煌めく光の中で


by fusk-en25

あてもなく。。

f0221050_08240392.jpeg

f0221050_08235235.jpeg

あてもなく本を触っている。
ダンボールの箱を文庫本の高さに切りそろえて、
できるだけ作者別に詰め込んで、できればリストもこしらえてと思いだけは果てしないのだが
一つの箱にどの本を入れようかとしばし悩む。
同じようなことは本棚にも言えて。
順に並べていくのも。。背表紙の色さえ気になって。。並べるのにはまたかなり悩む。
作者名をアルファベット順にでも並べれば簡単なのだろうが。
気持ちとしては好きな作家の本を中心にして、傾向の似通った本を。。
などと考え出すと。。またちっとも進まない。

夫が死ぬ前に。私を残していくのを心配していた。。
一人遊びは得意だとずーっと自分自身では思っていたから。。
一人で暮らすこと自体はそんなに不安はなかった。
「本棚の本を並び替えても生きてはいける気がするから」なんて言ったら、
夫は「まあそうやろうけど」とまだちょっと心配そうな顔をして笑っていた。
偉そうに「一人遊びは得意」と思っていた割には。。
実際に一人になると、もちろん慌てた。
何をしてもつまらない。
ままごとも人形遊びも一人でやるのはつまらなかった。
と小さい頃の自分を振り返ったりもしていた。。

今。本棚の本を並べ替えていて。。こんなことをしていることが
「生きがい」には決してならないが。。
それでも、本を並べ替えるのは。。
自分の頭の中に本の地図を描いているみたいだとは思う。

ただその地図がなかなか描けなくて。。
今日もあてもなく本を触って1日が過ぎた。


[PR]
Commented by ゆき at 2017-08-12 17:41 x
やはり、すごい量ですねーー‼ 試行錯誤する様~うなずけます^^
亡きご主人とのやりとりには、ほろっと...。
図書館司書のお仕事も興味深いけど、わたし的には、作家fuskを見てみたいんですが‼
Commented by fusk-en25 at 2017-08-12 20:15
> ゆきさん
いつのまにこんなに溜まったか?なんですけど。笑。
司書にはむいてないみたいです。どっちかと言うと読みふける方で。。
ただこうも部屋に積んであるとそれが気になって。
他のことをなかなかできなくて。。と言い訳して。
サボってもいます。
by fusk-en25 | 2017-08-12 08:30 | 思う | Comments(2)