煌めく光の中で


by fusk-en25

hommage?

午前9時。零度。
外の空気が凍えているのか。。景色も白々した感じがする。。
正午にようやく3度になった。。

昼過ぎにほのかに淡い陽が差し始めた。でも気温は上がらない。。

ぼんやりと写真のことを考えていた。
もう50年ぐらい前に。すでに写真屋さんたちの間では。。
「ここまでカメラが進んだら写真を写すのに残されたのは「哲学」だけ。。」
なんて笑い話半分に言われていた。
さて今。。
オートフォーカスも手ブレ防止の機構もついていて。
しかもフィルムの現像をすることもなく。
紙焼きも伸ばしもパソコンを使ってあっという間に出来。
何より写したその場で写真を見られる。。なんて誰が50年前に想像できたか?
ならば
写真にはその「哲学?」の部分だけが増えたのかな?。。と。

夫は天変地異や紛争などと言う非日常を主題にした写真ではなく。
日常の中から。ホッとする場面や綺麗だなと思えるような光景を写したいと言っていました。
私も。写真だけでなく。。
暮らしの全てのことに。。その日常の中から「小さな楽しみ」を見つけて暮らしたい。

12月2日は。。夫の誕生日でした。
この日だけ写真のことを考えるの?。。でもないけれど。。
夫が亡くなる8年前には。。「まさか私が写真を写すなんて。。」考えられないことでした。。
でも。。
近頃。時々。「写真ってこんなに写すのが面白いものだったの?」
と言ってやりたい気もします。

この写真は夫が写しました。
彼へのオマージュ?として。。載せます。。

f0221050_08090650.jpg

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2017-12-03 11:08
「なかなかいいよ。毎日が楽しそうだ、安心したよ。」
写真に映り込んだお方がそう言っている声が
聞こえるような気がします。
Commented by fusk-en25 at 2017-12-03 20:57
> pallet-sorairoさん
毎日が楽しそうだ。。というのには「えっへん」と答えますが。。
それに関しても「お前ならなあ。。」と半分嘆きながら言いそうです。
写真の方に対しては。。どう言うでしょうかね。
うまくなったなあと言わせてみたいものですが。。おそらく知らん顔するでしょうね。
by fusk-en25 | 2017-12-03 08:15 | 写真 | Comments(2)