煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:空を眺める( 50 )

日も長くなって。。

f0221050_07402534.jpeg


f0221050_07404475.jpeg


f0221050_07405653.jpeg

f0221050_07412435.jpeg

まだ気温は15度と。。初夏とは言えない冷たさだが。
日照時間は確実に長くなって。
午後9時になってもまだ明るさは残る。

暮れなずむ空に。ぽっかりとお月様が出ていた。
ここ数日曇り空ばかりで。
「ちっともお月様にも夕焼けにも会わずに。ずいぶん淋しかった」とぼやきたいぐらいの日々。
「もういつの間にかこんなに丸くなってたんだね。。」
と語りかけたい気もする。

夕焼けの方もバッチリと。ずいぶん角度は変わったけれど。
ビルが燃えるような光に包まれて。。。、ああ綺麗だと飽きずに眺め。
ついでにまたまた「好きやなあ。。。」と思いながら
私も映り込んでしまいました。

f0221050_07505492.jpeg





[PR]
by fusk-en25 | 2017-05-10 07:54 | 空を眺める | Comments(0)
f0221050_08251161.jpeg

f0221050_08245986.jpeg

f0221050_08252655.jpeg

久しぶりに朝焼けを見た。
朝の気温はまだ10度そこそこだが、
快晴の予報は出ていた。
日曜日の早朝。。午前6時。
空が白み出し、太陽が上がる数分前から、空の下が薄ぼんやり赤くなり始めるが。
もちろん街はまだ眠っている。

ああ、朝やけが始まるのだわと見とれていると。
その赤色の幅がどんどん太くなってきて。。。
ハット横を見たら、なんと綺麗な三日月も出ていた。。
この時間に星も月も朝焼けも一緒に見られるなんて。。なんと嬉しいことか。。

お茶を沸かしに台所に移動したら。
壁もほんのり赤く染まっている。。
いいなあ。。こういう色合い。。と変なものにまで感心して。。

その内にどんどん太陽が姿を見せ始める。
まるでドラマを見ているような朝だった。。

f0221050_08253808.jpeg


f0221050_08262221.jpg

f0221050_08263406.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2017-04-24 08:35 | 空を眺める | Comments(6)

春の嵐か。。

f0221050_07344965.jpeg

f0221050_07354025.jpeg

f0221050_07351991.jpeg

じゃじゃぶりの雨かと思うと。
ぱーっと光が差して来て。
晴れるのかと思う間もなくまた翳り。
強い風が吹き荒れて。
時々雷の音もする。。。春雷かな?

春の嵐と思えるような一日中変化の富んだ天気だった。
窓辺のガラスもその度に小さな雨水をポツポツつけたり
時々ザーッと真っ白になる程の雨水が跳ねる。

外に出る気になれないような空模様だったが。
内から見ている分には。陽差しもいくらか春を感じられて。。
雨粒もまた綺麗な光景だった。

[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-28 07:41 | 空を眺める | Comments(4)
f0221050_06543216.jpg

f0221050_06544755.jpeg

f0221050_06551126.jpeg

f0221050_06564961.jpeg

いい天気が続いている。
土曜だから大気汚染もないのか?
澄み切った空に。
夕焼けの鴇色の雲が、まるで羽根を広げたように浅葱色の空に広がっていた。
悠然とした雲だなあと思いながら見ていると、
本物の鳥もひらひら羽根を動かして通り過ぎる。
鳥だから羽根を動かすのは当たり前だろうが。。。
窓に映り込んだ建物が2重ガラスの所為で、なんとも楽しい絵柄になった。

日没の時間。。。真っ赤な太陽が華麗に沈む。
こんなものばっかりずーっと見ていて時が過ぎる。。。。
師走なのになあ。。色々することもあるだろうに。。。

先日、漬けた大根のビール漬けは好評だった。
「このお香こ。美味しいですねえ。ぽりぽりして。」
ちょっと「べったら」に似た味だったが。
糀の甘さとはまた違う。それでいてビールの嫌味も癖もなく。
それに味をしめて。また次の大根も漬けました。


f0221050_07042648.jpeg


f0221050_06553668.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-18 07:11 | 空を眺める | Comments(4)

月を愛でる。。

f0221050_08190046.jpeg

年納めの満月の昨夜。。
もう見事と言うよりほかない幽幻な月だった。
月の周囲だけに薄い雲がたなびき。ぽーと月が霞んでほんのり赤くも見える。
中に一筋濃い雲が絵になるような位置に。。来て。
平安時代の人なら一晩中でも月に見惚れ。
管弦を奏し、後朝の想いもしたのだろうか?
何百年も後に生まれた私には、
歌を返すこともなくただ一人、月に見とれる。。。

白菜のビール漬けその後。
味を見たくてたまらなかったから、
3日目に浅いのは承知で食べてみた。
書かれていたように確かに甘い。
ぎゅーっと白菜を絞ってレモンをかけたら。甘さが抑えられてスッキリした美味しさになった。
ただこの漬物。ビールを入れているだけあって、
当たり前だが発酵してくる。
塩漬けでは臭わなかった漬物の匂いが家中に満ちて来た。
嫌な匂いではないが、やっぱり部屋中にこもるとたまらない。
小さな瓶に入れ替えて、ベランダの出窓に置くことにした。

f0221050_08191350.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-16 08:29 | 空を眺める | Comments(4)

暮れなずむ空に。。。

f0221050_08101630.jpeg

f0221050_08103408.jpeg

f0221050_08105020.jpeg


午後4時50分。
薄暮とも黄昏とも呼べるような空に、ぽっかり三日月が浮かんでいた。
建物の下で見る月と12階から眺めるのとはまた違うなあと見とれているうちに、
暮れなずむ空が刻々とすみれ色の色合いの濃さを増す。
飛行機雲が飛び交い出した。
ああと思っている間にグングン近づいて来ては離れていく。
なんとも壮観なドラマを見ているような気がした。

階下の空はもうとっぷりと暮れかかって 街灯もともり始めたのに、
部屋に上がって見たら。まだ遠くに夕焼けが輝く。
そこにもまた飛行機雲が、ヒョンヒョンという感じで飛び始める。
今の時間は飛行機の発着が多いのだろう。
部屋の窓の角度からはまだ三日月は見えない。

午後8時50分。
とっぷり暮れた空に綺麗な綺麗な三日月が上っていた。
今夜の月の入りは9時40分だから間も無く沈むのだろう。
窓を開けるとキーンとした冷気に触れた。


f0221050_08110645.jpeg


f0221050_08254252.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-05 08:33 | 空を眺める | Comments(4)

夕方になって。。。

f0221050_10013717.jpeg

f0221050_09530114.jpeg


ポワポワとした朱鷺色の夕焼け雲が浮かんでいた。
市庁舎にも、遠くのビルにも、キラキラと落日の綺麗な光が映る。

朝から雲の多いどんよりした一日でいい加減うんざりしていた。
夕方になって空がぱーっと明るくなって来た。
なんだ今頃になって。。。とぼやいてはみるが
それでも青い空が戸棚に映っているのを見ては
曇っていたらこうも映らない。。。と嬉しがる。
丸い皿が並んでいるのがまるで「丸ビル」の変形に見えたり。
影なら随分私もほっそりと映るではないか。。。
これぐらい実際もほっそりすればいいのに。。などと
自分のふしだらを棚に上げて色々角度を楽しんだ。

f0221050_10090187.jpeg


f0221050_09531752.jpeg


f0221050_09440462.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2016-11-25 10:11 | 空を眺める | Comments(0)




f0221050_09503180.jpeg


寒さが些か緩んだ。
その分天気は悪く。しょぼしょぼした雨が終日降っていた。

夜遅く。
雲が多い空にほんのりと月が見える。
雲の流れがやたら早くて。月も出たり、隠れたりと忙しかった。

真夜中。
部屋に煌々と月の光が入ってきた。
空を見たらすっかり雲がなくなって。
朝から降り続いた雨のせいで。空気もしっとり。
窓を開けたら、いい匂いもする。今日の気温は12度だった。

そして私は終日編み物をしていたが
解いたり編みなおしたりを繰り返して。物は完成しなかった。。。


[PR]
by fusk-en25 | 2016-11-11 09:53 | 空を眺める | Comments(2)

夕焼けと三日月。

f0221050_09154198.jpeg

f0221050_09155951.jpeg

気温はいくらか低くなったが、秋日和は続いている。
しかも光線は日増しに柔らかくなって。
景色がどんど穏やかになってくる。
夕焼けの色合いも柔らかい。

午後5時50分
新月から3日目の細い細い三日月が、夕焼けの空に見え出した。
窓に映り込んだ月の淡さも、背景のビルの窓も幻想的で捨てがたい。。
月の入りが8時9分、
この時間までずーっと月は出ているのだろうに
頭から月は夜と思い込んでいる私には、
夜に見えない月なんて。。。なんだか変な感じはする。
昨日はもっと細い月を7時過ぎに気がついて。
ああカメラ。。。と取りに行ってる間に消えてしまった。

午後7時30分
夜の帳がとっぷりおりる。
やっぱりこの時間の月は美しい。
毎晩、月に声をかける。明日も出てくださいね。。。と。

f0221050_09161764.jpeg

f0221050_09221416.jpeg

[PR]
by fusk-en25 | 2016-11-04 09:26 | 空を眺める | Comments(6)

午前零時40分。。

f0221050_07202681.jpeg

f0221050_07232505.jpeg

f0221050_07215636.jpeg

ゆうべの月の出は午前零時40分。
パソコンに向かっていて、ふと窓を見たら
ぽかっと三日月をほんの少し膨らませたような赤い月が建物のすぐ上にあがってきた。
建物の近くに見える月は上空で煌々と輝くのより、より綺麗に思え。
半分の月でも光量はかなりあるとみえて 光を浴びた建物もいつもより幻想的な気がした。

その前夜。午前6時05分。
時間としては夜とは言えないが、まだ陽もあがってこず
空は真っ暗で「夜が長くなった」と思えるような明け方だった。
厚い雲に覆われていた空に一瞬だけ月が姿を見せた。
月も一瞬だったからか、雲の合間に。。たなびく雲に隠れるでもなく
ぼーっと霞んだり、またくっきりあらわれたりして なんとも幽玄な感じがした。
奈良時代や平安の時代の人たちは太陽より月を愛でた。
毎日毎日形を変える楽しみがあったからだろうか。。


f0221050_07234003.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2016-10-24 07:42 | 空を眺める | Comments(0)