煌めく光の中で


by fusk-en25

妖しげな。。それでいて艶やかな。。

f0221050_08170861.jpeg

ゆらゆらと流れるから。。残りの花を愛でて。。
この花の写真を見たパリに長く暮らし、今は日本に住んでいる友達の画家が。
このチューリップのように開いた花の絵を描くと。
「これは何の花?」と尋ねられて。挙句はとてもチューリップに見えないと言われると。
描くのが下手やと言われているみたいですと嘆いて。
「ありますよね、開いたチューリップ」と同意を求めるメールが来た。

花はキリッとした蕾の時も好きだが
また今にも散り落ちそうな、﨟たけて、すがれたような花もより愛おしく。
終わる寸前のと言おうか、どことなく妖しげなと思えるような風情も感じられて。
散り始めるほんの少し前の艶やかさがまた嬉しい。。。

残りの花を眺めていて、
たった数本の花でこうも長く愛おしむ時間が持てたかと、
寒い季節の中に気持ちだけでも明るくなれる数日を
この花で楽しめて暮らせたのを。。実に喜ばしい気持ちに。。なっている。



[PR]
Commented by nature21-plus at 2017-02-12 16:19
ようは。。はじめのときとか、そろそろとか、最盛期とか、熟してとか、終わるときとか。。
それぞれが、それぞれに、大切にされるべきシーンだということでしょうか。。
私たちの人生もしかり。。

しかし、トップライトがいきてますねぇ〜!。。きれいです。。
Commented by fusk-en25 at 2017-02-12 20:10
> nature21-plusさん
老いてもなお。艶やかでいたい。。と言うとあつかましいでしょうか?。。笑。
Commented by nature21-plus at 2017-02-12 21:30
ぜんぜんあつかましくないどころか。。おいら的に、老いって、ながい懸命と丁寧のさきに到達する境地のように考えているから。。美しく艷やかで、当たり前かなと。。笑
Commented by fusk-en25 at 2017-02-12 22:49
> nature21-plusさん
「長い懸命」みたいなしんどいことは私としては横に置いといて。。
老いても尚盛んもちょっと嫌らしい。
綺麗なばーさんでありたい。。って感じにしときたい。。。。ですね。
by fusk-en25 | 2017-02-12 08:36 | 草や花と遊ぶ | Comments(4)