煌めく光の中で


by fusk-en25

春色の菓子を贖い。。

f0221050_7511894.jpg

f0221050_753982.jpg

日曜日、昼食を食べた後。
対岸のカルチェラタンまでそぞろ歩きを楽しんだ。
風は少し強かったが暖かい 散歩日和で。
ラテン地区と呼ばれるパリのいくつか大学のあるこの界隈。
古い建物でごみごみして庶民的だったのが。。
近頃はやたらキャフェもブティックも小綺麗になったと
ちょっとぼやきながらも
おじさん二人でやっている昔ながらの「トルコの菓子屋」が
開いていたので「ロクム」を買った。
ピスターチョやレモンを香りづけにした餅菓子なのだが。
トルコの砂糖菓子の中ではあまり甘くもなくさっぱりしている。
特にこの家のロクムは餅ッとしておいしい。
ウインドウの下から2段目の右端のがそれで
本来は大きい四角に切り分けて売っているのだが
中に入ると3色詰め合せの小ぶりのものを小箱に入れて売っていて、
春らしい色目に惹かれてそれを買うことにした。

家に帰って小皿に盛ると。なんだか雛の菓子の感じがする。
菱餅と同じ色合いだからかと思いながら
トルコ風にたっぷりのミントティを入れて食べました。
[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2016-02-10 08:56
ほんと、春の色あいできれいすね。
求肥のようなものかしら?
Commented by fusk-en25 at 2016-02-10 18:12
pallet-sorairoさん
中身は透き通っていて求肥というよりゼリー風なんですが。
Commented by poirier_AAA at 2016-02-10 18:56
あら、これは本当にお雛様のお菓子みたい。
fuskさんが作ったお菓子かと思って読み始めましたもの。

こんなお菓子があるんですね。
うちの近所のオリエンタル食材店にもあるか探してみよう。
Commented by fusk-en25 at 2016-02-10 19:38
梨の木さん
わらび餅風にやればきっと作れますけど、
しっかり香料の味もついていて、透き通ってきれいなんですよ。
だから買ったほうがいい?。。。笑。
Commented by hanamomo08 at 2016-02-11 08:01
二月も中旬になったから、ひな祭りも近いから、てっきりfuskさんの手作りかなと思ったら、トルコのお菓子なのですね。
『ロクム』と言うのですね。
色合いがまさしく雛餅ですね。
たまに外国からお土産のお菓子をいただくことがありますが、どれも日本のに比べて甘いものが多いのですが、甘さ控えめとはいいですね。
どんな味なのだろうと想像しております。

お雛様だそうか?でも億劫!毎年この時期の悩みです。
Commented by fusk-en25 at 2016-02-11 20:06
hanamomo08さん
お雛様を飾ると部屋がはんなりしますよね。
by fusk-en25 | 2016-02-10 08:07 | 散策 | Comments(6)