煌めく光の中で


by fusk-en25

見事な藤の花

f0221050_957452.jpg

近所に見事な藤の花が咲く。
そろそろ咲いている頃かと見に行った。
4月、5月の気温が低かったので去年に比べて2週間も遅い。
アルバムを見たら去年の日付は4月28日だった。
毎年見ていても、ここの藤には圧倒される。
こんな場所でこんなに立派に咲くのかと思えてしまう。

写真を写していたら
中から人が出てきて、立派な花でしょうと嬉しそうに話しかけられ。
去年長さを計ったら1m60cmあったと言われる。
外壁にアトリエと書かれているので、何を作っている工場なのか尋ねてみた。
1935年頃まではランプを作っていたらしいが。
今は工場ではなくなり何軒かの小さな事務所になっていると
ちょっと残念そうな顔をしながら話される。
この街も、パリに隣接した多くの街と同じように。
どんどん小さな工場が消えて、貸事務所や倉庫、住宅に変わってきている。
そういう時代なのかな?と思いもした。

藤の花の横に咲く大きな桐の樹もちょうど満開で
あたりに特有の甘い香りが立ち込めていた。
たっぷりした花が咲く様を見ていると、
紋章にも多く使われているように古代から愛でられたのもわかる気がする。
女の子が生まれると桐の樹を植えると言われるのに、
日本で私は桐の花を見た覚えはない、
最初に見たのがパリだった。パリには桐の樹が意外と多い。
この花の華やかさが広場に植えると映えるからだろうか?
f0221050_1001852.jpg

f0221050_1014764.jpg

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2016-05-20 13:54
この季節、山へ向かう電車の車窓から樹々に絡んだヤマフジを
そして、民家の庭先などに咲く桐の花を見るのが楽しみです。
近ごろは紫に煙る花を見ると
スペイン旅行のセビリアで出会ったジャカランダを思い出します。
Commented by fusk-en25 at 2016-05-20 18:44
pallet-sorairoさん
樹々の花が咲く季節になりましたね。
日照時間が長くなった割には気温が低くて、本来の花が咲く時期に遅れているせいか。
今年はどの花も季節が短くあっというまに咲いて散ってしまう気がします。
by fusk-en25 | 2016-05-20 10:10 | 散策 | Comments(2)