煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:散策( 87 )

菊を眺めて

f0221050_7451386.jpg

f0221050_744840.jpg

f0221050_803332.jpg

もう3週間ほど前から。
街のあちこちの花屋やマルシェの出店に菊の鉢が並んでいる。
11月1日
Toussaint(万聖節)の墓参りの習慣には
鉢植えを携え、それもほとんどが菊の鉢を供える。
市役所や教会にも菊の鉢が飾られ。
その日は祝日になっていて、今年はあいにく日曜日と重なってしまったが
この時期の2週間。
学校も休暇になって それに合わせて親も休みを取ることが多い。

菊といっても日本の豪華絢爛で繊細な花と違い。
ごく普通の小菊が植わっているだけだし 
懸崖風には作られても「もうちょっとどうにかならないの?」
と言いたいような代物だが、それでも長年見慣れてくると
菊の花を見ただけで「toussaint」だからと、
季節感を感じるようになるからまた不思議なものだ。

よく晴れた午後。
近所の教会に菊を眺めに行った。
全くサマにならない花。なんてぼやきながら、正面?から裏に回る。
教会の道を挟んで裏手は墓地になっていて。
ここには流石に沢山の鉢が並べられ。壮観と言えないこともない。
ずいぶん教会行事が廃れてきたとは言え。
明日は墓地も人で賑わうだろう。

LIBERTEと書かれている扉は市役所だが
周囲の黄葉した菩提樹がガラスに映りこんでいて。
どちらかと言うと変な懸崖よりそちらの方に気持ちは惹かれた。
f0221050_8241419.jpg

f0221050_84365.jpg

f0221050_828192.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-11-01 08:28 | 散策 | Comments(6)

錦秋2

f0221050_4443391.jpg

f0221050_4462936.jpg

f0221050_4491513.jpg

先週はもう真冬か?と疑いたいような低い気温だった。
朝晩は5度から6度、日中も8度止まり。
今週になってそれが少し和らぎ。気温も12度前後になって。
たった3度か4度の違いでも風が柔らかい。

「錦秋2」
ユリノキの葉っぱが少なくなって「絵?」になってきた。
栗の木もイガが開く。
落ちている栗のあまりの小ささにこれでは小動物も小鳥も養われない。
まして人間は誰も拾わないとおかしかったが
秋の風情だけはたっぷり感じられた。
f0221050_4513195.jpg

f0221050_4524696.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-21 04:55 | 散策 | Comments(8)

秋の風情を薄とともに

f0221050_8455144.jpg

10年ぐらい前から。パリの公園に薄や草類が植えられ始めている。
おそらく2006年にセーヌ河畔に完成した
ケーブランリー美術館(musée du quai Branly)の正面入り口に
薄が植えられたのから流行し始めたのではないかと思う。
この美術館は欧州以外の地域の(アジア、オセアニア、南北アメリカなどの)
文明を展示していて
庭もその文明の背景となる故郷の植物が植えられている。
様々な草類が多いが中でも薄の叢は素晴らしい。私の好きな場所になっていて
美術館には興味がなくても庭には時々行きたくなる。

近所の公園も薄を植えていて
いつもなら今頃鬱蒼とした薄の叢になるのだが
今年は5月6月が寒く、8月の乾燥に伸びが悪いのか
中秋の名月に合うようには育たなかった。
それでも秋の風情はいくらか感じられる。
ちょっと外れたところに植わっていた秋明菊も
これぐらい雑然と咲くとまたいいものだなあと変な感心もしてしまった。

1枚目の薄と秋明菊は今年。
2枚目と3枚目の薄は2013年。
いつもならこれぐらいの薄の叢が10mぐらい続いている。
f0221050_914591.jpg

f0221050_94035.jpg

f0221050_951861.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-14 09:09 | 散策 | Comments(2)

錦秋?

f0221050_11474398.jpg

f0221050_1221366.jpg

ユリノキが黄葉し始めた。
近所の公園は作られて10年になるかならないかの新しい公園で
ただ広々としていて何もないと言う簡素な作り方が
かえって取り柄になっている。
8、3ヘクタールの広さの中ほどにずらっと並んでいるユリノキの黄葉は、
何もないだけに見事な感じがする。
錦秋とまでは言えないけれど、それなりの秋の風情が感じられて
葉っぱの変わり具合を時々眺めに行く。
もうちょっと葉っぱが落ちればもっと絵になるのに。。。。
と昨日も思いながら見ていて。
夕方遅くて空も暮れかかり黄葉に光が当たってなかったから
今日の晴れ間にもう一度見に行ったら
なんと管理人の?のストをやっていて公園がしまっていた。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-09 12:03 | 散策 | Comments(4)

うちのマルシェ

f0221050_8534169.jpg

家からマルシェが見える。
今の時期ならもう5時頃には店を出しはじめる音が聞こえる。
火曜日と金曜日の13時までに片付けるのが決まりにはなっていて。
12時過ぎに行くと、花なんかは投げ売りが始まり
それまで1束5ユーロで売っていたものが
2束5ユーロになったりもする。

野菜や果物に季節の感覚が少なくなってきたとは言うものの
やっぱりこの時期しかないないものも出てきて
昨日はプラムや葡萄が多かった。
このマルシェは普通の?というと変な言い方になるが
特別高級なものも珍しいものも置いている店がなくて
ごく一般の庶民が買うマルシェで面白みはないのだが。
それでもスーパで買うよりは
人と人との呼吸のようなものは感じられるから。
時々眺めるだけにでも行ってみる。
行けばやっぱり何かをちょっとは買う。。
昨日も胡桃を1kg 無花果やズッキーニも買ってきた。

どこのマルシェでも男の買い物客の方が目立つ。
実はスーパでも肉屋や魚屋でも男の客の方が多いし。
料理の仕方をあれこれは話すのも男の人の方が多い。
美食の伝統?とまでは思わないが流石にそれだけは
ブリア・サヴァランの国だからなあと思ってしまう。
f0221050_971910.jpg

f0221050_954932.jpg

f0221050_984624.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-08 09:12 | 散策 | Comments(8)

ヴァンセンヌの森にて

f0221050_7575660.jpg

室内にうっすら暖房が入るようになった。
長い冬が始まる。。

先週 孫が8歳になった。

日曜日の午後。子供たちの誕生会は
ヴァンセンヌの森でピクニックをすると言う。
マフィンを焼いて持って行った。
チョコレートと林檎を12個づつ。8の数字はマジパンでくっつけた。
嫁も昨夜から色々なお菓子を焼いて食べきれるかしら。と笑う。

参加者は女の子が1人と男の子が7人。
ボール一つで、まるで犬ころのように
コロコロかける。

おやつを食べてから
嫁がスプーンをくわえて競争する遊びを提案した。
みんな真剣な顔をしてそろそろとボールを落とさないように歩く。

2時半から6時までの4時間。
食べている時間以外は、ずーっと走り続けていた子供たち。
今夜は早く眠るだろう。
f0221050_855726.jpg

f0221050_862370.jpg

f0221050_8164656.jpg

f0221050_87475.jpg

f0221050_881579.jpg

f0221050_8185218.jpg

f0221050_8151387.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-10-05 08:19 | 散策 | Comments(4)

秋色のウインドゥ

f0221050_9201027.jpg

f0221050_9213688.jpg

秋晴れが続いている。
日中の最高気温も20度そこそこになって。
部屋の扉をあけていると。2ブロック離れた小学校の昼休み。
子供達の歓声が風に乗って聞こえてくる。
新学期が始まったなぁと思いながら聞く。
なんとなく頬が緩みそうになる気分。

緑陰のマロニエ並木を前にも写したけれど、
ほんの少し傾斜があるこの道の中程の小さなスーパ「モノプリ」のウインドゥは
外から見える野菜や果物と写り込みがあいまって好きな光景。
並木の色が変わるたびに写したくなる。
先々週も並木がもう秋色になってきたなぁと道行く人を眺めていて。
やっぱりウインドゥも写した。
下の1枚目は今年の秋。2枚目は新芽の出かけたマロニエ並木。
3枚目が去年の秋、この年のマロニエの黄葉が一番さえている?
昨日またこの道を通ったら大気が乾燥しすぎたのか
葉っぱがほとんどなくなっていた。
f0221050_9264096.jpg

f0221050_9281422.jpg

f0221050_9304425.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-09-12 09:39 | 散策 | Comments(4)

パリ郊外のAntonyにて

f0221050_8194617.jpg

f0221050_8202261.jpg

昼過ぎに歯医者に。
先週 何かを食べていて、奥歯が欠けたらしく小さな破片を見つけ
ひどくなる前にと 慌てて治療をしてもらいに行った。

パリ郊外のAntonyでイラン人の友達が開業している。
家からメトロと高速郊外電車(RER)を乗り継いでも行けるが
今日はバスを2回乗りかえて45分。
天気もいいしメトロより外が見えるのがバスの利点だなぁと思いながら
バス旅行気分で乗っていた。
ちょっと早めに出たから、向こうで待つよりぶらぶら歩くのもいいかと
一駅手前で降りて歩いていたら面白い光景にであった。
交通標識が壊れたのか 古くなったからか 建て直している。
写真を写そうと近寄ると、職人たちが「あまり近づくと危ないよ」なんて冗談ぽく言って笑う。
5分もしたら抜けそうな青空に標識が収まった。

綺麗な空にも見とれていて、歯医者の建物まできて上を見たら
何か屋上からのぞいている。こんなところにもはえているのか。
植物はたくましい。
f0221050_840673.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-09-02 08:42 | 散策 | Comments(2)

自転車道路

f0221050_7505438.jpg

f0221050_744077.jpg

f0221050_7484451.jpg

昨日は終日雨が降り、しかも気温が15度。
まだ8月というのに。。なんとも肌寒い。鬱陶しい。
2ヶ月間乾燥続きで一雨欲しいとは思っていても。
空をながめてはちょっと恨めしい気持でいた。

今朝起きたら、昨日と変わっていい天気。
雨上がりで空気もしっとり。
晴れただけで爽やかと思えるのだから人間は本当にいい加減。
メトロで3駅のアジア人街に 買い物にも行く気になって。

パリ13区と言われるアジア人街の横に、
素敵な自転車道路が走っている。
プラタナスの並木に囲まれ、横に路面電車が走る。
誰か自転車に乗って通らないかな?
そんなときに限って中々誰も通らない。
イメージ的には可愛いファッショナブルな女の人がいいなと思ったのだけれど
男の人しか通らなかった。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-08-29 07:52 | 散策 | Comments(0)

パリ・プラージュ

f0221050_10264237.jpg

7月20日から始まった、パリ恒例のパリ・プラージュ。
岸に5000トンの砂を入れて、夏っぽい植物も配置。
ピーチパラソルを立てるとそれらしい雰囲気になってくるから不思議。
セーヌ河で泳ぐのは禁止されているけれど
海辺でも泳ぐより寝そべる方が好きな人たちだけあって
思い思いの格好でリラックスしていました。
今年は例年より天候もよくて、河面もキラキラ輝き
気温も30度とかなり夏っぽい様相に
2002年から始まったこの催し、すっかり定着もしている様子。
自動車道路を閉鎖しているから大気汚染もいくらか緩和されているかな?
f0221050_1042676.jpg


f0221050_1043519.jpg

[PR]
by fusk-en25 | 2015-08-11 10:44 | 散策 | Comments(0)