煌めく光の中で


by fusk-en25

小さな村の小さな礼拝堂に。。

f0221050_07204459.jpeg

f0221050_07205872.jpg

雲ひとつない、素晴らしい日曜日。。
改造中の仕事を中休みにして。。
息子たちと郊外の村まで出かけました。
パリから50km南の村までは
収穫を待つばかりの麦畑が延々と広がり。
実を結んだ菜種や蕎麦もたわわに実り。この時期の豊かさに目を見張りながら。
あいにく気温は30度を越し。これがもう少し涼しければいいのに。。
などと欲深なことも思いながらの道中を目的地までひた走り。。。

行き着いた小さな村milly-la-foret にあるジャン・コクトーが内装を手がけて、
彼自身もその中に埋葬されていると言う
かつて癩病患者の施薬病院に設けられた礼拝堂St-blaise des simplesは、
周囲をとりどりのハーブや薬草で取り囲まれた庭の中に建てられていて
それはまた素朴なゆかしい石造りの建物でした。

薬草園を囲む庭には白樺や、大きな柳の下にいくつかのベンチも置かれて。。
昼下がりのひとときをゆったりと。。
緑陰を吹き抜ける風に気持ちが和む時間を過ごして来ました

f0221050_07211268.jpeg

f0221050_07212965.jpeg

[PR]
Commented by uminokosyoten at 2017-06-19 08:20
静謐な空気が伝わってまいりました。
コクトーの絵、ハーブの香り、木々のささやき。
いつか訪ねてみたい夢の場所がまたひとつ増えました。
素敵なご紹介をありがとうございました。
お部屋の改装、文庫本のこと。
いろいろに心に響き楽しく拝見させていただいています。
Commented by haru_rara at 2017-06-19 11:01
美しい場所ですね。
1枚目の写真から惹きこまれました。
コクトーが内装を手がけた小さな建物、訪ねてみたい。

そちらはもう夏なのですね。
奥会津は今年は気温が低く、この季節だというのに雨も少なく、ちょっとへんです。
Commented by fusk-en25 at 2017-06-20 07:15
> uminokosyotenさん
珍しく快晴の。。。しかも暑い日が続いていまして。
澄み切った青空や大気の様子に色々触発されることが多くて。。
ここ数年冷夏気味でしたから、ほんの少し開放的な気分も味わっています。
Commented by fusk-en25 at 2017-06-20 07:20
> haru_raraさん
今朝9時。ベランダの気温は43度でした。
直射日光が寒暖計に当たってがそんなことになったのですが。。
久しぶりに「夏」みたい。。。なんて麦茶を冷やしたぐらいです。

この礼拝堂はもう使われていないのですが。
それなりに趣もあって。まだヴァカンスに入ってないせいもあるでしょう。
人も少なくて、いい感じでしたよ。
Commented by pallet-sorairo at 2017-06-20 09:03
>いつか訪ねてみたい夢の場所
私もそう思いました。
43度って…@@。
Commented by fusk-en25 at 2017-06-21 01:05
> pallet-sorairoさん
今朝は一瞬でしたが50度の時もありまして。。笑。
室内も30度を超えて。。久しぶりに「真夏」になりました。
湿気がほとんどないから。木陰はそんなに暑くないのですが。
やっぱり動くとジワっと汗が出てきます。
by fusk-en25 | 2017-06-19 07:29 | 散策 | Comments(6)