煌めく光の中で


by fusk-en25

ある晴れた日に

f0221050_7275855.jpg


f0221050_72841100.jpg


f0221050_7431779.jpg


f0221050_743398.jpg


f0221050_7443887.jpg


f0221050_745386.jpg


f0221050_7553487.jpg


f0221050_756076.jpg

友達にセーヌ河岸からちょっと入った小道の小さなレストランにお昼を誘われた。
観光名所は別だが、8月のパリはレストランやブティックもほとんど閉まるし
住んでいる人も大方がヴァカンスに出かけてしまう。
普段とまるで趣の違う様相のひっそりとした佇まいを歩くのもいいかと
ちょっと早めにでかけた。
細い路地には思いがけない光の屈折や、ウインドウに景色が写り込んで
それを見ているのも楽しい。
カフェのウインドウにノートルダム寺院の横側が写っていたし
ペンキ塗りの下準備をするのに梯子に乗って窓を拭いている人も
中庭の鋳物の扉を修理している職人もいて。
ヴァカンスに出かけるのだろう。荷物を入れるのに後ろの扉を開けたまま
駐車していた車はピカピカに磨かれていた。
事務所らしき室内に自転車が置かれ 窓際に何本も空き瓶が並んでいたり。
今まさにヴァカンス?と思える光景だった。
[PR]
by fusk-en25 | 2015-08-07 07:59 | 散策 | Comments(0)