煌めく光の中で


by fusk-en25

オレンジを煮て。。

f0221050_07530966.jpeg

f0221050_07533705.jpeg

f0221050_07532336.jpeg

この日曜日の午前2時から。フランスは夏時間が始まる。
もう40年近く1時間の移動をやっていると。
そんなものかと思うようにもなったが。
それでも始めの1週間ぐらいは
やっぱり夕飯時に「まだこの時間なのに」などとちょっと戸惑いを覚えたりはする。。

日も長くなったし。まだ気温は低めだが
予報では今週はもっと春らしくはなるらしい。
春だからと言うのでもないが。
なんとなくスッキリした味ばかりが欲しくて。ここ数日フルーツサラダをたっぷり食べている。。
その残ったオレンジの皮で、ママレードとオレンジピールを煮込んだ。
ママレードはしょっちゅう煮るが、オレンジピールは今回初めての試作品。
4つ割りにしたオレンジの皮を1cm幅に短冊切りにして
3度ほど茹でこぼし、アク抜きした後。
ひたひたの水にオレンジの半量のキビ砂糖を入れて水が半分位なるまで煮詰め
暖房機の上で乾かした後またキビ砂糖をまぶして、乾燥させる。
何となくそれらしくはなったが、市販品よりは少し甘みは少なかったようには思う。

ママレードは前日から千切りにした皮を柔らかくなるまで煮て。一晩寝かせ。
果肉やキビ糖を入れて水気が半分くらいまで煮詰める。
出来上がりはほんの少し緩めだが。これを温かいお湯で割って
レモンを一絞り入れたホットオレンジにするとなんともいい香りの飲み物ができる。

どんな果物でも煮ている間の部屋中に立ち込める香りが素晴らしい。
この日も何時間かはオレンジの香りでむせかえるようだった。


[PR]
Commented by nature21-plus at 2017-03-26 19:02
柑橘って、わけわからないぐらい種類があって、わけわからないのですが。。これは「オレンジ」なの?。。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-26 19:28
> nature21-plusさん
売っている品目としては「オレンジ」と表示がされていましたが。。笑。
皮を使いたいからビオの製品。特売で1キロ2ユーロでした。
Commented by kotoko_s at 2017-03-27 08:15
果物を煮る匂いは幸福な気持ちになりますね。
ことにオレンジは春の色と香りですね。

fuskさんの室内の写真がいつも美しいと見惚れていましたが。
壁やタイルなどが白いのも、そこに置かれたものが鮮やかに映える大きな要素なんだなとあらためて思いました。
いいですねえ。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-27 21:34
> kotoko_sさん
台所のタイルも住みだしたときは茶色で。
薄暗くて嫌なので、最初はそれに白のビニールの壁紙を貼ったりしたのですが
なんともまた安っぽくて、結局自分(夫が)でタイルを貼り直しました。(勿論、素人ですからやったのは初めて)
貼るよりも前のを外す方がよほど手間で。
壁も自分たちで塗っています。だからしげしげ見られると粗が目立って。。笑。
by fusk-en25 | 2017-03-26 08:02 | ままごと | Comments(4)