。。ジーンズのストーンウオッシュみたい。。」
ついでだからと表面にもいくらかペーパをかけて。。白茶けさせて。。
塗りむらをわざと作って、手抜きをごまかす。
嫌になったら上に塗ればいいのだから。。と言い訳もして。

夕陽が塗りかけた板に映える。

f0221050_05443546.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-08 05:48 | 住む | Comments(2)

色を。。

f0221050_09461358.jpeg

f0221050_09484431.jpeg


部屋のベットメーキングをしたのはいつだったのだろう?
と思えるほどの長い間、「ロフトベット」なら中が見えないのを幸いに、
ベットメーキングをしないだけでなく、読みかけの本は積み上げる。
パジャマも脱いだらぽいと放り投げて。。ずっと暮らして来た。

ベットが下になるとそんなわけにはいかない。
起きたらまず布団をたたみ、ずいぶん前に作ったパッチワークのベットカバーをかけて。
パジャマもきちんとたたんで枕元に入れて。。。をここ数日繰り返している。
「見せる収納」とはこういうことが基本だったのだ。。と納得もしながら。。

ベットの柵の黒色を何色にしようか?とずいぶん悩んだ。
濃〜い緑もいいなあ?と思っていて。
色々なグリーンを思い浮かべてもなんだかしっくりこない。
ベットカバーやクッションの色から見れば
濃紺にするかと買いに行ったペンキの棚の前でまた悩みに悩んで。
名前の「ジーンズ」に惹かれてちょっとダークなブルーを選んだ。
でも「もしも」ということもあるかと少し濃いめのブルーもついでに1缶買って。
さて缶を開けたら、やたらこの色合いが明るい。。
明るすぎるかと恐る恐る塗って、乾いて見たら。。まあいいか。。
部屋が明るく見える。と自分を慰め。。
物入れの蓋の小さな部分は濃いめの青を塗ることにした。
これだけの色合いでも部屋がずいぶん柔らかな感じになって。
色が持つ不思議さにはちょっと驚いてはいる。

「趣味の領域」が「究極?の」になって完成した。
継ぎはぎ細工とか。パッチワーク風とか色々な言い方もあるのだが。
白色のほんの少しの色合いの差が陰影になって。
素敵な形になった。
もしもバスタブや蛇口から水漏れをした時に
下を覗けるように固定せず、パネルの持ち手になるようにマールイ穴も開けてもらえて。。
完全に「究極の仕様」に出来上がった。

息子が見て「おお。やりますね。しかも全部リサイクルというのが素晴らしい」
と褒めてくれたので「見せてやったんだから。。ちゃんと拝観料払ってよ」と
冗談を言いながら笑いあった。

f0221050_09462747.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-07-03 10:00 | 住む | Comments(6)