煌めく光の中で


by fusk-en25

月を愛でる。。

f0221050_08190046.jpeg

年納めの満月の昨夜。。
もう見事と言うよりほかない幽幻な月だった。
月の周囲だけに薄い雲がたなびき。ぽーと月が霞んでほんのり赤くも見える。
中に一筋濃い雲が絵になるような位置に。。来て。
平安時代の人なら一晩中でも月に見惚れ。
管弦を奏し、後朝の想いもしたのだろうか?
何百年も後に生まれた私には、
歌を返すこともなくただ一人、月に見とれる。。。

白菜のビール漬けその後。
味を見たくてたまらなかったから、
3日目に浅いのは承知で食べてみた。
書かれていたように確かに甘い。
ぎゅーっと白菜を絞ってレモンをかけたら。甘さが抑えられてスッキリした美味しさになった。
ただこの漬物。ビールを入れているだけあって、
当たり前だが発酵してくる。
塩漬けでは臭わなかった漬物の匂いが家中に満ちて来た。
嫌な匂いではないが、やっぱり部屋中にこもるとたまらない。
小さな瓶に入れ替えて、ベランダの出窓に置くことにした。

f0221050_08191350.jpeg

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2016-12-16 13:52
そうそう、
月は三日月か
満月も雲がかかっていてこそなんて思います。
Commented by fusk-en25 at 2016-12-16 20:26
> pallet-sorairoさん
煌々と。。。もいいものですが。雲があればもっとゆかしいですね。
Commented by germanmed at 2016-12-18 06:33
ここ、ドイツでも素晴らしい月夜でした!
びっくりする位大きくて山吹色のお月様を横目に見ながらの帰路でした。
Commented by fusk-en25 at 2016-12-18 07:40
> germanmedさん
こちらもいい天気が続いています。
真冬のどんよりとした感じがなくて。。不思議な12月です。
by fusk-en25 | 2016-12-16 08:29 | 空を眺める | Comments(4)