煌めく光の中で


by fusk-en25

着せ替え。。

f0221050_08252507.jpeg

姪の娘の。。2歳の誕生祝いに送るつもりで。。
作り始めた小さなぬいぐるみのお猿。

これまでも「エプロンのポケットに入る猿」や「小さなポシェットに入る猿」も作ったのだが、
古いカシミヤのマフラーで胴体を作り顔の部分も古いセータの残りを使う。
型紙もほぼ同じものだが。。
何度作ってもお腹はぷくんと出ているし。。
自分でもなんと不細工な体型かなあと思う。デフォルメって難しい。
猿が見たら違う動物と言われそうだ。
ただ今回はエプロンやポシェットに入れるのではなく服の着せ替えを多めに作った。

と言うのは。。
この娘。3ヶ月ほど前に「先天性股関節脱臼」が見つかった。
6ヶ月検診も1歳児検診の時も娘の体の柔らかさに脱臼には気がつかず見落とされたらしい?
2歳近くになると。抱き癖を注意して過ごす程度では治らず。
ここ2月ばかり。。牽引するためにまるで拷問に近い治療を受けている。
幸いなことにこの病気は必ず治ると言う見通しが。
周囲も心を鬼にして治療を続けているのだが。。ベットに貼り付けにされている幼子を見ると。
見ているこちらが胸が痛くなるような。。。いたたまれない気持ちにはなる。

だから。。せめてこんなものでも楽しんでくれたらと。。
色々な洋服をああでもないこうでもないとやり直しながら。。
(結局私の遊びだったのかと自省もしながら。。)作っている。

出来上がった洋服を。
先日から感心して見ているボール紙と洗濯ばさみで作られたロボットに真似をして着せた。
下手な服も立体化されると。なんとか見れると嬉しくなった。

f0221050_08314203.jpeg

f0221050_08320364.jpeg

f0221050_08315221.jpeg

[PR]
Commented at 2017-11-14 08:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotoko_s at 2017-11-14 09:37
小さい子の病気や怪我は胸が痛みますね。
どうぞお大事に。
でも、きっと治りますよ、親戚に同じようなことで治療していた子どもがいましたが、今はすっかり治って元気です。

ちっちゃな着せ替え、可愛らしいなあ。
私も幼い甥っ子にフェルトでうさぎを作ったことを思い出しました。
Commented by fusk-en25 at 2017-11-14 10:30
> 鍵コメさん
ありがとうござます。どうやら先が見えてきたようで安心はしているのですが。
何しろ2歳。聞き分けをよくしろと言っても。。難しいのが。。かわいそうです。
Commented by fusk-en25 at 2017-11-14 10:37
> kotoko_sさん
きっと治るというので親たちも頑張っているようです。
脱臼していた骨が元の場所にハマったようで。まあ一安心かなあ。。ですが。

着せ替えにしたくてウエストにゴムを通すのですが。
何しろ猿が15cmほどなので。
ゴム通しが使えなくて、困りました。
ボタンもこれに合うほど小さいものはなくて。。
樹脂粘土を焼いて作ったので大きさがまちまち。ごまかして使ってます。笑。
Commented by anemone3-anemone4 at 2017-11-14 14:23
伏せていたとき人の優しさに触れて
パッと気分があがったり
体調を持ち直したことがありました
そして着せ替えは楽しい!
元気になられるように祈っています



Commented by fusk-en25 at 2017-11-14 18:42
> anemone3-anemone4さん
一応、脱臼していた股関節はハマったようです。
ひとまず安心とは言え、この先もずーっとギブスを嵌めて矯正するらしい。
2歳ですからね。なんでこんなことをするのだろうと思っているだろうなあ。。
見つかる前は歩けて、本人にはなんの支障もなかったのですから。
Commented by ゆき at 2017-11-14 21:43 x
おさるさんの短足っぷりが、なんとも愛らしいです。絵本の挿し絵に出てきそうなキャラクター‼
子供の頃、着せ替え人形の洋服欲しくてたまらなかったから、この年になっても見るだけでも楽しいー🎵
姪子さん順調によくなりますように。
Commented by fusk-en25 at 2017-11-15 00:04
> ゆきさん
ぬいぐるみに八頭身はないでしょうが。。
お腹がぷっくりで洋服を着せると様にならない。。
でもやせっぽちと言うわけにもいかず。。悩むところです。

by fusk-en25 | 2017-11-14 08:33 | 手仕事 | Comments(8)