煌めく光の中で


by fusk-en25

カテゴリ:未分類( 4 )

f0221050_08272938.jpeg

シードルを開ける。
豚肉のキャベツ煮込みを仕込む味見のために。
1杯だけ飲んでみたら辛口のすっきりした味でコクもある。
キャベツや玉葱。林檎も千切りにして。
鍋にたっぷり目のオリーブオイルを入れて
玉葱がきつね色に炒まったら、キャベツや林檎、豚肉もサッと炒めて
材料の半分ぐらいまでシードルを注ぎ、軽く塩胡椒もして。生姜の千切りも加え、
中火にかけて約40分。
ふつふつとキャベツがまろやかな匂いがしてくると。
夕飯まで火を止めて蒸らす。

前菜のサラダにビーツとフェンネルをレモンとオリーブであえて。
デザートは炊きたてのオレンジママレードをリコッタチーズに添えて食べた。
久しぶりに友と食べた夕飯。
おしゃべりも弾んで美味しい時間のひとときに。

f0221050_08303500.jpeg


f0221050_08294592.jpeg

f0221050_08300245.jpeg

f0221050_08292984.jpeg


f0221050_08390392.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2017-02-16 08:41 | Comments(6)

赤い帽子を編んでみる

f0221050_09151820.jpeg

窓辺に吊るす飾りは柑橘のオーナメントを作ったから。
松ぼっくりに帽子をつけて
去年まで飾っていた唐松の小さな小人より、
もう少しずっしりしたものを作りたいと考えていた。
森で拾った松ぼっくりに赤い帽子をかぶせよう。
フェルトか古いTシャツの端切れで帽子を縫うつもりだったが
どちらも思ったような色合いがなくて、赤い毛糸で編むことにした。
赤ん坊の帽子と同じ要領で編み始め
先っちょがとんがったらいいなあなんて考えながら細長い三角形に編んでとじる。
中に太い目の赤い毛糸を入れて、顔らしきものも最初はコットンにするつもりが、
それではなくなりそうで、モヘヤの白い毛糸をぐるぐる巻いてくっつけた。

リースを作るつもりでベランダから切って来た蔦の中に置くと
「サンタというより森の小人ですね。。。」と言われるが。
それでもちょっとクリスマスのイメージにはなったかな?

f0221050_09163358.jpeg



[PR]
by fusk-en25 | 2016-12-13 09:26 | Comments(4)

初めてのヴァカンスは?

f0221050_07560065.jpg

長い夏のヴァカンスも半分以上は過ぎた。
8月になってかなりの店が閉まって 街中は毎年のことながらひっそりしている。

2ヶ月以上もの夏休み、子供たちこそ丸々休めても
大人たちは3週間から4週間ぐらいしか休みは取れない。
残りの時間を過ごすために学童保育の延長のような施設をどこの市町村も用意していて。
私の住んでいる街はパリから50km離れた森の中に古い城館を持っている、
朝9時に学校に集合すればバスが迎えに来て昼ごはんもおやつもくれて、
一日中森で遊んで、夕方6時にバスでまた学校まで送り届けてくれる。
それ以外にも1週間ぐらいの設定で行うキャンプ地や山の家も持っている。

ここに住み始めたのが1979年の6月だった。
6歳の息子を7月8月の2ヶ月間、朝9時から夕方6時まで森の城館で預かってくれる市の施設に入れ。
付き添いの人たちに住み始めたばかりで息子は何もわからないと説明もして。
息子自身はまったくフランス語を知らなかったから「トイレはどこにありますか?」だけを教えた。
迎えに来たバスに乗って意気揚々と出かけて行って。
どんな風になって帰ってくるかと思ったら。
世話をしてくれる大人たちに囲まれて「この子はチーズをたくさん食べた」と言われた。
3日も経つとすっかり馴染み、友達もでき始めたらしい。
まるでインディアンというような格好をして帰ってきたこともある。
時々行く前にしょげる顔をすることもあったが、そんなことには頓着しないことにして、
2ヶ月間月曜から金曜まで休まず行かせた。
だから後に続く小学校もそんな調子のまま なんとかクリアできたのではないかと思う。

施設は市が主催しているから費用もそんなに高くなく。
しかも親の収入に応じて値段が決められて、どんな子供でも参加できるのがいい。

夏休みの始めに市が今年のプログラムもしっかり用意していると
案内のビラが貼り出されていた。
子供だけでなく大人たちや老人向けにも用意されていて。
酷暑対策なんかもあるようだった。

f0221050_08032452.jpeg
f0221050_08110534.jpeg


[PR]
by fusk-en25 | 2016-08-12 08:26 | Comments(8)

残り物。。。

f0221050_6243632.jpg

お客をする時 食べ物が足らないのは嫌だからどうしても少し余分に作る。
夫は2度続けて同じものを食べるのを嫌がった。
しかもうちは3食を家で食事をしたから
残り物を次の日に食べる習慣はほとんどなかった。

一人になって、昨日の残り物があるのは便利だなと思うようになって。
私一人だけの食事にもちょっと多い目に作ってみたりもする。
毎回色々なものを作るよりも冷蔵庫を開けて。
ああ今日はこれがあると思えるのも気楽な気分になれると気がついた。
それでも煮物などは別として、単に残り物をそのまま食べるのはやっぱり侘しい。

昨日も友達と夕飯を一緒に食べて
ジャガイモとベーコンの天火焼きが残った。
今日はそれに玉ねぎの薄切りをオリーブオイルで香りが出るまで炒めて。
ジャガイモとベーコンの大きさを半分にして、こんがりと焼き
出来上がり直前にパセリを散らす。
残り物のリフォームは洒落た皿に盛り付けると
ちょっとみすぼらしさがなくなる気がする。
これに焼きたてのパンとチーズでお昼ご飯を済ませた。
[PR]
by fusk-en25 | 2016-01-17 06:43 | Comments(12)