煌めく光の中で


by fusk-en25

雛を飾って。。

f0221050_10482396.jpg


f0221050_1048129.jpg

ちょっと どうにかならないか?と思えるような悪天候が数日続いている。
気温も10度を割って しょぼしょぼと冷たい雨が一日中降っている。
曇りがちな空を恨めしがりながら「お雛様」を飾った。
こんな小さなものでも、周囲がふわっと明るくなって。
雛の持つ華やぎにほのぼのした空気を感じる。

子供の頃。私はお雛様を持っていなかった。
母の実家で育ったのに 母のお雛様は、私が生まれる何年か前。
戦災で焼け出された従妹にやってしまい我が家にはお雛様がなくなっていた。
戦後間なしに生まれた私にお雛様を買ってくれるゆとりもなかったのだろう。

お雛様は持っていなかったのに。雛飾りは毎年やっていた。
床の間に厚手の辞書や雑誌を積み上げて。段を作り
毛氈になるような紅い布を祖母に探してもらって敷き。
できた段々に自分が持っていたありとあらゆる人形を並べる。
一番上の段のお内裏様には必ずその年のクリスマスプレゼントに
もらったばかりのカール人形やミルク飲み人形をのせたと思う。
数が足りない分はぬいぐるみの熊まで動員していた。

そんな変なお飾りなのに
訪れてきた祖母の知人たちは皆。口を揃えて
「ええお雛様を飾ってはりますなあ」と褒めてもらえたから。
それをいいことにして、
毎年時期が近づくと今年はどの人形を一番上にしようかと考えたりもしていた。
8歳ぐらいから4、5年はそんなことをして遊んでいたように思う。

どうしてそんな変なお飾りを思いついたのか?
私自身 誰にも教わった覚えはないのだが。
数年前に父の遺した日記を何気なく読んでいたら
父の実家には女の従姉が二人いてそれは立派な雛飾りを持っていたと言う。
その雛飾りを見て触発されたのか?当時2歳だった私が
家に帰ったとたん。
「人形並べて、手を打って喜ぶ」と書かれていた。
あの雛の遊びはそれが原点だったのかと父の日記を読んで
なんとなく納得する思いだった。
[PR]
Commented by hairpriori at 2016-02-15 12:52
アレ
我が家函館
まだ飾ってないです^o^"
Commented by fusk-en25 at 2016-02-15 19:58
hairprioriさん
息子も「まだちょと早いのちゃうの?」と昨日も言っていましたが。。
今年は暖冬だし。。。笑。桃も梅も早く咲く?
Commented by poirier_AAA at 2016-02-15 23:20
いいですねぇ、春らしくて。気持ちも家の中も華やぎます。

うちはお雛様も五月飾りも短期滞在です。本当はもっと長く飾っておきたいのですが、なにせホコリ生産工場なものですから(涙)。
Commented by tinyapun at 2016-02-16 02:53
30代で連れ合いを亡くし、女手一つで母と母の姉を育てた
祖母が余裕のない中で、初孫の私に買ってくれたガラスケース入り
の愛らしい男雛&女雛をいつかパリにと思いながら
未だ果たせず…

無精な母が妹のこれもガラスケース入り(一応雛段あり)を
ひな祭りが相当過ぎても片付けなかったせいか?
未だ嫁がず…笑
Commented by fusk-en25 at 2016-02-16 04:47
梨の木さん。
私は本当は大きな鯉のぼりが欲しかった。
屋根より高くのような。。
それだけは買ってやれないと祖母は言いました。
Commented by fusk-en25 at 2016-02-16 04:52
tinyapunさん
誰にも「雛」にまつわる話はありますね。
このおばあさまが100歳まで縫い物をなさった方ですか?
Commented by hanamomo08 at 2016-02-16 17:44
fuskさんの子どものころのひな祭り本当に楽しそうです。
私もくまのぬいぐるみ持っていました。
くまさんも動員されたのですね。

立ち雛の美しいこと、本当にあたりがふわ~っと明るくなりますね。
素敵なガラスの花入れの花は何ですか?
Commented by fusk-en25 at 2016-02-16 20:34
hanamomo08さん
立ち雛は奈良の一刀彫ですが。
30数年前に友達が持ってきてくれて以来ずーっと愛しんでいます。
ベランダのローズマリーがちょうど満開なので。
花の大きさが合いそうな気がして。。。
by fusk-en25 | 2016-02-15 11:03 | 追憶 | Comments(8)