煌めく光の中で


by fusk-en25

花輪

f0221050_9201628.jpg

セーヌ河岸から花輪を河に投げ入れた時、
手元が狂ったのか、風が吹き付けたのか?
猫じゃらしとスイカズラで作った花輪がひとつ岸べにひっかかってしまい。
降りて取るにも、河にはまりそうで仕方がないとは思いながら
諦め難く。他の花輪の流れを見に行っては戻ってきて眺めていたら
横で日光浴をしていた男性が起き上がって、「取ってきてあげようか」と声をかけられた。
「嬉しいけれど、危険だからいい」と断ったのに。
するすると降りて行って。「今度は気をつけて投げなさいね。」と渡してくれて。
嬉しくて気持ちがあたたかくなりました。

f0221050_921175.jpg


土曜日で快晴だったその日。
サンルイ島は人があふれて
フランス人なら「缶詰のイワシ」と言いそうな光景でした。
日光浴をする人たちも隙間がないほどの混みよう。
その中で静かに本を読んでいるひときわ目立つ服装の人がいて、
「サマになるなぁ。」とつい見とれてしまいました。
f0221050_928444.jpg

[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-20 14:34
おお! 素晴らしい!!
この男性はボルダリングを趣味になさっているんじゃないかしら。
じゃなければ、こんな壁をするすると上り下りできないはず、
なんて思いました。
サンルイ島の人々、素敵ですねぇ…ため息が出てきます(^^ゞ
Commented by fusk-en25 at 2015-06-20 19:29
pallet-sorairoさん
そうですね。石の出っ張りをうまくつかんで降りられましたから。ボーダリングをされているのかもしれない。
爽やかな土曜日だったのですが。もうちょっと人が少なければいいのに。なんて欲張りなことも思ってしまいました。
Commented by とらっぴ at 2015-06-21 09:20 x
本当にこんな怖いところを降りられる人がおられるのね。見ただけでも足がすくむ(笑)。サンルイの人々の快適な様子が伝わってきて気持ちいいです。
Commented by fusk-en25 at 2015-06-22 01:55
とらっぴさん
下まで降りるの怖そうでしょう。
石の割れ目をうまくつかんで降りていかれましたが。
壁の一番下も巾が20cmもあるかないかですからね。見ていてもドキドキ。
Commented by nature21-plus at 2017-03-20 18:18
やっと見つけた!。。
読んで、最初に嬉しくなったページ。。笑

猫じゃらしとスイカズラで作った花輪が…。。←見てみたい。。
Commented by fusk-en25 at 2017-03-20 19:22
> nature21-plusさん
6月になれば、猫じゃらしも大きくなるのですが。。。
by fusk-en25 | 2015-06-20 09:35 | 散策 | Comments(6)