煌めく光の中で


by fusk-en25

階段を。。

f0221050_07132134.jpeg

f0221050_07134119.jpeg

f0221050_07135474.jpeg

遊びに来た孫の友達を家まで送って行った。
建てられてから100年は経っているかと思える建物に住まわれていた。
100年ぐらいはフランスの建物ではまだ新しい方だが。
エレベーターはなくて、5階まで、鉄の柵のついた木の階段を上がって行った。
近頃はどこの建物にも防犯上から安全対策を入り口の扉にきっちりされているから。
こんな風な建物内部の階段を見ることも少なくなって。
何となく郷愁を感じながら見ていたら、フワーッと陽が射し始めた。
ああいいなあとカメラを出して、写し出したのだが。場所が狭くて写りにくい。
と思っている間にまた陽も陰ってしまった。
残念だな。玄関口のタイルの色合いもまたゆかしいし。
今度。天気の良い日の午後に頼んで写させてもらおうか?なんて考えたぐらいだ。

写真屋さんは、階段や坂のような勾配のある場所が好きなもので。
階段や橋の写真を写していることが多い。
視線の位置の差がものの形を違った風にも見える気がするのだろうか。。
この写真を写した後に。
夫の白黒の階段シリーズの写真を出して眺めて見た。
そっちの方の階段はおそらくもっと古くて、壁にもいい感じの傷までついている。
こんな階段に出会うことはもうほとんどないだろうなあと思うと。
ちょっと羨ましかった。


f0221050_07141087.jpeg

[PR]
Commented by ゆき at 2017-04-14 13:22 x
階段 で、う~~む??と思うことがあります。

夫はコンデジさえ持たない人で、観光地でも頼まないと私を写してくれることはありません。
でも、何故か観光先の古い階段では頼みもしないのに何気に階段と私を写した2ショットがあります!そのひとつが太宰治の生家 青森の斜陽館と柳川の立花家別邸の飴色した曲がり角のある階段です。
私は その写真が何だか好きでした...
Commented by fusk-en25 at 2017-04-14 18:50
> ゆきさん
古い階段に人々が通ってできた窪みのようなうっすらとした傾斜もできていて。
光が当たるとまたいいものですが。。
そんな階段はもう目にすることも稀になってしまって。。
Commented by nature21-plus at 2017-04-14 22:01
fuskさん。。この構図。。
ずっと考えていて、この構図しかないような気がするのですが…。。
なんでいきなりこんなのが撮れるのか?。。花と同じことなのでしょうか。。
Commented by fusk-en25 at 2017-04-14 23:19
> nature21-plusさん
こんだけしか。引きがなかった、で、写した。。。でした。笑。
by fusk-en25 | 2017-04-14 07:29 | 写真 | Comments(4)