煌めく光の中で


by fusk-en25

柔らかな光線を楽しんで。。。

f0221050_06215443.jpeg

夕刻になって室内にうっすら「暖房」が入ってきた。
今日の正午、気温は10度だった。深夜は10度をかなり下回る。
この気温になるとじっとしていると手先が冷たい。
ゆうべはペットボトルにお湯を詰めてベットに持ち込んだ。
そろそろ暖房も入る頃かと心待ちをするものの。
数年前のエネルギー庁のお達で、暖房は出来れば10月15日からが好ましいと言われていて。
来週初めになるかな?とは思っていた。
それが今日の午後遅く、まだ本格的な暖房ではないが入り出して。
うっすらでも部屋が暖まると、体がのびのびする。

朝陽の入ってくる角度も、色合いも深さが増して
光線の柔らかさに晩秋から冬への雰囲気を醸し始める。
窓辺に吊るした柑橘類の皮が風に揺れてゆらゆらと。
オレンジに光る光線に影も揺れていた。
居間のベンジャミンにポツポツ光が当たる。
挿し芽した葉肉類にも。
トトロのつもりで作ったやたらスリム?過ぎて「似てないねえ」と言われる縫いぐるみにも、
ぽっちり柔らかな光が当たっていた。

f0221050_06220809.jpeg

f0221050_06222621.jpeg


f0221050_06224387.jpeg


[PR]
Commented by poirier_AAA at 2016-10-07 21:32
今日はまた1日どんよりですね。
秋だからこれが普通だとわかっていても、つまらない。
やる気がでない。寒い。。。
夏の名残が長く続いた後だけに、今年の秋は反動が大きいような気がします。
Commented by fusk-en25 at 2016-10-08 08:40
> poirier_AAAさん
確かに。気分は今だに残暑をひきづっていて。
なかなか厚手のセータを着る気にはならないのですが。。
冷えますね。夜になるとめっきり。。。10度以下やもんなあ。。
by fusk-en25 | 2016-10-07 06:32 | 住む | Comments(2)