煌めく光の中で


by fusk-en25

いつものメニューを。。。囲んで食べる。

f0221050_06335261.jpeg

f0221050_06341795.jpeg

また同じような献立?をやっていると自分でも可笑しいが。
イーストのパンケーキが思いの外美味しかったから、
夏を過ごしに来ている友人家族と食べた夕飯の前菜にも焼いた。
サーモンのリエット、胡瓜と玉ねぎのクリーム和え、
市販の鴨のムースを生クリームとパセリを刻んでアレンジもして一皿に盛って。
残りのパンケーキはまた各自が取って食べる。
パン焼き器を試したくて何度かオリーブオイルをたっぷり入れて焼いたパン。
さすがに度々焼くと食べきれなくて、薄く切って低い目のオーブンで焼きなおしてラスクにして。
リエットやムースを塗って食べるとカリカリしてパンケーキとはまた違う趣だった。

主菜を何にしようかと考えあぐねて。。
フランスの惣菜で一番ポピュラーと言われている「ブッフキャロット」を煮込み。
付け合わせのじゃが芋は蒸してから、輪切りの上にラクレットチーズをのせて
軽くオーブンで温める。
普通ラクレットと言えば専用の容器でチーズを溶かして芋の上にかけて食べるのだが。
こんな風に一皿に作ってみたら、また変わった美味しさで。
主菜より人気があったぐらいだった。。


f0221050_06343300.jpeg

f0221050_06344693.jpeg

[PR]
Commented by ゆき at 2017-08-17 11:20 x
きゃーー!素敵なおもてなしですね。
最初のブルーの花柄プレートいいなあ。和洋に使えますね、どこの国のものですか?

胡瓜と玉ねぎのクリーム和えとは、サワークリーム?? 教えてください。
Commented by fusk-en25 at 2017-08-17 17:58
> ゆきさん
花柄のお皿は昔々現地で買ったデルフト。和洋にも使えて重宝しています。

胡瓜は千切り、玉ねぎはみじん切りにしてちょっと塩をして水気を絞り。
フレッシュな(日持ちのするものでないタイプの)生クリームで和えただけ。
こちらのフレッシュタイプの生クリームはちょっと酸味があるので。
こういう和え物にはぴったりでした。
スモークサーモンのリエットにもフレッシュな生クリームを使ったので。
その残りを応用?しただけ。笑。
Commented at 2017-08-18 00:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fusk-en25 at 2017-08-21 06:34
> kagikome さん
長方形の器はパテやリエットを詰めるポピュラーなもので。
買ったのは20数年前ですから、もう骨董と言えるかもしれません。笑。
by fusk-en25 | 2017-08-17 06:45 | ままごと | Comments(4)