煌めく光の中で


by fusk-en25

買ってしまった。。

f0221050_05580728.jpeg

f0221050_05575373.jpeg

半年ぐらい前にホームベーカリーの機械が潰れた。
すぐに買うつもりが。スーパにも大型電化製品の店にも見当たらず。
ネットで注文してみた。在庫が3週間から4週間待ちになっていて。
待てど暮らせど商品が来ない。
再三問い合わせても通じなくて結局キャンセルをした。
その後も。あちこちの店で探しているのだが見つからない。
パンを家で焼くブームが終わったのかな?
と時々手で捏ねてパンを焼いてはいた。
手で捏ねられるなら「もう機械はいらない」気分には少しはなりながら
頻繁にパンを焼くには不便だし。。と思っていた。

毎日パリの天気予報はサイトで見る。
つい3日ほど前。
その天気予報の欄に近所のドイツ系のスーパの広告に「パン焼き器」の写真が載った。
値段もネットで買うより安い。
もののついでに見に行った。
買うことも予測して。
自転車の後ろの籠は外して。途中で落ちないように予備の紐も持って行った。

そしてやっぱり買ってしまった。
「機械はいらないかも」と言っていた舌の根も乾かないうちに。。
知らないメーカだったが、どうやらドイツ製らしい。
箱に「グルテンフリーのパンが焼ける」と書いてある。
これがどうやら今風の?キャッチフレーズのつもりなんだろう。と密かに笑う。

以前使っていた機械と形は少し違う。こんなものでも進化するのか?
と思いながら読んだ取扱説明書の中身はほとんど同じで、試しにいつものレシピで焼いてみた。
粉を350g。牛乳200cc。オリーブオイル大さじ5杯。
塩とドライイーストが小さじ1杯。砂糖は小さじ2杯。
うっかりと容器の大きさが違っているのに気がつかず。
この機械では500g以上の粉が望ましいことを機械が粉を捏ねだしてから気がついた。
それでも一時発酵までを機械に。2時発酵から焼くまではいつものようにオーブンを使って焼いた。
ドイツ製の機械は静かだと定評がある通りに前の機械より格段に音は小さい。
好みのパンが焼けるまで後何回かは試行錯誤も要りそうだが。。。。

「また。おもちゃができたね」と息子なら笑うかもしれない。


f0221050_05582046.jpeg



[PR]
Commented at 2017-08-13 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fusk-en25 at 2017-08-13 18:40
> kagikome さん
2次発酵にもオーブンを使いますが。発酵の温度機能はついてないので。
手を入れて温かいぐらいを目安にして。。
焼くのはパンの種類にもよりますが。
だいたい200度から210度ぐらいで10分から15分。
オーブンを買ったばかりなので色々試してはいます。
by fusk-en25 | 2017-08-11 06:16 | ままごと | Comments(2)