煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:空を眺める( 43 )

流れる雲と。。

f0221050_10584349.jpg

f0221050_11123622.jpg

f0221050_11193512.jpg
f0221050_1117738.jpg

ほんの少し気温が下がり、10度が切れて。
この冬初めて手袋をはめた。
それでも陽がさすとまだまだうららかで12月だなんてとても思えない。

ほとんど葉が落ちた百日紅の枝を見上げて、流れる雲を眺める。
もうちょっと大きい雲が通ればいいのに。。。とか
ふわふわした雲が流れてくるのもいいと思いながら。
見ていると
光琳や宗達も描くときはこんな風に木々や雲を眺めていたのかと。
絵の中に雲の枠取りや扇面を嵌めこんでいるのは
たんにデフォルメしているだけだと思ってはいたが
ひょっとしたら雲の流れを見ながら考えついたのかもしれない。。。と。
思えるような気がしてくる雲の流れだった。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-12-11 11:28 | 空を眺める | Comments(2)
f0221050_10395686.jpg

f0221050_10402592.jpg

f0221050_10413484.jpg

f0221050_10433298.jpg

冷え込む予報通りに昨日から気温が下がり
今日は日中も7度止まりだったが、
数日の雨続きの後の気持ちよく晴れた日曜日になった。
外に出るとさすがに風は冷たい。

公園には、「外に出よう・街に出よう」というスローガンのせいではないだろうが
普段通りに子供も遊んでいた。

ユリノキもすっかり葉が落ちて裸木になってはいたが
実が梢にびっしり残っていて
こんなに実が付いているのだから。花もきっと満開だっただろうに
その頃はちっとも気がつかなかったなんて思いながら
日没の少し前の柔らかな陽を受けて樹木と雲の織り成す景色は。
見ていても中々いい風情だった。

帰ってきた部屋はまた。あぁ綺麗と声をあげたいほどの
赤々とした夕焼けの照りはえが映り込み
いつもの自分の部屋でないような錯覚に陥りそうな光景になっていた。

そして夕方にはぽっかりと淡い月が。。。
自然はいい。。。。心が和む。
f0221050_10494449.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-11-23 10:51 | 空を眺める | Comments(12)

小望月と。。。

f0221050_5241641.jpg

昨夜の月は十三夜の翌日で「小望月」と言うのだそうだ。
中空に月が光り輝く。。。。
それにしても月の名前は趣がある。
毎日姿をかえる役得?のような名がついていて。
今日の満月も「望月(もちづき)」だし
いざよい(十六夜)や立ち待ち月、居待ち月。寝待ち月。。。
平安時代の観月の日々が想像できそうな名が付けられている。

子供の時に読んだ童話に「月を欲しがったお姫様」の話があって。
月を欲しがる姫に、様々な見識者が月の取り方をあれこれと考えるのだが、
高い山のてっぺんまで登ったり、長い長い梯子を作ってみたりしても取れなくて。(そうでしょうとも)
結局 宮廷の道化師が姫に尋ねる「お月様ってどんな大きさ?どんな形?」
姫いわく「親指に隠れるぐらいのまーるい金色のもの」
早速それを金で作ってやると。喜んだ姫は首飾りにするのだが。
その後。大人たちは満月になったら、
月を取った筈なのにまたでているのはおかしいと姫が思うだろうと
夜になると宮殿じゅうにカーテンを張り巡らし姫を庭にも出さない。
何ヶ月かして何かのはずみで姫は庭に出てしまい。慌てふためく大人たちに
月を見た姫は「あら、お月様、また生まれたのね」
めでたしめでたしの話になるのだが。
私は子供心になんと楽しい「オチ」かと思った。。。
確かアンデルセンの童話だったような気がするのだが。。。

この日の夕焼けも素晴らしかった。
ビルとビルの谷間の細い細い間にピカッと太陽が挟まれて輝く。
日没が進むとともにどんどん色合いが沈んできて
今度は青い青い空が広がってくる。
写真を写してから、鳥が飛んでいたのに気付いた。
この鳥は一羽だったけれど。
時々100羽ぐらいのツグミらしき渡り鳥が群れなして飛ぶ季節になった。
でも鳥の群れは ああカメラ、と思う間に通り過ぎてしまう。

空はいつまで見ていても見飽きない。
f0221050_5395688.jpg

f0221050_542303.jpg

f0221050_5431947.jpg

f0221050_5435176.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-28 05:52 | 空を眺める | Comments(6)

朝焼けに染まる部屋

f0221050_4281391.jpg

f0221050_427199.jpg

f0221050_4312535.jpg

ここ数日。
靄が出たり曇ったり。雨が降ったりして毎日鬱陶しかった。
久しぶりの朝焼け。午前8時過ぎ。
随分朝のあけるのも遅くなった。
気温も一時の真冬を思わせる低さが和らぎ。
ベランダに出てもそんなに寒くない。温度計を見ると12度。
10度を切るのと切らないのでは随分違うなあと
風の柔らかさに気持ちも温められる気がする。
陽の昇る角度もかなり変わってきて。
夏のようにギラギラした感じはなくなった反面。
なんとも言えない穏やかな色合いが周囲を染める。
居間に映り込む光を様々な方角から見ていると時の経つのを忘れるほどだった。
f0221050_4505962.jpg

f0221050_4512547.jpg

f0221050_4524018.jpg

f0221050_4561652.jpg

f0221050_4565035.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-25 05:03 | 空を眺める | Comments(8)
f0221050_5593625.jpg

この2、3日嬉しいような夕焼けに出会う。
12階に住みだしてから。空のうつりかわりが本当に身近になった。
ベランダからは朝焼けが。時には三日月と明けの明星が輝くこともある。

反対側の作業部屋からは日没が見える。
秋分が過ぎて随分日も短くなり
日没は7時少し前から始まる。
場所も毎日少しづつ変わりながら沈むのだが
ああ太陽が沈みだす。。。と見とれている間に。空一面が茜色に染まっていく。
その間ほんの15分ぐらいだが。ずーっと見ていても見飽きることはない。
最初の4枚は昨日の空。
最後のは今日の7時。
空としては最後のがダイナミックかなと思いながら眺めていた。
できればこんな色合いに染めた着物を着てみたい。
f0221050_632144.jpg

f0221050_6537100.jpg

f0221050_64387.jpg

f0221050_685161.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-13 06:15 | 空を眺める | Comments(8)

秋の空

f0221050_8293182.jpg

f0221050_8273684.jpg

秋の空。。。。気温もすっかり低くなったし。
秋は長雨と言われるように毎日ほどに雨も降っている。

うろこ雲が空一面に広がっていた。
4階の部屋から見るとまた違う雰囲気だなぁと
息子の家のベランダから雲を眺めていた。
右側の白いしっくいの建物に小さなれんが色の煙突が並んでいる。
昔はパリの建物の象徴のような煙突だったが
新しいビルになると近代的な?ステンレスになってしまって
こんな可愛いれんが色の煙突は随分少なくなった。
今は街中では煙を出すことは禁じられていて
この煙突も空気抜きにだけ使われているらしい。

秋の気配といえば。マロニエがたわわに実をつけている。
路上に落ちてくるのも時間の問題だなあと思っていて、
果実は渋くて食べられないから落ちるままに捨てられているけれど
これがもしも栗のような美味しさなら競って拾うのかしら?と
変なことも考えてしまった。
f0221050_8384945.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-09-17 08:48 | 空を眺める | Comments(0)

また朝焼けの時間に

f0221050_951755.jpg

f0221050_9155745.jpg

f0221050_955736.jpg

f0221050_96502.jpg

f0221050_971174.jpg

今朝も6時過ぎに目がさめた。
日の出がずいぶん遅くなってきて 街はまだ夜の雰囲気が残っている。
うっすら朝焼けが始まり
きれいな「明けの明星が」が大きく輝いていた。
ヴィーナスの星と言われるだけあるなあ。と見とれる。
刻々と空も明けてきて
建物がはっきり見え出し。窓に朝焼けの色がうつりだす。
ちょっと眠たかったけれどちっとも飽きない光景。。。でした。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-09-04 09:17 | 空を眺める | Comments(4)

素晴らしい朝焼け

f0221050_712465.jpg

今朝の空も素晴らしかった。
寝室は鎧戸を下ろして眠る。
朝早くに目が覚めて、鎧戸の隙間にぽちぽちと赤い光が写っていた。
朝焼けだろうなぁと台所の窓辺に行くと。
光輝く真っ赤な朝焼けだった。
ちょうど太陽の上がってくる位置に低めのビルが建っていて
見ているまに建物に朝陽が近づく。
まるで王冠をかぶせたような煌めきだった。

あぁ 綺麗な光景。綺麗な空。

サロンの棚にも屈折した光があたってちょっと幻想的な色合い。
どちらかといえば私は夜更かし型で朝起きは苦手なのだが
こんな光景に出会うと、朝早くもいいなぁと思う。
もちろんそれからちょっと2度寝もしたのだけれど。
f0221050_752753.jpg


f0221050_76131.jpg


f0221050_764153.jpg


f0221050_7375439.jpg


f0221050_771871.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-08-02 07:10 | 空を眺める | Comments(2)

荘厳?な雲

f0221050_6572961.jpg

朝 6時半。
そろそろ陽が上がり始める時刻。
見ている間に、雲の下に薄っすらと朱鷺色の線が表れる。
雲の動きも刻一刻変化して。荘厳な?神秘的な感じさえしてくる。
わくわくでもどきどきでもない。なんと言えばいいのか。。。
ただただ見とれる。。。。。そんな空だった。

酷暑、猛暑と最初は騒がれた今夏。
日中はギラギラと暑くても
夜半は気温も下がり、熱帯夜にもならなくて久しぶりに「夏」を満喫はしている。
来週は最高気温が23度から25度になる予報が出ていて。
「夏」はもう終わるの? まさか。
30数年ここに暮らしていて。
いつも「もう少し暑くなるかな?」と思っている内に
夏が終わってしまうのがほとんどだから。  今年も?
f0221050_705830.jpg


f0221050_714526.jpg


f0221050_723360.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-07-25 07:13 | 空を眺める | Comments(0)

前夜祭の花火

f0221050_7593737.jpg

f0221050_814384.jpg

7月13日、革命記念日の前夜祭。
何十年か前に比べると、ずいぶん数は減ったが どこの街でもbalと呼ばれる舞踏会が催されて 今夜も夕刻から音楽がずーっと流れている。
パリ祭ですね。と言われるのだけれど。
物を売る屋台がでるわけでもなく。生の音楽でダンスをするだけのちょっと祭とは感じが違う気もする。
11時半になると、あちこちの街で花火もあがる。
12階のベランダからはこの街の花火だけでなく色々な街の花火も良く見え。
特に快晴の続いた今年の花火はパノラマ的に遠くまで見渡せた。
花火の写真は難しい。
ドーンという音がして、あっと思う間にもう花火は消えている。
無茶苦茶にシャッターを押したら、何枚かだけ写っていた。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-07-14 08:10 | 空を眺める | Comments(2)