煌めく光の中で


by fusk-en25

陽の光に惹かれて。。

f0221050_10473640.jpg

陽の光があたるとなんでもない建物がドラマチック?に見える。
窓辺に半分枯れかかっている中に赤い花が咲いていると。
「なんと健気な」と思えて、ついつい写してしまう。
陽の光に誘われて。。
上ばっかり見て歩いていたら、いつの間にか帰る道がかなり遠回りになって。
どこを歩いていたのか。。。
そこら辺りを曲がれば あそこに出ると検討をつけていても、
道が放射状になっていたのか。
まったく想像しなかった変なところに出てしまう時もある。
パリは真ん中にセーヌ河流れているから、
少々間違っても河に行き着きさえすれば、
「ああここだったのか」と近頃なら少しは道もわかるようにはなったが。
昔はどえらい方向音痴で、しょっちゅう行き先を間違えていた。
その上 出来れば行き帰りは同じところを歩きたくないへそ曲がりだから。
私と待ち合わせをしてもどこから来るのか検討がつかないと
いつも夫には嫌がられた。
どうしてもわからない時はメトロの駅に入る。
そうすれば、メトロの線はどこかに繋がっているから
いつか家に帰ることもできる筈と。。。。
f0221050_10551026.jpg

f0221050_10555817.jpg

f0221050_10562177.jpg

f0221050_10564330.jpg

[PR]
Commented by hanamomo08 at 2016-02-18 16:20
やっぱり歴史を重ねた建物がすばらしいですね。
窓辺のゼラニュームでしょうか。
我が家でもフラワーボックスを作ってもらい育てましたが、ヨーロッパの気候とは微妙に違いだめでした。
何が違うのでしょうね?
Commented by fusk-en25 at 2016-02-18 22:09
hanamomo08さん
ジェラニュームは乾燥気味の方がよく育つから
湿度の多い日本では根腐れになりやすいのかも。
こちらでも遠くの窓辺や広い場所に植えられているのは綺麗に見えますが、
近くで見るベランダはつい葉っぱや花を処理したくなって、密生して咲かすのは意外と難しい気がします。
私も最初は植えてみたものの。八重の花が好きでないせいもあり。
一重のジェラニュームはすぐに長けて形が整わないので
近頃は植えなくなりました。

by fusk-en25 | 2016-02-18 10:59 | 散策 | Comments(2)